出版社おすすめ

  • 蝶の目と草はらの秘密

    人には見えないものを見ることのできる生物とは何か?泡のなかに身をかくす昆虫とは何か?ただ一つの生き物をのぞき、ほかの生き物たちすべてに有毒な植物とは何か?リズミカルな詩句による≪なぞかけ≫と、科学の知識をユニークに組み合わせた絵本から、草はらの隠れた世界を見つけてみよう!

ユーザーレビュー

  • ポケモントレーナーみゆきです。 この本は、「3匹のこぶた」の話が頭をよぎり、オオカミになっているのが面白いなと思って手に取ってみた1冊です♪ この絵本、頭をよぎった「3匹のこぶた」の物語を知っているとより面白く読める絵本です! 立場が逆転しているわけですね! ただ、この絵本はクライマックスがとても素敵です♪ 途中まで...続きを読む

  • 何だかよくわからなくて、不思議なお話

    3.0

    モーリス・センダックさんのお話ということで、楽しみに読ませていただきましたが、子どもも私も、いまいち理解ができないお話でした。そのため、評価を少し低くさせていただきました。 「何だかよくわからなくて、不思議なお話だったね」という感想の絵本でした。...続きを読む

  • 3びきのかわいいオオカミ

    5.0

    まさに今、必要とされている話だと思います。 今おきている信じられないくらい悲惨な戦争を、この本の力で少しでも良い方向へ導く事ができたらいいのに!と心から思います。 停戦会議の会場を、狭くて殺風景な会議室でする代わりに、色とりどりの花が咲き乱れる花畑でやってみてはどうだろう? とんでもない悪ブタには、とんでもない理想論をぶ...続きを読む

  • ボタンがある理由

    5.0

    字のない絵本、と副題にあります。 題名に?だったのですが、表紙絵を見て納得。 ゾウのお腹にボタンがありますね。 で、ボタンがある理由がすぐにわかります。 そう、これは着ぐるみだったわけですね。 そして出てきた動物にもボタンが!? 絵だけで進む作品だからこそ、この余白が面白いです。 最後は、うえののりこさんの定番キャラクターの...続きを読む

  • 女の子の強さがおもしろい

    3.0

    村の人々を困らせる大きなクマ「じごくのならずもの」。 人々を襲い、冬の為にためておいた貯蔵庫はたちまち空っぽ。 そんなクマに立ち向かう勇敢なせかいいち大きな女の子のアンジェリア。 アンジェリアの奮闘ぶりが女の子の印象とは違って面白いです。 ダイナミックな絵本です。...続きを読む

注目の作品!

【冨山房】イチ押しの作品をご紹介

  • もうなかないよ、クリズラ

    もうなかないよ、クリズラ

    作:ゼバスティアン・ロート
    訳:平野 卿子
    出版社:冨山房

    がちょうのヨランテとかめのクリズラは大のなかよし。本をよんだり、スポーツしたりなんでもはなしあう、とびっきりのともだちです。ところがある日、クリズラのすがたがみえなくなってしまいました・・・・「クリズラ、なんでいなくなっちゃったの?

  • 子供から大人までそれぞれの感性
    で理解して受けとめるみんなの本

  • もうなかないよ、クリズラ

    もうなかないよ、クリズラ

    作:ゼバスティアン・ロート
    訳:平野 卿子
    出版社:冨山房

    がちょうのヨランテとかめのクリズラは大のなかよし。本をよんだり、スポーツしたりなんでもはなしあう、とびっきりのともだちです。ところがある日、クリズラのすがたがみえなくなってしまいました・・・・「クリズラ、なんでいなくなっちゃったの?

全ページためしよみ
年齢別絵本セット