出版社おすすめ

  • 蝶の目と草はらの秘密

    人には見えないものを見ることのできる生物とは何か?泡のなかに身をかくす昆虫とは何か?ただ一つの生き物をのぞき、ほかの生き物たちすべてに有毒な植物とは何か?リズミカルな詩句による≪なぞかけ≫と、科学の知識をユニークに組み合わせた絵本から、草はらの隠れた世界を見つけてみよう!

ユーザーレビュー

  • 読み直してみよう

    4.0

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子3歳

    お勧めされていて読んでみました。 絵もかわいいし、内容も素敵なんですけど、 あまり心に響いてこなかったです。 子どもにも分かりやすい内容なんですが、 子どももあまりよくわからなかったようです。 改めて自分一人で読んだほうがいいのか、 9か国に翻訳されているぐらいだし、くやしいので もう一度、読み直してみようと思い...続きを読む

  • 思わずクスッとする。

    5.0

    ぶたとオオカミの立場が逆転している、3びきのこぶたのパロディです。 オオカミの建てるおうちが、結構イマドキ感もあって、一緒に読んでて思わずクスッとしてしまいました。元のお話を知っていて、これも読んでみると楽しさが倍増する気がします。また絵柄もきれいで、オオカミがとっても可愛いです。...続きを読む

  • 2歳の娘はとても気に入ったようで毎日読んでいます。大人の私は正直魅力がわかりませんでしたが、何度も何度も読んでいるうちに絵本の世界に引き込まれていきました。本当に魅力のある絵本なのだなぁと感心しました。...続きを読む

  • ソーダ村の村長さん

    5.0

    有名な詩人の方の詩に、飯野和好さんの味のある楽しい挿絵がついています。 見て、読んで、声に出して楽しめる、贅沢な一冊。 「ソーダ村の村長さん」の詩は、自分が小さい頃、「ソーダ村の村長さんがソーダ飲んで死んだそーだ」と、よく口ずさんだ記憶があります。 でもちゃんと続きがあるんですね。 しかも童謡「さっちゃん」の作詞者坂田利夫さんの作...続きを読む

  • 子供達は幸せになれる?

    4.0

    やんちゃな男の子ばかりの家族がいかに大変か・・・というのは分かり過ぎるほど分かりますが、一番下の女の子が可愛いからといって邪険にするのは可哀想だなぁ・・・と思いました。 女の子が家を飛び出した後、両親の心痛はいかばかりかと思いますが、その辺りはまったく描かれていないので、やはり女の子が主役のお話ということなのでしょうね。 一応...続きを読む

注目の作品!

【冨山房】イチ押しの作品をご紹介

    読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

  • もうなかないよ、クリズラ

    もうなかないよ、クリズラ

    作:ゼバスティアン・ロート
    訳:平野 卿子
    出版社:冨山房

    がちょうのヨランテとかめのクリズラは大のなかよし。本をよんだり、スポーツしたりなんでもはなしあう、とびっきりのともだちです。ところがある日、クリズラのすがたがみえなくなってしまいました・・・・「クリズラ、なんでいなくなっちゃったの?

  • 子供から大人までそれぞれの感性
    で理解して受けとめるみんなの本

  • もうなかないよ、クリズラ

    もうなかないよ、クリズラ

    作:ゼバスティアン・ロート
    訳:平野 卿子
    出版社:冨山房

    がちょうのヨランテとかめのクリズラは大のなかよし。本をよんだり、スポーツしたりなんでもはなしあう、とびっきりのともだちです。ところがある日、クリズラのすがたがみえなくなってしまいました・・・・「クリズラ、なんでいなくなっちゃったの?

全ページためしよみ
年齢別絵本セット