ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
でんごんでーす

でんごんでーす

  • 絵本
文: マック・バーネット
絵: ジェン・カラーチー
訳: 林 木林
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2015年08月26日
ISBN: 9784062830881

A4変型/32ページ

みどころ

続きを読む

出版社からの紹介

ボストングローブ・ホーンブック賞、コールデコット賞受賞者である、アメリカのベストセラー作家、マック・バーネットがうみだした、機知に富んだ、ユーモアたっぷりの絵本。
お母さん鳥は、小さなピーターへ伝言を送りますが、つぎつぎと鳥たちが伝えていくのは、自分勝手でちんぷんかんぷんなことばかり。
さあ、ピーターは、夜ごはんの時間に、家に帰ることができるでしょうか。
子どもたちが大好きな「伝言ゲーム」の楽しさが、そのまま絵本になっていて、読みきかせにもぴったりです。

ベストレビュー

最初のおかあさんの伝言はなんだったっけ?

電線の上の鳥たちの伝言リレーなので、原題の「TELEPHONE」になるんですねぇ〜。

最初のページで、色鮮やかに描かれた人間の世界と対照的にその上に張られた電線の上の鳥たちのシルエット。
夕暮れが近そうな、おしゃれな描き方ですね。

鳩のお母さんが赤い羽根のオウムの子に、「そろそろ ばんごはんだから
かえっておいで」と息子ピーターに伝えてと頼みます。

ここから、電線の上の鳥から鳥へと伝言リレーが続くのですが、伝言の内容が、次から次へと尾鰭をつけられとんでもないものになって行きます。
読んでいて、最初のおかあさんの伝言はなんだったっけ?って思わず前に戻りました。

ふくろうさんに届いた時には、え゛〜〜〜〜〜っ!
でも、頼りがいのあるふくろうさんでした。
ふくろうさんが、ピーターの前で、よかったですね。

最後のページと見返し後ろに、ピーターのシルエットが見つけられますよ。
(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子17歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

748円
1,320円
1,650円
990円
990円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,100円
1,210円
5,060円
1,100円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

でんごんでーす

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.42

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら