すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

にぎりすしさんの公開ページ

にぎりすしさんのプロフィール

その他の方・60代・京都府

自己紹介
今、時々おはなしおばさんで。語りをしたり 
絵本を読んであげたり  手遊びしたりしています
いろんな人の聞いて勉強しています
絵本ナビナビで色々絵本を見たり皆さんのを見せていただいています。有り難うございます!
好きなもの
空を眺めること   雲を見ること  山に登ること(汗ブルブルかいてます) 
散歩すること    旅行大好き いろんな土地の珍しいものを見たり体験すること
子どもの笑顔、泣き顔  キラキラした目を見て 元気をもらっています!

にぎりすしさんの声

4700件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい よくぞまあ ノラネコの観察をされたものですね!  掲載日:2018/6/18
ノラネコの研究
ノラネコの研究 作: 伊沢雅子
絵: 平出 衛

出版社: 福音館書店
作者の伊澤雅子さんは ねこが好きなんですね!
うちの隣の人もネコ好きで 家にネコが4匹いるんです 
みんな子どもが生まれないように 動物病院で手術しているそうです
我が家の前にもノラネコがいます   ひなたぼっこして寝ている姿をよく見かけます 車の下に入ったり ただ・・・・ 我が家の敷地に しっこやウンチされて 臭くて困りました どうしたら ウンチしないようにしてくれるか 根比べしました

伊澤雅子さんのノラネコ研究はすばらしいの一言です
こんなにも 観察して ネコを愛しているんですね(ナオスケ)
ナオスケの一日の地図も  一日の過ごし方もおもしろいです

お隣の奥さんにこの絵本を見せてあげたいなあ〜!と思いました
ノラネコは、世界中のあちこちに住んでいます

岩合さんの世界のノラネコは映像で見ます  おもしろいですが
この絵本は ナオスケを通して 研究されているのが素晴らしいと思いました!

ラストの あなたのまちの ナオスケはどんな暮らしをしていますか?

この言葉がネコを愛する伊澤さんの愛がつまっていると思いました
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 幸せをプレゼントしてもらえたロバ  掲載日:2018/6/18
ちいさなろば
ちいさなろば 作: ルース・エインズワース
絵: 酒井 信義
訳: 石井 桃子

出版社: 福音館書店
雪の降るクリスマスの前の夜
ロバは一人淋しく 雪の中にいました    友達がいないのです
そんな夜 サンタクロースがやって来て 足を痛めた トナカイの代わりに「ロバにトナカイの代わりになってほい」と頼んだのです
もちろん ロバは 引き受けました
ロバのおかげで サンタクロースは 子ども達にクリスマスプレゼントを届けることができたのです

ロバはしごとを終えると満足感に満たされていたのです

サンタクロースのロバへのプレゼントは ステキなものでした

淋しかったロバに友達のロバがやって来たのです   真っ白なロバです
幸せを運んでくれたんですね 
サンタクロースがね
クリスマスの頃に 読んであげたい絵本です
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 本好きな森の動物 もりの図書館で楽しめて  掲載日:2018/6/18
もりのとしょかん
もりのとしょかん 作: ふくざわ ゆみこ
出版社: 学研
もりのとしょかん  ふくろうさんは  図書館ができるほど 本をたくさん読んでいたのですね〜   びっくりで〜す

森の動物たちは 大喜び  これもうさぎのこときつねのこが森中の動物たちに 宣伝していたんです

でも図書館は 静かに 本を読むところ 
きゅかんちょうは 子ども達に 読んであげて  まるで 私達がボランふティアで読み聞かせをしているようです

もりのとしょかんが みんなの楽しみの場であり続けますようにね
ふくざわさんの絵本はかわいい!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい お母さんの賢明さ 金のくつのすばらしさ  掲載日:2018/6/18
ふわふわしっぽと小さな金のくつ
ふわふわしっぽと小さな金のくつ 作: デュ・ボウズ・ヘイワード
絵: マージョリー・フラック
訳: 羽島 葉子

出版社: Parco出版局
イースター(復活祭)キリストが死後三日後に復活した 春の訪れに感謝するお祝いだそうです
幸運を呼ぶ 卵を売るうさぎ イースター・バニー
うさぎは 春になるとたくさんの子どもを産むそうです
生命や多産の象徴、卵は復活の象徴と言われているそうです
ふわふわしっぽは、子どもの頃の夢だったのです イースター・バニーになるのが、ところが 白ウサギや野ウサギに馬鹿にされていました
大人になり 子うさぎを 21匹も産んで 子育てした ふわふわしっぽは 実に賢い お母さんうさぎでした
それを見抜いたのは 思慮深くて心優しい 長老はふわふわしっぽに 難題をだし 試したのです
それを すごい粘り強さで やり抜いたんです

もちろん 21匹の我が子うさぎにも イースター・バニーの卵を持って帰ることも忘れていません
わが子を愛し 夢を実現した ふわふわしっぽの 賢明さには 驚かされます
こんなお母さんになれたら いいですね〜
長老からもらった 小さな小さな金のくつは 宝物です

良いお話しでした 

子ども達にも届けたいお話です  お母さんにも読んであげたいですね
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かんた君が見た 酔っぱらいのお父さんは妖怪オジジ  掲載日:2018/6/18
ようかいオジジあらわれる
ようかいオジジあらわれる 作: よなはかんた
絵: 山口 みねやす

出版社: くもん出版
沖縄の石垣島に住んでいるかんたくん   創作コンクールの作品が絵本になったんです
おもしろいはなしがあるんだよ ときどき 家に妖怪があらわれる
夜に現れたー ようかい オジジ
顔が赤くて 足は タコのように ふにゃふにゃ  頭ぶつけて ごっつん

ようかいオジジのチューこうげき  チュー チュー ・・・・

ようかいオジジを止められるのは おかあさんだけ「おわりー」というとぴたりとしずまる    なんとも わらえる ようかいオジジ

お酒を飲んで帰ってきたお父さんの姿が  おもしろいというのか お酒を飲んだお父さんのことを 書いた かんたくんの 子どもの感性の豊かさに 感動です

優しいお父さんが ようかいオジジになる     かんたくんも 大人になれば お父さんの気持ちわかるかもね???

おもしろい 絵本になりましたね
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 昭和の 幸せ家族のマラソン笑えますよ  掲載日:2018/6/18
そんなことって、ある?
そんなことって、ある? 作: 奥田 継夫
絵: 西村 繁男

出版社: サンリード
昭和の時代から平成にそして今度はどんな時代になるかな〜

大家族で住んでいた幸せな家族のす型
  マラソンしようと行ったのは おじいさん  ジョギングしようとしていたぼくを見て みんなですることになったんです
おばあさんはお留守番
お宮さんに行って 裏をまわって帰ってくる  往復2キロ
はじめの脱落者は おじいさん 近所のおじいさんと話し込み碁を打つ話に
おとうさんは500Mで おなかが痛くなるのって・・・・ちょっとなさけないかな
お母さんはわかる スーパーの大バーゲンにつられて・・・・ちゃんと お金持ってたんだね
妹がチョウチョ追っかけるのはわかるけれども・・・・
ぼくだけが 目的地のお宮さんまわってユーターン、 ところが
一番に家に帰ったのは おじいさん 
そんなことって、ある?
おもしろい ククッと笑えそうな お話です
こんな家族の幸せがあるのは 羨ましいですね

家族の幸せとはこんな たわいのない喜び 笑いが大切ですね
男の子が怒らないのも 幸せな家族の一員だからですね
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい しろと黒のしりとり   写真がいいですね〜  掲載日:2018/6/18
しゃしんであそぼ (1) しりとりあそび しろとくろ
しゃしんであそぼ (1) しりとりあそび しろとくろ 作: 星川 ひろ子 星川 治雄
絵: 星川 ひろ子 星川 治雄

出版社: 小学館
先日 サークルのメンバーが紹介してくれた写真絵本です
なかなか リアルな写真で くわがたむしがいたり
蜆の味噌汁(ちょっと 薬味のネギがほしかったけれど・・・)
しじみの 黒  パンダの巻きずしはうまくできてる
くも もちがふくれてるの おもしろい ヒントもある  しりとりがおもしろい

こどもたちとしりとりしたらおもしろいなあ〜

ぎょたくは(しってるかな?)
写真でしりとりの発想はなかなか アイデアがあっていいですね!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 本当の話 動物たちとの共存の一瞬の出来事  掲載日:2018/6/18
森のおくから むかし、カナダであった ほんとうのはなし
森のおくから むかし、カナダであった ほんとうのはなし 作: レベッカ・ボンド
訳: もりうち すみこ

出版社: ゴブリン書房
カナダでの実話に ぐっとひかれました 
アントニオは5歳(作者の祖父)その時に起こった本当のお話です

山火事がおこり 住人たちはみんな 湖に逃げました 
みんなが 怖ろしさに 湖に逃げていたとき 山に住んでいた 動物たちもまた 命を守ろうと 湖に逃げてきたのです
クマも オオカミも ヘラジカも ヤマアラシも リスも フクロネズミも

いつもは 敵である動物通しも 山火事の危機の瞬間は すべてのものが  命を守るために 必死だったのです
この場所には 一瞬ですが、人間と動物の共存に一瞬がありました

しかし 山火事が収まると 動物たちはみな 山へ帰って行ったのです

不思議な瞬間  それは 子孫に言い伝えられています

1914年の 実際に会った驚くべき出来事です
なんだか お話に引き込まれて 読んでいました
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 生きている! 博物館の生命を感じて  掲載日:2018/6/18
はくぶつかんのよる
はくぶつかんのよる 文・絵: イザベル・シムレール
訳: 石津 ちひろ

出版社: 岩波書店
博物館 それは 人間が作り上げたものですが・・・・

化石は地球の歴史がつまっていると思いました
ワニの化石はどれほどの大きさですか?

図鑑のような 虫や蝶の数々 たくさんの種類 名前は知らないものばかりです
きいろいチョウが飛び立つところは 幻想的に描かれています 
博物館の 動物の剥製 チョウが命を吹き込み  動物たちが動き出すのです
動物たちだけではありません 世界中から集められた道具達も 命を吹き込まれて 動き出すのです
自由気ままに 空中散歩    なんとも 幻想的です
博物館で眠っていた 剥製の動物も虫たちも トリたちも 道具達もみんなみんな こんなに生き生きと命が吹き込まれるのがすごいなあ!と思いました
博物館にやってきた 人間だけが きいろいチョウが命を吹き込んだことに気がつきません
博物館の夜の 自由な時間は 人間達には見えないんですね
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う カメとカバのハッピーな関係に ホッとしました  掲載日:2018/6/18
カメとカバ ーえと じで よむ ほんー
カメとカバ ーえと じで よむ ほんー 作: ケイト・バンクス
絵: トメク・ボガツキ
訳: かつらあまね

出版社: 評論社
カメとカバのお話を私は今度語りでします(藤田浩子さんの本より)

そこで見つけた絵本がカメとカバのこの絵本でした。 中身は違います

絵文字で読んでいくのですが・・・・ こんな絵文字にすると読みにくいなあと思いました
カバの顔がとってもかわいくて 親しみやすいのですよ

カメは カバのことが怖くて 川を渡るのにどうしたらいいかいろいろとためしているのです
鳥のように空が飛べたらと思います
川向こうのアシがたっぷり 食べれるのですが・・・やっぱり怖い カメのけなげな努力に 少々笑えます

お互いを 知らないと言うことは やはり不安ですね

いろんな動物たちが出てきますから楽しめます

カバの大きな口に食べられそうなんです。でも・・ カバは優しかったんです
大きな背中に乗せてくれてね 

カメも安心してこれからは川を泳げる。 めでたし めでたしです
でも この絵本 こんな絵文字にしなくてもと思いますが・・・・・

皆さんはどうですか   子ども達は 絵文字楽しむのかな〜
参考になりました。 0人

4700件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

長谷川義史さん イベントレポート&インタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット