出版社おすすめ

  • 蝶の目と草はらの秘密

    人には見えないものを見ることのできる生物とは何か?泡のなかに身をかくす昆虫とは何か?ただ一つの生き物をのぞき、ほかの生き物たちすべてに有毒な植物とは何か?リズミカルな詩句による≪なぞかけ≫と、科学の知識をユニークに組み合わせた絵本から、草はらの隠れた世界を見つけてみよう!

ユーザーレビュー

  • ちょっと怖い。でも読みたい。

    4.0

    ずっといつか娘に読んであげたいなと思っていました。 4歳になって初めて読んであげると、 まだ少し怖いみたいです。 ちょっと怖いけど、気になる存在。 たまに物語の世界を覗いてみたくなる・・・。 そんな気持ちなのか、 忘れた頃にこの絵本を「読んで」と持ってきます。 緻密なイラストが美しく、 いたずら者のマックスが現実か...続きを読む

  • ぶたがこわ〜い

    4.0

    いやー、楽しかった。 3びきのこぶたの逆バージョン?みたいな感じのお話です。 おおかみはお母さんに言われて家を出て、 三人で暮らすように言われます。 悪い豚に気をつけないと・・・ なんかかわいいおおかみもいいですが、 悪いぶたが、これまた本当に悪くて みてて楽しかったです。 しかけ絵本なので...続きを読む

  • こんな風に自然と仲直りできる関係が素敵だなと思いました。大人同士だとこんな風にはいかないものですが、家族っていいなと改めて思います。絵本のサイズもイラストも可愛いです。 絶交した直後に、なんでもなかったかのように一緒に遊びに行ったり、最後、クッキーだけじゃなくてローラースケートも半分にしているのがいいなと思いました。...続きを読む

  • 読者と紡ぐ一夜の冒険

    5.0

    日本画家による文字のない作品。 子鹿が流れ星を追って、森や都会をさまよい、また親鹿たちのところへ戻ってくるのですね。 左ページには地図が配置され、子鹿の奇跡がたどれるようになっています。 題名の通り、美しい星空が印象的です。 時には水面に映りこみ、まさに降ってきた星々のようです。 物語が進むにつれて、夜明けとなり、こちらも神々し...続きを読む

  • 答えをくれる絵本

    5.0

    • ミュさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子2歳

    どうなればいい子か、子ウサギが模索します。 泣かない、怒らない、かわいい、自分自身も考えてきた項目ばかりでてきます。 でも、ちゃーんとママウサギの答えが、世界中のママの気持ちを代弁してくれます。 「バニーらしくいてくれるのが一番」まさにその通り!! これを読んで、自分に自信をもってくれたり安心してくれているかしら?と思いながら、こ...続きを読む

注目の作品!

【冨山房】イチ押しの作品をご紹介

  • もうなかないよ、クリズラ

    もうなかないよ、クリズラ

    作:ゼバスティアン・ロート
    訳:平野 卿子
    出版社:冨山房

    がちょうのヨランテとかめのクリズラは大のなかよし。本をよんだり、スポーツしたりなんでもはなしあう、とびっきりのともだちです。ところがある日、クリズラのすがたがみえなくなってしまいました・・・・「クリズラ、なんでいなくなっちゃったの?

  • 子供から大人までそれぞれの感性
    で理解して受けとめるみんなの本

  • もうなかないよ、クリズラ

    もうなかないよ、クリズラ

    作:ゼバスティアン・ロート
    訳:平野 卿子
    出版社:冨山房

    がちょうのヨランテとかめのクリズラは大のなかよし。本をよんだり、スポーツしたりなんでもはなしあう、とびっきりのともだちです。ところがある日、クリズラのすがたがみえなくなってしまいました・・・・「クリズラ、なんでいなくなっちゃったの?

全ページためしよみ
年齢別絵本セット