すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

みいのさんの公開ページ

みいのさんのプロフィール

その他の方・60代・東京都

みいのさんの声

696件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 犯人を当てられてしまいました  掲載日:2018/6/18
かさどろぼう
かさどろぼう 作・絵: シビル・ウェッタシンハ
訳: いのくまようこ

出版社: 徳間書店
傘泥棒は誰なのか、謎解きしながら読み進む面白さと、鮮やかな色使い、味わい深い絵が印象に残る絵本です。

数年前に小学校の読み聞かせで初めて読みました。
主人公はおじさんなのに名前がママ、というところが子どもたちに突っ込まれないか、、、そんなことも気にかけながら読みました。
当時の2年生はシーンとして集中して聞いてくれましたが、お話の面白さが伝わったのかどうかまでは、よくわかりませんでした。

今回は、毎回よく反応を返してくれる、2年生の教室で読みました。
途中、文字数の多いページがあり、飽きてしまうのではと心配でしたが、大丈夫でした。
傘泥棒を推理してくれる子がいて、最後のページを読む前に、先に犯人を当てられてしまいました。
それと、絵を見てコアラではないかという意見もありました。
確かに色がコアラに似ていますが、スリランカの森にはいませんね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 読み聞かせで…  掲載日:2018/6/18
どうぶつ川柳 ぼく、だーれ?
どうぶつ川柳 ぼく、だーれ? 作: サトシン
絵: ドーリー

出版社: そうえん社
特別支援学級で、読み聞かせボランティアメンバーが読んだ時、子どもたちと一緒に聞かせてもらいました。
川柳の文字数に興味を持った子もいました。
そしてページをめくるたびに、みんなは動物を当てることで盛り上がりました。
川柳の内容から推測したり、描かれたシルエットをヒントにしたり、とても楽しめる絵本でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 猫は夜行性  掲載日:2018/6/18
スーちゃん おやすみなさい
スーちゃん おやすみなさい 作・絵: アリーナ・サーナイテ
訳: おびか ゆうこ

出版社: 東洋館出版社
日本では幼い子の入眠時は、親が添い寝する習慣が多いと思います。
それでも、夜の暗さや静寂は怖いものです。
私も真っ暗は苦手で、常夜灯がある方がよく寝られます。

スタンドの明かりがあったために怪しい影が見えて、スーちゃんはかえって怖い思いをしてしまったようです。
猫は夜行性なので、遊びたかったのかもしれません。
ママがすぐに来てくれることが確認できれば、それだけでも安心して寝られますね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい アイロンをしないで作るブレスレットが素敵  掲載日:2018/6/18
子どもの手芸アイロンビーズ
子どもの手芸アイロンビーズ 著者: 寺西恵里子
出版社: 日東書院本社
様々なアイロンビーズの作品と、その作り方がわかりやすく紹介されています。
ビーズ手芸の方法で、アイロンをしないで作るブレスレットが、簡単なのに可愛いくて素敵でした。
うちの娘が小学生の頃遊んでいたアイロンビーズが、まだ残っていたので、ブレスレットを作ってみました。
小学生の姪や、親戚の幼稚園児にプレゼントしたところ、とても喜んでくれました。
自分用にも地味な色使いで作って、楽しんでいます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う お化け屋敷のような絵本  掲載日:2018/6/5
おばけとしょかん
おばけとしょかん 作・絵: デイヴィッド・メリング
訳: 山口 文生

出版社: 評論社
暗い場所で光る表紙や、波打ったり歪んだりする文字から、お化け屋敷の雰囲気が感じられました。
文章が無く、絵だけでストーリーが進むページは、ひとつひとつの絵に注目しながら、じっくりとお話を考えてしまいました。
突然、ぐーんと広がるページ(自分でめくるわけですが…)もありました。

集団への読み聞かせ用の絵本を探していたので、それには向いていないというか、私にとっては難しそうでした。
でも、おばけ大好きのお子さんや、普通の絵本とは違う面白さを求めているお子さんには、とても楽しめる絵本だと思いました。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 逆に心配になってしまう  掲載日:2018/6/5
いいこってどんなこ?
いいこってどんなこ? 作: ジーン・モデシット
絵: ロビン・スポワート
訳: もきかずこ

出版社: 冨山房
我が子に対しても、よそのお子さんに対しても、私は思わず「いい子ねー」と言っていることがあります。
また子どもをほめたい場面で、適当な言葉が出てこなくて、まずは「いい子だね!」ということもあります。
でも、子どもから「いいこってどんなこ?」と聞かれたら、上手に答える自信はありません。
バニーぼうやは不安を感じているようで、私が彼のお母さんだったら不安にさせてしまったことで、逆に心配と思うお話でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う こんなことになっていたのか!  掲載日:2018/6/5
あめふりの おおさわぎ
あめふりの おおさわぎ 作・絵: デイビッド・シャノン
訳: 小川 仁央

出版社: 評論社
2年生の教室で読みました。
登場人物が多いお話ですが、子どもたちは人物それぞれの表情に反応していました。
表情の描き方が生き生きしていて、面白かったようです。
また真ん中の見開きのページで、大騒ぎになっている通りの様子が上から描かれていて、全貌がよくわかるため、「こんなことになっていたのか!」と気づいてくれました。
楽しんで聞いてもらえたようで、私もうれしかったです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 「おんどり」「めんどり」「めうし」もわかりやすい  掲載日:2018/6/5
コッケモーモー!
コッケモーモー! 作: ジュリエット・ダラス=コンテ
絵: アリソン・バートレット
訳: たなか あきこ

出版社: 徳間書店
ボランティアメンバーが、特別支援学級で読み聞かせをする時に、子どもたちと一緒に聞かせてもらいました。
「おんどり」「めんどり」「めうし」という言葉に馴染みのない子もいましたが、絵がわかりやすいので大丈夫でした。
面白いお話なので、1時間目前の朝の読み聞かせ時間にふさわしく、みんな楽しそうにテンションを上げていました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 子どもたちは麺類が大好き  掲載日:2018/5/21
からすのそばやさん
からすのそばやさん 作: かこ さとし
出版社: 偕成社
かこさんがお亡くなりになり、ボランティアメンバーが是非読みたいとセレクトしたそうなので、子どもたちと一緒に聞かせてもらいました。
そば畑のそばの花から、そば粉を採り、そばを打つという過程が、わかりやすく描かれていて、理系出身のかこさんらしいなと思いながら、興味深く聞きました。
10分ぐらいかかるお話で、子どもたちは飽きてしまうかな?と思いましたが、いろいろな種類のおそばが出てくると大喜び。
そして、うどん、ラーメン、パスタの登場に大興奮していました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 娘と私と母と  掲載日:2018/5/21
ちいさなあなたへ
ちいさなあなたへ 作: アリスン・マギー
絵: ピーター・レイノルズ
訳: なかがわ ちひろ

出版社: 主婦の友社
表紙の抱き上げられた赤ちゃんと、「ちいさな〜」というタイトルから、小さなお子さんとお母さんに向けた絵本だと思いました。
ところが読み進むうちに、「あ、私の娘のことだ」「私自身のことだ」そして「私の母はこう感じていたのかなあ」と、共感しました。
子育てが終盤にさしかかる今、感慨深い一冊でした。
参考になりました。 0人

696件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『星のゆうびんやさん ハイタツマン』「アキレスケンさん」 インタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット