くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

ジョージ大好きさんの公開ページ

ジョージ大好きさんのプロフィール

ママ・40代・愛知県、男の子9歳

ひとこと
絵本を探すとき、じっくりみて確認するのではなく、パッと選んであえてお話の内容は確認しません。ペラペラ〜っと絵だけを確認してます。

そのほうが親子一緒に「初めて」読めるからです。時には好みじゃないタイプのものに遭遇することもありますが、それも出会い。

調べこんでから探すと、新しい出会いはありませんから。

おかげで幅広い種類のお話に出会いました。
ブログ/HP
みなさんに絵本の良さを知ってほしいため、ブログをはじめました。
感想を書いたり、その作者の情報などを載せたりしています。
忙しいママさんたちでも簡単に読めるよう、簡潔にまとめてますから
ぜひ見てくださいね。

ジョージ大好きさんの声

3763件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 楽しくしましょう  掲載日:2018/6/18
くろくまくん ぴかぴか はみがき
くろくまくん ぴかぴか はみがき 作・絵: たかい よしかず
出版社: くもん出版
はみがきって子供にとって

めんどうなものでしょうか・・・。

楽しくて好きという子が

羨ましいです。

我が子にも小さい頃

このテーマの絵本を

たくさん読みましたが、

意外と響かないものです。

たくさんこういう絵本を読んで

身近なものにしていきたいと思います。

シンプルな絵本ですが、

くろくまくんのキャラクターがかわいくて

親しみやすいです。

参考になりました。 0人

なかなかよいと思う なんでしょう・・・・。  掲載日:2018/6/18
うし
うし 詩: 内田 麟太郎
絵: 高畠 純

出版社: アリス館
なんでしょう、読み終わってからの

この気持ち・・・・。

とてもおもしろく単純で

心に響きますが、

でもなんだそれ!!って

つっこみたくなります。

小さい子は喜ぶでしょうね。

大きくなってしまうと、何それ?って

なってしまいますが・・・。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おもしろい  掲載日:2018/6/18
いっぽんばしわたる
いっぽんばしわたる 作: 五味 太郎
出版社: 絵本館
ただただいろんなものが

いろんなわたりかたをする。

それだけと言えばそれだけですが、

なぜかおもしろいです。

文字もすくなく説明のような

ものですが、読み方を工夫すれば

楽しいと思います。

最後は見事なオチ、ですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う いいお話  掲載日:2018/6/18
てがみをください
てがみをください 作: 山下 明生
絵: むらかみ つとむ

出版社: 文研出版
最初読み始めたときの気持ちから

読み終わるまでの気持ちの変化が

すごく感じれる絵本でした。

良好ではなかったかえると男の子の関係が

すこしずつよくなっていき、いよいよという時は

すでに遅しでした。

かえるくんはどこにいるんでしょう。

こんなに切ない終わり方なんて

すこく胸がいたいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 大丈夫かな・・・。  掲載日:2018/6/18
もしも ねこが サーカスに いったら
もしも ねこが サーカスに いったら 作: 石津 ちひろ
絵: ささめや ゆき

出版社: 講談社
もしもねこがサーカスにいったら

というタイトルおもしろいですね。

お話もすごくおもしろいです。

サーカス団に入ったらねこはどうなるか。

うまくいくのかいかないのか。

はい、全然うまくいきません。

見事に失敗ばかりでおもしろいです。

気楽なねこのままがいいと思うよ。

公園で遊んでいるねこが

一番よかったです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 短いお話です  掲載日:2018/6/18
バーバパパのさんごしょうたんけん
バーバパパのさんごしょうたんけん 作: アネット・チゾン タラス・テイラー
絵: アネット・チゾン タラス・テイラー
訳: 山下 明生

出版社: 講談社
短いお話です。

海の中にみんなで入るお話です。

いぬのロリータだけは危ないので

ダメだと言われましたが、

バーバズーが手助けしてくれたので

入りました。

でもルールを守れなかったので

とっても痛い目にあっていました。

そういうお話です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 食べたいカレー!  掲載日:2018/6/18
ラージャのカレー
ラージャのカレー 作・絵: 国松エリカ
出版社: 偕成社
めちゃくちゃおいしそうなカレーです。

白身魚とココナッツ、それにあったスパイスを

入れて完成。

そんなの自分の家ではまず食べられませんから

とっても気になります。

ラージャのカレーは雷や雨まで降らし

すごいパワーですね。

朝からみんなでカレー、おいしそうでした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う いいお話です  掲載日:2018/6/18
コレットちゃんは おかあさん
コレットちゃんは おかあさん 作・絵: フランソワーズ
訳: ないとうりえこ

出版社: 徳間書店
一人で住んでいるコレットちゃんは

さびしかったのでいろんな生き物の

おかあさんになることにしました。

いろんな生き物を大事にして

お世話をすることはいいことだと思います。

増えてしまってお世話が困難になっても

捨てずにみんなでわけてお世話をする。

素晴らしいと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おもしろかった  掲載日:2018/6/18
へんし〜んほうれんそうマン
へんし〜んほうれんそうマン 作: みづしま 志穂
絵: 原 ゆたか

出版社: ポプラ社
ぶたのポイポイがほうれんそうを食べたら

ほうれんそうマンに変身!

顔がピンクでマントが緑。

悪い奴をやっつけます。

その私は悪い奴とはかいけつゾロリ。

そう、このシリーズのキャラクター

だったんですね。

このシリーズもあわせて読んでみたいと

思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 楽しいです  掲載日:2018/6/18
まじょ子のこわがらせこうかんにっき
まじょ子のこわがらせこうかんにっき 作: 藤 真知子
絵: ゆーち みえこ

出版社: ポプラ社
人間の女の子とまじょ子が

交換日記をするお話です。

なぜかお互いに意地悪を書いたり

怖がらせることばかりで

あまり楽しそうに思えませんでしたが、

とっても仲がよかったです。

お互いの学校や普段の生活が

よくわかりおもしろかったです。

お話の内容はほぼ交換日記です。
参考になりました。 0人

3763件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

主役は、はたらく車。たのしい刺激がつまったしかけ絵本

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット