注目の作品!

【三起商行(ミキハウス)】イチ押しの作品をご紹介


出版社おすすめ

出版社エディターブログ

ミキハウス「鹿踊り発刊記念」イベントのお知らせ

2018年11月14日 15時40分  

こんどのクリスマスイブの午後。ミロコマチコさんと、あがた森魚さんによるセッション『絵本みたいな』やります。ミロコマチコさんの、ライブペインティング。あがた森魚さんの、宮沢賢治 朗読と歌唱。描かれた作品は、絵本の本棚となって、いつまでも公園の森のそばの絵本屋に置かれます。どうぞ お出かけください。

公式HP:www.agatamorio.com


出版社おすすめ

出版社おすすめ

  • かくれたの だ〜れ?

    「パズルえほん」が手のひらサイズになって登場!安全でやわらかいウレタン素材を使用しており、遊びながら手先の運動と考える力を養います。

  • たべてるの だ〜れ?

    「パズルえほん」が手のひらサイズになって登場!コンパクトで持ち運びやすく、おでかけにもおすすめです。

ユーザーレビュー

  • 大きくなってまた読み聞かせたい

    4.0

    絵を見てなのか?4歳の子供がこれを読んでほしいと持ってきました。難しいし、悲しい本だけど大丈夫かな?と思いながら読むことに。少し長い本でしたが真剣に聞いていました。 最後の猟師をクマが囲んでるシーンが悲しかったと。難しい内容はわからないにしても、とても純粋な感想だと思いました。もう少し大きくなってから読んだらどう思うのかな?と、心の成長...続きを読む

  • 皮肉がきいていますね

    4.0

    『サーカスの旅』は、ラストを読むまで、何故人間が芸をしたのか、唐突過ぎて分かりにくいかなと思いました。 『薬と夢』は、最初の夢の話はすごく楽しそうだったのですが、薬の数を増やした時点で、オチが分かってしまって・・・ これはオチが読めない子供向けにいいかもしれないと思いました。 両方とも動物が出てくるお話で、一見可愛いのですが...続きを読む

  • ブラックユーモアたっぷり

    5.0

    「友を失った夜」は、近い未来に起こりうるテーマで、子供にもぜひ知ってほしいと思うような内容でした。 でもいわゆる星さんの書いたものとは雰囲気が違う感じなので、星新一さんのお話を味わうならば、「とりひき」の方がブラックユーモアが感じられて良いかと思いました。...続きを読む

  • しかけ絵本で楽しいですね。

    5.0

    のりものが描かれたことば絵本です。 0歳の赤ちゃんから4〜5歳くらいの幼児まで楽しめる絵本に思いました。 しかけ絵本なのが子供達もより楽しめるのではないでしょうか。 ミニブックなので,お出かけ先のお供にもできるのもまたよいですね。...続きを読む

  • 3歳くらい向けかな!?

    5.0

    「からかさ」「てんぐ」「いったんもめん」「かっぱ」など妖怪が出てくる絵本っていうのが面白いな〜と思いました。 赤ちゃん向け絵本というより,ちょっと大きくなった3歳くらい向け絵本でしょうか。 しかけ絵本になっているので,子供達も楽しさ倍増ですね。...続きを読む

ミキハウス
「宮沢賢治の絵本」シリーズ

全ページためしよみ
年齢別絵本セット