新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
新刊
ようこそ こどものけんりのほん

ようこそ こどものけんりのほん(白泉社)

「子どもの権利」をイラストでやさしく学べる絵本

  • 学べる
  • 役立つ
  • ためしよみ
とっても なまえの おおい ネコ

とっても なまえの おおい ネコ

  • 絵本
作: ケイティ・ハーネット
訳: 松川 真弓
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2018年04月
ISBN: 9784566080331

26×20cm/32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

はなさき通りのネコは、とってもいそがしい! 3番地で朝ごはん、9番地でお茶、18番地で絵のモデル……行く先々で、ちがう名前で呼ばれています。ある日、ひとり暮らしのマレーさんとネコが出会って……。1匹のネコが人と人をつなぐ暖かな絵本です。

ベストレビュー

私の好みは「スナフキン」ですが……。

可愛いし、楽しいお話でした。猫好きにはたまらないですよね。
私の実家のある町はなぜだかやたらに猫が住んでまして、
飼い猫なのか、野良猫なのかわからない猫たちが町を闊歩しています。
彼ら独自のルートでいろんな家々を回っているので、たぶん、この絵本の「とってもなまえのおおいネコ」みたいに、いろんなところでいろんな名前で呼ばれているのじゃないかと思っています。
ちなみに実家によく顔を出す子は(実家の)父と(私の)娘で、呼んでんでいる名前が違います。

「とってもなまえのおおいネコ」のなかで、わたしはマダム・ベティの猫に対する猫かわいがり方が大好きですし、「スナフキン」という呼び名も好みでした。
最終的に名前は一つに決まったのかな?どうかなぁ?って、想像する楽しさを残してくれている終わり方も気に入ってます。

面白い作品ですが、テキストが吹き出しに入っているものが多いので、読みずらいです。
読み聞かせに使うなら、少人数の場所がお薦めです。
(てんぐざるさん 50代・ママ 女の子20歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,540円
1,540円
1,980円
2,860円
3,300円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,650円
2,310円
495円
385円

出版社おすすめ




『100にんのサンタクロース』好きなサンタさん投票TOP10結果発表!!

とっても なまえの おおい ネコ

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.71

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら