改訂新版グラファロ もりで いちばん つよいのは? 改訂新版グラファロ もりで いちばん つよいのは?
文: ジュリア・ドナルドソン 絵: アクセル・シェフラー 訳: 久山 太市  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
英国王室、ウィリアム王子の子どもたちが大好きな絵本として、TVで紹介されました!

しいら☆さんの公開ページ

しいら☆さんのプロフィール

その他の方・50代・宮城県

自己紹介
保育士歴11年ちょっとで退職。子育て歴27年(+_+)ゞなんだりかんだりボランティアに首を突っ込んで・・・(^^ゞ興味のあるものには、なんでも挑戦♪
好きなもの
絵的なモノ・雑貨的なモノ・文字的なモノ・音楽的なモノ・踊り的なモノ
ひとこと
1日10個楽しい事探し♪
ブログ/HP
人、モノ、何でもいろいろな出逢いを紹介出来たら・・・と、思っています。

しいら☆の宝石箱

公開

しいら☆さんの声

4092件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 素敵なふうた君の保育所での職場体験  投稿日:2019/03/21
天使のにもつ
天使のにもつ 著: いとう みく
絵: 丹下 京子

出版社: 童心社
やんちゃで、素直で、正直な
中学生が保育所に職場体験に行くお話です

今は、いろいろな職種が受け入れて
中学生がまじめに手伝う様子を見かけます
私も中学生の頃にやってみたかったなぁ〜(笑
まだバイトも出来ない
思春期の時に、体験することで
職業観、働くことについて・・・等
何か、気付くと思うんですけど

さて、この作品の主人公は
担任の先生が手を焼いている
やんちゃなふうた君
でも、今は父親は単身赴任で
海外だったり
母親は仕事が大変そうではありますが
小さい頃は愛されていたように思われます

複線に、捨て犬や認知症の老人の話、友達の職業観もちょこっと
と、いとう氏の持ち味の
思春期のもやもや感や友達との距離感、価値観とか
地域のお兄ちゃん的存在とか
いろいろ絡んできます

読みやすくて
一気に読めてしまいます
状況が目の前に現れてきて
保育園「あるある」

保育所の普段のようす
現場の臨場感がいいんですよ
主人公のふうたくんとこどもの関わりとか

職場体験も、別に・・・仕事なんか別に・・・
のチャラ男くん(笑 のふうた君ですが
でも、子どもにはきちんと向き合えるし
子どもの見方、寄り添いが
とても、自然で、めんこいんです(笑

実習担当のリンダ先生(本当は林田(はやしだ))も
他の先生方もいいあじ出しているし

ネタばれになっちゃいそうですが
職場体験の評価表が担任の先生のもとに届くんです
先生は、不思議がります

評価項目が15ほど並んで、4段階で評価してもらうように
なっているのですが
ふうたくんが職場体験に行った園長先生は

「評価は、上記にあるような項目ではうまくお伝え出来ません。
受け入れ先として大変申し訳なく思いますが、どうぞご理解ください。
その代わり、子どもたちの絵を送らせていただきます。・・・後略」

で、ふうたくんの担任の先生には
ちょっと理解出来ない・・・様子もあり
なんとも、そこが現実的のように感じてしまい
気まぐれは、いとう氏にとても感心してしまいました

そうそう
なんでもかんでも「評価」「評価」体制が
大嫌いな私は
この園長先生の対応の仕方に感動してしまったのでした

どうして「天使のにもつ」という題名なのか

これもまた、虐待問題、親子関係にもつながっているように
私は、感じました

中学生対象になっていますが
是非、大人の方も
子どもに関わる学生さんにも
読んでいただきたいです
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 「ん」は、とひとふでがき!  投稿日:2019/03/13
ん ひらがな 大へんしん!
ん ひらがな 大へんしん! 作: まつもと さとみ
絵: すがわら けいこ

出版社: 汐文社
ひらがなの「ん」にスポットですか?
虫?のような
なるほど、確かに、虫の形かも・・・
と、図書館から借りてみました

絵本から児童書への
幼年童話ですね

ちょっと教育的かな
とも思いますが
遊び心もあり

題名を
大変身というより
「んどうかい」にした方が
わかりやすいかも

なるほどなぁ〜な
楽しい
運動会の様子なんですもの

文字の勉強も
「ひとふでがき」ってとらえれば
楽しい!じゃないですか

保育園、幼稚園でも文字に興味を持つ子は
多いはず
強制的に教え込むのではなく
遊びのひとつとして
この作品を楽しめるといいなぁ〜
と思います

で、学校で学ぶ子には
復習?になるかなーと

やっぱり勉強になっちゃうかな(笑
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 不思議で楽しい!何度も読み返しちゃいます  投稿日:2019/03/13
とらのゆめ
とらのゆめ 作・絵: タイガー立石
出版社: ビリケン出版
穂村弘氏著の「ぼくの宝物絵本」で
紹介されていて
読んだことがなかったのです

とても 気になって図書館で
探していただきました

おもしろ〜い!!

