なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

5745件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 夕日の姿  投稿日:2020/05/21
ゆうひのおうち
ゆうひのおうち 作: 林 木林
絵: 篠崎 三朗

出版社: 鈴木出版
林木林さんが紡ぐ、夕日の姿が素敵です。
前書きも滋味深いです。
公園帰りの女の子が、夕日の姿を語ります。
そう、何気ない夕日の姿も、こんな風に感じたら、
きっとお友だちのような存在になりますね。
あちこちにかくれんぼ、そして、夕日のお家へ。
ここの発想の豊かさに驚かされます。
もちろん空想ですが、実に説得力があります。
幼稚園児くらいから、この感性を体感してほしいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 持ちつ持たれつ  投稿日:2020/05/21
ありさんとぞうさんのおさんぽ
ありさんとぞうさんのおさんぽ 作: 林 木林
絵: ふくだとしお+あきこ

出版社: 鈴木出版
小さい代表と大きい代表のコラボですね。
アリさんとゾウさんののどかな散歩が描かれてあります。
散歩の際のオノマトペが軽快で愉快です。
大小を体感することもできそうです。
後半は「持ちつ持たれつ」の関係が繰り広げられます。
これは素敵です。
まったく違う個性を、ふんわり温かく認め合う姿がうれしいです。
幼稚園児くらいから、この関係性、感じてほしいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい はい どうぞ、ありがとう、も  投稿日:2020/05/20
はーい!
はーい! 文: 中川 ひろたか
絵: まるやま あやこ

出版社: 光村教育図書
「はじめてのことば」シリーズ。
まあ、表紙からなんと清々しい「はーい!」でしょうか。
ぬいぐるみたちが登場し、名前を呼ばれて返事をする趣向です。
はい どうぞ、ありがとう、のやり取りもありますね。
もちろん、この男の子も。
モデルは中川さんのお孫さんだそう。
それだけにリアリティ抜群です。
まさにコミュニケーションの第一歩の愛おしさです。
ぬいぐるみたちとの交流も豊かです。
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい みんなで、がミソ  投稿日:2020/05/20
みんなで ねんね
みんなで ねんね 文: 中川 ひろたか
絵: まるやま あやこ

出版社: 光村教育図書
「はじめてのことば」シリーズ。
おやすみ前の光景ですが、
男の子が、まず相棒のぬいぐるみを寝かしつけるのがいいですね。
そして、自分も。
そう、みんなで、がミソ。
この、一緒という安心感がいいですね。
え?お母さんも?
うんうん、わかります、このシチュエーション。
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 一生懸命さが伝わってくる  投稿日:2020/05/20
まんま まんま
まんま まんま 文: 中川 ひろたか
絵: まるやま あやこ

出版社: 光村教育図書
「はじめてのことば」シリーズ。
食事のシーンですね。
エプロンをつけて、気合を感じます。
相棒のくまのぬいぐるみも一緒というのがいいですね。
懸命にスプーンを使う様子、こぼしてしまっての表情、などなど、
一生懸命さが伝わってくるのがたまりません。
温かく見守るお母さんの様子にも拍手!です。
一つ一つ上手になっていく様子がいとおしいです。
食事の楽しさや嬉しさも伝わってきます。
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ちゃんと0も  投稿日:2020/05/17
かぞえてあそぼう 1 2 3
かぞえてあそぼう 1 2 3 作: みなみざわ みよじ
訳: たちもと みちこ

出版社: 絵本塾出版
1から10まで、数を学べる作品です。
ちゃんと0もラインナップされている点がやはりうれしいです。
数学的には大切な概念ですからね。
さらにはちょっとした仕掛け仕立てになっており、
数字の上の部分が絵の一部となっているのです。
たちもとみちこさんのかわいい絵が軽快です。
意外に難しい物の数え方も、ほんのり感じてほしいですね。
全体的に緩やかな物語にもなっており、着地も雄大です。
幼稚園児くらいから楽しみながら学べると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 結婚  投稿日:2020/05/15
えぞふくろう ふぶきをのりこえる
えぞふくろう ふぶきをのりこえる 作: 手島 圭三郎
出版社: 絵本塾出版
吹雪の中を生き抜くエゾフクロウの姿を描いてあります。
改めてエゾフクロウの顔を観察すると、なかなか愛嬌がありますね。
エゾフクロウとともに、他の生き物たちの生きる姿も体感できそうです。
そして、吹雪を乗り越えた先が本作の主題でしょうか。
生き物たちの結婚の様子、もちろん、主人公も。
出会いの場面、吹雪ならではの幻影にびっくりですね。
小学生くらいから、生きる姿を感じ取ってほしいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 助け合う姿  投稿日:2020/05/14
きたきつねとしろふくろう たすけあう
きたきつねとしろふくろう たすけあう 作: 手島 圭三郎
出版社: 絵本塾出版
表題が印象的です。
流氷がやってくる1月、お腹をすかせたキタキツネは、シロフクロウの食べ残しで命をつなぐのです。
なるほど、これはこれでなかなかの知恵です。
そして、流氷が離れていく3月、カラスの群れに襲われているシロフクロウを助けるキタキツネ。
こんな助け合いがあるのですね。
厳しい生存競争の中に、こんな神々しい光景があるとは驚きです。
木版画の持つ雰囲気が、いい塩梅にその光景を紡ぎます。
小学生くらいから、感じてほしいですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 冬を生き抜く  投稿日:2020/05/07
はるをはしるえぞしか
はるをはしるえぞしか 作: 手島 圭三郎
出版社: 絵本塾出版
越冬するエゾシカの親子を描いてあります。
秋、冬に向けて脂肪を蓄え、厳しい冬を、天敵から身を守りながら生き抜くのですね。
厳しい自然環境が体感できると思います。
手島圭三郎さんの版画絵は、自然の厳しさと、生き物たちの生命力を教えてくれると思います。
エゾシカの親子の様子が、共感ポイントでしょうか。
小学生くらいから、冬を生き抜く姿を感じ取ってほしいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 春のこぐまたち  投稿日:2020/05/07
とびだせにひきのこぐま
とびだせにひきのこぐま 作・絵: 手島 圭三郎
出版社: 絵本塾出版
題名に躍動感があり、思わず手に取りました。
冬ごもり中の穴の中で生まれたこぐまたちの様子を描いてあります。
主軸は、母ぐまと二匹のこぐまたちのエピソードですが、
まさしく子育て中のあるあるみたいで共感できました。
キツネやウサギなどの様子をまねるこぐまたちが愛らしいです。
まさに、学び。
母ぐまのまなざしも感じられます。
印象的な春の蝶がそっと見守っているようですね。
雪解けの光景も、素敵なエピソードです。
小学生くらいから、版画が描き出す、生き物たちの世界、感じてほしいです。
参考になりました。 0人

5745件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

あしたがきらいなウールの背中を押してくれた奇跡の夜

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット