新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ

ちびっこおばちゃま

その他の方・30代・京都府、女の子4歳 男の子3歳 男の子2歳

  • Line

ちびっこおばちゃまさんの声

41件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う うらやましがり屋のだるまちゃん  投稿日:2022/05/16
だるまちゃんとてんぐちゃん
だるまちゃんとてんぐちゃん 作・絵: 加古 里子
出版社: 福音館書店
絵本を探すと、必ず見かける絵本だったので読んでみました。

てんぐちゃんが持っている物をなんでも羨ましいと思ってしまうだるまちゃん。
最後は長くて赤い鼻まで羨ましく思うオチが魅力的な絵本です。

我が家は一人っ子なので、兄弟がいない息子にはなかなか感じられない感情かもしれません。
周りの人が持っている物を、「いいなぁ、欲しいなぁ」と思う気持ちも、また成長の1つなのかもしれないなぁと思わせてくれる作品でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かわいいお話  投稿日:2022/05/05
ぞうくんのさんぽ
ぞうくんのさんぽ 作・絵: なかの ひろたか
レタリング: なかの まさたか

出版社: 福音館書店
動物好きの息子のために購入しました。

文章の文字も独特のレタリングでかわいらしいです。

お話は、散歩にでかけたぞうくんはかばさん、わにさん、かめさんに出会い、みんなを背中に乗せながら散歩します。
ぞうくんは「重いな?」と言いながら、みんなを背中に乗せてあげます。
最後は池の中にみんな落っこちてしまいますが、それでもご機嫌な様子がとってもかわいいお話です。

息子も「ぞうさん!」「カバ?!」と叫びながら、ご機嫌で読んでいます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 動物と電車が好きならオススメ  投稿日:2022/05/02
チリンでんしゃ
チリンでんしゃ 作: 大原 悦子
絵: 村田 エミコ

出版社: 福音館書店
動物と電車が好きな息子がハマった絵本です。

男の子が大好きなおばあちゃんと動物園に向かうために電車に乗りますが、気付くとキリンの車掌さんやゾウの運転手さんがいる電車になっていました。
動物好きの息子は、次々に出てくる動物を指差しながら、キャーキャー騒ぎながら読んでいます。

読んでいて気付いたのですが、動物園に一緒に行くのは、母親でも父親でもなく、おばあちゃんなのです。
わが家も祖母と同居していて、日常の中で一緒に過ごす祖母は身近な大切な存在です。
息子にとっても、この本の流れはきっと身近な話になっていることと思います。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 少し難しい気がします  投稿日:2022/05/02
ちっちゃなミッケ! どうぶつがいっぱい
ちっちゃなミッケ! どうぶつがいっぱい 作: ジーン・マルゾーロ
絵: ウォルター・ウィック
訳: 糸井 重里

出版社: 小学館
子どもの指差しや言葉の発達にオススメとの口コミをみて購入しました。

海外の作家さんの絵本ということもあってか、出てくる小物や動物の置き物の写真は独特というか、「これ、何…?」と思うような物が写っています。
息子が「カバ!」と言っても、「う?ん、カバかなぁ」と答えるしかなかったり、なかなか共感したり、指差したものを共有することができません。

これは何だろうと考える力を育てるための知育絵本かもしれませんが、2歳の息子には少し難しかったようです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子どもも気に入りました  投稿日:2022/04/27
わにさんどきっ はいしゃさんどきっ
わにさんどきっ はいしゃさんどきっ 作: 五味 太郎
出版社: 偕成社
30年近く前、私が子どもの頃に通っていた歯医者さんでこの絵本を読みました。
子どもながらに印象に残っていたようで、同じ絵本を見つけたので購入しました。

むし歯になったワニさんが歯医者さんを怖がり、歯医者さんはワニさんを怖がるという、なんとも奇妙で、おもしろい絵本です。

同じセリフが繰り返されるところも、子どもの関心を引き付けるようです。

この絵本を読んでからは、歯磨き嫌いな息子に、「ワニさんのお口してー!」と言うと、息子はしっかり大きな口を開けてくれるようになりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う スパゲッティを食べてほしくて!  投稿日:2022/04/27
ぎょうれつのできるスパゲッティやさん
ぎょうれつのできるスパゲッティやさん 作: ふくざわ ゆみこ
出版社: 教育画劇
偏食が多い息子に、ミートソーススパゲティを食べてもらいたくて、藁にもすがる思いで絵本を購入しました。

お腹をすかせたレッサーパンダにネズミの家族はスパゲティを食べさせてあげますが、その結果ネズミの家の食べ物がなくなってしまいます。

ネズミの兄弟とレッサーパンダは、スパゲティのソースの材料を探しに出かけていきます。

最後にはたくさんの材料を手に入れて、森の仲間たちとお腹いっぱいスパゲティを食べることができました。

単純なお話ですが、お話の途中では困っている動物を助けていく姿も見られます。
「困ったときはお互いさま」のセリフが印象的なお話です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい クリスマスプレゼントに。  投稿日:2022/02/09
まどから おくりもの
まどから おくりもの 作: 五味 太郎
出版社: 偕成社
親戚からクリスマスプレゼントにもらいました。
五味太郎さんの絵本「金魚が逃げた」が大好きな息子は、こちらの絵本も気に入りました。

あわてんぼうのサンタクロースが、窓からのぞいてみては、「ここはどうやら…」と住んでいる人を予想してプレゼントを渡すものの、大ハズレ。
それでも、クリスマスの朝はみんなニコニコ、プレゼントに満足するという、五味太郎さんらしい作品だなぁと思います。

ページには窓が空けられていて、息子は窓をのぞき込みながら、「これ、誰?これ誰?」と興奮気味に聞いてきては、「じゃーん」と言ってはページをめくります。
こんな楽しい絵本がもっともっと増えたらいいなぁと思います!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 懐かしい絵  投稿日:2022/02/09
アンパンマンと まほうのロープ
アンパンマンと まほうのロープ 作: やなせ たかし
出版社: フレーベル館
テレビアニメとは少し違う、昔ながらのやなせたかしさんのアンパンマンの挿絵に懐かしさを感じました。

魔法使いのドロンガさんが魔法のロープの魔術を稽古していると、バイキンマンが現れて、ロープを奪ってしまいます。
アンパンマンがロープを取り返しに行くお話ですが、バイキンマンがドキンちゃんにロープをプレゼントしたり、バイキンマンがドキンちゃんを助けてもらったお礼をアンパンマンに言う場面では、バイキンマンの優しさを感じます。
バイキンマンもただの悪者ではないんですよね。

他のアンパンマンシリーズも読みたくなる一冊でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 一度は泊まってみたい!  投稿日:2022/01/24
ペンギンホテル
ペンギンホテル 作: 牛窪 良太
出版社: アリス館
息子がパンダのパンだを気に入っていたので、購入。
牛窪良太さんの絵本は、これで2冊目です。

やっぱり色鉛筆で描かれた動物たちが、リアルで、そしてかわいく描かれています。
今回の主役はペンギンたち。
ライオンやサンタクロースなど、いろんなお客をおもてなしします。

少し文章は長めなので、2歳の息子は最後まで待ちきれずにページをめくってしまいますが、ラッパの音が聞こえてくるページが大好きです。

動物好きのお子さんにはオススメの一冊です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う かわいいクレヨン  投稿日:2022/01/24
くれよんのくろくん
くれよんのくろくん 作・絵: なかや みわ
出版社: 童心社
いろんな本屋さんで平積みになっているのを見て、試しに購入しました。

他の方のレビューでは、なかなか道徳的な感じを受けましたが、「確かに!」といった感じです。
他人と違うところを認め合うというメッセージがこめられていますね。

息子にはまだ早いようで、内容は全くわかっていませんが、いろんな色のクレヨンの上に黒のクレヨンを重ねて、スクラッチアートを一緒にやってみたくなりました。
参考になりました。 0人

41件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

えほん新定番 from 好書好日

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット