注目の作品!

【くもん出版】イチ押しの作品をご紹介

    「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • すきなこと にがてなこと

    すきなこと にがてなこと

    作:新井 洋行
    絵:嶽 まいこ
    出版社:くもん出版

    ぼくはスポーツがだいすきだけど、みんなの前で発表するのはにがて。そんなときはりんちゃんがいっしょに発表してくれる。でも、りんちゃんは動物がにがて。そんなときはけんちゃんがてつだってくれる。けんちゃんはうたうのがにがてだけど、ソフィアちゃんのそばでうたえば大丈夫…… そんな風にしてクラスの友だち、家族、町の人や、世界じゅうの人とも、「ぼく...続きを読む

  • みんなが幸せな気持ちで眠りにつけますように。おやすみ前にこの一冊!

  • おやすみ〜

    おやすみ〜

    作:いしづ ちひろ
    絵:くわざわ ゆうこ
    出版社:くもん出版

    • ためしよみ
    • ‘全ページためしよみ

    くもん出版より2013年刊行の『に〜っこり』、2014年刊行の『おいし〜い』に続く、石津ちひろさん作、くわざわゆうこさん絵による絵本の3作目です。 はみがきをてつだってくれるハブラシさんや、おそらでひかるおほしさん・・・。赤ちゃんが一日のおわりに、自分の身の回りにあるものに対して「おやすみ〜」とあいさつする様子を絵本にしました。お話...続きを読む

出版社おすすめ

  • モリくんのすいかカー

    モリくんのすいかカー

    作・絵:かんべ あやこ
    税込価格:¥1,320

    • ためしよみ
    • ‘全ページためしよみ

    あつい夏の日。
    海水浴に来たこうもりのモリくんたちは、
    大きなすいかですいかわり。

    中味を食べおわったあとは、すいかカーをつくり、
    ドライブに出発です!

    すいかカーは、なんと船にもなるんです。
    ぷかぷか、波にゆられていると、
    すいかカーの下に、ぶきみな黒いかげが・・・?

    かわいいこうもりのモリくんと、すいかカーで真夏のドライブ!
    みんなで大きなすいかを愉快に乗りつくし・食べつくします!?

    海水浴に、すいかに、海の冒険に、ひんやりおやつ。
    夏の気分たっぷりの、モリくんの愉快でおいしい冒険絵本。

  • いろいろやさい とこやさん

    「きょうは、カットをお願いします!」
    もっさり頭の野菜たちが、つぎつぎ床屋さんへやってきます。
    もじゃもじゃ頭のブロッコリーが……のびすぎた髪のとうもろこしが……おもい頭の長ねぎが……
    チョキ チョキ チョッキンザッザッ ザクザク シュシュシュシュシュ〜
    あーら、すっきり大変身! おまけに、切ったところは美味しい料理になっちゃった!!かわいいはり絵とリズミカルな言葉が大人気、山岡ひかるさんの「いろいろシリーズ」最新刊(8巻目)です。

    『いろいろごはん』『いろいろたまご』『いろいろいちご』など「いろいろシリーズ」で食べることが大好きな親子の心をがっちりつかんできた、山岡ひかるさんの最新刊です。本書の魅力は、なんといっても作者、山岡ひ…続きはこちら >>>

  • あめ ぽぽぽ

    ある雨の日、ぼくはママといっしょに公園に出かけます。
    ぽぽぽ、さあさあ、ぴとぴと、じゃくじゃく、きらきら…など、
    歌人・東直子がつむぐ、リズミカルに光る言葉の数々。
    子どもも大人も心地よくなる、雨粒が語りかけてくる絵本です。

    歌人・東直子の世界をさらに豊かな絵本に昇華させているのは、世界的に活躍する画家・木内達朗。そして絵本『としょかんライオン』(岩崎書店)、芥川賞受賞作『ポトスライムの舟』の装丁などを手掛ける若手人気デザイナー・名久井直子とのコラボレーションにも注目です。


  • あめのひ くろくま

    あめのひ くろくま

    作・絵:たかい よしかず
    税込価格:¥880

    • ためしよみ
    • ‘全ページためしよみ

    きょうはあめ。しとしと ぱらら しと ぱらら。
    くろくまくんは、てるてるぼうずをたくさん作ってつるしました。

    傘をさして外に出ると、かえるさんが
    「にぎやかな おさんぽだね ケロ〜!」
    てるてるぼうずさんが、後ろをついてきているのに、
    くろくまくんは全然気がつきません…

    いたずらなてるてるぼうずたちが、雨の日に起こすちいさな奇跡。
    くろくまくんのおとぼけぶりに、雨の日が楽しくなる、かわいいお話です。
    リズムのよい文と、シンプルでわかりやすい絵が、小さなお子様への読み聞かせにも最適。

    親子いっしょに楽しめる、「おはなし・くろくま」シリーズ第6弾。

  • おやすみ〜

    くもん出版より2013年刊行の『に〜っこり』、2014年刊行の『おいし〜い』に続く、石津ちひろさん作、くわざわゆうこさん絵による絵本の3作目です。

    はみがきをてつだってくれるハブラシさんや、おそらでひかるおほしさん・・・。赤ちゃんが一日のおわりに、自分の身の回りにあるものに対して「おやすみ〜」とあいさつする様子を絵本にしました。お話の最後には、大好きなママやパパも登場します。

    前作に続き、石津ちひろさんのリズミカルで心地よい言葉と、くわざわゆうこさんのかわいらしく温かいタッチの絵で展開します。

    家族みんなでとっても幸せな気持ちになれる一冊です。0歳から親子でお楽しみいただける「はじめてであうえほん」シリーズの最新刊です。

  • したのどうぶつえん

    したのどうぶつえん

    作・絵:あき びんご
    税込価格:¥1,320

    • ためしよみ
    • ‘全ページためしよみ

    ”うえの”どうぶつえんの下には、”したの”どうぶつえんがあった!

     ある日、上野動物園に行こうとしたぼくは、動物園前駅から下におりる階段をみつけます。階段を下っていくと、そこには“したのどうぶつえん”があったのです。驚いたぼくが、したのどうぶつえんに入っていくと、そこにはふしぎなどうぶつがたくさんいて…。
     りんごりら、れいぞうこぞう、きりんご、わらいおん、かばなな、もしもしかもしか。声にだして読むだけで、思わずププッと吹きだしてしまう、だじゃれどうぶつの数々。

     「ことばが豊かな子どもはだじゃれが得意である」という作者の考えをもとに作られた新感覚のことばあそび絵本です。
     子どもが、よく親に尋ねる「うえのどうぶつえんにいったけ…続きはこちら >>>

ユーザーレビュー

  • いいですね。

    5.0

    我が家の小学5年生の子供の国語の教科書に、こちらの本が紹介されていました。 日本は島国であり地震大国でもあるので、なぜ地震が起こるのか、もし地震に遭遇してしまったらどう身を守るか、色々考えさせられる1冊でとてもためになると思います。 親子で読みたい本にも思いました。...続きを読む

  • ぴたっとしたくなる

    4.0

    いろんな動物たちがおでこをぴたっとさせる。 自分も読みながら、子どもと読む度におでこをぴたっとさせたくなる、そんな絵本です。 絵のタッチがとても独特だと思いました。きりんさんやうさぎさん、りすさんやてんとう虫さん、これはかわいいのか?子どもは怖がらないかな、と思いつつ読みました。...続きを読む

  • たくさんの桜

    4.0

    満開の桜。風に吹かれて舞い散る桜。  日本人にとっては、まさに「春」のイメージそのものの「桜」が描かれた絵本でした。 私はとても「素敵だな」と思いましたが、息子が「桜の良さ」をわかるようになるのは、もう少し先のようでした。...続きを読む

  • 磁力について知る

    4.0

    イラストがシュールな感じで、逆に思わず手に取ってしまいました。 磁力、磁石の力がどんなものなのかを漫画形式で紹介しています。 地球が大きな磁石であることや、磁力を活用したものの話にも発展していくので、読み進めるほどに理解が深まっていくかなと思います。 ...続きを読む

  • 見つけたり、感じたり。

    5.0

    読み終わってから気がついたのですが、作者は新井洋行さんなのに、絵は獄まいこさんという方でした。 そして、普段の新井洋行さんの作品とは違って、場面の多い作品でした。 大人でもたいへんだと感じる世の中になって、これからを生きる子どもたちは、もっと生きづらいと想像します。 こういう作品に触れることで、自分の良いところを見つけたり、他者との...続きを読む

絵本ナビスペシャルコンテンツ限定のスペシャルインタビュー。
作家さんの作品に対する想いがつまっています。
全ページためしよみ
年齢別絵本セット