むれ むれ むれの試し読みができます!
作: ひろた あきら  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
【ピース又吉直樹 推薦!】読み聞かせで子どもがむらがる! 笑える探し絵本
李子(ももこ)さん 30代・その他の方

ちがっててもいいよ
最初のうちは群れの中にいるたった一つの…

みいのさんの公開ページ

みいのさんのプロフィール

その他の方・60代・東京都

みいのさんの声

747件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 中学校の図書室にも絵本が並んでいたら…  投稿日:2019/03/18
13歳からの絵本ガイド-YAのための100冊-
13歳からの絵本ガイド-YAのための100冊- 監修: 金原 瑞人 ひこ・田中
出版社: 西村書店
私が10年前に読み聞かせボランティアを始めた頃は、低学年を対象にしていましたが、最近は高学年を担当する機会が多くなりました。
ボランティアメンバーから「高学年に何を読めばいいか?」という声をよく聞きます。
この絵本ガイドは「13歳から〜」ですが、5、6年生用の絵本を選ぶときも、参考になりそうです。

娘が中学生の頃、読書感想文の宿題が出て、先生から「絵本でもいいよ」と言われたそうです。
ただ、当時の中学校の図書室に絵本はなかったそうです。
中学校の図書室にも絵本が並んでいたら、生徒たちが素敵な絵本に出会うきっかけになるでしょうね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おしゃれに変身!  投稿日:2019/03/18
すてきなやまねこようふくてん
すてきなやまねこようふくてん 作・絵: きむら ゆういち
出版社: 偕成社
やまねこようふくてんに来たお客さんは、素敵なお洋服を選んでもらって、おしゃれに変身します。
シンプルなしかけで、イメージチェンジするどうぶつさんが、みんな幸せそう!
じつは、やまねこさんが地味なお洋服で、自分のおしゃれには無頓着なのかしら?と思いながら読んでいました。
でも、後ろの見返しと、裏表紙で自分のお洋服を選んでいたので安心しました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 6年生の教室で読みました  投稿日:2019/03/16
あいててて!
あいててて! 絵: フレッド・マルチェリーノ
訳: せな あいこ
再話: ナタリー・バビッド

出版社: 評論社
本の大きさ29cmもちょうどいいし、絵も素敵です。
「あくまの三本の金のかみの毛」と読みくらべてみて、どちらも面白いのですが、声に出して読んだ感じはこちらが好みでした。
反応の少ない教室でシーンとしていましたが、聞き入ってくれたのだと思うことにしました。
またいつか他のクラスでも読んでみたいです。
15〜16分かかりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 子犬たちと女の子たちが大活躍  投稿日:2019/03/12
ミステリー・パピークラブ 1 おじょう様の子犬をさがせ!
ミステリー・パピークラブ 1 おじょう様の子犬をさがせ! 作: ジョディー・メラー
訳: もん

出版社: PHP研究所
表紙の三匹の愛くるしいまなざしに惹かれ、どんなお話なのかと期待がふくらみました。本文のイラストはイギリスの方が描いていて、表紙とは全く違うタイプの絵なので、娘は少しびっくりしたそうです。
子犬2匹とぬいぐるみの犬、そして飼い主の女の子たちが、誘拐事件を解決していきます。メルヘンなのに、ドキドキハラハラの連続です。犬を飼っている人、飼いたいのに飼えない人、誰でも楽しく読める本だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 5年生向けお話し会  投稿日:2019/03/11
ねこのさら
ねこのさら 作・絵: 野村 たかあき
監修: 柳家 小三治

出版社: 教育画劇
読みボラメンバーが5年生に読むときに、同席させてもらいました。
最初に一両の価値や骨董品について、少し説明してからお話が始まりました。
子どもたちの中には、三両を換算してつぶやいている子がいました。
終わってからオチの面白さを説明してくれる子がいました。

途中から声が、小三治さんに聞こえてくるぐらい素晴らしかったので、読み手のママに、つい「もしかして落研の出身?」と聞いてしまうほどでした。
落研出身ではないけれど、江戸っ子で寄席通いもしていたし、なにより読みは相当練習したとのことでした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 世界をまたに掛ける転校  投稿日:2019/03/10
ナージャの5つのがっこう
ナージャの5つのがっこう 著: キリーロバ・ナージャ
絵: 市原 淳

出版社: 大日本図書
世界各国の小学校の様子に、大変興味がわく絵本です。
小学生だった著者の実際の体験なので、国ごとの違いが身近かでわかりやすいです。
転校してきたお友だちがいる時も、役に立つ視点があります。
転勤、転校の季節にもふさわしい絵本だと思います。

国内の転校でも、新たな環境に苦労した話はよく聞きます。
著者のナージャさんは大変な経験をされたとお察ししますが、それだけグローバルに、そしてたくましくなられただろうと思います。

いろんな国での生活を経験されたナージャさんが、現在日本で仕事をされていることに、親近感を感じました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 歴史と伝統の都市  投稿日:2019/03/07
トムとジェリーのたびのえほん イギリス これがロンドンだ!
トムとジェリーのたびのえほん イギリス これがロンドンだ! 作・画: みやま えいと
出版社: 河出書房新社
1点づつ切り抜かれた多数の建物や自動車、大勢の近衛兵のイラストなどを、並べて撮影する手法なのでしょうか。
よく見ると手がこんでいて、歴史と伝統の都市の雰囲気が、背景によく表現されています。
娘が小学生の時、好きな国をひとつ選んで調べる学習というのがあり、イギリスはハリーポッターの国として人気がありました。
こういう楽しい本も、迷路で遊んでいるうちに興味がわいたり、ロンドンの知識に触れることができるなと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 未就学のお友だちに大うけでした  投稿日:2019/03/06
どっちがへん? スペシャル
どっちがへん? スペシャル 作: いわい としお
出版社: 紀伊国屋書店
数人の未就学児のお預かりで、読み聞かせしようと持参しました。
最初の方はすぐわかるので、突っ込みを入れてくれたり、大笑いしながら聞いてくれました。
「虫とり」のページあたりから、ワーワー、キャーキャー、の反応が過剰になってきました。
子どもたちはだんだん興奮し、もっとよく見たい、もう一度見たい、と大騒ぎになりました。
いつの間にか、子どもたちだけで「へんなポイントを当てる競争」になり、私の読み聞かせは不要でした(笑)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 未就学児対象のおはなし会で読みました  投稿日:2019/03/05
紙芝居 なにがつれるかな
紙芝居 なにがつれるかな 作・絵: 藤本 ともひこ
出版社: 童心社
未就学児対象のおはなし会の導入で読みました。
読むのが簡単なお話なのに、子どもたちは一生懸命「ワニだよ!」とか言ってくれるので、可愛いなあと思いました。
「ゾウは海にいないでしょ!」などのツッコミも面白かったです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 話題になった有名な絵本  投稿日:2019/03/02
うずらちゃんのかくれんぼ
うずらちゃんのかくれんぼ 作: きもと ももこ
出版社: 福音館書店
以前に、愛子さまのお気に入りの絵本として、話題になった時、色鮮やかな表紙の絵が印象に残りましたが、読みそびれていました。
未就学児向け読みボラの絵本を選んでいて、初めて読みました。
中表紙と次のページの小花が可愛らしいな、と思いましたが、オレンジの大きめのお花と、たくさんのキノコの絵は、鮮烈でした。
かくれんぼのストーリーは、子どもたちが大好きなテーマです。
でも有名な絵本なので、家庭や保育園で読んだことのある子が多いかな?と思って今回は見送りました。
参考になりました。 0人

747件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット