しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

きーちゃんママさんの公開ページ

きーちゃんママさんのプロフィール

ママ・30代・石川県、女の子9歳 女の子8歳

自己紹介
今年1月に4歳になった長女と今年12月に3歳になった女の子のママしてます。子供達と絵本を読む時間がとっても楽しいです。
好きなもの
子供が生まれてから、絵本の素晴らしさを知り、子供達に絵本の読み聞かせをしています。今では私が楽しんでいます。絵本集めが趣味となってきました。

可愛い雑貨を見たり、集めたりすることも好きです。
ひとこと
みなさんのレビューを参考にさせていただいて、図書館で絵本を選んだり、購入の際の参考にさせていただいています。これからもよろしくお願いします。

きーちゃんママさんの声

2677件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい しろくま視点  掲載日:2018/1/15
ぽちっと あかい おともだち
ぽちっと あかい おともだち 文: コーリン・アーヴェリス
絵: フィオーナ・ウッドコック
訳: 福本 友美子

出版社: 少年写真新聞社
8歳9歳の娘たちと読みました。「ぽちっとあかいおともだち」というタイトルから、誰のお友達なんだろう?「と言いながら読んだのですが、お友達はシロクマのミキくんだったのですね。

このお話の面白いところは、ミキくん視点で女の子のことを語っているんです。シロクマの親子と人間の親子が出てきます。なんだかあったかい気持ちになれる絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 可愛い絵本  掲載日:2018/1/15
ちいさなちいさな こおりのくに
ちいさなちいさな こおりのくに 作・絵: さかいさちえ
出版社: 教育画劇
8歳次女も9歳長女もそして私も、さかいさちえさんの絵が大好き。とっても可愛くて癒されて、何冊か家にもおいてあります。

やっと借りて読むことができました。まさに今の季節にピッタリ。ポコポコがいつも可愛すぎるんです。そして何から何まで可愛い。

大きなかき氷も最高。今はちょっと食べたいなーなんて思えない寒さですが(笑)夏に読んだら間違いなく、読んだ後はかき氷です(笑)

とっても絵もお話も可愛い。読んでみてください。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 何だかとても素敵ー  掲載日:2018/1/10
あたしのすきなもの、 なぁんだ?
あたしのすきなもの、 なぁんだ? 文: バーナード・ウェーバー
絵: スージー・リー
訳: 松川 真弓

出版社: 評論社
8歳次女と読みました。

「あたしのすきなもの、なあんだ?」と女の子がパパに質問して、それにパパが答える絵本です。一緒に散歩しながら、パパにいっぱい質問して、パパもそれにちゃんと答えて、なんて素敵!紅葉の様子の絵もとっても素敵で、今度パパに読んでもらって、娘たちとこんな風にお散歩行ってもらえたらなー(笑)春になってからですが。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 素敵なお話  掲載日:2018/1/10
雪窓
雪窓 作: 安房 直子
絵: 山本 孝

出版社: 偕成社
9歳長女が一人で読んだので、私も一人で読んでみました。

雪窓というおでんの屋台のお店のおじさんの元にやってきたたぬき。おじさはそのたぬきを助手として、毎日おでんを売るんです。そんなとき、おじさんが亡くした娘の美代と似た女の子がやってきて、手袋を片方忘れていくんです。それを届けに野沢村まで屋台を引く一人と一匹。

うまく説明できないんですが、本当に心にしみるお話です。途中にオニだったり、てんぐだったり出てきて、子供も読みやすいと思います。長女は何度も読んでいました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おしゃれな絵本  掲載日:2018/1/10
りすのエドモン
りすのエドモン 作: アストリッド・デボルド
絵: マルク・ブタヴァン
訳: 藤本 いずみ

出版社: ロクリン社
とてもカラフルで飾っておくだけでおしゃれな絵。ジャケ借りです(笑)

りすのエドモンは引っ込み思案。そんなエドモンがくまのエドアールのパーティに行くまでのお話です。行きたいけど、行けないエドモンの気持ち、私もわかります。そして子供たちもわかるようで、エドモンがパーティに行けた時は、親子で良かったーと言い合いました(笑)

とても素敵な絵本ですよー。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 素敵な絵本  掲載日:2018/1/10
手と手をつないで
手と手をつないで 文: マーク・スペアリング
絵: ブリッタ・テッケントラップ
訳: 三原 泉

出版社: BL出版
9歳長女は一人で読んだようなので、私も一人で読みました。

私はこの2匹を親子と捉えたのですが、ちがうのかな?毎日長女と次女に怒ってばかりの日々。こんな風に手と手をつないで自然を感じる時間も必要だなーと思いました。この絵本を読んだ後、子供たちの大切さを強く感じました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 友達っていいね  掲載日:2018/1/10
ポルカとオルタンスのだいぼうけん
ポルカとオルタンスのだいぼうけん 作: アストリッド・デボルド
絵: マルク・ブタヴァン

出版社: ロクリン社
8歳次女に読みました。カラフルなおしゃれな絵に魅かれて選びました。

ポルカがオルタンスを誘って、冒険に出かけるのですが、途中にポルカがけがをしてしまい。そして山をオルタンス一人で上ることに。オルタンスがポルカに「てっぺんに一人で行って何があったか教えて」と言うんです。がんばるオルタンス。素敵な2人(2匹?)だなーと思いました。最後にリスのエドモンがポルカをおんぶしてきてくれるのですが。友達っていいなあと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 楽しくなる絵本  掲載日:2018/1/10
こちょこちょがいっぱい!
こちょこちょがいっぱい! 文: トマス・テイラー
絵: ペニー・ダン
訳: 三原 泉

出版社: ほるぷ出版
8歳次女と読みました。「こちょこちょがいっぱい」というタイトル通り、絵本の中はこちょこちょだらけです(笑)

読んだ後に次女とこちょこちょし合いました。親子でスキンシップがとれる絵本です。心もあったかくなりますよー。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 素敵な絵  掲載日:2018/1/5
ぼくの ねこは どこ?
ぼくの ねこは どこ? 作: ヘンリー・コール
出版社: 岩崎書店
素敵な絵に魅かれて借りました。すごく繊細な鉛筆で描かれたような絵です。

男の子が飼っているねこがいなくなってしまい、そのねこを探す絵本です。字はありません。9歳長女とどこにねこがいるか、一生懸命にさがしました(笑)ヒントはねこの模様です。お子さんとコミュニケーションをとるのにいい本です。そして飾っておきたいおしゃれな本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい バレエっていいなー  掲載日:2017/12/28
ヴァンピリーナはバレリーナ ドキドキのはつぶたい
ヴァンピリーナはバレリーナ ドキドキのはつぶたい 文: アン・マリー・ベイス
絵: レウィン・ファム
訳: 神戸 万知

出版社: 講談社
8歳次女に借りてきました。私が表紙の吸血鬼の女の子のバレエ姿が
とっても可愛く気に入ったので(笑)

ドラキュラの子がバレエする姿、目立つんですが、本当に可愛い。男の人が見ると「この子可愛いのか?」と言うかもしれませんが。次女はバレエをやってはいませんが、踊るのが好きなので興味津々で見ていました。これを読んだら、バレエが習いたくなる子が増えそうです。私もやらせたくなっちゃいました。
参考になりました。 0人

2677件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

切なくてあたたかい、小さな気持ち<br>『わすれもの』豊福まきこさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット