はじめてのえいごえほん にほんのおはなし(1) はじめてのえいごえほん にほんのおはなし(1) はじめてのえいごえほん にほんのおはなし(1)の試し読みができます!
再話: 深山 さくら  出版社: くもん出版
子どもたちの大好きなあのお話、英語で読んでみませんか? 昔話や楽しい歌を収録した、CD付き絵本!

DDVDさんの公開ページ

DDVDさんのプロフィール

じいじ・ばあば・70代以上・香川県

DDVDさんの声

1827件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
ふつうだと思う 声でつながる  投稿日:2019/03/20
でんわでおはなし
でんわでおはなし 作・絵: 五味 太郎
出版社: 絵本館
声は繋がっているんだよ、話し手が話をすることで、その話を通して、聞き手がその内容を想像することで、同じような心の経験が゙できるんだよってことを、思いました。その聞き手というのが、五味さんらしくて、ほのぼのとしていていいです。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 意外な展開  投稿日:2019/03/20
おばさんのごちそう
おばさんのごちそう 作・絵: 五味 太郎
出版社: 絵本館
面白いですね。あるおばさんのところへ、二人の子どものお客さんが…はじめましてて挨拶したから、知り合いじゃないのね。そういう関係かな…と想像しながら見ていくと、意外な展開。こんなアイデアが湧き出る作家さんですね。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う オチがいいです  投稿日:2019/03/20
うしろにいるのはだあれだ
うしろにいるのはだあれだ 作・絵: 五味 太郎
出版社: 絵本館
五味太郎さんらしい、ユーモアがある絵本です。五味さんは、とても多作の絵本作家さんですが、どれも、なるほど…という、アイデアがあって、面白いです。絵はいつも同じようなタッチですが、どれも、そのアイデアが面白いです。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う なんだかいい  投稿日:2019/03/20
ちいさなきしゃ
ちいさなきしゃ 作・絵: 五味 太郎
出版社: 岩崎書店
ありそうで、ないアイデアの本ですね。なんだか、やさしい、穏やかな気持ちになります。不思議です。
ちいさな汽車が、走っていきます。小さな子どもにとって、おもちゃは大切なもの。この絵本の汽車も、登場する寝ている男の子の宝物なんだろうなと思いました。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 笑顔がいいね  投稿日:2019/03/19
わーらった
わーらった 作: 風木 一人
絵: 市原 淳

出版社: 講談社
かばん、くつ、ぼうし、など、赤ちゃんの身近なものが、泣いています。でも、ページをめくると、よかった、ちゃんと笑っています。
赤ちゃんでも、ちゃんと泣いてるかおよりも、笑顔が大好きということが、分るときがありますよね。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う ネコにはヒゲが必要です  投稿日:2019/03/19
はなねこちゃん
はなねこちゃん 作: 竹下 文子
絵: いしい つとむ

出版社: 小峰書店
竹下文子さんの、やさしいお話です。お絵かきをして遊んでいたはなちゃんは、友達に呼ばれて遊びに行きます。お絵かきしていたのは、ネコです。まだ、ヒゲが描かれていません。ヒゲがないと困るネコは、画用紙から飛び出して…さて、どうなるでしょうか?
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 変身できるオバケ  投稿日:2019/03/19
ばけばけばけばけ ばけたくん おみせの巻
ばけばけばけばけ ばけたくん おみせの巻 作・絵: 岩田 明子
出版社: 大日本図書
オバケのばけばけばけたくんの絵本ですね。お店で食べ物を食べたら、あれあれ、ばけたくんの身体が食べたものに似てきます。そとで、次々に違う食べ物を食べて…最後は、白い牛乳で、さてさて、どうなったでしょうか?
参考になりました。 0人

ふつうだと思う ネーブルなのか…  投稿日:2019/03/19
へそのお
へそのお 作: 中川 ひろたか
絵: 石井 聖岳

出版社: PHP研究所
科学絵本の要素あり、社会科学的な要素もあり、国語的な要素もあり…、へそに特化して、意外にも、とても広く網羅された絵本です。英語でネーブルっていうのって、知らなかったな…。豆知識が増えました。若い人のお家にも、へその緒って、置いているのかな?
参考になりました。 0人

ふつうだと思う シュール  投稿日:2019/03/19
カレーだいおうのまほう
カレーだいおうのまほう 作・絵: 石倉 ヒロユキ
出版社: ひさかたチャイルド
シュールな絵本です。なんだか面白いです。好きだなあ。
カレーライスって、どうしてあんなに美味しいのでしょう。数日に一回は、必ず食べたくなりますね。特に、子どものころから馴染んだ○○○ ○-○○○ カレー が。カレーだいおうがいると思うと愉快です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 明るいお話です  投稿日:2019/03/17
お日さまはだかんぼ
お日さまはだかんぼ 作: 神沢 利子
絵: 井上 洋介

出版社: ポプラ社
神沢利子さんのお話、くまのこウーフのシリーズです。
冒頭から、明るい前向きなお話で、気分がよくなります。ところどろこに、クスッと笑える、品のいいユーモアがあって、ぜひこういうお話に、子どもたちが出会ってほしいなと思いました。
参考になりました。 0人

1827件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット