あかまる どれかな? あかまる どれかな? あかまる どれかな?の試し読みができます!
作: しみずだいすけ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
パパやママの質問に答えて「これ!」とゆびさし。「できた!」達成感で“地頭”がぐんぐん育つ、ゆびさしあそびの絵本です。

ムスカンさんの公開ページ

ムスカンさんのプロフィール

ママ・30代・東京都、男の子11歳 女の子6歳

自己紹介
元々読書が趣味でしたが、
子供ができてからは子供と一緒に絵本を読むのも
趣味の一つになりました。
毎週ワクワクしながら図書館に通っています♪

ムスカンさんの声

2187件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 頑張ったおひめさま☆  掲載日:2018/2/18
ちいさなおひめさま
ちいさなおひめさま 作: かどの えいこ
絵: 西巻 茅子

出版社: ポプラ社
6歳の娘と読みました。

大きな大きなお屋敷に、
たった一人 と、13人の召使いと
住んでいるおひめさま。

召使いが13人もいて羨ましいなあ!
なーんでも召使いがやってくれていいなあ!

と、ど庶民の私と娘は羨望の眼差しでしたが、
おひめさまはこんな生活に疲れちゃったんですね。

それでも、知恵を絞って召使い達から逃れ、
そして勇気を持って自分にできることを初めて手に入れることができたおひめさま、あっぱれ!
おひめさまの成長が娘の成長と重なり、
なんだか最後は一人で勝手にジーンときました。

なんでも自分でやりたがる年頃の娘には
とってもぴったりな一冊でした!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ドキドキワクワクしながら読みました☆  掲載日:2018/2/18
毛皮ひめ
毛皮ひめ 作: シャーロット・ハック
絵: アニタ・ローベル
訳: 松井るり子

出版社: らんか社
6歳の娘と読みました。

お姫様シリーズはあらかた読んだことがあると
思ったけれど、
この絵本は母娘共に初めての一冊。

1ページ目に出てくる墓場とお葬式の挿し絵に
かなり怖がっていた娘でしたが、
読み進めていくうちにそんなことは忘れ
どんどん物語の中に吸い寄せられて行きました。


結末はなんとなく想像がつくものの、
このお姫様がどのような知恵を絞ってハッピーエンドにまで
もっていくのか。それがとても楽しみで、ワクワクドキドキしながら読めました。

この人悪役?と思っていた人が
最後にはとっても善人だったのが分かったのも
とても心暖まりました。

女の子には是非おすすめしたい一冊です☆

参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ポカポカ暖かいきもちになれる絵本!  掲載日:2018/2/8
ドーナツやさんのおてつだい
ドーナツやさんのおてつだい 作: もとした いづみ
絵: ヨシエ
企画: アサヒ飲料株式会社
発行: 絵本ナビ

出版社: 泰文堂
この絵本ナビさんのレビューコンテストを通して初めて知った
「カルピス絵本」の存在。
一見絵本と関係のないカルピスの会社が絵本を通じて
子どもたちの育成を支援しているんだということを知り
とても暖かい気持ちになりました。

そしてこのドーナツ屋さんのお話は、
その暖かい気持ちにぴったりなお話。
ドーナツの作り方やコツも紹介されていて、食育絵本でもあります。
より多くの子どもたちに、食に興味を持ってほしい。
そんな思いがとっても伝わってくる一冊です。

そんなポカポカした雰囲気の中でも、
もっもしやついに悪役登場?!というシーンはあるのですが、
それでも絵本はポカポカのまま。
悪役かと思いきや、とってもかわいらしい存在なのです☆

みんなで作ってみんなで食べるのは楽しいね!

絵本の中にカルピスが出てこないのも、
宣伝めいてなくてさすがです!

そして絵がとっても素敵!
これを気にこの作者さんのほかの絵本も読んでみたいなぁと思いました。


参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 弁慶の知恵と勇気が素晴らしい!  掲載日:2018/2/2
源平絵巻物語 9 安宅の関
源平絵巻物語 9 安宅の関 作: 今西 祐行
絵: 赤羽 末吉

出版社: 偕成社
11歳の息子と読みました。

息子と読み進めてきたこのシリーズももうあと一冊で終わり。
最後には義経が自害するとわかっているだけに、
第一冊目から義経を見てきた私たちには、
義経の一生がゴールに近づいてきているのが刻々と感じられて
なんだかとっても切ない第9冊目でした。

とはいえ、10冊まであるということは、
この本ではまだ義経は大丈夫?

ああーヤバイ!
今度こそ!

と思える局面は多々出てきますが、
そのたびに切り抜けてこれたのは、なんと弁慶の知恵と勇気!
弁慶って、とってもあばれん坊でガクのない男だという印象でしたが、
なんたる知恵、なんたる勇気!
そしてそのオトコギに心を打たれ義経をさらっと見逃した人たちも
出てきて、ここがまた感動です!

無事に女の子も生まれ、
でも結末を知っているからこそもうこれがまた切ないのですが、
10冊目を読むのが楽しみでもあり、悲しくもある第9冊目でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい こんなお話だったっけな〜。  掲載日:2018/2/2
金をつむぐこびと ルンペルシュティルツヒェン 新装版
金をつむぐこびと ルンペルシュティルツヒェン 新装版 著: ヤーコプ・グリム ヴィルヘルム・グリム
出版社: 西村書店
6歳の娘と読もうと思っていたのですが、
意外にも食い付いてきた11歳息子と読みました。

昔小さいときに読んだことがあるそうで、
ルンペルシュティルツヒンの絵本はたくさんあるので、
この絵本かどうかは忘れましたが、
絵の美しさとは裏腹にちょっとつっこみどころが満載でした。
こんなお話だったっけな。

まず、娘のお父さんの浅はかさにびっくり。
そして、王様がとっても翌深いのにびっくり。
そして、いくら王様とはいえ、そんな王様と結婚して
娘は幸せになれるのか?と言いたい展開でしたが、
こんなストーリーだったっけなー。

最後のルンペルの突然の消え方にもびっくり。
寝る前に読むとちょっと怖い気持ちさえします。
グリム童話って元々本当は怖いお話だとそういえば聞いたことがある。
童話 って割にはなんだかあまり夢のない展開ではありますが、
私たち親子の大好きな童話のうちのひとつです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 絵がとっても素敵です!  掲載日:2018/2/2
ほしをもったひめ セルビアのむかしばなし
ほしをもったひめ セルビアのむかしばなし 文: 八百板 洋子
絵: 小沢 さかえ

出版社: 福音館書店
表紙の絵がとっても素敵で思わず手にとった絵本です。
キラキラだけどしっとりと落ち着いていてゴタゴタしていない。
背景が黒なのもまた素敵です。
これは娘喜ぶぞー!と思って一緒に読もうと声をかけたら
やっぱり表紙を見て食い付いてきた!
女子にはとっても嬉しい表紙なのです。

ワクワクしながら開いた絵本でしたが、
ストーリーもなかなか素敵です。
特にこの絵本に出てくるお姫様、
よくある「とってもやさしいおひめさま」でもなく、
かといって「とってもいじわるな」でもなく、
どこかツンとした中にも少女らしさもかいまみれて、
そんなキャラクターがとっても好きになりました。

最後の結末は、青年とおひめさまの決断がとっても素敵☆
なんだか読んでいる私たちまで嬉しくなってくる一冊で、
娘と読めて本当によかったと思えた一冊でした!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 娘とかぶる!  掲載日:2018/2/2
ふきまんぶく
ふきまんぶく 作・絵: 田島 征三
出版社: 偕成社
6歳の娘と読みました。

「ふきまんぶく」って何かと思ったら、
なんとふきのとうのこと。

ふきのとう ってよく聞きますが、
実はあんまり馴染みがなく、
こんな感じで育っていくんだー
と、ふんわりと実感できた絵本でした。

それにしてもこの主人公の女の子のふきちゃん。
顔がまんまるくて、我が家の娘とよくかぶります。

朝、娘を起こすときの、
寒い寒いと布団の中に入って、顔だけなんとか出して
うーんって言ってるときの顔、
まさに表紙の絵、
まさにふきちゃん、ふきのとう!

この絵本を読んで以来、私は娘に
「ふきまんぶくちゃん」って呼びかけるようになりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 真の姿のはなくそとの出会い!  掲載日:2018/1/24
はなくそ
はなくそ 著: アンジェール・ドロノワ
絵: カロリーヌ・アメル
監修: 守本倫子
訳: たかのゆう

出版社: 竹書房
はなくそ大好き11歳長男と読みたい!と思いつつも、
ちょっと先に一人で読ませていただきました。

いかにも子供が好きそうな題名で、
食い付くのが分かっていても、
この絵本でいっそう彼のはなくそ愛が深まってはと危惧していましたが、

とんでもない!

これは絵本ではありますがれっきとした理科の絵本、生物の絵本。

はなみずが一日1〜2Lも作られるなんて、私も知らなかった。
そして、どうしてはなくそができていくのか、その過程が
分かりやすい図解と共に説明されていて
おーはなくそってすごい!と畏敬の念さえ湧き出てきます。

体のメカニズムってすごいねー。

もちろん、子供が読んで面白いように
たくさん工夫もされています。

はなくそを丸めてポイしたり、椅子やテーブルにくっつけちゃう人。
はい!うちの息子です!
本人もここできっとハイッと手をあげるだろうな〜。

はなくそいじるの嬉しい!楽しい!大好き!な息子にとって
この絵本は真の姿のはなくそとの第二の出会いとなるはずで、
非常に購入を検討したい一冊です!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 意外な展開にびっくりしました  掲載日:2018/1/24
あいうえおの き
あいうえおの き 作・絵: レオ・レオニ
訳: 谷川 俊太郎

出版社: 好学社
6歳の娘と読みました。

小学校の先生おすすめの一冊。
国語の教科書にものっている「スイミー」の作者、レオレオニさん。
この「あいうえおの き」も絵がとても暖かくて、
読む前からとってもワクワクしていました。

文字が言葉になり、言葉が文章になっていく過程は、
面白くもありとっても素敵でしたが、
なかなか話の展開が読めず、どうくるかな〜?!と楽しみに
読み進めていた矢先、
なんだかとっても意外な展開でびっくりしました。

そばできいていた11歳息子も
「エッ 何か突然そう来るの?!」と突然参加。

ストーリーとしては素敵ですが、私はこの紫の毛虫を
「あっコイツは悪役に違いない」なんて心の中でひそかに思っていたので
最後まで読んで申し訳なさでいっぱいになりました。

最後も「えっ!」というくらいスケールの大きい展開になりましたが、
レオ・レオニさんの柔らかい絵で中和されてカバー。
表紙からは意外な展開でしたが、楽しませていただいた一冊でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい すごく面白い、読み聞かせにぴったり!  掲載日:2018/1/23
あらまっ!
あらまっ! 作: ケイト・ラム
絵: エイドリアン・ジョンソン
訳: 石津 ちひろ

出版社: 小学館
6歳の娘と読みました。

小5の息子が小1で読み聞かせをしてすごく面白かったと
紹介してくれた絵本。

早速娘と読みましたが、
確かにこの絵本はものすごーく面白い!!!

おばあちゃんちにお泊りにいった男の子とおばあちゃんのお話ですが
いやーこのバーチャン、スゲー!
ベッドを作る姿なんて防護眼鏡までかけてまさにプロ級!
だけどハンドバックはいついかなるときでも手放さないという
非常に根性のあるバーチャンです!

テンポもよく、最後の最後まで笑えるお話。
これは確かに読み聞かせにぴったりだな!
娘も大喜びの一冊でした☆
参考になりました。 0人

2187件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

新潮文庫3200万部刊行、星 新一の小説が絵本に!

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット