注目の作品!

【福音館書店】イチ押しの作品をご紹介

  • キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2

    キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2

    作:角野 栄子
    画:佐竹 美保
    出版社:福音館書店

    わたし、魔女になりたいってわかるのかな? 人間の男の人オキノさんと、魔女のコキリさんのあいだに生まれた女の子、キキ。将来、魔女として活躍するキキが、赤ちゃんから10歳の女の子に成長していくまでを、黒猫の相棒ジジとの関わりを中心に描きます。魔女の娘として育ったキキは、どのように、魔女になる決意をするのでしょう。はたしてジジは「魔女猫」...続きを読む

  • おうさま

    おうさま

    文・絵:ディック・ブルーナ
    訳:まつおか きょうこ
    出版社:福音館書店

    恋する娘のために冠をはずした王さまのお話。 昔、ガラスでできたお城に、ちいさな王さまが住んでいました。王さまは、庭師の娘に恋をします。「君が女王さまになってくれたらいいと思うんだけど」でも、おつきの者たちは大反対。そんな娘はいけません、その子は冠を持っていません! と。そこで王さまは考えました。「そうだ、僕が王さまをやめればいいんだ...続きを読む

出版社おすすめ

  • ぐりとぐらの絵本7冊セット

    なかよし野ねずみのぐりとぐらが、野原や山を元気いっぱいかけまわる楽しいお話。シリーズ初作『ぐりとぐら』以来、全作品が常にトップセラーを続け、日本中のみならず世界の子どもたちに親しまれてきました。7冊を愛蔵セットとしてお届けします。

  • 子どもへのまなざし

    子どもにとっての乳幼児期は、人間の基礎をつくるもっとも重要な時期です。児童精神科医の著者が、臨床経験をふまえて乳幼児期の育児の大切さを語る、育児に関わる人の必読書です。

ユーザーレビュー

  • 説得力がある

    5.0

    へんに擬人化されていない、 でも、ちゃんと昆虫が相撲をとっているという なんとも見ごたえのある絵本です。 ああ、確かにこの虫とこの虫じゃ こういう相撲だろうなっていう説得力がある。 こんな絵本なかなかないです。 もとがかがくのともなんですね。納得納得。 もっとほかの虫も見たいなと思いました。 ...続きを読む

  • 名前に驚く

    4.0

    ナンセンス絵本の巨匠のひとり 佐々木マキさんの夏におすすめの一冊です。 お化けの名前がもう、奇想天外すぎて ついていけないのですが、 そこがこの絵本のミソなんだと思います。 お化けの見た目と名前が全然関係ない。 でも、それでいいじゃんっていうね。 それがむしろ心地よくなってくる絵本です。 そもそもお化けなんだしね。 佐々...続きを読む

  • 永遠の友情の証

    5.0

    スズメのエマ・モアノーは、ニューヨークのセントラルパークで生まれ育ちました。フランスのパリに親戚がいると知るとどうしても逢いたくなって、とうとう海を越えてパリにやってきました。親切で面倒見のいいしろねこのエドワールと知り合えてそれからは、探していたアメリと合えてからは、楽しいことばかりで読んでいてもわくわくしました。永遠の友情の証として自...続きを読む

  • 可笑しさと切なさが入り混じっている

    5.0

    • にごじいさん
    • 50代
    • じいじ・ばあば
    • 東京都
    • 男の子4歳、男の子2歳

    ネタバレは避けることにするが、読み終わったあと孫に感想を聞くのは野暮ったいと思うような可笑しさと切なさが入り混じっているお話じゃ。ストーリーと文体と絵。この絵本ならではの読書体験がある。確かに汽車はまさか本物とは思えんほどの迫力を備えているものじゃなあ。...続きを読む

  • 「怖い本」デビューに最適。

    5.0

    赤ちゃんから読み続ける本の中に、「怖い」をテーマにしたものはなかなかお目にかかりにくいものです。あまりに怖すぎると子供のトラウマになりそうだし、絵本嫌いにもなってしまう。中途半端に怖いだけだと、シュールさが際立って面白さに繋がらない。 その点、この本はパーフェクト。 シュールさも維持しつつ、ちゃんと「怖い」。 寝ないと、連れて行...続きを読む

全ページためしよみ
年齢別絵本セット