宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ままmamaママさんの公開ページ

ままmamaママさんのプロフィール

ママ・30代・東京都

ままmamaママさんの声

78件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 色々な感覚が鍛えられます  投稿日:2019/02/22
さわってあそぼう ふわふわあひる
さわってあそぼう ふわふわあひる 作・絵: M.ヴァン・フリート
出版社: あかね書房
6歳の長女の出産祝いでいただきました。他の絵本ではなかなかないような、ベタベタやザラザラを見事に表現してくれています。子供へのよい刺激になりそうです。普段目にしないカメレオンなんかが出てくるのも面白いと思います。うちの娘たちはあひるのふわふわと、ひつじの毛がお気に入りのようです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子供の幸せを一番に  投稿日:2019/02/22
おまえ うまそうだな
おまえ うまそうだな 作・絵: 宮西 達也
出版社: ポプラ社
話題だったのでずっと気になっていましたが、ようやく読めました。レビューで父と子の愛、みたいな内容かな?と思って、パパが大好きな二人の娘へ購入しました。
育ての親となったティラノサウルスのように、子供の幸せを一番に考えられているのだろうか?と自分に問いかけられているような気がしました。
2歳の娘はアンキロサウルスが後ろを振り向かずに走っている場面で、だめーと言ったりして(パパ)とのお別れが寂しいようです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 独り占めはよくないね  投稿日:2019/02/18
そらいろのたね
そらいろのたね 作: 中川 李枝子
絵: 大村 百合子

出版社: 福音館書店
きつねくんは、飛行機のおもちゃと自分の宝物だというそらいろの種を交換しました。ところが、そのそらいろのたねはとっても素敵な種でした…。6歳の長女用に、想像力が豊かになって欲しくて購入しました。種からおうちが生えてくるなんて、子供にはワクワクです!けれど、きつねくんがそのおうちを独り占めしてからは一気につまらなくなります。せっかく楽しい気分だったのに…楽しいこと、ものは友達と分け合う方がずっといい、ということを教えてくれる絵本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 長く読めます  投稿日:2019/02/16
おでかけ版ボードブック はみがきあそび
おでかけ版ボードブック はみがきあそび 作・絵: きむら ゆういち
出版社: 偕成社
長女の出産に際して友人からお下がりで譲ってもらった本の中で長女が気に入っていたのですが、ビリビリに破ってしまったので、次女へはボードブックを購入しました。楽しく歯磨きの大切さを教えてくれます。お話もテンポがよいので、自分でも真似して読んでくれます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい トイレトレーニングに先駆けて  投稿日:2019/02/16
おでかけ版ボードブック ひとりでうんちできるかな
おでかけ版ボードブック  ひとりでうんちできるかな 作・絵: きむら ゆういち
出版社: 偕成社
きむらゆういちさんの赤ちゃんシリーズは娘たちが大好きです。まだまだトイレトレーニングはしていませんが、トイレが楽しいところだよ?、おしっこだけじゃなくうんちもしていいんだよ?くらいの気持ちで読み聞かせています。最後のゆうちゃんが水を流したり、おててを洗ったりするのは真似しています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ねえねえ…  投稿日:2019/02/16
へんなかお
へんなかお 作: 大森 裕子
出版社: 白泉社
長女の出産の際に本屋で見かけて面白かったので購入しました。0歳代はまだよく分かっていない感じでしたが、1歳すぎると楽しんで読んでいました。現在2歳の次女が、ねえねえ見ててねーと言って変な顔をしてみせてくれるのが面白いです。
最後に鏡?がついていて、自分の変な顔がうつしだされるという仕掛けも楽しいなと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 美しい絵本です  投稿日:2019/02/16
手ぶくろを買いに
手ぶくろを買いに 作: 新美 南吉
絵: 黒井 健

出版社: 偕成社
子供の頃、母の趣味で購入した絵本です。絵がとても綺麗だなと思ったのを覚えています。表紙の絵から、暗いお話なのかな?と思っていました。
子供のキツネが間違った手を出してしまったときは本当にドキドキしました。今、自分が母になってみると、この母狐の気持ちが分かるような、分からないような…。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 意外な展開にびっくり  投稿日:2019/02/16
あーんあん
あーんあん 作・絵: せな けいこ
出版社: 福音館書店
保育園は楽しいところだけど、やっぱりママがいいのね、と思ってしまう絵本です。2歳娘がせなけいこさんの絵本が好きで、セットで購入しましたが、娘は保育園等に行ったことがないのでなんのこと?と思っているかもしれません。
魚になっちゃうなんて!と親の私はびっくりの展開でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい みぃつけた  投稿日:2019/02/16
ここよ ここよ
ここよ ここよ 作: かんざわ としこ
絵: やぶうち まさゆき

出版社: 福音館書店
長女の出産に際して友人からお下がりで譲っていただいた本です。赤ちゃんどこにいるのかな?とお話するように読みすすめていると、見つけた子供たちは嬉しそうに指差してくれます。お母さんに抱っこされた動物たちは皆幸せそうに描かれていて、ほっこりします。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい アンパンマン、大丈夫?!  投稿日:2019/02/16
アンパンマンとしょくぱんまん
アンパンマンとしょくぱんまん 出版社: フレーベル館
お腹をすかせた動物たちに次々にお顔を分けてあげるアンパンマン。とっても素晴らしいことだけど、最後の象の親子にはあげすぎじゃない?!と突っ込みたくなりました。食ぱんマンが来てくれて本当に良かったです。
アンパンマンミュージアムで購入し、繰り返し読んでいます。
参考になりました。 0人

78件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット