『とりがいるよ』ギフトセット 『とりがいるよ』ギフトセット
作: 風木 一人 絵: たかしま てつを  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
ママたちの声から生まれたコミュニケーション絵本。

しいら☆さんの公開ページ

しいら☆さんのプロフィール

その他の方・50代・宮城県

自己紹介
保育士歴11年ちょっとで退職。子育て歴25年(+_+)ゞなんだりかんだりボランティアに首を突っ込んで・・・(^^ゞ興味のあるものには、なんでも挑戦♪
好きなもの
絵的なモノ・雑貨的なモノ・文字的なモノ・音楽的なモノ・踊り的なモノ
ひとこと
1日10個楽しい事探し♪
ブログ/HP
人、モノ、何でもいろいろな出逢いを紹介出来たら・・・と、思っています。

しいら☆の宝石箱

公開

しいら☆さんの声

4059件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい クリスマスにこういう作品もいかがでしょ  投稿日:2018/12/04
雪の花
雪の花 原作: セルゲイ・コズロフ
絵: オリガ・ファジェーエヴァ
文: 田中友子

出版社: 偕成社
ロシアのおはなしーとのこと

表紙のハリネズミが主人公なのかな?
インスタ映えするから
ペットにしている人が多いとか

大好きなくまさんが光熱で
キツツキ先生が「雪の花」がないと
だめかも・・・との診断!!

どこにあるのか
どんな花なのか知らないのに
ハリネズミは探しに出かけます

ロシアの寒さを思うと
心配です

個性的な木が3本!
アドバイスと、素敵なアイテムをくださいます
これが、なんとも不思議

日本のおはなしの
舌切り雀を探しにいくおじいさんとは
ちょっと違います(笑

そして、見つけて
え〜っ、凍えて死んでしまうかも・・・
と、また心配してしまいます

が、
なんということでしょう!!!

素敵なお話です
戯曲をもとにしたおはなしだそうです

絵もと〜ても素敵で
クリスマスの頃、お薦めです
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 本当に、素敵なおじさん♪  投稿日:2018/12/01
大好き!おじさん文庫
大好き!おじさん文庫 作: 深山 さくら
出版社: 文研出版
本当にあったおはなし!
それも、お隣の山形県です
そういえば・・・ニュースで聞いたような・・・
あら、なんと!
東日本大震災の時は、このおじさんは
仙台にいたようです
びっくり

とても身近に感じるおはなしです
知らない、名前を名乗らないおじさんが
25年という長い間
毎月、お金を小学校に送ってくださるのです
お手紙を添えて

それも、「本を買って、読んでください」と

4半世紀・・・長いですよね
続けることもすごいことですし
どうして?
とか
本当に居る人なの?
とか
いろいろ考える小学生の姿が
目に見えるようです

先生方もそのお手紙をまとめている作業や
こどもたちからの意見を取り入れて行事の企画とか
“生きた 教育”をしていると思いました

残念ながら、閉校ということになってしまうのですが
そのことで
おじさんが名乗りをあげるということになるとは・・・



が、3・11震災、それ以後の天災の度に問われます
そんなことがなくても
気付いてほしい やさしさ、おもいやり、恩返し・・・
心が温かくなる
本当にあったおはなしでした

是非、小学校3,4年生に親子で
読んでほしい1冊です
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ほっこりします♪  投稿日:2018/12/01
へたなんよ
へたなんよ 文: ひこ・田中
絵: はまの ゆか

出版社: 光村教育図書
はまのゆかさんの絵は
すぐにわかって、作品が気になってしまいます
ひこ・田中さんの作品はすみません
読んでいないのですが
児童書の紹介本は読みましたが
さて
どんな作品を書くのかしら?

あ〜
「へた」という感覚
今のこども達には、知らせたいことかもしれません

おばあちゃんの「へた」を
初めは攻めているような雰囲気もあって
ちょっと気になるのですが
でも、そのおばあちゃんは
自分のへたさを認め
孫を褒めるのです

「自尊心」を育てているのかもしれません

これって、難しいですよ
親って結構厳しいので
「どうして出来ないの!?」目線ですから
出来ないと言われると、自信をなくしちゃいます
自信がないと、やる気も出ません
失敗を恐れるようにもなります

出来る・出来ない の物差しだけで
こどもを見ては、育ててはだめだと
私は思います

その点、このおばあちゃん、本当に
懐が深いです
おかあさんは、怒りっぽいようですが(笑
おとうさんは、おもしろいし
素敵な家族!
だから、お友達を見る目も
自分に対しても
優しくなれると思うのです

へた でいいんです
へただから、一生懸命になれるんです!
最初から、上手な人は、いませんよね

最後にも、ほっこり でした
親子、家族で読んでほしいです
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 素敵な出逢いが待ってますように!!  投稿日:2018/12/01
ほんちゃん
ほんちゃん 作・絵: スギヤマカナヨ
出版社: 偕成社
「本」ちゃん・・・かぁ
考えたことなかったかも
新しい視点だ!−と思って
真っ赤な表紙にも惹かれて
図書館から即借りてきました

「立派な図鑑になりなさい」って
おかあさんは言うそうですが
本人は、違うようですよ

違うというか
迷っています

経験豊かな皆さんの人との関わりが
おもしろいと思います

本の立場になって考える
想像するって、大切かもしれません

古くなっても
誰かに必要とされることって
素敵です

これは、本に限らないことのような・・・

素敵な出逢いが待っているといいですね
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 賢い小僧さんと、にくめないキツネさん  投稿日:2018/11/21
やつばけずきん
やつばけずきん 脚本: 津田 真一
絵: 武田 美穂

出版社: 童心社
武田さんのかわいらしい絵で
昔話は、どうかな・・・
と、いつも思うのですが
雰囲気を壊さないんですよ

妖しい怖い顔も
武田さんのイラストだと
大丈夫だと思います

おはなしの内容もおもしろい
人のいい やさしい和尚さんが騙されても
小僧さんの機転がすごいし
キツネと交換して
ゲットした頭巾を的確に使うところが見所!
昔話のおもしろいところです

最後の場面もいいんですよ
今度、おはなし会で読みたいなぁ〜
と、計画中です
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 素敵なセンス♪  投稿日:2018/11/21
かようびのドレス
かようびのドレス 文: ボニ・アッシュバーン
絵: ジュリア・デーノス
訳: 小川 糸

出版社: ほるぷ出版
表紙からデザイン画のようで素敵です

お洒落な女の子をよく見かけます
中高生より小さい子は
成長するから
お洋服代大変だろうな(笑
とか思っちゃいます

この作品がすごいのは
成長のために小さくなっちゃう
お気に入りのお洋服をず〜っと使うこと!!

ママの「逆転の発想」がすばらしいのです
ママもお洒落なようですが
華美な感じではなく
自分の個性に合わせて、センスがいい感じ

工夫がとてもいいんです
現実でも出来ると思います

リフォームというと
昔は、貧乏臭かったけど(笑
今は、センスよく作り変えちゃう技術がすごいですもんね

絵だけでなく
切り貼りした感じもあり

とにかく、工夫が素敵で、お洒落で素敵♪

お化粧もいいけど(笑
お洋服作り、小物作り、おすすめしたいなぁ〜

訳は、「食堂かたつむり」「つるかめ助産院」の小川糸さん
というのも魅力です
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う 楽し〜い、へんてこかぞえうた♪  投稿日:2018/11/21
へんてこかぞえうた 1ちゃんいちにち
へんてこかぞえうた 1ちゃんいちにち うた: 高木 あきこ
絵: さいとう しのぶ

出版社: リーブル
さいとうしのぶさんの絵なので
と〜っても楽しみにしてました

それぞれの数字に、個性がありそう・・・

1ちゃん いちにち・・・
あらら・・・大変!

2ちゃんは、女の子かな?

3ちゃんは、ここでも、ここでも、ここでも転んでる(笑

と、数字が大きくなると
その前の数字がなくなっています
なるほど

しかし、言葉ってたくさんあるんですね
友達といろいろ考える遊びに
つながるかも!

楽しい〜♪
「かぞえかたには いろいろ あるのね」
は、1ちゃんのママかな?
この表もおもしろいです
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 確かに・・・同感です  投稿日:2018/11/18
せかいいちのいちご
せかいいちのいちご 作: 林 木林
絵: 庄野ナホコ

出版社: 小さい書房
お洒落な表紙
エレガントなシロクマさんです
優雅だなぁ〜

「せかいいち」のいちごって?
と、とても気になります

林木林さんの作品は
名前からもわかるように(笑
とてもユニークで
気になるのです

カバーにあるのは、なぞなぞ?
呪文???

ふえるとへる
増えると減る

って、なんだ???

かもめさんが運んできたお手紙も
素敵!
お洒落な生活をしているんだぁ・・・

で、いちごがひとつ送られてきて
ワクワク感が半端ないです

で、次の年から増えて・・・

あ・・・増えるとワクワク感が・・・

なんか、思い当たりませんか!?
と、投げかけられているような気になります

シロクマさんのお友達もなんか、素敵なんです

大人の女性向けの作品なのかな?
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい と〜っても素敵です!!  投稿日:2018/11/15
ふたごのうさぎ
ふたごのうさぎ 著: ダフネ・ロウター
出版社: NHK出版
とっても気になってました
すぐに図書館にリクエストして
来た〜♪

文字はありません
左側のページに描かれたグッズを探したり
何をやっているのか想像したり
とにかく、絵が素敵です
子どもの動きそのまま
作者の双子の息子、娘そのままなそうです

お洒落な感じもあります
物もそうですが
裏表紙のスタンプのような
グラデーションの感じ

1日の中での様子
季節もいろいろ

この方鳥類も好きなんじゃないかな?
表紙から居るニワトリあ、ずっと出てくるし
フクロウとか、その他の鳥もいっぱい登場してます

オランダ生まれで、スコットランドの大学でも絵を学んで
美術大学で教鞭や、アーティスト活動をしたそうです
この作品が初の絵本作品のようです

色も構図もとても素敵で
見ていて飽きません
ページ毎
飾っておきたい美術品!?みたい

これは・・・ほしいです!!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う かわいらしい絵で、気持も伝わってきます  投稿日:2018/11/15
ぼくのばしょなのに
ぼくのばしょなのに 作: 刀根 里衣
出版社: NHK出版
とても気になる刀根さんの作品で
すぐにリクエストして、楽しみにしてました

が・・・

絵はとてもかわいらしいのですが・・・

う〜ん、内容がありきたりなのかな・・・

う〜ん、また期待し過ぎちゃったかな・・・

というのは、私的な感想であります

幼稚園での様子や
いたずらしている様子・・・
どこかで見たことありますよね(笑
お兄ちゃん、お姉ちゃんになるお子さんには
とってもいいかもしれません
お子さんより
第2子が生まれるのを楽しみにしている
パパママ向けかもしれませんね
参考になりました。 0人

4059件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

クマ大好きな三戸なつめさんが描く優しいイラストとストーリー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット