しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

5378件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい ミジンコ観察  投稿日:2019/05/21
ミジンコでございます。
ミジンコでございます。 文: 佐藤 まどか
絵: 山村 浩二

出版社: フレーベル館
ミジンコ観察の科学絵本として読んでみました。
身近ですが、いろいろと知らないことがあることに気付きます。
さあ、ミジンコの案内で、その世界を教えてもらいましょう。
よおく見ると、甲殻類らしく、面白いキャラクターですね。
横顔がメジャーですが、正面顔が衝撃的です。
そ、そうだったのね。
もちろん、生態だって、なかなかにワイルドです。
何より、命の営みを体感できます。
興味が湧いて、もっと調べたくなりました。
もしや、と思ったら、微塵子という表記も。
小学生くらいから、体感してほしいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 時空を超えた展開  投稿日:2019/05/20
ようかいガマとの おエドでうちゅうじん
ようかいガマとの おエドでうちゅうじん 作: よしながこうたく
出版社: あかね書房
妖怪ガマ殿の完結編ということで、時空を超えた展開です。
昔、あるところに?
そう、なんと、江戸時代までさかのぼるのです。
まだ、ガマガエルの妖怪、ガマだった頃のエピソードです。
ガマは宇宙人と遭遇し、お礼目当てに、
その宇宙人を宇宙に送り返す手伝いをするというのですね。
もちろん、ハプニング続出に、意外な結末。
ガマ殿の由来エピソードでもあります。
やや複雑で、やっぱりオカルトなので、
小学生くらいから、でしょうか。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ガッコウじゃなくてゲッコウ  投稿日:2019/05/19
ようかいガマとの ゲッコウの怪談
ようかいガマとの ゲッコウの怪談 作: よしながこうたく
出版社: あかね書房
ガッコウの怪談かと思ったら、ゲッコウの怪談でした。(笑)
でも、舞台は紛れもなく、学校。
妖怪ガマ殿、学校に参上!と言ったところでしょうか。
今回はスミレちゃん、タカシくん、ダイゾウくんが妖怪を体感です。
理科の授業で実験中、異界に迷い込んだ3人。
まぎれもないいつもの学校なんですが、
学校にいる妖怪たちが登場します。
ほら、学校のあちこちに潜む妖怪たちが、見えてきます。
ガマ殿との交流で提示される、妖怪たちとの関係性に、
思わずしみじみ納得してしまいました。
月光石のエピソードは、幻想的で、美しくすらあります。
怖がりさんはおすすめしませんが、小学生なら興味津々かも。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 妖怪が見える  投稿日:2019/05/19
ようかいガマとの おイケにカエる
ようかいガマとの おイケにカエる 作・絵: よしながこうたく
出版社: あかね書房
よしながこうたくさんの作品ですから、
覚悟して読んでみましたが、なかなか重厚でした。
ユウタくんが駐車場で見つけたのは冬眠中?のカエル。
家に持ち帰ると、実はガマ殿様だったというのですね。
ガマ殿様に脅されて、ガマ池を探す羽目になったユウタくん。
あちこちで妖怪を目撃するのです!
実は、本格的な妖怪のラインナップ。
さながら妖怪図鑑で、見返しには一覧まで。
古来日本に生息する妖怪を体感できそうです。
ともあれ、奇想天外の展開に、オチ、あっぱれです。
題名もおやじギャグでしょうか。
妖怪好きにはたまらないと思います。
妖怪が本格的なので、小学生くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 北海道の自然  投稿日:2019/05/18
こぐまのクークの12か月
こぐまのクークの12か月 作・絵: かさい まり
出版社: 株式会社KADOKAWA
題名の通り、こぐまのクークが過ごす12ヶ月がそれぞれ見開きで描かれます。
北海道出身のかさいまりさんが、その自然をたっぷり描いています。
どのシーンも味わい深いですが、
やはりラベンダーの丘は圧巻です。
自然いっぱいの中で遊ぶ姿がとても伸び伸びしていていいですね。
なにより、その自然が五感に伝わってきます。
クークは物語でシリーズがあるのですね。
また読んでみようと思います。
幼稚園児くらいから、この自然、たっぷり感じてほしいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい やっぱり、ムキになる(笑)  投稿日:2019/05/16
カ どこいった?
カ どこいった? 作・絵: 鈴木 のりたけ
出版社: 小学館
蚊を退治する、ただそれだけなのに、
やっぱり、ムキになる(笑)ストーリーです。
注目は、ページをめくることによる仕掛けです。
「せーの・・・」からのリアルな動きが臨場感たっぷりです。
もちろん、逃げられて、様々なシチュエーションが出てくるのですが、
後半からは、鈴木のりたけさんならではのスケールに唖然。
細かく描きこまれたドラマもお見逃しなく。
幼稚園児くらいから、盛り上がると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 負けてもうれしい  投稿日:2019/05/16
でんせつのじゃんけんバトル
でんせつのじゃんけんバトル 文: ドリュー・デイウォルト
絵: アダム・レックス
訳: 中川 ひろたか

出版社: 河出書房新社
『The Legend of Rock Paper Scissors』が原題。
なるほど、Legendにふさわしい、重厚な?おはなしです。
表紙絵の、グリグリ、パーペ、チョッキンナが主人公。
それぞれ、負け知らずの生活の飽きて、旅をしたところ、
遭遇して対決、ということですね。
次々と登場する対決場面が本格的で、迫力満点です。
もちろん、じゃんけんぽんの王道を外れませんが、
負けてもうれしい、という心境が味わい深いです。
そう、じゃんけんぽんって、勝負ではあるけど、
実に平和なのだ、と改めて気づきました。
幼稚園児くらいから、ハラハラドキドキを楽しめると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい あかちゃんという存在  投稿日:2019/05/11
あかちゃんがわらうから
あかちゃんがわらうから 作: おーなり 由子
出版社: ブロンズ新社
おーなり由子さんが紡ぐ、あかちゃんという存在です。
ママ向けのメッセージ絵本だと思います。
ママが嬉しい時も悲しい時も、笑うあかちゃん。
どうして?という疑問が、素敵な結論に達します。
そう、あかちゃんって、大人とは違う世界観を持っているのですね。
子育てで、きっといろんな感情があると思いますが、
この視点で見れば、笑顔で過ごせるような気がします。
少し幻想的な絵が素敵です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 笑いのオノマトペ  投稿日:2019/05/11
ことばのえほん3 あっはっは
ことばのえほん3 あっはっは 作: 谷川 俊太郎
絵: 堀内 誠一

出版社: くもん出版
題名もインパクトがありますが、
表紙の絵のなんと伸びやかなこと!
副題にある、ことばのえほん、の通り、
笑いのオノマトペに焦点を当ててあります。
女の子と男の子の、絶妙な表情がなんともドラマチックです。
女の子の機嫌を直そうとする男の子の渾身の表情が素晴らしいですね。
そう、笑いって大切ですね。
小さい子から、感じ取ってほしいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 笑うって、素敵  投稿日:2019/05/11
わらう
わらう 作: さこ ももみ
出版社: 白泉社
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
キュートな絵が魅力的なさこももみさんが描く、笑い考?でしょうか。
子どもたちや動物たちが笑う姿が次々登場し、
ほら、読者までほっこりしてしまいますね。
後半は、サンタクロースや魔女や骸骨などまで!?
そう、赤ちゃんの笑顔って最高なんです!
まさに、題名そのもの。
笑う楽しさを体感してほしいですね。
参考になりました。 0人

5378件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける

全ページためしよみ
年齢別絵本セット