猫忍 見習い忍者陽炎太とネコの父上 猫忍 見習い忍者陽炎太とネコの父上
作: 橋本 愛理 絵: 月戸  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
ドラマ&映画版「猫忍」の主人公である陽炎太(かげろうた)の幼少期を描く、スピンオフノベライズ作品!

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

5064件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 涙活  掲載日:2018/7/21
ナミダロイド
ナミダロイド 作: 寺井広樹
イラスト: ミシエル・カーラー

出版社: 辰巳出版
涙活プロデューサーによる作品。
子育てで忙しいままの気持ちにそっと寄り添ってくれそうです。
ということで、大人向け絵本になると思います。
絵は外国人っぽい名前ですが、イラストレーターでもある日本の俳優さんのペンネームですね。
戦隊ものなどをされているので、
ロボットの描き方に深みがあるような気がします。
ふたりの子育てに忙しいママのところにやって来たロボット、
「ナミダロイド」。
涙の理由を教えてくれるんですって。
そして、いろいろな涙の意味に気づくのですね。
さらには、次のママへ。
このつながりが嬉しいです。
やや美談的ですが、大変なママたちをそっと肯定してくれると思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う いたずら気分で誕生!?  掲載日:2018/7/21
せかいでさいしょのポテトチップス
せかいでさいしょのポテトチップス 文: アン・ルノー
絵: フェリシタ・サラ
訳: 千葉 茂樹

出版社: BL出版
『Mr.Crum’s Potato Predicament』が原題。
Predicamentって、苦境という意味ですから、なるほど、です。
題名の通り、ポテトチップスの誕生エピソードの実話がベースになっているようですね。
ニューヨーク州のサラトガのレストランで働いていた、ジョージ・クラムさん。
ある日、こだわり屋のフィルバートというお客が、
クラムさんのポテト料理に注文を付け、ダメ出し続き。
そこで、クラムさんがいたずら気分で出したポテト料理が、
ポテトチップスの原型になったとはびっくりです。
こだわり屋といたずら気分のコラボ、でしょうか。
ということで、この両者の絡みが見所になります。
お客の長いフルネームが繰り返され、読み聞かせ泣かせですが、
これも味わいどころかもしれません。
実話の持つリアリティを体感してほしいです。
小学生くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おとうさんとかくれんぼ  掲載日:2018/7/21
ぐるぐるちゃんかくれんぼ
ぐるぐるちゃんかくれんぼ 文・絵: 長江 青
出版社: 福音館書店
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
りすのぐるぐるちゃん、今日はお父さんと散歩に出かけてかくれんぼです。
10数えて隠れる様子が、どこかな?と楽しめそうです。
木の上のアングルはやや高度でしょうか。
ぐるぐるちゃんの、ドヤ顔がなんともいいですね。
父子の遊びの楽しさがいっぱい伝わってくると思います。
ほら、ラストのページ、この父子の笑顔!
青空と、木々の新緑が清々しいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 梅雨を楽しむ  掲載日:2018/7/21
バルボンさんのおさんぽ
バルボンさんのおさんぽ 作・絵: とよた かずひこ
出版社: アリス館
ワニのバルボンさんが、雨の日のお散歩を楽しむおはなし。
梅雨時期にぴったりです。
独特のゆったりした展開をしっとり楽しみたいですね。
カエルの夫婦、そして、バルボンさん一家。
なんと、出発までの光景にほとんどがあてられているという、
何とも優雅な時間の流れです。
何より、みんな雨を楽しんでいる様子が、素敵です。
もちろん、おまけの、裏表紙の光景もお忘れなく。
幼稚園児くらいから、楽しんでほしいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 成長した兄弟と特殊任務  掲載日:2018/7/21
にちようびのぼうけん!
にちようびのぼうけん! 作: はた こうしろう
出版社: ほるぷ出版
作者の実体験が投影された兄弟のダイナミックな遊びが魅力です。
『みちくさしようよ!』などのこの作品群、
兄弟が少しずつ成長しているようですね。
弟のぼくの視点で物語が進みます。
日曜日に届いた、ぼく宛の手紙は、ミスターXからの特殊任務。
もちろん、お兄ちゃんと出かけます。
やはり、最初の「絶対に誰にも見つかってはいけない」条件で公園へいくのが、
とてもスリリングです。
公園に着いたら、たくさんの指令が本格的なミステリーっぽくて、ワクワクです。
ミスターXの正体は最後まで明かされないのも、余韻があっていいですねえ。
そう、特別な場所や物が無くても、こんなに豊かな遊びができるのです。
そして、この兄弟の様々なとびっきりの表情が素敵です。
ドングリのくだりは、立派な学びの場。
素晴らしいです。
子どもたちの遊びのヒントとなりそうです。
小学生に、ぜひ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい キツネと羽衣と母神  掲載日:2018/7/20
たなばたにょうぼう
たなばたにょうぼう 文: 常光 徹
絵: 野村 たかあき

出版社: 童心社
七夕の由来を描いた作品です。
炭焼きの若者が出会ったキツネの導きで、たなばたという娘と知り合うのですね。
このくだりは、まさに羽衣伝説。
そして、またもや
て、またもやキツネの導きで、天へ上る若者。
母神による難問は、古来の神話にも似た感じです。
そして、有名な瓜のエピソード。
やはりここの場面がクライマックスです。
小学校のおはなし会で読みましたが、やはりここで、聞き手が惹きつけられていました。
語り口も民話調で、版画の絵も素朴で、いいコラボです。
巻末に再話についてきちんと解説があり、丁寧な編集が嬉しいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 意外に奥が深いしかけ  掲載日:2018/7/20
いただきます
いただきます 作: 新井 洋行
出版社: 童心社
左ページに動物たちとお皿、右ページに食材や調理器具。
それぞれの大好物を当てるしかけ絵本ですが、意外に奥が深いです。
徐々にめくることで、ヒントの間が生まれます。
そして、答え合わせで添えられる、「いただきます」が、実はメインディッシュ。
そう、この挨拶をしっかり味わいたいですね。
そしてやはり鮮やかなフィナーレが素晴らしいです。
この展開、嬉しいです。
エリック・カールさんのようなコラージュっぽい絵が、ナイスハーモニーだと思います。
幼稚園児くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 虫たちの色彩  掲載日:2018/7/19
むしいろいろかくれんぼ
むしいろいろかくれんぼ 作・絵: いしかわ こうじ
出版社: ポプラ社
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
子どもたちが大好きな虫を題材に、型抜き仕掛けで何かあてる趣向です。
小さい子にはやや高度かもしれませんが、やはり親しんでほしいです。
いつものように、アイテムに英語併記。
もちろん、色も明示してありますから、虫たちの色彩も楽しみましょう。
絶妙なオノマトペとヒントにも拍手!
デフォルメもされていますが、正確な造形も嬉しいです。
虫入門としても、マイルドな認識としていいと思います。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 奥深い問答  掲載日:2018/7/19
オレ、カエルやめるや
オレ、カエルやめるや 文: デヴ・ペティ
絵: マイク・ボルト
訳: 小林 賢太郎

出版社: マイクロマガジン社
『I DON’T WANT TO BE A FROG』が原題。
訳がとても軽快なのが、題名から伺えますね。
カエルであることに嫌気を感じた子どもが、父親に不満をぶつける展開です。
ネコ、ウサギ、ブタ、フクロウになりたいと主張しますが、
父親は軽妙に論破。
そして、新たな論客、オオカミが、新しい視点を提示します。
これが妙に説得力がありますね。
シンプルに、自己肯定が伝わってきます。
劇作家でもあり、コントにも力を入れている小林賢太郎さんの訳が、
会話をとてもイキイキとさせています。
これは素晴らしいと思います。
やはり音読でたっぷり楽しみたいです。
小学生くらいから大人まで楽しめるクオリティだと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい こんどはいっしょに!  掲載日:2018/7/19
ぐるりん ラグりん
ぐるりん ラグりん 作: 新井 洋行
出版社: 大日本図書
乳児・小さい子向けおはなし会用にセレクト。
なんと、主人公はラグ。
いつもながらの、スタイリッシュでかわいい造形に拍手です。
なるほど、ラグがあるなら、その上で、いっぱい遊べるということですね。
さるくん、ぞうさん、ダンゴムシ、へびくん、かえるくん、ペンギンちゃん。
こんなに多彩な動きができるのですよ。
やはり、ペンギンちゃんの動きが一押しです。
ラストがたまりません。
今度はいっしょにぐるりんしてみよう〜!
これはやるしかありませんね。
参考になりました。 0人

5064件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

「誰もが誰かの大切な人」米国で人気のシリーズ第一弾

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット