おふくさん おふくさん おふくさんの試し読みができます!
作: 服部 美法  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
おめでたーい「おふくさん」、読んだらにこにこになりますよ!

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

5265件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 早朝から  投稿日:2019/01/20
はやおきふっくらパンやさん
はやおきふっくらパンやさん 作: 山本 省三
絵: はせがわ かこ

出版社: 講談社
「よみきかせお仕事えほん」シリーズ。
子どもたちにとっても魅力的なパン屋さんの一日が描いてあります。
なんと、早朝3時からスタート。
お父さんがメインですが、
お母さんも家事や保育園の送迎の合間に店員として働いていますね。
焼いたり、仕込んだり、新作の研究も。
もちろん、お店での販売、配達も。
パン職人と言われるだけあって、その技術も垣間見えます。
裏見返しに描かれた閉店後の仕事も興味深いです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 鬼あそびのバリエーション  投稿日:2019/01/17
いろいろ おにあそび
いろいろ おにあそび 文・絵: 加古 里子
出版社: 福音館書店
かこさとしさんによる、鬼あそび指南でしょうか。
子どもたちが遊んでいる様子を描きながら、
鬼あそびのバリエーションを解説してあります。
タッチおに、つながりおに、はしらおに、しまおに、くつとりおに、くつかくし。
裏表紙には、いろおに。
最後には、とっておきの鬼のオチまで!?
私も知らない遊び方もあり、
子どもたちの遊びって、豊かで奥が深いですね。
幼稚園児くらいから、参考にしてほしいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おすそわけと苦手克服  投稿日:2019/01/15
オムライスパーティー
オムライスパーティー 作・絵: たちもと みちこ
出版社: 教育画劇
こぶたちゃんが主人公の食育絵本です。
こぶたちゃんの家で収穫したトマトをみんなにおすそわけ。
その先々でもおすそ分けの野菜をもらうのですね。
この「おすそわけ」のやりとりが素敵です。
その野菜を使って、お母さんがつくてくれたのが、
オムライス!
ピーマンが嫌いなねずみくんのために、
みじん切りにして混ぜ込むところは、苦手克服のヒントになりそうです。
卵をのせるところは仕掛け仕立てで、盛り上がりそうです。
なにより、仕上げのケチャップでお絵かきするところは共感どころでしょうか。
幼稚園児くらいから楽しめそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 戦争を止めるって約束するまで  投稿日:2019/01/15
かあちゃんの ジャガイモばたけ
かあちゃんの ジャガイモばたけ 作: アニタ・ローベル
訳: まつかわ まゆみ

出版社: 評論社
題名から食育絵本かなあ、と思っていたら、さにあらず。
戦争の愚かさを静かに語るストーリーでした。
谷の家で、ジャガイモを作りながら平和に暮らしていた
母ちゃんと息子たち。
ところが、兵士たちのかっこよさに、息子たちは志願して兵隊になってしますのですね。
もちろん、その愚かさに気がつきます。
かあちゃんが一芝居しての訓示には迫力があります。
そして、終盤の息子たちの姿には説得力がありますね。
ナチスの強制収容所から救出された経験を持つ作者だからこそ
にじみ出る平和への思いが伝わってきます。
小学校高学年くらいから、戦争の愚かさを感じてほしいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 心の色  投稿日:2019/01/15
こころはっぱ
こころはっぱ 作: やすい すえこ
絵: 黒井 健

出版社: 佼成出版社
不思議な題名です。
こころはっぱの木は、心の色を見せてくれるのです。
そんな木のそばであった出来事のおはなしです。
たぬきくん、きつねくん、うさぎちゃんが遊んでいるところにやって来た、
新参者のいのししくん。
強面なのでみんなが怖がっていると、どうやら友だちを欲しがっている様子。
みんなで遊ぼう、と声をかけてあげるのですね。
さまざまな色に変わる葉っぱが心の色を見せてくれて、
友だちになる喜びが伝わってきそうです。
幼稚園児くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ぐるぐる遊び  投稿日:2019/01/15
ぐるぐるぐる
ぐるぐるぐる 作: 内田 麟太郎
絵: 長野 ヒデ子

出版社: 金の星社
表紙の絵から愉快です。
のんちゃんが、指をぐるぐる回して、ヤンマ、イノシシ、おばけの目を回させてしまう趣向です。
最後のスーパータワーには唖然です。
でもラストのこのシーンは、なあるほど。
シンプルですが、素敵なぐるぐる遊び、教えていただきました。
幼稚園児くらいではやるかも!?
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 凧の科学  投稿日:2019/01/11
たこ
たこ 文・絵: 加古 里子
出版社: 福音館書店
凧について、科学的な視点で解説してある作品です。
加古里子さんらしい語り口が素敵です。
そう、ポイントは、凧に風が当たるようにすること。
古はがきで凧が作れるのですね。
1975年にかがくのともに発表された作品ということで、
古はがきも年代を感じます。
でも、内容は実に科学的で、大人も納得のクオリティ。
小学校のおはなし会で読みましたが、
子どもたちも興味津々。
凧について学ぶにもピッタリだと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 一大プロジェクトとしての仕事  投稿日:2019/01/07
しごとば 東京スカイツリー
しごとば 東京スカイツリー 作: 鈴木 のりたけ
出版社: ブロンズ新社
「しごとば」シリーズとしては、特殊な視点です。
東京スカイツリーという一大プロジェクト。
そこに、様々な業種の人々がかかわったことが体感できると思います。
東京スカイツリー公認本というだけあって、
綿密に二年半もの取材や校正で出来上がった本だけに、
やはりスケールが違います。
直接、設計や建設にかかわった人々はもちろんのこと、
地元の人々、広報担当者も。
それだけに、ドキュメンタリー映像を見ているようです。
そう、いろんな業種の方々の協力で成り立つ仕事って、
こういう側面もあるということも体感できると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい バスのすけ  投稿日:2019/01/07
みんなをのせて バスのうんてんしさん
みんなをのせて バスのうんてんしさん 作: 山本 省三
絵: はせがわ かこ

出版社: 講談社
「よみきかせお仕事えほん」シリーズ。
だいすけおにいさんの一日を追うストーリーです。
そう、乗車前にすることってこんなにたくさんあるのですね。
車椅子の介助や、忘れ物チェックも。
乗車するバスに「バスのすけ」という愛称を付けているところに、
仕事に対する真摯な気持ちを感じました。
かっこいいだけじゃない優しさも体感してほしいですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 失敗エピソードも  投稿日:2019/01/07
続々・しごとば
続々・しごとば 作・絵: 鈴木 のりたけ
出版社: ブロンズ新社
「しごとば」シリーズ。
さまざまな道具類が魅力的なこのシリーズですが、
コメ農家もなかなかのハイテクですね。
僧侶の仕事も奥深いです。
子どもたちにとって身近な興味は教師でしょうか。
馴染みのあるグッズにあるあるでしょうか。
巻末に失敗エピソードもあります。
とてもリアルな事例で、共感してしまいました。
参考になりました。 0人

5265件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

大きくて愉快でだいすきなパパへの気持ちが絵本になりました

出版社おすすめ

  • おえかきずかん
    おえかきずかん
     出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★大人にも人気!かわいい動物が描ける★ズーラシアなどの動物園を運営する「横浜市緑の協会」監修
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット