日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?の試し読みができます!
作: 浜田 桂子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?
みっとーさん 30代・ママ

とてもいい絵本でした
8月に保育所で紹介されていた絵本です。…

ひなぎくの花さんの公開ページ

ひなぎくの花さんのプロフィール

じいじ・ばあば・60代・奈良県

ひなぎくの花さんの声

2147件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
ふつうだと思う 短所は長所に転じることができる  投稿日:2020/05/28
あしたが きらいな うさぎ
あしたが きらいな うさぎ 作: 高橋久美子
絵: 高山 裕子

出版社: マイクロマガジン社
自分の容姿や性格で、自分自身が嫌いってことはよくあることだと思います。他人が羨ましくなってしまいます。でも、どうすることもできない…。自分で自分を呪いたくなります。

でも、それも考え方次第。みんなそれぞれに、短所もあり長所もあって、それが特徴であり個性なのですから。

短所と思えることも、視点を変えれば長所の転じることもできる。それが、この絵本のテーマでしょうか…
参考になりました。 0人

ふつうだと思う ちょこっと科学  投稿日:2020/05/05
いちにちうんち
いちにちうんち 作: ふくべ あきひろ
絵: かわしまななえ

出版社: PHP研究所
全ページためしよみでよませていただきました。
いちにち○○○シリーズの一冊です。今、ちまたではとても人気があるシリーズのようですね。
これは、僕が1日、いろんな動物のうんちになるというもの。
知らないこともあって、それを確認してみたいと思いました。
参考になりました。 0人

あまりおすすめしない さがしもの絵本  投稿日:2020/05/05
あかちゃん、はじめまして!おゆびでさしてあそぼうブック
あかちゃん、はじめまして!おゆびでさしてあそぼうブック 文: フィオナ・ワット
絵: ステファン・パーカー
訳: 中井 はるの

出版社: 教育画劇
全ページ試し読みで読ませて頂きました。
親子で一緒に、絵を探して楽しむ絵本でした。電車や病院の待合などで、退屈したときなどに、親子のコミュニケーションのアイテムとして、楽しく使えたらいいな…と思いました。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 二重構造の絵本の読み  投稿日:2020/05/05
わたしたちのえほん
わたしたちのえほん 文: 南谷 佳世
絵: 大畑 いくの

出版社: 文溪堂
絵本のなかで、親子が絵本を読むという、二重構造になった絵本。
絵本のなかで読んでもらっている主人公、その読んでもらっている絵本の主人公と、入れ箱式になっています。
現実に読んでもらっている自分も入れたら、三重構造かな?
何歳くらいが楽しめるでしょう?
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 仲良しのアパート  投稿日:2020/04/28
くまくん、じゅんびは オーケーかい?
くまくん、じゅんびは オーケーかい? 作: デイビッド・バロー
訳: おびか ゆうこ

出版社: マイクロマガジン社
くまくんが、楽しい家族旅行にでかける準備をしています。
くまくんの行動に、子ども時代の、旅行に出かけるまえの、なんともいえないワクワクした気分を思い出します。
最後のオチといえるくだりは、よくあるパターンのような気もしますが、とても温かな気持ちになりますね!!
色も構図もとてもきれいな絵本でした。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う 懐かしい”蓄音機と犬の絵”の真実  投稿日:2020/04/28
NIPPER−His Master’s Voice−(ニッパー ヒズマスターズヴォイス)
NIPPER−His Master’s Voice−(ニッパー ヒズマスターズヴォイス) 作: 石浦 克
出版社: JVCネットワークス
きっと、ある年齢以上の人には、ビクターでおなじみであろう”蓄音機と犬の絵”。この絵本を読むまでは、こんなストーリー(実話)があったとは、まったく知りませんでした。

当時より、なぜか人を楽しく温かな気分にする魅力がある絵だなと思っていたのですが、このおはなしを知って納得。

絵本の絵は、シンプルながらも、このお話に対する愛情と誠実さを感じました。久々に、絵本を読むことで癒やされました。

感染症で大変な今、この一冊を読めてよかったです。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 親のための絵本  投稿日:2020/04/13
しろくまのそだてかた
しろくまのそだてかた 著者: うつみ のりこ
出版社: 飛鳥新社
とてもシンプルでストレートな言葉で、子育てとは…なんぞやということを、描いている絵本でした。子どもは親の笑顔が一番なんですね。こんな簡単なことを、その時には忘れがちです。自分の子育ては遠い過去ですが、この本に出会っていたらどんなによかったでしょう。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 春に  投稿日:2020/04/02
こもれび
こもれび 文: 林 木林
絵: 岡田 千晶

出版社: 光村教育図書
こもれびを求めるすみれのお話。すみれの、ささやかな願いが、パステルカラーの優しい色彩に包まれて、優しい言葉で描かれています。森のなかで、自然に触れているような、森の空気を吸っているような感覚になる絵本でした。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 作家のネコ好き  投稿日:2020/04/02
ねことねこ
ねことねこ 作: 町田尚子
出版社: こぐま社
作家さんのネコ好きが、駄々漏れの絵本だと思いました。ネコのこと良く見てるなと。シンプルだけど、面白い。私は犬を飼っているけれども、ネコにも興味がわいてきますした。今度、ネコを見かけたら、どのタイプのネコかな?ってよく見てみようと思います。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う はたけのした駅  投稿日:2020/03/30
ちかてつ もぐらごう
ちかてつ もぐらごう 作: 大森 裕子
出版社: 交通新聞社
もぐらの地下鉄に乗って、土の下に遠足に行きます。
はたけのした駅が楽しかったです。土の下から野菜を収穫するなんて発想おもしろい!一度やってみたくなりますね。駅弁もおいしそうでした。地層サンドイッチ。夢がありますね。
参考になりました。 0人

2147件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

あしたがきらいなウールの背中を押してくれた奇跡の夜

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット