注目の作品!

【福音館書店】イチ押しの作品をご紹介

  • キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2

    キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2

    作:角野 栄子
    画:佐竹 美保
    出版社:福音館書店

    わたし、魔女になりたいってわかるのかな? 人間の男の人オキノさんと、魔女のコキリさんのあいだに生まれた女の子、キキ。将来、魔女として活躍するキキが、赤ちゃんから10歳の女の子に成長していくまでを、黒猫の相棒ジジとの関わりを中心に描きます。魔女の娘として育ったキキは、どのように、魔女になる決意をするのでしょう。はたしてジジは「魔女猫」...続きを読む

  • おうさま

    おうさま

    文・絵:ディック・ブルーナ
    訳:まつおか きょうこ
    出版社:福音館書店

    恋する娘のために冠をはずした王さまのお話。 昔、ガラスでできたお城に、ちいさな王さまが住んでいました。王さまは、庭師の娘に恋をします。「君が女王さまになってくれたらいいと思うんだけど」でも、おつきの者たちは大反対。そんな娘はいけません、その子は冠を持っていません! と。そこで王さまは考えました。「そうだ、僕が王さまをやめればいいんだ...続きを読む

出版社おすすめ

  • ぐりとぐらの絵本7冊セット

    なかよし野ねずみのぐりとぐらが、野原や山を元気いっぱいかけまわる楽しいお話。シリーズ初作『ぐりとぐら』以来、全作品が常にトップセラーを続け、日本中のみならず世界の子どもたちに親しまれてきました。7冊を愛蔵セットとしてお届けします。

  • 子どもへのまなざし

    子どもにとっての乳幼児期は、人間の基礎をつくるもっとも重要な時期です。児童精神科医の著者が、臨床経験をふまえて乳幼児期の育児の大切さを語る、育児に関わる人の必読書です。

ユーザーレビュー

  • 猫またに変化した後も憎みきれない…。

    5.0

    • てんぐざるさん
    • 50代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子22歳、女の子18歳

    福島の伝説をまとめた作品なので、テキスト(文章量)は結構多いです。 表題作のほかに、「天にのぼった若者」「大杉とむすめ」「おいなりさまの田んぼ」の計4作が載っています。 斎藤隆夫さんの挿絵が、ほのぼのした福島地方の伝説にとても合っていて、イメージが広がりました。 特に表題作の「猫魔ヶ岳の妖怪」は、よかったです。猫のたまが本当に可愛ら...続きを読む

  • フクロウたちの鳴き声が聞こえてくるようです

    5.0

    • てんぐざるさん
    • 50代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子22歳、女の子18歳

    この絵本には「フクロウ」「ミミズク」「セミ」「トンボ」が繰り返し登場します。(トンボは一回だけだけど) 少しずつパターンの違うフクロウやミミズクたちの語りに、彼らの鳴き声が聞こえてくるようでした。 井上洋介さんが最後の力を振り絞って描かれてきた作品なのかなと、そのいつもよりもさらに大胆な筆遣いから感じました。 井上洋介さんの作品が好...続きを読む

  • おやすみの前に

    5.0

    息子が3歳になった頃に読んだと思います。 神沢さんと平山さん、素敵なお二人の合作です。 山奥でひっそりと冬眠する熊の親子の間に交わされる優しい優しい会話。 春が来るまで、ぼうやたちは安心して眠りにつくことができたでしょう。 我が息子は、お昼寝前にこの本を読むと、必ずすぅーっと安らかに落ちてゆきました。 私も読むと安らかな気持ちに...続きを読む

  •  5月2日に92歳で亡くなった加古里子(かこさとしというひらがな表記での著作も多い)さんは絵本作家として生涯現役であり続けました。  その証拠に2018年1月、「だるまちゃん」シリーズの新作3作を同時出版しました。この絵本は、そのうちの1冊で、残りは『だるまちゃんとはやたちゃん』、『だるまちゃんとキジムナちゃん』になります。  加古さ...続きを読む

  • おべんとう美味しそう

    5.0

    きつねのきっこちゃんのシリーズは楽しいです。 これは、春のお話ですが、 さくらの花がいっぱいのお花見の絵が楽しいです。 きっこちゃんの作ったお弁当が、美味しそうで しかもみんながたっぷり食べる分があり、 きっこちゃんはお花見道具もうりぼうも担いでたくましいです。 5ひきのわんぱくうりぼうたちに、きっこちゃんは 本当に上手に、...続きを読む

全ページためしよみ
年齢別絵本セット