キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

5201件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う おじいさんのバイオリン弾きとミツバチの交流  投稿日:2018/11/16
ミツバチぎんの おくりもの
ミツバチぎんの おくりもの 作: 西本 鶏介
絵: おぐら ひろかず

出版社: 鈴木出版
おじいさんのバイオリン弾きとミツバチの交流を描いた作品です。
おしりに銀色の線があるので、ミツバチの名前はぎん。
バイオリン弾きをまねて、羽でバイオリンの音を出せるようになるのですね。
その練習の原動力が、短い命の残りをかけて、
お世話になった花たちにお礼の音楽を届けたいとのこと。
その誠実な生き方に感銘を受けました。
ところが、志半ばにぎんは死んでしまいます。
その死因もまた、ぎんの生き方そのもの。
でも、その遺志は、バイオリン弾きによってかなえられるのですね。
音楽が取り持つ交流が力強くもあります。
小学生くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 魔法がかけられた楽器の音色  投稿日:2018/11/16
いたずらトロルと音楽隊
いたずらトロルと音楽隊 作: アニタ・ローベル
訳: 安藤 紀子

出版社: ロクリン社
『THE TROLL MUSIC』が原題。
アーノルド・ローベルの奥様にによる作品です。
旅回りの音楽隊が、ある日、トロルのいたずらにより、
楽器に魔法をかけられてしまうのですね。
チューバ、トロンボーン、チェロ、トランペット、フルート。
それぞれ、動物の音色になるなんて愉快です。
もちろん、魔法を解いてもらうために知恵を働かせますが、
意外な解決策がほほえましいです。
トロルは、ヨーロッパに伝わる魔物ですが、
この作品では、意外に人間に近く、小人のような造形です。
しかも、家族持ち。
そして、奥さんに頭が上がらないのは、古今東西一緒なようで。
やや長いおはなしですが、音楽の楽しさが伝わってきます。
小学生くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 音楽の本質?  投稿日:2018/11/16
キュッパのおんがくかい
キュッパのおんがくかい 作: オーシル・カンスタ・ヨンセン
訳: ひだに れいこ

出版社: 福音館書店
ノルウェーの作家による作品。
なんと主人公は丸太の男の子。
家族や友だちも丸太やモミの木。
この発想がとても新鮮でした。
ある日、音楽に興味のありそうなキュッパの姿を見て、
おばあちゃんが、音楽隊を紹介してくれるのですね。
でも、意外に楽器は難しかったようで。
音楽の世界の現実も垣間見えます。
キュッパも試行錯誤の末、いろいろなことを学んだようです。
最後には、音楽の本質も考えさせられます。
細かく描かれた絵は、情報量満載です。
小学生くらいから、じっくり楽しんでほしいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい へえ それで?の声に負けず  投稿日:2018/11/15
コーネリアス
コーネリアス 作: レオ・レオニ
訳: 谷川 俊太郎

出版社: 好学社
『CORNELIUS』が原題。
たってあるいた わにの はなし、が副題です。
生まれた時から立って歩いていた、わにのコーネリアス。
当然、仲間とは視野が違うのですが、
それをみんなに訴えても「へえ それで?」で終わり。
そこで、コーネリアスは旅立ち、さるに出会うのですね。
またまた新しい技を取得し、再び仲間に自慢しますが、反応は同じ。
でも・・・。
自分の感覚を大切に生きるコーネリアスの姿が、清々しいです。
当然、援助者を引き寄せますね。
ラストの微笑みは意味深ですが、自信にもなったでしょうね。
意外に奥の深いおはなし。
小学校高学年以上の方が、滋味深く読みこめると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい お兄ちゃんになる気持ち  投稿日:2018/11/13
ぼくのばしょなのに
ぼくのばしょなのに 作: 刀根 里衣
出版社: NHK出版
刀根さんが描く、子ペンギン、やはり素敵です。
ククーは、パパとママのお腹の下がお気に入り。
でも、新しい卵に、その場所を取られて、すねるのですね。
そう、これは、お兄ちゃんの試練ストーリー。
お兄ちゃんになる気持ちが伝わってきます。
でも、パパとママは、上手になだめますよ。
ちょっとした子育てのヒントかもしれませんね。
どんどんほぐれていく、ククーの様子もほほえましいです。
溢れんばかりの愛情にほっこり。
親子ともに幸せ気分になれると思います。
幼稚園児くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 眠りへ  投稿日:2018/11/13
おばけとおやすみ
おばけとおやすみ 作: 新井 洋行
出版社: くもん出版
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
参加型のおやすみ絵本です。
いつものおばけたちが、おばあちゃんの家にお泊りに行き、
いろいろな物を寝かせる趣向ですね。
なでたり、揺らしたり、あくびをしたり・・・。
特別な仕掛けでもないのに、毛布を掛けるシーンが、
なかなかドラマティックです。
当の本人たちを寝かせるのは、手ごわいですが、
なるほど、そう来ましたか。
やはり子どもの寝顔は、なにより、幸せ感いっぱいですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う いすストーリー  投稿日:2018/11/12
いすちゃんです。
いすちゃんです。 作: とよた かずひこ
出版社: 童心社
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
子どもたちにも身近ないすストーリーといったところでしょうか。
地味な存在のいすですが、とよたさんにかかると、ほら、
こんな愛らしいキャラクターに。
そう、不動の存在ですが、意外にも、いろいろ交流があるのですね。
すいかは唐突ですが…。
中盤の、読み聞かせのシーンは、嬉しいです。
何より、絵本大好きなところがいいですねえ。
ややインパクトに欠けますが、いすとお友だちになるのにはいいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 素敵なスキンシップ  投稿日:2018/11/11
パンダおやこたいそう
パンダおやこたいそう 作: いりやま さとし
出版社: 講談社
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
かわいいパンダの親子と一緒に、思わず親子体操したくなります。
まるでヨガのように、タケノコや花火を模した動きをします。
どれもイメージしやすくて、楽しそうですね。
最後には、だんごむしのおまけも。
これは、この時期ならでは、この時期しかできない貴重なポーズ。
そう、このスキンシップ、大切にしたいものです。
なにより、この親子パンダがたまらなくかわいいのが素敵です。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 瑞々しい木版画  投稿日:2018/11/10
くだもの ぱくっ
くだもの ぱくっ 作: 彦坂 有紀 もりと いずみ
出版社: 講談社
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
リアルな果物が登場し、食べやすくして、ぱくっという趣向です。
どの果物も瑞々しく、木版画というのが信じられません。
添えられたオノマトペも、軽快で楽しいです。
ラストはお楽しみ。
これは意外でしたが、美味しそうです。
シンプルだけに、そのリアリティが光ります。
良質のアート作品とも言えると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 意外に相性がいい  投稿日:2018/11/08
へんしんおてんき
へんしんおてんき 作・絵: あきやま ただし
出版社: 金の星社
へんしんシリーズ16作目!?
なんと、果敢にも、天気予報にチャレンジのようですね。
意外に相性がいいので、びっくり。
なるほど、オノマトペを活用したのはナイスアイデア。
マルコ・ポーロネタはやや苦しいですが、納得です。
夕焼けは意外な美しさに感嘆。
満天の星空というフィナーレも、拍手です。
お天気というジャンルは意外に豊かであることを再認識しました。
冒頭の気象予報士、裏表紙では…。
さりげない遊び心、さすがあきやまただしさん!
参考になりました。 0人

5201件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『にんじゃかぞえうた ひみつのてがみじゃ!』 さいとうしのぶさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット