話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
どうぶつのわかっていること・わかっていないこと

どうぶつのわかっていること・わかっていないこと(小学館集英社プロダクション)

『世界一受けたい授業』で紹介!京大の動物博士監修の「答えのない問いに向き合う力」を育てる新感覚の絵本

  • 学べる
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
月のかがく

月のかがく

  • 絵本
監修: 渡部 潤一
絵・文: えびな みつる
写真: 中西 昭雄
出版社: 旬報社

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2011年05月02日
ISBN: 9784845112104

B5横判上製/32頁

出版社からの紹介

わたしたちの一番身近な天体、月。
月の不思議と魅力を、ちょっと科学的に絵と写真で紹介。
子どもも大人も楽しめる、月の魅力満載の写真絵本。

主な内容
・月はこうしてできた
・月の地形図
・月までの距離
・月はどうしてかたちが変わる? 
・月のもようはなににみえる?
・アポロ11号 月面着陸
・月食、赤い月のふしぎ
・月のデータ
・日本で見ることのできる月食

ベストレビュー

「月ってこんなもの」

こういた科学絵本は、だいたい何年生くらいの子どもにもわかるようにと、想定されて作られているのでしょうけれども、大人が読んでも十分面白いし、今まで知らなかった世界が広がります。

この本は、写真や精密な美しい月の絵とともに、
古来世界中に伝わってきた月の影の見え方(各国につきの物語あり)や、アポロが月に着陸した時のこと、月の満ち欠けのことなど、
それほど厚みのある本ではないのに、簡潔な文と写真と絵で分かりやすくまとめてくれています。
この本を読むと、「月ってこんなもの」というのが伝わってきます。

月が美しく見える秋の時期に子どもたちに紹介したい1冊です。
多少細かい部分もありますが、読み聞かせにもお薦めです。
(小学校4年生以上くらいからでしょうか)
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子21歳、女の子16歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

990円
3,190円
1,430円
1,650円
1,430円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,540円
550円
3,850円
550円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

月のかがく

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら