レモンちゃん  レモンちゃん  レモンちゃん  の試し読みができます!
作・絵: さとう めぐみ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
レ、レ、レ、レモン、モン♪ ステキな おともだち できるかな〜♪

ラムネ色さんの公開ページ

ラムネ色さんのプロフィール

じいじ・ばあば・60代・大阪府

ラムネ色さんの声

2404件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい グリーンがいっぱいの暮らし  掲載日:2017/12/11
はちうえはぼくにまかせて
はちうえはぼくにまかせて 作: ジーン・ジオン
絵: マーガレット・ブロイ・グレアム
訳: 森 比左志

出版社: ペンギン社
グリーンがいっぱいの暮らしを余儀なくさせられた
トミーの両親、お父さんはずっと不機嫌ですね。
まあ、最後には自然にあふれた田舎の生活が
恋しくなったようですが。
それにしても、みどりの指というのか、
トミーにはこういう才能があるのが素晴らしいです。
なかなか、こうはいかない。
剪定、さし芽にいたっては、おどろきです。
純真で素晴らしい男の子。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 全員一致でよからぬことことを  掲載日:2017/12/11
ノラネコぐんだん アイスのくに
ノラネコぐんだん アイスのくに 著者: 工藤 ノリコ
出版社: 白泉社
ちょっと眠たげな顔で、いつも全員一致でよからぬことことを始める
困った軍団ですが、大好きなシリーズです。
心のとっても広いわんわんちゃんに、叱られて働くことになるお決まりの
パターンですが、今回も無事で帰ってこれて良かったです。
ころんころんねこさんたち、ぺんぺんにおじさんと呼ばれていた!
おじさんなんですね。
アイスの工場、美味しそうです。
ペンペンに助けられ、ペンペンを助け、眠たい顔で帰ってきた
かわいいのらねこ軍団でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おじさんの苦悩  掲載日:2017/12/11
いとしのロベルタ
いとしのロベルタ 作・絵: 佐々木 マキ
出版社: 絵本館
おじさんが苦悩しています。
場面は彼の苦悩を表しているので
ゆっくりと味わって進みたいです。
彼をこんなに惑わせてしまったロベルタはいずこに、、
と思いつつ読み進みました。
ロベルタ見つけました。
でも、これって真実かもってふと思いました。
どんな形の生き物でも
心をわしづかみにされたらこんな風になるかも。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい わらいました  掲載日:2017/12/11
うし
うし 詩: 内田 麟太郎
絵: 高畠 純

出版社: アリス館
お試しで読みました。
1匹目は、
どんどんちがうどうぶつが出てくる絵本だと思い、
2匹目は、
うん?
3匹目は、
ふふっと笑えて、
、、、、おおおっ増えた 増えた
オチが 全然予期していなくて わらいました
楽しいですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 二つ目はお気に入り  掲載日:2017/12/11
ハリーのセーター
ハリーのセーター 作: ジーン・ジオン
絵: マーガレット・ブロイ・グレアム
訳: わたなべ しげお

出版社: 福音館書店
男の子に 薔薇もよう。
何とかして このセーターを捨てようと
悪戦苦闘するハリーがとても面白いです。
そんな時に限って だれもが見つけて追いかけてくるものなのですね。
予期しない時に、ハリーのセーター問題は解消しますが
ハリーがこのセーターの行き先を知っていたのが驚きでした。
そして薔薇の編み込み模様が再現されていたのは?
絵本ですから。
2度目はお気に入りなのを作ってもらえてよかったこと。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい みんな大好きバアッ!!  掲載日:2017/12/11
あけてびっくりしかけえほん いっせーの ばあ
あけてびっくりしかけえほん いっせーの ばあ 作: 新井 洋行
出版社: KADOKAWA
ばあっ!と、飛び出してくるものたちが
大きくて かわいいので 小さい方の目をひきそうです。
急に大きくなるので まさに飛び出してくるという感じがします。
いない いない ばあっは みんな大好きなので
これは楽しい絵本ですね。
流行りのチンアナゴやおばけもとてもかわいいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 美味しいシチューをさあどうぞ  掲載日:2017/12/5
魔女ひとり
魔女ひとり 作: ローラ・ルーク
絵: S.D. シンドラー
訳: 金原 瑞人

出版社: 小峰書店
不気味な世界に魔女がいます。
数え歌のように、数が増えてゆく 色々生き物
ごぶりん がいこつ 吸血鬼 などなど
みんな魔女のお友だちです。
数え歌だから 語呂が良いです。
絵もきれいです。
不気味だけど面白いですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ごきげんななめはつまらない  掲載日:2017/12/5
ごきげんななめのてんとうむし
ごきげんななめのてんとうむし 作・絵: エリック・カール
訳: もり ひさし

出版社: 偕成社
ごきげんななめなてんとうむしのようなひとも
ごきげんのいいてんとうむしのようなひともよくいますね
やっぱりごきげんのよい生活をした方が
断然楽しいだろうと思います。
ごきげんななめのつよがりさんは
無事に帰れてよかったようなものですね。
エリックカールさんのお話は
面白くて、色がとっても楽しいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい こころから信じていれば  掲載日:2017/12/5
急行「北極号」
急行「北極号」 作・絵: クリス・ヴァン・オールズバーグ
訳: 村上 春樹

出版社: あすなろ書房
幻想的な美しい絵です。
おとなになってしまった主人公の
子ども時代の貴重な回想録と言う感じですが
その内容は子供にしかできないであろうファンタジーです。
北極号にのって、北へ北へ駆けて
サンタとトナカイたちのそりがある出発点へ。
凍てつくような寒さをかんじる絵ですが
とても美しい世界がありました。
遠い昔のファンタジーを思い出せる絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 虫たちがとてもリアル  掲載日:2017/12/5
てんとうむしぱっ
てんとうむしぱっ 作: 中川 ひろたか
写真: 奥田 高文

出版社: ブロンズ新社
バックが白くて、
虫たちがとてもリアルに見えます。
一ページづつに
虫の動きにぴったりな感じの、オノマトペがあって、
それだけでもうリズミカルなうごきが感じられます。
小さいかたと一緒によむのに
楽しい虫たちのえほんですね。
参考になりました。 0人

2404件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

本をふって、ゆらして、おどかして☆遊んで楽しめる参加型絵本

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット