もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

5148件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 役立たずじゃない  投稿日:2018/09/20
きりかぶ
きりかぶ 作・絵: なかや みわ
出版社: 偕成社
なかやみわさんの作品ということで手に取りましたが、
意外に奥の深いストーリーでびっくりしました。
みんなの役に立っていた老木が切られ、切り株になってしまうのですね。
役立たずになったと悲しむ切り株でしたが、
動物たちが、切り株ならではの利用方法を教えてくれるのです!
切り株の絶妙な表情がその心情をよく伝えてくれます。
最後の活用方法は、まあ、なんて素敵なんでしょう。
切り株としての誇りを感じさせるフィナーレに拍手!
そう、「人の役に立つ」ことの活力を感じさせてくれますね。
幼稚園児くらいから大人まで、滋味深く感じてくれると思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 詩を見る  投稿日:2018/09/20
みえる詩あそぶ詩きこえる詩
みえる詩あそぶ詩きこえる詩 作: はせみつこ
絵: 飯野 和好

出版社: 冨山房
ことばあそびのパフォーマーでもあるはせみつこさんが編んだ詩集。
詩ですから、声に出して耳で楽しむのが基本ですが、
題名に「みえる」を盛り込んでいるところが、本編の特徴でしょうか。
漢字を分解したり、文字を介して体感する世界があるような気がします。
それでも、ジャンルやインパクトは順不同。
頭はフル回転です。
漢字が好きな私にとっては、川崎洋さんの「かん字のうた」が印象的でした。
豊潤な感性の世界、じっくりと楽しんでほしいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う だるま大活躍  投稿日:2018/09/20
こぶたのブルトン あきは うんどうかい
こぶたのブルトン あきは うんどうかい 作: 中川 ひろたか
絵: 市居 みか

出版社: アリス館
運動会シーズンということで、小学校のおはなし会用にセレクト。
こぶたのブルトンが主人公ですが、
濃いキャラクターの仲間が繰り広げるドタバタ運動会です。
中でも、だるま(!?)のタカサキさんが大活躍です。
動物たちのキャラクターの中で、明らかに異質なのに、
その存在感に脱帽です。
入場行進、玉入れ、綱引き、パン食い競走、障害物競走、だるま送り。
もちろん、いちいち笑いどころが用意されています。
ズルもありますが、まあ、中川ひろたかさんですもの、
大目に見ましょうか。(笑)
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 科学絵本一歩手前(惜しい!)  投稿日:2018/09/20
きりかぶのたんじょうび
きりかぶのたんじょうび 作・絵: なかや みわ
出版社: 偕成社
『きりかぶ』のその後ですね。
そう、切り株と言えば、年輪。
ということで、動物たちに手伝ってもらって、年輪を数えてもらう趣向ですね。
みんなで苦労して数えるのが、見どころでしょうか。
年輪=年齢ということもわかりますね。
だからこその誕生日ネタ。
ただ、切り株の年齢はわかっても、もう年輪が増えることはないので、
科学絵本一歩手前(惜しい!)でしょうか。
それでも、年輪に親しむのにはいいかもしれませんね。
何はともあれ、、みんなに手伝ってもらい、祝ってもらう誕生日。
やはり素敵な光景だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 運動会の三年生競技  投稿日:2018/09/20
しゅくだいとびばこ
しゅくだいとびばこ 作・絵: 福田 岩緒
出版社: PHP研究所
小学三年生のしょうたの物語の児童書。
運動会の三年生伝統競技が跳び箱、ということで、
しょうたが苦手な跳び箱に奮闘するのですね。
そこに、転校生の寡黙なまさるくんも絡んでの、
小学生あるあるストーリーです。
跳び箱を飛べるようになるまでの努力の軌跡。
転校生や同級生をめぐる友情。
さらには、家族とのやりとり。
先生のフォローも滋味深いです。
程よい分量で、低学年が一気に読み切れると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ケンカできる友だちがいるということ  投稿日:2018/09/20
きりかぶのともだち
きりかぶのともだち 作・絵: なかや みわ
出版社: 偕成社
『きりかぶ』の続編。
切り株として再スタートしたものの、またネガティブ思考になっています。
なるほど、視点が下がると、見える景色も違うのですね。
ところが、ある日、近くにタンポポが咲き、喜んだのもつかの間、
ケンカ仲間に。
それでも、やっぱり存在が気になるもの。
タンポポの変化に、切り株の感情もクルクル変わります。
切り株の表情が何ともいえません。
もちろん、再会しても、両者の仲は変わりませんが、
ケンカできる友だちがいるということのありがたさが、
そこここに感じる事ができますね。
これもなかなかの友情。
幼稚園児くらいから大人まで、共感できると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 色を触る  投稿日:2018/09/19
デコボコえほん あか あお きいろ
デコボコえほん あか あお きいろ 作: グザビエ・ドゥヌ
出版社: 小学館
乳児・小さい子向けおはなし会用にセレクト。
フランス生まれの赤ちゃん絵本で、洗練された色彩やデザインに納得です。
題名の通り、様々な色彩が登場します。
しかも、その色彩にちなんだアイテムが、
厚紙切り抜きでシンプルに浮き出る仕組みです。
左右一対であったり、ややアレンジしてあったり。
注目は、その触感が、なだらかで優しいこと。
耐久性との絶妙なバランスが素晴らしいです。
見せ方もいろいろあって、読者がいろいろ会話できそうです。
まさに、色を触る、でしょうか。
アートとしてもクオリティが高く、ディスプレイとしても通用しそうです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 躍動する言葉  投稿日:2018/09/18
おどる詩あそぶ詩きこえる詩
おどる詩あそぶ詩きこえる詩 編: はせみつこ
絵: 飯野 和好

出版社: 冨山房インターナショナル
ことばパフォーマンスでご活躍の作者が編集した詩集。
実は、ここに収録されている、阪田寛夫さんの「お経」を検索していてヒット。
おはなし会で、おりんの演出もして大喝采だったのです。
お経風に音読すると、本当にぴったりなのです。
特に統一したテーマもなく、さながら、総合ステージという印象です。
有名な詩人もいれば、子どもの詩も混在して、
バラエティー番組のようなにぎやかさです。
でも、詩の楽しさが伝わってくると思います。
そう、「おどる」と評されているように、詩を楽しむ詩集。
飯野さんも、のびやかな絵で盛り上げていますね。
言葉遊びのおはなし会の時の時間調整に
いくつかピックアップしてもいいかもしれませんね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 言葉を楽しむ  投稿日:2018/09/18
しゃべる詩あそぶ詩きこえる詩
しゃべる詩あそぶ詩きこえる詩 作: はせみつこ
絵: 飯野 和好

出版社: 冨山房
題名が面白いですね。
音読すると、「しゃべるし、あそぶし、きこえるし」。
そうなんです。
詩を言葉として感じようと編まれた詩集。
ことばパフォーマンスのアーティストとして活躍するはせみつこさんによる編集です。
谷川俊太郎さん、まど・みちおさん、阪田寛夫さん、北原白秋さんなどなど。
一流の詩人たちの言葉を楽しむことができますね。
立原えりかさん、井上ひさしさん、与謝野晶子さんなどの詩もあってびっくり。
やはり耳を澄ませて感じたいです。
音読は、やや難しいものもありますが、いい滑舌の練習にもなりそうです。
内容は、不思議な感性がいっぱいあり、
その視点の豊かさにびっくりです。
頭もフル回転しそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 一人旅の実話  投稿日:2018/09/18
エマおばあちゃん、山をいく アパラチアン・トレイルひとりたび
エマおばあちゃん、山をいく アパラチアン・トレイルひとりたび 作・絵: ジェニファー・サームズ
訳: まつむら ゆりこ

出版社: 廣済堂あかつき
『GLANDMA GATEWOOD』が原題。
1955年、全長3500qのアパラチアン・トレイルを達成した、
67歳のエマ・ゲイトウッドの実話です。
地図のイラストが得意な画家による作品なので、ルートの詳細な地図も楽しむことができますね。
農場での子育てや家事、農作業が一段落したエマ。
かねて希望していた、アパラチアン山脈の踏破に出かけるのですね。
約5カ月の旅は、意外に軽装備でびっくりです。
でも、今までの経験が、旅に生きているという所もすごいです。
何より、孤独の楽しみを目の当たりにします。
体重も減り、足も腫れ上がっていても、トレイルの魅力を損なうことがなかったようですね。
実話絵本として、小学校高学年くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

5148件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

そらから「ぼふ〜ん」と落ちてきたのは巨大なホットケーキ!

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット