うまはかける うまはかける うまはかけるの試し読みができます!
文: 内田 麟太郎 絵: 山村 浩二  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
ナンセンス絵本の決定版!
ヒラP21さん 60代・パパ

いろんな「かける」
「うまは駆ける」、「うま歯欠ける」と言…

ムスカンさんの公開ページ

ムスカンさんのプロフィール

ママ・30代・東京都、男の子11歳 女の子7歳

自己紹介
元々読書が趣味でしたが、
子供ができてからは子供と一緒に絵本を読むのも
趣味の一つになりました。
毎週ワクワクしながら図書館に通っています♪

ムスカンさんの声

2258件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 娘のキャラとかぶる!  掲載日:2018/8/18
だんまりうさぎとおしゃべりうさぎ
だんまりうさぎとおしゃべりうさぎ 作: 安房 直子
絵: ひがし ちから

出版社: 偕成社
小1の娘が夏休みに読みました。

もう、このおしゃべりうさぎちゃんは、
うちの娘じゃないかと思うくらいにキャラがかぶります。
娘の場合は近くにだんまりうさぎくんがいないので、
こんなに重宝されないキャラではありますが、
おしゃべりうさぎちゃんの行動パターンまでがそっくりで、
読んでいて本人も笑っていました。

だんまりうさぎさんもなんだかどんどんお友達の輪が増えて
とっても楽しそう!
二本立てですが話の内容は繋がっているし、
とても読みやすく楽しい一冊でした!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 読書感想文に選んだ一冊。  掲載日:2018/8/18
へっちゃらトーマス
へっちゃらトーマス 文・絵: パット・ハッチンス
訳: 小宮 由

出版社: 大日本図書
小1の娘が夏休みの読書感想文に選んだ一冊。

字を覚えようとしないトーマス。
字を読めないせいで、女子トイレに入ったり頭からペンキをかぶるハメになったり、トーマスの身に次から次にふりかかる出来事に大笑いの娘でしたが、

じがよめるようになって、いろいろなことが分かるようになった。
とけいもよめるようになって、あさいえをでるじかんもわかるようになった。

と、わが身を振り返って、学ぶことの大切さがじわりじわりと実感できたようで、読めてよかった一冊でした。

トーマスもろうやで改心したあとはものすごい勉強家になりましたね(笑)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いい最後で嬉しい一冊です!  掲載日:2018/8/10
ぼくのわがまま電池
ぼくのわがまま電池 著: 大塚 菜生
イラスト: 大和田 美鈴

出版社: 岩崎書店
小1と娘と夏休みに一緒に読みました。

チビチビといつもいじめっこにからかわれる小学生の男の子が主人公です。
クラスで流行っている「充電式乾電池」をお母さんに買ってもらうための
努力がとっても涙ぐましいのですが、
なんとかお金をせめて電池を買うために赴いた電気屋が
これまた「うさんくさい!」。
そこにいる店員がこれまたもうとっても「うさんくさい!」。

そしてこの店員のおじさんにもらった電池で、
男の子のとってもおかしい体験がはじまります。

最後にはうさんくさいおじさんがとっても素敵に見えたり、
いじめっこがとってもイイヤツにみえたり、
小学生が読む童話としては素晴らしい終わり方で嬉しかったです☆

でも小1にはちょっと難しかったかも。
三年生くらいにオススメの一冊です☆
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい それぞれの選手の物語が感動!  掲載日:2018/8/10
心にのこるオリンピック・パラリンピックの読みもの
心にのこるオリンピック・パラリンピックの読みもの 監修: 大野益弘
出版社: 全国学校図書館協議会
二人の子供が通う小学校の校長先生のオススメ本。

オリパラに感動はつきもので、その感動について語っている本。
というだけではすまされないとても素敵な一冊でした。

選手一人一人の物語が、短い限られたスペースで
これでもかというほど濃厚に描かれており、
どの選手のお話も気づけばものすごく吸い込まれてしまい、
感きわまって電車の中で涙を落とすところでした。
あぶなかった!

ちょっと名前を聞いたことある、程度の選手でも
大昔?のオリンピックの選手でも
それぞれの選手がそれぞれの章の主人公であり
つい心が入ってしまいます。

この本に載っていない圧倒的多数の選手にも
選手の数ほどオリパラ物語があるのかと思うと、
もう泣けてきます。アスリートってすごいね。
アスリートをささえる周りの方の努力もすごいね。

これまでオリパラを気楽な気持ちでテレビで見ていたわが身を
思わず反省させられた一冊でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ネパールの文化も分かる絵本。  掲載日:2018/8/10
なかよしミリガ
なかよしミリガ 文: カルパナ・プラダン
出版社: アジア絵本の会
7歳の娘と読みました。

絵本は二か国語。左半分にネパール語、
右半分にその訳文の日本語が書いてあります。

シカのミリガとなかよしのカラス、カーグの心温まる友情物語。
途中でもちろん悪役も出てきて、
ミリガの苦痛に読んでいるこちらが辛くなることもありますが、
最後まで読んで、
なるほど、こういう教訓なんだ!というのが
ハッと分かる絵本。

日本ではあんまりこんな教育はしないかな、と思うのは、
ひとえに文化に違いによるものかもしれません。
その他にも随所随所で、ネパールの文化に触れる一幕があり、
親子で勉強になりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい こんなオバケならいいね!  掲載日:2018/8/1
おばけのジョージー おおてがら
おばけのジョージー おおてがら 作・絵: ロバート・ブライト
訳: なかがわ ちひろ

出版社: 徳間書店
7歳の娘と読みました。

主人公はおばけのジョージ―、
おばけといってもとっても気が弱く優しいおばけです。
こんなおばけなら家にいてもいいね!
と言いながら娘と一緒に読ませていただきました。

さて、そのジョージ―が住んでいるおうちに
強盗が入ってしまって、さあ大変!

ジョージ―は猫やフクロウの仲間たちと一緒に、
強盗たちを追い詰めます。
すごい!頭使ったね!

結局つかまった強盗たち。
完全にジョージ―たちの作戦勝ち。
仲間との連携もとっても光っていて、
読んでいてとても面白かったです☆
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい すっかりネイマールファンになってしまった!  掲載日:2018/7/30
ポプラポケット文庫ノンフィクション ネイマール ピッチでくりだす魔法
ポプラポケット文庫ノンフィクション ネイマール ピッチでくりだす魔法 著: マイケル・パート
訳: 樋渡正人

出版社: ポプラ社
小6の息子が読んでいたく感動し、
「この本で読書感想文を書く!」と言い出し、
なんか違うだろ?と思いながらも自らも読んでみた一冊。

私まで感動!
電車の中で読んだりするとちょっと感極まってヤバイです。

ネイマールの生い立ち、
あたたかな家族、貧乏で電気まで止められてしまった日々、
そしてそんな日々の中で地元のクラブチームからトップ選手へと
階段をかけのぼってきたネイマールのこれまでの人生が
とても分かりやすく描かれています。

すっかりネイマールファンになってしまった・・・!

特に、仲間を大事に思う気持ち、
いつも神を信じ、祈り、自分の環境に感謝する姿勢には
とっても尊敬できるものがあります。

息子にもネイマールのような(技術的にではなく人間的に)
プレイヤーになってほしいと心から思った一冊でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい これはいいシリーズを見つけました!  掲載日:2018/7/27
小野妹子
小野妹子 監修: 山岸 良二
文: 西本 鶏介
絵: 宮本えつよし

出版社: ミネルヴァ書房
11歳の息子と読みました。

小学6年生の息子は今年から日本史デビュー。
ずっと前から一緒に読みたかった一冊ですが、結局夏休みになり、
1学期で勉強したことの復習として一緒に読みました。

内容は詳しく、挿絵もあって、とっても分かりやすい!
巻末にはさらに詳しい付録もあり、このシリーズはとても重宝しそうです。

小野妹子のことだけでなく、その時代の中国・朝鮮半島情勢や
国内の勢力分布もしっかりと説明されているし、
絶対教科書で勉強するより分かりやすいし記憶に残ること請け合いです!


夏休み中に他のシリーズもどんどん読んでいこうと思います☆
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 何気にとってもファンタジー☆  掲載日:2018/7/25
ツトムとでんしゃのカミサマ
ツトムとでんしゃのカミサマ 文・絵: にしかわ おさむ
出版社: 小峰書店
小学校1年生の娘と読みました。

地域の図書館が1年生にオススメする一冊。
初めて読みましたが、中には6つのお話しが入っていて、
それぞれいい長さで読みやすいです。

主人公がずっとツトム君なのがいい!
読んでいくうちに、ツトム君がとっても優しくていい子だということが
だんだんと分かってきます。

そして、何気にとってもファンタジー!
きつねややもりと普通に友達だったり、
近所の商店のおばさんがいのししだったり、
なんだかこういう世界っていいなーってほのぼのします!

特にヤモリは、夜中に起きているので、
夜中のおうちの庭の様子とかを教えてくれる、
とっても心強い存在!

ヤモリに対するイメージが変わりました。
もしどこかで見かけても、
「キャー!!!」って言って逃げることがなくなりそうです(笑)。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい こういう展開のお話し大好き!  掲載日:2018/7/25
にわとり城
にわとり城 作: 松野 正子
絵: 大社 玲子

出版社: こぐま社
7歳の娘と読みました。

心は優しそうだけどなんだか非常にパッとしない青年が主人公で、
しかもとっても幸が薄い!
この先この人大丈夫だろうかと心配になって娘と読み進めるうち、
ストーリーがなぞなぞに突入していって、
魔物の出すなぞなぞがこれまた面白い!
そんなの分かるかい!というような問題を
一羽のめんどりの力を借りて次々とクリアしていきますが、

ここらへんあたりで、
あー!!!!!とひらめいた私と娘。

だよねだよねだよね!
やっぱりこういう展開だよね!
この流れでお話しを作ってくれた作者さんに感謝の思いで
最後まで楽しく読ませていただきました。
長さもとってもちょうどよくて、娘と一緒に読めて嬉しい一冊でした☆
参考になりました。 0人

2258件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

みごたえ満点!船の断面図絵本『ペンギンクルーズ』のはなはるかさんインタビュー

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!
  • うさぎマンション
    うさぎマンションの試し読みができます!
    うさぎマンション
     出版社:くもん出版
    うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに

全ページためしよみ
年齢別絵本セット