お金の計算と買い物が得意になる おかねのれんしゅうちょう おかいもの編 7さいまでに身につけたい お金の計算と買い物が得意になる おかねのれんしゅうちょう おかいもの編 7さいまでに身につけたい
企画・原案: 加藤 信巳 入澤 宣幸  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
電子マネー時代だからこそ、身につけたい金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪

あんじゅじゅさんの公開ページ

あんじゅじゅさんのプロフィール

その他の方・50代・高知県

あんじゅじゅさんの声

1463件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 絵が素敵!  投稿日:2020/05/27
ねむりどり
ねむりどり 作: イザベル・シムレール
訳: 河野 万里子

出版社: フレーベル館
イザベル・シムレールの絵がすきなので、手にとりました。でだしからユニークで、わくわくします。そして、やはり今作も絵がとっても素敵です!色あざやかに描かれた絵に、ひきこまれます。子どもたちはもちろん、大人も楽しると思いました。読まないときは、飾っておきたいほど、素敵な表紙です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かいてみたくなる  投稿日:2020/05/27
太陽をかこう
太陽をかこう 作・絵: ブルーノ・ムナーリ
訳: 須賀敦子

出版社: 至光社
子どもの頃は、よく太陽を絵のなかにかいていたのを思い出しつつ読んでいると、大人ですが、久々に絵にかいてみたくなります。古今東西、太陽は人によっていろんな捉え方があって、おもしろいなと、新たな発見があるような絵本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 静かに読みたい  投稿日:2020/05/26
よるのむこう
よるのむこう 作: nakaban(ナカバン)
出版社: 白泉社
異国のような、夢の世界のような、どこかわからないけど、深い色合いの次々あらわれる夜の景色に見入ってしまいました。そして、夜をあけたあとの色のかわった景色にも。短い文章は心にしみいっていてきて、ひきこまれます。心のなかで旅をしたかのような気持ちになりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 独特の不思議で魅力的な絵  投稿日:2020/05/26
スモンスモン
スモンスモン 文・絵: ソーニャ・ダノウスキ
訳: 新本 史斉

出版社: 岩波書店
「はじまりのはな」でソーニャ・ダウノスキの絵がすばらしくて、他の絵もみたいと思ってたので、新作が出版されたとしって、楽しみに読みました。でだしからでてくる、オノマトペの名称に、え?え?なにがなに?と混乱しましたが、よみすすめると、その不思議すぎる独特の世界に慣れてきて、フロンフロンいいなあ、なんて思いつつ、すっかり楽しんでました!
そして、やはり絵! 前作と全くちがう印象の、独特の世界観の絵がこれまたすばらしく、すっかりひきこまれました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おしゃれなねこ!  投稿日:2020/05/26
ほんやのねこ
ほんやのねこ 著: ヒグチ ユウコ
出版社: 白泉社
ヒグチユウコ展で、その独特の世界にすっかりひきこまれたので、読んでみました。ねこが女主人の本屋さんが舞台です。そのねこのおしゃれなこと。見ていて、目に楽しい!また、他の本の登場人物もお客でやってくるので、それもまた楽しくて・・・。特に、夜になるとふにゃっとするテーブルがツボでした。ねこ好きの人にプレゼントしたいと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 心地よい  投稿日:2020/05/26
るるるるる
るるるるる 作・絵: 五味 太郎
出版社: 偕成社
音のおもしろさが楽しめる絵本でした。よんでいるうちに、絵と言葉が一体となる感じで、不思議な心地よさを感じました。読む人によっても、読むときの気持ちによっても、その都度、音がかわっておもしろそう。最後の最後でまたびっくり!おもしろかったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おもしろい!  投稿日:2020/05/26
きゅうりさんあぶないよ
きゅうりさんあぶないよ 作: スズキ コージ
出版社: 福音館書店
個性的なきゅうりがはしっている出だしのページからひきこまれました。どうなるかとページをめくっていくと、出会う動物たちがつぎつぎとくれるもので、きゅうりの姿がかわっていく様子がおもしろい! 背景の絵もロシアっぽいな、と楽しくみていると、裏表紙の銅像にロシア語で「きゅうり」と。きゅうりにまるで見えない姿に笑ってしまいました!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい つよすぎて、笑ってしまいます  投稿日:2020/05/21
アボカド・ベイビー
アボカド・ベイビー 作: ジョン・バーニンガム
訳: 青山 南

出版社: ほるぷ出版
どうして、アボガド? と、思ったところから、もうひきこまれました。おもしろい! アボガドをたべて、どんどん強くなっていくあかちゃん。つよすぎて、笑ってしまいます!お話もおもしろいんですが、また、バーニンガムの絵が、魅力的でいいなあ、と。子どもはもちろん、大人も楽しめる絵本だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 楽しいおにゃけ  投稿日:2020/05/21
おにゃけ
おにゃけ 作: 大塚 健太
絵: 柴田 ケイコ

出版社: パイ インターナショナル
インパクトのある表紙にひかれて、よんでみました。ねこのおばけだから、「おにゃけ」って、いうだけで、なんだかおもしろいなあ、と。しかも、かみつかれると、耳がはえるという設定も楽しいです。途中、絵を探すおもしろさもあり、最後もくすっと笑ってしまう楽しい絵本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 牛すじ!  投稿日:2020/05/21
おでんしゃ
おでんしゃ 作: 塚本 やすし
出版社: 集英社
おでんに車輪がついて「おでんしゃ」って、タイトルからおもしろいなあ、と! 沖縄から出発して、全国横断しながら、おでんの具がつながっていくのですが、各地の名産もえがかれていて、楽しい展開です。とくに、牛すじがおもしろい! おでんが食べたくなりました。
参考になりました。 0人

1463件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『おむつのなか、みせてみせて!』10万部突破記念! ヒド・ファン・ヘネヒテンさんインタビュー

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット