おすわり どうぞ おすわり どうぞ おすわり どうぞの試し読みができます!
作: しもかわら ゆみ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ぴったりのいす みつけられるかな?

やまんばばばさんの公開ページ

やまんばばばさんのプロフィール

その他の方・70代以上・香川県

やまんばばばさんの声

1466件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う やさい×おばけ  掲載日:2018/7/30
おばけばたけ
おばけばたけ 作: 林 なつこ
出版社: マイクロマガジン社
野菜とオバケのコラボの話って、初めてのような…

でも、野菜って、よく見たらオバケみたいに不思議で面白い形のものが多いです。色もいろいろカラフルで、賑やかです。

男の子の帽子のなかに隠されたオチが、そうきたか…って感じです(笑)
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う これは新しい!  掲載日:2018/7/30
シティーズ とうきょう
シティーズ とうきょう 作: IC4DESIGN
出版社: 昭文社
東京に住んでいる人も、たまに訪ねる人も、ほとんど用がないという人も、それぞれに楽しめそう!
私は、たまに訪れて、東京に行くとなれば心躍る田舎者ですが、そのたまの旅の前に、この地図で、予定を立てたり、後で確認したりして楽しみたいですね。
ビルなど結構、リアルに描かれていて、普通の地図にはない楽しみがあります。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 綺麗な絵  掲載日:2018/7/30
ちいさなエリオット おおきなまちで
ちいさなエリオット おおきなまちで 作: マイク・クラトウ
訳: 福本 友美子

出版社: マイクロマガジン社
親子で話ながら読むといいなと思いました。
町の中に水玉の小さなゾウが済んでいる…という点で、現実と違う不思議な世界へ連れて行ってくれます。
後半、小さなねずみくんがカップケーキを手に入れてくれることは想像できましたが、微笑ましい方法で良かったです。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う ペットと赤ちゃん  掲載日:2018/7/10
ニャンコどこいった?
ニャンコどこいった? 作・絵: よこただいすけ
出版社: 少年写真新聞社
生まれたときから家に動物がいたら…兄弟のように姉妹のように親友のように、育つのですよね。
ペットの方も、同じように感じているように思うときがあります。

この絵本はそんな関係をユーモラスに描かれています。
家にペットがいる人にもいない人にも、おすすめです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 能動的に遊べる絵本です!  掲載日:2018/7/10
はたらくくるまとまちをつくろう!
はたらくくるまとまちをつくろう! 作: のぐちたけし ふくしまやすこ かわうそぶちょう
発行: まる出版

出版社: サンクチュアリ・パブリッシング
いわゆるしかけ絵本ですが、子ども達が自分で、積極的に、能動的に、関われるしかけの絵本だと思います。
お話を作ったり、ページを戻ったりと。
ただ絵本を読んでもらう楽しみ以上の楽しみが生まれる絵本だと思いました!

参考になりました。 0人

あまりおすすめしない こういう絵本の需要があるの?  掲載日:2018/6/18
スーちゃん おやすみなさい
スーちゃん おやすみなさい 作・絵: アリーナ・サーナイテ
訳: おびか ゆうこ

出版社: 東洋館出版社
おやすみ絵本というジャンルの絵本が流行しているようですが、この絵本もその1冊でしょうか?それは、何かに怯えて眠れない子どもが多いということを示しているのでしょうか?正直は、元気に遊んで、くたくたになって眠る…そのような生活、こういった絵本が必要ない生活を、子どもたちには送ってほしいなと思ってしまいます。
参考になりました。 1人

ふつうだと思う 新しい教科  掲載日:2018/6/18
ルビィのぼうけん こんにちは! プログラミング
ルビィのぼうけん こんにちは! プログラミング 作: リンダ・リウカス
訳: 鳥井雪

出版社: 翔泳社
プログラミング教育???いったい何を教えるの?と疑問に思えることが、こういう絵本が出ることで、古い人間にも、理解できるのではと思いました。
いわゆる絵本の楽しみ…というより、教本的な本ですね。これから新しい概念の社会に、子ども達は生きるのだなと改めて感じました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 忍者博士に  掲載日:2018/6/18
にんじゃなんにんじゃ
にんじゃなんにんじゃ 作・絵: 中垣 ゆたか
監修: 山田 雄司

出版社: 赤ちゃんとママ社
絵のなかから、忍者が何人いるか探す形式のページと、忍者について説明されたページが交互にあります。片方だけを読み飛ばしていっても、読めるので、幅広い年齢の子どもが楽しめると思います。
忍者って本当にいたと思うと面白いですね!
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 左右対称  掲載日:2018/3/29
しぜんのなかのかたち むかいあわせ
しぜんのなかのかたち むかいあわせ 作・絵: よつもとあきら
出版社: 福音館書店
とてもはっきりした絵で、色と形のデザインが、美しい絵本です。
遠目にも効くので、集団への読み聞かせにも向いていると思います。
科学の絵本ともいえると思います。
ただ、『むかいあわせ』という言葉の意味と、微妙に違和感のある場面もあります。左右対称という言葉が一番なのですが、それでは、絵本として味気ないですしね…
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 春に!  掲載日:2018/3/29
ジョーンとあひる
ジョーンとあひる 作: マーガレット・ロウ
絵: 津田 櫓冬

出版社: 福音館書店
ジョーンとお父さんは、池のあひるにパンくずのご飯ををあげます。
なんとなく春に読みたくなる絵本です。
賑やかな鳥たちの声、ジョーンとお父さんとのやりとり、父と息子の何気ない日常、とても微笑ましい絵本です。
参考になりました。 0人

1466件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

みごたえ満点!船の断面図絵本『ペンギンクルーズ』のはなはるかさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット