新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ

てんぐざるさんの公開ページ

てんぐざるさんのプロフィール

ママ・50代・埼玉県、女の子21歳

自己紹介
てんぐざるは、小学生の頃のあだ名です。(誰が心当たりのある方はご連絡くださると嬉しいです)

子どもたちに素敵な本やお話を届けるために、出来ることにはいろいろなことにチャレンジしていきたいなぁと、思っています。
好きなもの
本(特に物語)と、お芝居と、子どもたち。
ひとこと
今は、2016年の高校生向け課題図書『ハーレムの闘う本屋 :ルイス・ミショーの生涯 (あすなろ書房)』にハマってます。
知れば知るほど、知らなかったことが多くて、情けなくなります。
この機会にたくさんの中高生に紹介したいです。

てんぐざるさんの声

7746件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 見えない優しい手  投稿日:2021/04/23
ひばりに
ひばりに 詩: 内田 麟太郎
絵: うえだまこと

出版社: アリス館
内田麟太郎さんの絵本はほとんど読んできましたが、これまで読んできた中で一番心にしみました。
とても素敵な作品です。
ぜひたくさんの子どもたちに手にとってもらいたいです。
出来たら読み聞かせで使ってほしいのですが、作品に合わせた優しいタッチの絵柄が、遠目だとちょっと見ずらいかもしれません。

見えない優しい手が誰かの背中をそっと押しているような言葉でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 同系の作品と読み比べしても楽しそうです。  投稿日:2021/04/23
ほしいなあ、きょうりゅう
ほしいなあ、きょうりゅう 文: G・ドーネイ
絵: A・バロー
訳: 青山 南

出版社: マイナビ出版
はっきりした絵で、遠目がきいて見やすい絵でした。
ストーリーのテンポも警戒で読んでいて楽しかったです。
この作品が竹下文子さんの「きょうりゅう一ぴきください」より、前に発表されていたら、もっともっと興奮して「面白い!」といっていたかもしれません。
残念ながら、内容は同系統でしたが、
「きょうりゅう一ぴき…」の方は、あくまでも児童書なので、読み聞かせ出来なくはないですがしにくい場所や学年もありますが、
こちらは絵柄のはっきりした絵本なので、4,5歳児くらいから読み聞かせにも使えます。(どんどん使ってほしいです)
いっそ読み比べてみても楽しいかもしれません。

余談ですが、見返しの絵は、主人公の部屋の壁紙と同じでした。
見返しの部分も、凝って作られている作品は好きです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 「ご主人、その通り!」  投稿日:2021/04/23
もぐらどろぼう
もぐらどろぼう 作: 桂 文我
絵: ささめや ゆき

出版社: BL出版
文我さんの作品は、たいてい実際高座でやられている落語が多いと思いますが、この作品には「落語」という文字が書かれてので、まだ高座ではおやりになっていないのでしょうか。
落語らしい噺の展開がとても面白かったです。

間抜けな泥棒のはなしのテンポを素直に楽しめる作品でした。
「ご主人、その通り!」
「おくさん。その通り!」
のやり取りのところがほんとに面白いです。
子どもたちが真似しそうですね。

ささめやゆきさんの絵柄が作品にとても合っていました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 見つけたり、感じたり。  投稿日:2021/04/23
すきなこと にがてなこと
すきなこと にがてなこと 作: 新井 洋行
絵: 嶽 まいこ

出版社: くもん出版
読み終わってから気がついたのですが、作者は新井洋行さんなのに、絵は獄まいこさんという方でした。
そして、普段の新井洋行さんの作品とは違って、場面の多い作品でした。
大人でもたいへんだと感じる世の中になって、これからを生きる子どもたちは、もっと生きづらいと想像します。
こういう作品に触れることで、自分の良いところを見つけたり、他者とのつながりを感じられたりするといいなぁと思いました。
人と人の流れを表現するためでしょうか、画面が漫画のようにコマ割りになっているシーンがいくつかあります。
絵がはっきりしているので、それほど見づらさは感じませんが、読み聞かせに使うときはゆっくりページをめくってあげてほしいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 被写体たちの変化が楽しい。  投稿日:2021/04/14
カシャッ!
カシャッ! 作: 北村 人
出版社: ポプラ社
目の付け所が面白いなと思いました。
カメラを向けて撮ると被写体たちは(オシャレ?)に皮をむいてポーズしてくれます。
その変化がとても楽しかったです。
どれもおもしろかったのですが、やはり一発目のバナナの変化が一番目に焼き付きました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う マイノリティについて考える。  投稿日:2021/04/14
ぼく、ひつじじゃなくて ぶたなんだ
ぼく、ひつじじゃなくて ぶたなんだ 著・絵: ピム・ラマース
訳: 長山 さき

出版社: ほるぷ出版
表紙から想像していたのと違って、自分らしさって、何だろうと考えさせられるお話でした。
自分が周りと違うと感じることは、子どもたちの社会でも起きうることです。
「マイノリティ(正統・多数派から外れている)」を感じた時、どう対処るればいいのか、絵本を読みながら子どもたちなりにいろいろな考え方を養えるのではないでしょうか。

楽しい話かなぁと、思っていたのでちょっと拍子抜けでしたが、これはこれで考えさせられる良い作品だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい はたから見てると微笑ましいふたり(ひとりと1匹)です。  投稿日:2021/04/14
くまのルイス
くまのルイス 作: トム・リヒテンヘルド
絵: ジュリー・ローウィン・ゾック
訳: 木坂 涼

出版社: BL出版
くまの人形の「ルイス」から見た、人間の男の子との友情物語です。
男の子らしい粗雑な態度に腹を立てて出ていこうとするくまのルイスですが、はたから見ているとふたり(ひとりと1匹)のやりとりが微笑ましく感じました。

絵は線が太くはっきりしていて遠目がききます。
テキストの字も大きいので、読みやすいです。
5,6歳くらいから小学校低学年くらいのお子さんたちの読み聞かせにお薦めします。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う いろんな富士の雲(かさ)やいろんな富士がある。  投稿日:2021/04/14
せとうちたいこさん ふじさんのぼりタイ
せとうちたいこさん ふじさんのぼりタイ 作・絵: 長野 ヒデ子
出版社: 童心社
たいこさんのシリーズです。
富士山にかかる雲の呼び名や、富士山以外にも各地に「富士」の名がついた山があることを楽しく教えてもらえてくれます。
正直、日本各地にこんなに「〇〇富士」があるとは知りませんでした。勉強になりました。
また、たい子さんが意外としっかり登山をするので、登山に必要なグッツや心構えも分かって面白かったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 利口な女の子とくまのやり取りが楽しい。  投稿日:2021/04/14
マーシャとくま
マーシャとくま 作: 武鹿 悦子
絵: アンヴィル奈宝子

出版社: ひかりのくに
一年生の国語の教科書に載っていた「マーシャとくま」です。
素話ではメジャーなロシアに伝わる昔話で、一見怖そうなくまと、利発な女の子マーシャとの掛け合いが楽しいストーリーです。
この作品では、小学校1年生で習う漢字をうまく使って、構成されています。
なので、就学前(5,6歳)のお子さんたちから小学校低学年くらいのお子さんたちの、ひとり読みの練習にも使えそうです。

アンヴィル奈宝子さんの優しいタッチの絵で、物語の世界も生き生きとえがかれていました。
私は個人的にはくまがマーシャのお使いで、かごを背負って森のなかを歩いていくシーンが好きです。
たくさんの子どもたちに触れてほしい物語です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 読み聞かせ向きの作品で聞いたらより楽しめそうです。  投稿日:2021/04/14
もしかして…
もしかして… 作・原作: クリス・ホートン
訳: 木坂 涼

出版社: BL出版
赤い背景がインパクトありました。
ジャングルの背景をどうして赤くしようと思ったのか、作者の発想力のもとを聞いてみたいです。
やんちゃな子ザルたちの好奇心はとめどなく、見ていてハラハラドキドキしますが、そのハラハラ感が楽しめる内容になっています。
読み聞かせ向きの作品ではないでしょうか。
危険なジャングルでの臨場感をクラスの友だちと一緒に聞くと、より楽しめると思いました。
参考になりました。 0人

7746件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

えがしらみちこさんの絵本「あめふりさんぽ」 雨の日でも気分を上げる1アイテムに

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット