注目の作品!

【福音館書店】イチ押しの作品をご紹介

  • キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2

    キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2

    作:角野 栄子
    画:佐竹 美保
    出版社:福音館書店

    わたし、魔女になりたいってわかるのかな? 人間の男の人オキノさんと、魔女のコキリさんのあいだに生まれた女の子、キキ。将来、魔女として活躍するキキが、赤ちゃんから10歳の女の子に成長していくまでを、黒猫の相棒ジジとの関わりを中心に描きます。魔女の娘として育ったキキは、どのように、魔女になる決意をするのでしょう。はたしてジジは「魔女猫」...続きを読む

  • おうさま

    おうさま

    文・絵:ディック・ブルーナ
    訳:まつおか きょうこ
    出版社:福音館書店

    恋する娘のために冠をはずした王さまのお話。 昔、ガラスでできたお城に、ちいさな王さまが住んでいました。王さまは、庭師の娘に恋をします。「君が女王さまになってくれたらいいと思うんだけど」でも、おつきの者たちは大反対。そんな娘はいけません、その子は冠を持っていません! と。そこで王さまは考えました。「そうだ、僕が王さまをやめればいいんだ...続きを読む

出版社おすすめ

  • ぐりとぐらの絵本7冊セット

    なかよし野ねずみのぐりとぐらが、野原や山を元気いっぱいかけまわる楽しいお話。シリーズ初作『ぐりとぐら』以来、全作品が常にトップセラーを続け、日本中のみならず世界の子どもたちに親しまれてきました。7冊を愛蔵セットとしてお届けします。

  • 子どもへのまなざし

    子どもにとっての乳幼児期は、人間の基礎をつくるもっとも重要な時期です。児童精神科医の著者が、臨床経験をふまえて乳幼児期の育児の大切さを語る、育児に関わる人の必読書です。

ユーザーレビュー

  • 懐かしくもあり、新鮮でもある。

    5.0

    • ぼんぬさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子2歳

    子どもの頃、この歌で遊んだ記憶が蘇り、今は親となり子どもに読み聞かせている自分がいることに不思議な感覚を覚えました。。昔からある歌い継がれる歌は聴き心地の良いものです。時代が変わっても世代を超えて、受け入れられていく。そういうものを大切にしたいと改めて思いました。...続きを読む

  • 雲についてもっと知りたい

    5.0

    雲についてもっと知りたくなりました 夕焼けは晴れ、朝焼けは雨、星がまたたくと風、保久間が傘をかぶると曇り… 大人でも知らない事も多く、とても興味深く読みました。 でも、子どもはお勉強のにおいがしたらしく、1度しか読めませんでした。...続きを読む

  • なつかしさ

    4.0

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子6歳、男の子3歳

    スリランカのしかもかなりむかしの話なのに、 まるで日本の昭和のいなかみたいで どこかなつかしさをかんじさせます。 でも、悪魔祓いなどは異文化を感じさせ、 おもしろかったです。 ここに流れる時間がゆるやかで、 そこにくらす人びとも余裕があり、 こどもも自由に親戚・近所の家を行き来することができ、 いいなあと憧れました...続きを読む

  • 身近にある草花

    5.0

    雑草として扱われるもの全般草花を一年を通した様子が描かれています。 場所を取り合ったり、他の草に巻き付いてみたり、高いところと低いところで住み分けてみたり。 こうやってみていると、雑草というのはうまい具合に住み分けされているなぁと改めて感じます。 人間にとっては煩わしいものですが、健気に、たくましく生きる姿にはっとさせられるかもしれ...続きを読む

  • 意外な組み合わせ

    4.0

    いろいろな動物たちが出てきます。 お腹をすかせた動物達がある物を食べますが、その組み合わせが意外です。 一番最初のウサギさんは、定番のにんじんですが、他の動物達はこれを食べるんだ!という驚きがあります。 個人的には、クマさんのケーキが意外でした。...続きを読む

全ページためしよみ
年齢別絵本セット