この展開の仕方・・・
すご〜い!!!

「夢」の中の世界
色からしてトラが、まさかの緑色!
表紙の木?も
よく見ると
緑の部分は、2匹のトラが逆立ちしているんですよ

ナビさんでも紹介していますが
トラ→スイカ→ダルマ
の展開図がすごい!!!!!

迷路や階段のところも
すごい〜!!!!!
です

空中にい浮いている?浮遊感的な感じも

知らなかった・・・

図書館で探していただいたら
「もう売ってないのでー」とか
「昔、読んだのが忘れられなくて」
と、借りられる方が多いそうです

へぇ〜
お借りしたのは
「こどものとも傑作集」でした
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい イタリア的!?発想が素敵です  投稿日:2019/03/13
と おもったら......
と おもったら...... 作・絵: イエラ・マリ
出版社: ブロンズ新社
穂村弘氏著の「ぼくの宝物絵本」で
紹介されていて
読んだことがなかったのです

とても
気になって図書館にリクエスト

おもしろ〜い!!

この展開の仕方・・・
センス
シンプルな形と色と
さすが、イタリア!?(笑

この形から、これに???
とか
不思議だけど
いろいろな創造が楽しいです

今度、おはなし会で
読んでみたいと思います

考え方を柔軟にするように
大人にもいいかも(笑
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい もういっかい!まちがいなし(笑  投稿日:2019/03/03
パパおふろ
パパおふろ 作・絵: きくち ちき
出版社: 文溪堂
見たことある絵だな・・・
おっ!全ページためしよみ させていただきます♪

パパがお世話するんじゃなくって
一生懸命自分でやってる
こどもを見守り
褒めて
声掛けも上手に!!
接しているのが、とても素敵です
理想なパパだなぁ〜

表紙からして
こどもらしく
こどもとパパの関係もわかっちゃいます

「シャワーどこ?」のページも
おかしいです
こぐまちゃんは、自分がしてもらっていることを
カエルさんやアヒルさんに
してあげているのね
で、シャワーは・・・
思わず笑っちゃうし
心が温かくなります

そして、クライマックス!!
これがいいです!!
ママは、絶対しない(笑
ママには、叱られちゃうかもしれないけど(笑

これは、「もういっかい!!」の
アンコールが、きますね

パパと一緒に楽しめる絵本だと思いました
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 長谷川さんご自身の絵本!!  投稿日:2019/03/03
絵本作家のブルース
絵本作家のブルース 著: 長谷川 義史
出版社: 読書サポート
長谷川さんご自身のこと(文章)

イラスト付きで
手書きで
季刊雑誌「この本読んで」の巻頭のページを担当されていて
それをまとめたものNo.1〜33と
お薦め絵本
と、「絵本」のように出来上がっている本です

手書きのものは
文字も個性的て
ちょっと読みにくい(笑
のもあるのですが
中でも、笑っちゃったのが

喉が痛くなって、お医者さんで
職業を聞かれて
「こうえんで、紙芝居を読んで」って言ったら

「公園で、紙芝居のおじさんですか、今でもそのようなお仕事が・・・」って

感心されているのが、おもしろかったです
「講演」なのに(笑

5コママンガでは
行列があって
ラーメン屋さんかな?と思ったら
とよたかずひこさんのサイン会だった とか(笑

小学校の恩師からの電話で

「あんたの絵本みたで
小学6年生の時の絵と今の絵、なにもかわってへんな」

とか
読めば読むほど
個性的で
おもしろい感性をお持ちの方なんだなぁ〜と

絵本の形というのが
目から鱗でした
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 映像!?のようです  投稿日:2019/03/03
あめだま
あめだま 作: ペク・ヒナ
訳: 長谷川 義史

出版社: ブロンズ新社
「天女銭湯」の方ですね?
独特な絵?写真?の作品で
印象深いです

自称が「人形いたずら作家」というのがいいですよね
人形や小物、背景も作って
写真を撮っているんですね
人形の表情や光の加減とか
アニメーション映画を観ているかのようです

始めは、ひとりぼっちで
ビー玉で遊ぶ少年
「友達なんていらない」みたいな強がり

で、ビー玉のような
かわった飴玉を手にします

これが、不思議な飴玉で
聞き耳頭巾のような
でも、それだけじゃないんです

長谷川さん訳なので
これまた、おもしろいページがあるんです
お小言のように半ページが
お父さんのセリフなんです
それが、どこでも子どもが言われているような(笑

あれ?
犬が引っ張られてる?かわいそうだな・・・
とか
もしかして、おかあさんがいないのかな?
とか
いろいろ想像することに
きちんと、「なるほど」の答えが返ってくるんです

ガムを膨らませた風船が
遠い所に住んでいるおばあちゃんの声を届けてくれて
おばあちゃんの言葉にも、すてきなメッセージと
それからの展開のヒントもあります

落葉の場面は、素敵!
びっくりして、しばし、この見開きページを
眺めてしまいました
そして
そして、ぼんやり現れてくるのは・・・

表紙を開いて、すぐに始まって
綴じても、続いています

じっくり楽しみたい作品です
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 音が聴こえてくるようです  投稿日:2019/02/27
よるのおと
よるのおと 作: たむら しげる
出版社: 偕成社
以前にも借りてましたが
感想を書いてなかった!!

イラストのロボットとか印象的で
絵本だけでなく
目にする機会は多いように思います

絵も素敵ですが
この作品は、「音」ですよね
それも、「夜」の

絵だけ見ていても
音が想像できる

カエルが食べられなくって、よかった
水面の波紋の美しさ

「カレーができているよ」
のおじいちゃんの声に
カレーライスの香りまで
してきてしまいます(笑

なんということのない場面で
自分も経験しているような
なんでもないことだけど
それを作品にしているところが
素敵ですよね

感じたことを、形に出来るって
すごいです

この作品の発想が
9歳の時の芭蕉の句から!
というのも、これまたすごいです

こどもの頃の研ぎ澄まされた感性を
持ち続けていることに
感激してしまいます

なんども、ページをめくって
楽しんでいます
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 楽しい〜♪こどもと小動物の関わり  投稿日:2019/02/27
ケイゾウさんの春・夏・秋・冬
ケイゾウさんの春・夏・秋・冬 著: 市川 宣子
イラスト: さとう あや

出版社: 講談社
『ケイゾウさんは四月がきらいです。』の続刊!?
と、思わず手に取りました

あれ?
四季??

でも、春は、四月と同じ?
あれ・・・忘れてる・・・?

ケイゾウさんとミミコのコンビが
おかしいのは、変わりません

四季それぞれの
幼稚園での遊びが
目に浮かぶようです

キチンとした教育内容ではなく
自由さを感じさせてくれるのがいいんです
今は、安全優先で
こどもがひとりで、とかはありえないのでしょうが
裏山での落葉で遊ぶ自由な感じや
お弁当食べないで
ゆきうさぎ作りに夢中になる姿
と〜ってもいいなぁ〜
と、思っちゃうます

こども本来の生き生きした姿が
この作品にはあります

ケイゾウさんの気持も
よ〜くわかるし(笑
犬猿の仲のようで
お互い気になっている
ミミコとのやりとりも、笑っちゃいます

絵は、全部カラーですし

小学中学年対象になっていますが
保育園年長さんのお昼寝前とか
おうちで、夜寝る前とか
読んでもらえれば
一緒に楽しめると思います

ケイゾウさんファンには
たまらない本でありました!!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ライジンの恩返し  投稿日:2019/02/27
そらからのめぐみ
そらからのめぐみ 作・絵: ビーゲン セン
訳: 永井郁子

出版社: 汐文社
版画のような素敵な絵です

鷹の幼鳥を助けて
テツじいさんとおばあさんは
一生懸命お世話をし
成長させます

鷹匠みたいだなぁ
と、思いました

テツじいさんは、山へ、仲間へと
返そうとします

雷様より強くという意味で名前をつけられた
鷹のライジンは
戻ってきては
テツじいさんと狩りに出かけようと
誘います
なんとも、ほのぼのしてしまいます

仲間と一緒に行動できないのかな・・・
と、ちょっと心配になります

が、テツじいさんは、臥せってしまい・・・

でも、ライジンはすごいんですよ!!
読んでからのお楽しみ

久しぶりに恩返しのお話しを
読んで、読後爽やかな気分に浸れました
参考になりました。 0人

4092件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

「おしえて!コロ和尚 こどものどうとく」シリーズ監修・釈徹宗さんインタビュー<br>

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット