新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ

TOP500

ピンクちゃん

ママ・40代・広島県、女の子11歳 男の子4歳

  • Line

ピンクちゃんさんの声

761件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい ワクワク感が伝わる絵本  投稿日:2022/02/25
シェルパのポルパ エベレストにのぼる
シェルパのポルパ エベレストにのぼる 文: 石川 直樹
絵: 梨木 羊

出版社: 岩波書店
山登りには全く興味のない私ですが、この絵本、本当にワクワクしました。自分には決して出来ないと思いますが、こんな素晴らしい経験が出来たら、どれほど幸せな事か。

シェルパ族についてもこの絵本で初めて知りました。ヒマラヤ登山ってシェルバ族なしでは不可能なんですね。初めて知りました。シェルバ族の生活についても詳しく書かれていて、とても興味を持ちました。

何も登山について知らない私もこの絵本を読むと登山をする人の気持ちが分かった気がします。頂上に上れた時の景色の美しさそして達成感等、想像を絶する物かもしれません。

山が好きな人はもちろん、全く登山には興味がないよ、というような人でもすごくドキドキワクワク楽しめる1冊だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい お話と絵が絶妙にマッチ!  投稿日:2022/02/22
北守将軍と三人兄弟の医者
北守将軍と三人兄弟の医者 作: 宮沢 賢治
絵: スズキ コージ

出版社: 三起商行(ミキハウス)
宮沢賢治さんの童話は読むのが大変、と言うイメージが有ったのですが、この絵本はとても読みやすくワクワクしながら読み進める事が出来ました。絵がとても良い味を出していて、お話のイメージをしっかりと掴んでいて文章をより分かり易くしてくれて最高でした。

普段は読まないような作品でしたが、何だかこの作品に出会った事をきっかけに興味を持ってしまいました。今は亡き叔父は宮沢賢治さんの大ファンで私が学生の頃よくいろんな本を私に貸してくれようとしていたのを思い出しました。

体からまさかの草???が生えてしまって大変な事になってしまうのですが、そのおかげで??なのか将軍の性格が少しずつ変わって来た気がしました。やはり自分の体が悪くなると、そうなってしまうのでしょうか。

3人の医者に治療をしてもらう所もなんだか不思議。不思議な治療法だけれど、何だか効き目は確かだったみたいで。何だかホッとしました。

スズキコージさんの絵が凄くマッチしていて最高でした。これからはこの手の本にも挑戦してみたいな、と思わせてくれる1冊でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 壮大な空の旅!  投稿日:2022/02/21
フライングメジャー号 世界一周 空の旅
フライングメジャー号 世界一周 空の旅 作: コマヤスカン
出版社: 講談社
飛行船に載って空の旅に出かけるお話なのですが、まず私が気に入ったのは、世界の有名な場所に関する詳しい情報が全て吹き出し風に書かれているので凄く絵本の絵の邪魔にならず、読みやすく、いかにもその場所に付いての情報というような感じでは無く気軽にさらっと読む事が出来るようになっていたのが凄く良いなと思いました。

これなら子供達も絵本としてこの本を見て、そして世界の有名な場所に付いても学ぶというのではなく、自然と読みながら知識が身に付いて行く。と言う感じで凄く良いなと思いました。

また、どのページも絵がとても細かくて、実際に本当に自分が旅をしているかのような気持ちになってしまう程ワクワクしながら絵を眺める事が出来ました。

探し絵も有り、子供達と一緒になって探して遊ぶ事も出来て凄く楽しかったです。世界の壮大なスケールを感じられるだけでも素敵ですが、子供達に楽しみながら世界を感じてもらえて良かったです。

とても素敵な1冊でした。お勧めです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい とっても可愛らしい1冊。  投稿日:2022/02/20
おともだちに なってくれる?
おともだちに なってくれる? 著: サム・マクブラットニィ
絵: アニタ・ジェラーム
訳: 小川 仁央

出版社: 評論社
デカウサギとチビウサギから始まるお話ですが、デカウサギは人間で言うと親の存在なのかな。いつも忙しくてなかなか子供に構ってあげられなくて・・。と言う感じです。そしてチビウサギはいつも忙しいデカウサギは、構ってくれないからちょっと探検に行って見よう。と好奇心たっぷり。

そこから始まるチビウサギのちょっとした冒険。そして出会ったチップスと言う白いウサギ。チビウサギは初めて自分以外のウサギに出会い嬉しかっただろうなぁ。 何となく子供が初めて自分や家族以外の人を見た時のような、そんな感じでした。

2匹のウサギは仲良くなり、一緒にかくれんぼ。何だかほのぼのして良いですね。でもなかなか見つからなくて、そのままチビウサギはデカウサギの元へ。

でも、帰る場所が有るって良いですね。と言うか、戻れる場所が有るという安心感。デカウサギに合った時のチビウサギの安心した感じが良かったです。

そしてそこで目にしたものは。本当に最後、良かったね、素敵なお友達が出来て。とチビウサギに行ってあげたくなりました。チップスはチビウサギを見捨てずちゃんと最後までかくれんぼをしてくれていたんですね。とっても優しいお友達が出来て、ほんわか温かい気持ちになりました。

この絵本を読んでいると子供が幼稚園に入園した頃の事を思い出します。新しい世界への旅立ち。子供にとってはドキドキハラハラ。親にとっても同じですが、安心して誰かの元に帰って来られる安心感と、家族以外の人と関わりを持つという素敵な出会い。こうして子供達も大きくなっていくんですね。

素敵な可愛らしいお話で、読み終えるとホッとした気持ちになりました。

優しく可愛らしい絵本なので、贈り物にはもちろん、お子さんへの読み聞かせにはピッタリの1冊では。と思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 想像力が半端なし!  投稿日:2022/02/20
ぼくのがっこう
ぼくのがっこう 作: 鈴木 のりたけ
出版社: PHP研究所
確かに、こんな学校が本当に有ったら子供達が喜んで通うのかもしれませんよね。でもちょっと色々大変そうな学校も有った気もしましたが。机やイスも、想像もつかないような物まで登場します。

途中から探し絵のような感じになるのですが、絵がさらに細かくなり、お話と同時に探し絵が楽しめて、おまけに一つ一つの絵をしっかりと見て楽しむ事も出来て凄く子供と盛り上がりました。こんなところにこんなものが有るよ、とか、相当楽しめました。

このシリーズは初めて読んだのですが、この絵本が面白かったし、子供受けも凄く良かったのでシリーズで集めてみようかな、と思いました。

これから小学校に入学する子供達に入学祝のプレゼントとしたら絶対喜んでもらえそうですね。学校に対する不安感が一気に飛んで、不安が楽しみに変わり子供達がワクワクしながら学校に通ってくれそうな気がしました。

とても楽しく読める1冊なので、小学校に通うお子さんをお持ちのお母さん達にも是非お子さんに読んであげて欲しい1冊だと思います。お子さんもきっと大ウケしてくれる事間違いなしです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい アニメタッチで可愛い絵本  投稿日:2022/02/19
4つごのまじょの おかいもの
4つごのまじょの おかいもの 作: かわいみな
出版社: ポプラ社
アニメみたいな絵が凄く女の子受けしそうな気がします。とってもユニークなお店や品物がいっぱいで、見ているだけでも十分楽しめてしまいます。4つごのまじょたちと一緒になってお買い物をしているような気分で、ワクワクした気持ちになってしまうのは私だけでしょうか。女の子って何歳になってもお買い物って大好きですよね。
この絵本はそんな女の子のお買い物に対するワクワク感、楽しさを上手に表現していると思いました。
可愛くて楽しく、ワクワクする1冊なので、お子さんときっと素敵な時間が過ごせる事間違いなし!です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ことわざとだじゃれ名人に慣れそう!  投稿日:2022/02/17
だじゃれ ことわじゃ
だじゃれ ことわじゃ 作: ななもり さちこ
絵: ゴトウ ノリユキ

出版社: 理論社
ことわざとかの全く苦手なうちの子は最初「ん?」って感じでしたが、巻末に書かれている説明を読んであげると、ことわざをいくつかちゃんと覚えてくれました。さすがにインパクトのある絵と、だじゃれ。これは子供達がことわざを覚えるにはピッタリだと思いました。

自分でもだじゃれを作ってみたくなったらしく頑張って考えていたうちの子ですが、普段冗談は余り言わない娘は「考えてたら分からなくなっちゃった」と諦め顔でした。

この本が相当上手く作られているのでそれを真似しようとすると難しいかもしれませんが、これから又じっくりことわざを覚えながら自分なりのだじゃれを考えてみるのも良いかな、と思いました。

楽しみながらことわざが覚えられて、楽しめる1冊なので、長く使えそうな1冊です。楽しく勉強にもなって、笑えて。。。子供と一緒にだじゃれを考えてみると、また素敵な時間が子供と過ごせると思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい はっ、と気づかされる大切な時間。  投稿日:2022/02/17
アリィはおとどけやさん
アリィはおとどけやさん 作: 大久保 雨咲
絵: 吉田 尚令

出版社: ひさかたチャイルド
毎日家事や育児などで忙しくしていると1人目の時よりも2人目が生まれてから随分と子供達と一緒に遊んであげられている時間が減ったかも、と思いました。

この絵本を読むと「今忙しいからちょっと待ってね」「これ終わってから遊ぼうね」「今は無理よ、ママご飯作らないといけないから」「ああ、もうこんな時間、急がなきゃ。ちょっと遊んでてね」といつも下の子に対して時間が取れていなかったな、と凄く反省をしました。

この絵本に出るイモムーはアリィと一緒に遊びたかっただけなのに、いつもなかなかアリィと遊べなくて寂しい思いをしていて。。本当に私と私の子供とが重なってしまいました。

よく下の子も私に「ママはいつも忙しいから」と寂しそうに言われた事が有ります。それを聞くと凄く辛くて。でも主人は仕事でいないから家の事は全て一人でしないといけなくて。

でも、子供って本当にあっという間に成長してしまうんですよね。下の子が生まれてから上の子の成長が一気に進んでしまったような気がして。それだけ忙しく赤ちゃんの世話に追われていて周囲が見えていなかったのかもしれません。

下の子にとっては今はママとの時間って本当に大切だと思うし、母親の私が色々と一緒に遊んであげているうちに覚えて行く事もいっぱい有ると思います。なのでこの絵本を読んで、もっともっと時間に余裕を持って、適当に出来る所は手抜きをしてちょっとでも多く時間を子供と過ごす事が出来るようになれば、そう思いました。

大切な子供に寂しい思いをさせてしまっている事にハッと気づかせてくれた1冊でした。この絵本を読んでから子供に対して今まで以上に笑顔で、そして細かい事は気にしないでいよう、と思えるようになりました。

忙しいけれどボーっとする事も大切ですよね。息抜きを子供達と一緒にしながらもっともっと子供達と毎日を楽しめるようになりたいと思いました。

アリィもぼーっとする事が出来て見付けた素晴らしい時間。私もアリィと同じように、そんな時間を大切にしたいと思いました。

とても優しいタッチの絵と、優しい文章で、素晴らしい1冊だと思います。忙しくて余りお子さんと時間が取れていないかも、と思われているお母さんには特にぜひ手に取ってもらいたい素晴らしい1冊だと思います。もちろんお子さんは可愛い虫ちゃん達が登場する絵本なので喜んでもらえる事間違いなしだと思います。
お勧めです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ちょっと切なく夢のあるお話  投稿日:2022/02/14
ベッドのなかはきょうりゅうのくに
ベッドのなかはきょうりゅうのくに 作: まつおか たつひで
出版社: 童心社
男の子がお母さんに絵本を読んでもらっている時赤ちゃんが泣いたのでお母さんは部屋を。。。赤ちゃんばかりのお世話になってしまっているこの絵本に出て来るお母さんの気持ちも、この絵本に登場する男の子の気持ちもしっかり分かりました。

お母さんが部屋を出てしまって悲しい気持ちが凄く良く表現されていました。何だか切なくなってしまいます。私も下の子が生まれてから下の子ばかりに手が掛かってしまって上の子にはこんな風になっているのかもしれません。上の子の気持ちが伝わって来るようでした。

男の子と猫ちゃんが布団にもぐってからが凄く夢のあるお話で素敵でした。ただ、そこは恐竜のいる場所。すごい迫力でした。しかも男の子は恐竜に詳しい事。相当恐竜が好きなんですね。ただ、お母さんとはぐれてしまった恐竜をお母さんのところまで連れて行ってあげるというお話。何だかお母さんが絵本を読んでいる途中で部屋を出てしまった事の寂しさがここに続いているのかな、と思いました。お母さんにもっと甘えたいのに、お母さんは赤ちゃんで忙しくて。。。何とももどかしい気持ちが伝わって来ます。

しっかりと恐竜をお母さんのところまで連れて行ってあげると、やっと自分の部屋まで戻って来ましたが、ちゃんと戻って来れて良かったね。と安心しました。

猫ちゃんも一緒に旅に出てちゃんと一緒に戻って来れて良かったです。でも恐竜とちゃんとお話をしながら旅をしていたのを見て、凄いな。恐竜とお話が出来るだなんて。と思いました。
本当に恐竜とお話をする事が出来たら、色んなことを聞いて見たいな、とも思いますが、何だかちょっと良いな、って思ってしまいました。

夢のあるお話と、男の子のお母さんに対する思いと切なさとが合わさったお話でした。子供の気持ちをもっとしっかり受け止めてあげないといけない。そう思わせてくれる1冊でした。又、寝る前に絵本を読んであげる事の大切さも再確認さてくれる素敵な1冊だと思いました。

お仕事や育児で忙しいお母さんに、そして恐竜好きなお子さんに、ぜひ読んでもらいたい1冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 素敵な1冊  投稿日:2022/02/13
赤ちゃんモンテッソーリ ついておいで!
赤ちゃんモンテッソーリ ついておいで! 作: キアラ・ピローディ アグネス・バルッジ
出版社: すばる舎
モンテッソーリ、この絵本を通じて初めて知りました。赤ちゃん向けの育脳絵本だなんて、私の子供達にも見させてあげたかったです。

色遣いが3色と決まっていてはっきりとした絵なのでとても赤ちゃんが夢中になってくれると思います。

出産祝いにこれはピッタリ!と思う1冊なので、これから生まれて来るお友達の赤ちゃんにプレゼントしたいと思っています。シリーズがセットになったプレゼントボックスも販売されているようなので、セットだともっと喜んでもらえるかも、と思っています。

文字がない分赤ちゃんに色々この絵本を使って言葉を掛けてあげたら、赤ちゃんがもっと興味を持って見てくれそう。と思いました。そしてその分早く言葉も覚えてくれるかも、と思いました。

とても素敵な絵本なのでプレゼントにとてもお勧めです。
参考になりました。 0人

761件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

「プラチナブック」新入り絵本を紹介【ブランニュープラチナブック】

出版社おすすめ

  • かばさん 改訂版
    かばさん 改訂版
    作:やベみつのり 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    子どもと遊ぶときはいつだって全力投球!矢部太郎氏の父、やべみつのり氏の描く、最高に楽しい親子の絵本

全ページためしよみ
年齢別絵本セット