話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

TOP500

ジョージ大好き

ママ・40代・愛知県、男の子13歳

  • Line
ひとこと
絵本を探すとき、じっくりみて確認するのではなく、パッと選んであえてお話の内容は確認しません。ペラペラ〜っと絵だけを確認してます。

そのほうが親子一緒に「初めて」読めるからです。時には好みじゃないタイプのものに遭遇することもありますが、それも出会い。

調べこんでから探すと、新しい出会いはありませんから。

おかげで幅広い種類のお話に出会いました。

ジョージ大好きさんの声

4861件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う ほんとかな?  投稿日:2022/05/11
ほらふきカールおじさん ロシアのたび
ほらふきカールおじさん ロシアのたび 作: 斉藤 洋 高畠 純
出版社: 講談社
嘘みたいな本当のお話?!

いや、嘘かな?ほんとかな?

うーーんわからない。

でもありそうと言えばありそう、、、

いや、ありえないか?

ずーーっとそんな感じでした。

ロシアは雪がすごく寒いというところを

うまく捉えたお話だと思います。

とってもおろしろい、思わずニコニコしてしまう

そんな一冊です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う オススメです  投稿日:2022/05/11
偉人たちの最高の名言に田辺画伯が絵を描いた。
偉人たちの最高の名言に田辺画伯が絵を描いた。 著: 水野敬也
出版社: 朝日新聞出版
図書館で背表紙を見た時は

ただ偉人の名言が知りたくて手に取りましたが

表紙の絵を見てピーンときました。

絵が田辺誠一さんです。

うん、この安定した絵・・・

挿絵で描かれている絵が意外と似てる。

有名な偉人たちの名言の下に挿絵

ページをめくりその解説が書いてある

その下にも挿絵。

親子で楽しみながら読みました。

偉人たちのフルネームを知ることもできて

一石二鳥です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 気付こう!  投稿日:2022/05/09
やだやだパパやだ!
やだやだパパやだ! 文: 天野 慶
絵: はまの ゆか

出版社: ほるぷ出版
パパと留守番はいやだなー。

パパはテレビばっかりみるから、やだ!

パパ、一緒に遊んでくれないからやだ!

パパ、変な模様の服着るからやだ!

女の子のやだが止まりません。

そんなやだ!って言ってると

大変なことになっちゃうよ?!

パパにだっていいとこあるよ!

それに気づいてしまったら

すごく大好きになれるよ。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う シリーズで読んでみて!  投稿日:2022/05/08
そらから おちてきてん
そらから おちてきてん 作: ジョン・クラッセン
訳: 長谷川 義史

出版社: クレヨンハウス
ジョン・クラッセンのシリーズ

大好きな絵本です。

ぼうしシリーズ、かたちシリーズが大好きで

こちらも期待して読みました。

物語が短編?になっています。

お話自体はつながっています。

亀がなんとも頑固と言うか分からず屋というか。

アルマジロはいい味出してます。

そしておとなしいヘビも出てきます。

今回もまたお話の終わり方に

どういう意味があるのか考えてしまいました。

どういう意味なのかスッキリするまで

自分で考えたい終わり方でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 好きなシリーズ  投稿日:2022/05/07
ほしじいたけ ほしばあたけ いざ、せんにんやまへ
ほしじいたけ ほしばあたけ いざ、せんにんやまへ 作: 石川 基子
出版社: 講談社
大好きなこのシリーズ。

しわくちゃな干ししいたけ老夫婦

ほしじいたけ、ほしばあたけ

きのこむらのみんながぐったりとしているので

仙人山まで行って薬をもらいに行くことに。

一刻も早く欲しいのに、

仙人は酔っているようで眠ってしまいました。

水たまりに横たわるほしじいたけ

とたんにみずみずしい若者になるのが面白い。

ただ長くその格好でいられないのが残念。

ほしばあたけが若返る方が

私は大好きです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 本当にあるかも・・  投稿日:2022/05/07
カギ
カギ 作・絵: こばやし ゆかこ
出版社: 文溪堂
カギというよりは

鍵穴の中のお話でした。

鍵を無くしてしまったねこのふう太。

鍵がないと家に入れない。

鍵穴を除いていたら中から手が出てきて

ぐいっと引っ張られてしまいました。

鍵穴の世界はとても不思議。

絵の雰囲気は不思議な国のアリスみたいでした。

なくなった鍵たちここに集結しまています。

楽しくて帰りたくなくなったふう太。

早く鍵を見つけなきゃ。

このお話が人間ではなく猫の世界だから

本当にありそうだなと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う しょもう  投稿日:2022/05/04
もものすけのおさんぽ
もものすけのおさんぽ 作: やまち かずひろ
絵: 荒井 良二

出版社: 小学館
以前に、もものすけのあさごはんを読みました。

なのでもものすけシリーズを

他にも読みたいと思い図書館で予約したら

もものすけのあさごはんと全然違う大きさで

ちょっと驚きでした。

こちらの方が、話が長いというか

もう少し対象年齢は上だと思います。

3つお話が入っていましたが、

もものすけのキャラクター自体は変わってなくて

よかったなと思いました。

もものすけのおさんぽ

もものすけのおつかい

おやすみなさい、もものすけ

の3つが入っています。

「しょもう」

これがキーワードです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う いつまでも続く  投稿日:2022/05/01
おおきな やかたの ものがたり
おおきな やかたの ものがたり 作・絵: 青山邦彦
出版社: PHP研究所
館に住む人のお話ではなく

大きな館自身の物語です。

最初この館にはお金持ちの貴族が住んでいて

毎日盛大なパーティーが開かれていました。

そのことを館はとても誇りに思っていました。

時代が変わり住む人がいなくなり

街の片隅でひっそり佇んでいると

男の人がこのままではもったいないと言い、

ホテルに作り直されたのです。

時代が変わっても何度も変化していき

ずっと館は存在していました。

館の心の動きが

手に取るようにわかるお話でした。

その変化も感じてほしいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 楽しそうだな  投稿日:2022/05/01
ゆきのひのポンテ
ゆきのひのポンテ 作: オスターグレン 晴子
絵: せきぐちともこ

出版社: 福音館書店
ポンテシリーズの絵本です。

ポンテは犬です。

ポンテは雪を見た事がありません。

くんくんとにおいをかいだり

走り回ったり・・・

まるで小さい子と一緒ですね。

パパはかまくらを作っています。

みんなで雪を集めて中にろうそくを立てて・・・

中で食べているマシュマロ、おいしそうだな・・・
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 最高のお話  投稿日:2022/05/01
うさぎのおうち
うさぎのおうち 作: マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵: ガース・ウィリアムズ
訳: 松井るり子

出版社: ほるぷ出版
マーガレット・ワイズ・ブラウンと

ガース・ウィリアムズのコンビ。

最高の絵本だと思います。

動物の絵が本当に愛らしい。

まるで生きているかのように見えます。

うさぎのぼうやが

自分の家を探しに出かけましたが

なかなか見つかりません。

他の生き物が住んでいる場所に入ろうとすると

断られた中に入れません。

どこに行けば自分の家が見つかるかな?

最後のページの絵が癒されます。
参考になりました。 0人

4861件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット