出版社おすすめ

  • 蝶の目と草はらの秘密

    人には見えないものを見ることのできる生物とは何か?泡のなかに身をかくす昆虫とは何か?ただ一つの生き物をのぞき、ほかの生き物たちすべてに有毒な植物とは何か?リズミカルな詩句による≪なぞかけ≫と、科学の知識をユニークに組み合わせた絵本から、草はらの隠れた世界を見つけてみよう!

ユーザーレビュー

  • これでいいのかなぁ

    3.0

    お母さんに怒られて、寝室に放り込まれたマックス。 でも船に乗って、怪獣達のいるところへ行ってしまいます。 マックス自身は船旅も楽しいし、 怪獣達の王様になって好き放題して楽しい。 お母さんに怒られたのに、 反省している気配が全然なし。 これでいいのかしら・・・? 自分の寝室に帰ってきて、 夕ご飯の温かくて美味し...続きを読む

  • 色って楽しいなって思いました

    4.0

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子6歳、女の子5歳

    黒と白、グレーしかない世界で色が作られていった物語。 白黒の世界がぱっときれいに色づく様子に「おぉ」ってなります。 でも、全部が青色だとみんなの気分が落ち込んで、全部が黄色だとみんなの目がちかちかして…確かに確かに。っていう感じで、色のイメージを楽しめました。...続きを読む

  • この裏切りは。。。

    5.0

    繰り返し要素のあるお話にもなっているので,幼児期のお子さんにもわかりやすいと思いました。 マーシャブラウンのイラストも味があって素敵です。 冬を仲良く一緒に過ごしたウサギとキツネが,春になってウサギはキツネの裏切りにあってしまいます。。。背は腹に変えられぬということなのか。。。友達とは。。。考えさせられますね。この部分は子供より大人の...続きを読む

  • とんでもない悪ブタ。

    5.0

    • めらんこりさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子4歳、男の子1歳

    3びきのこぶた、ではなく3びきのオオカミ。 オオカミたちが作った家を、悪い大ブタがことごとく壊しにきます。 ブタに壊されないように、頑丈な家を作りますが、最後には花でいっぱいの家を作り、悪ブタも改心します。 ブタとオオカミが入れ替わった設定が面白かったらしく、子供も喜んで読んでいました...続きを読む

  • うさぎのバニーぼうやが おかあさんに「いいこってどんなこ?」 なかないいいこ? つよいこ? おこりんぼはいいいこじゃないよね? おかあさんは こんなバニーぼうやのことばに 「おこっているときも わらっているときも おかあさんは 大好きよ」 こんなふうに 優しくお母さんは子どもに言ってやれるでしょうか? 時にはイライラして 怒...続きを読む

注目の作品!

【冨山房】イチ押しの作品をご紹介

    読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

  • もうなかないよ、クリズラ

    もうなかないよ、クリズラ

    作:ゼバスティアン・ロート
    訳:平野 卿子
    出版社:冨山房

    がちょうのヨランテとかめのクリズラは大のなかよし。本をよんだり、スポーツしたりなんでもはなしあう、とびっきりのともだちです。ところがある日、クリズラのすがたがみえなくなってしまいました・・・・「クリズラ、なんでいなくなっちゃったの?

  • 子供から大人までそれぞれの感性
    で理解して受けとめるみんなの本

  • もうなかないよ、クリズラ

    もうなかないよ、クリズラ

    作:ゼバスティアン・ロート
    訳:平野 卿子
    出版社:冨山房

    がちょうのヨランテとかめのクリズラは大のなかよし。本をよんだり、スポーツしたりなんでもはなしあう、とびっきりのともだちです。ところがある日、クリズラのすがたがみえなくなってしまいました・・・・「クリズラ、なんでいなくなっちゃったの?

全ページためしよみ
年齢別絵本セット