ロングセラー
じっちょりんのあるくみち

じっちょりんのあるくみち(文溪堂)

春のみち、下を向いて歩くのが楽しくなる絵本。

  • かわいい
  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ

なみ@えほんさんの公開ページ

なみ@えほんさんのプロフィール

その他の方・60代・大阪府

なみ@えほんさんの声

705件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 子どもから大人まで、みんな笑顔に  投稿日:2021/02/12
なぞかけどうじょう
なぞかけどうじょう 作: 中川 ひろたか
絵: 大島 妙子

出版社: 金の星社
とても楽しく読みました。わからないなぞかけもあって、読み終わった後、脳のふだん使わない部分をいっぱい使った感じがありました。脳トレにも良いですね。なぞかけが わかってもわからなくても、ページをめくると、答の後に広がる絵の世界がまた楽しい〜!

早速、20代の娘と60代後半の夫にも、読んでもらいました。やっぱり、若者の方が頭が柔らかいです。夫は、すぐに考えるのを放棄して先へ先へとページをめくってしまいます。それでも、読み終わった後、面白かった!と満足そうでした。

子どもから大人まで、みんなが笑顔になる絵本だと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 優しい心  投稿日:2021/02/11
ゆきのひのおくりもの
ゆきのひのおくりもの 作: ポール・フランソワ
絵: ゲルダ・ミューラー
訳: ふしみ みさを

出版社: 鈴木出版
『しんせつなともだち』(福音館書店)と読み比べたくて、図書館で借りました。単に訳者が違うだけかと思っていたら、作者は違い、また、絵はとても似ている!ものの 画家も違うという、ある意味、驚きのある絵本でした。

優しい心を育み、そして温かい気持ちになれる絵本です。繰り返しでストーリーが進んでいくので、小さい子どもさんもしっかり楽しめます。『しんせつなともだち』よりも口調が良く、最後の終わり方も私にはこちらの方がしっくりきました。子どもたちと一緒に読みたい絵本です。

ただ、絵や文章の量にくらべて版が小さく、全体的に窮屈な感じがして、そこが ちょっと残念だと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 誰のしわざ?  投稿日:2021/02/10
どこどこ こけし
どこどこ こけし 作: 山田 マチ
絵: 花山 かずみ

出版社: こぐま社
想像がどんどん広がっていって、発想が楽しい絵本でした。作者の方は頭が柔らかいですね。『てのりにんじゃ』『のんびりやのサンタクロース』と同じ作者と知り納得。そして、昭和生まれの私には、こけし、フランス人形、ちゃぶたい、茶箪笥、柱の状差し・・と、懐かしく温かい気持ちになった絵柄でした。

それにしても、なぜ こけしが いきなりいなくなる?なんで、座布団の下に?誰のしわざ?と目をこらしていましたが、裏表紙で、おや??と。あれは・・ですよね?
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 感度を上げていきましょう♪  投稿日:2021/01/26
そりゃあもう いいひだったよ
そりゃあもう いいひだったよ 作: 荒井 良二
出版社: 小学館
ぬいぐるみのクマくんがお出かけします。ちょっとした何もかもが嬉しくて、何かあるたびに、そりゃあもう!って感激するクマくん。幸せへの感度が高いんです。こちらまで嬉しくなって、そりゃあもう!!って気分です。

後ろの見返しの4コマ漫画は空白です。読んだ人それぞれが作者です。幸せの感度を上げて毎日、この4コマを埋めていきましょう。4コマ目はもちろん「そりゃあもういいひだったよ」です。それはもう、決まっています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 水の問題、まずは知ることから。  投稿日:2021/01/24
みずをくむプリンセス
みずをくむプリンセス 文: スーザン・ヴァーデ
絵: ピーター・H・レイノルズ
訳: さくま ゆみこ

出版社: さ・え・ら書房
 人を形作る黒い線、夜空の紺色、日中の乾燥した空気感、大地の茶色・・・。魅力的な絵で、女の子とその日常が描かれています。身近に水がない暮らし、生きるために遠いところまでの水汲み。

 今住んでいる日本で目の前のことだけを見ていたら知ることのない世界が、絵本の中に広がっています。アフガニスタンで用水路の建設に尽力された中村哲医師の活動とも繋がります。

 水の問題、まずは知ることから。学校の読み聞かせの時間などに読まれたらいいなと思います。

 ピーター・H・レイノルズさんは好きな絵本作家さんです。他の絵本もオススメです♪
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 思い出は、色とりどりのふうせん  投稿日:2021/01/22
とんでいった ふうせんは
とんでいった ふうせんは 作: ジェシー・オリベロス
絵: ダナ・ウルエコッテ
訳: 落合 恵子

出版社: 絵本塾出版
 表紙には男の子とおじいさんと犬。それぞれが色とりどりの風船を持っています。その風船は、実は彼らの思い出が詰まっているもの。だから、たくさん生きてきた人ほど たくさんの風船を持っているのです。男の子はおじいさんに次々に頼みます。いろんな色の風船の思い出を話して、と。

 人の思い出を風船に例え、年をとって昔を忘れることを風船を手放すことに例える。新鮮な、でも とても納得できる例えだと思いました。思い出によって色が違うのも素敵な発想です。

 年をとったおじいさんが次々に風船を手放していくのは悲しいけれど、子や孫が代わりに思い出を受け継ぐってこと、その思い出を今度はおじいさんと共有するということに温かい気持ちになりました。

 私はまだまだこれから、新しい綺麗な色の風船を増やしていきたいと思いました。そして、できれば、ずっと手放さなくてすみますように!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大好きな○○  投稿日:2021/01/21
虫ガール ほんとうにあったおはなし
虫ガール ほんとうにあったおはなし 作: マーガレット・マクナマラ ソフィア・スペンサー
絵: ケラスコエット
訳: 福本 友美子

出版社: 岩崎書店
 大好きな○○、寝ても覚めても○○、○○に夢中・・・。そんな○○がある人、自分の世界を持っている人の生き方、いいなぁと羨ましく思います。自分にとってもそんな○○があればいいなぁとも。

 ○○を持っている人を描いた絵本はたくさんあります。『あたまにつまった石ころが』、『雪の写真家ベントレー』、『化石をみつけた少女』『綱渡りの男』・・・。どれも大好きな絵本。これらの絵本リストにもう一冊加わりました。それがこの『虫ガール』!嬉しいです。
 
 他の人から変だって言われたっていいんです。その先にあるのは充実と満足のステキな人生のはず♪

 虫ガールソフィアちゃんのお母さんの行動力が素晴らしいですね。有名な「さかなクン」のお母さんの子育てとも通じると思いました。可愛い絵が親しみやすく、ストーリーの流れに沿って変化するソフィアちゃんの表情がすべてを物語っています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい のびのびと自由に♪  投稿日:2021/01/19
こんにちは!わたしのえ
こんにちは!わたしのえ 作: はた こうしろう
出版社: ほるぷ出版
 この絵本を読み終えたとき、何かから解放されたような爽快な気分になりました。なんて自由なんでしょう!!

 心の赴くままに思いっきり手を動かし体を動かして色とたわむれる。もっと、もっと・・・・。そうしたら、心も体もすっかり ごきげん。

 最初はちょっとこわごわで、ちょっと緊張気味の女の子が、絵を描き終えた時には力の抜けた柔らかな表情になっています。「あー、おもしろかった」って。

 子どもたちみんなが、時々はこんなのびのびとした時間を持てたらいいなぁと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おにぎりは 「いのち玉」  投稿日:2021/01/18
おにぎりをつくる
おにぎりをつくる 文: 高山なおみ
写真: 長野陽一

出版社: ブロンズ新社
 いま流行りの「食育」の絵本なんだなと思って軽い気持ちで手に取りました。我が家は、普段は5分づき米を鍋で炊きます。玄米や雑穀米の時もあります。なので、目にまぶしい白米やどーんと大きな炊飯器は私にとっては馴染まないものだなと思いながらページをめくりました。

 リズミカルな言葉と写真で分かりやすく丁寧におにぎりの作り方が載っています。これをよんでもらったら、きっと子どもたちはおにぎりを作りたくなるでしょう。

 そして最後、裏表紙の言葉にはっとしました。「子どもたちが、自分ひとりでもできるようにと思って、この絵本をつくりました」とありました。炊飯器で良かった。白米で良かった。

 義理の姉は、阪神大震災の時、震源地から少し離れていたので直接の大きな被害はなかったものの大きな揺れを経験しました。揺れが収まってからすぐにしたのは、お米をといでごはんを炊き、おにぎりを作ること。後日その話を聞いてから忘れられません。おにぎりがあれば、まず何とかなる。高山さんの「おにぎりは いのち玉」という言葉と通じますね。

 読んで、作って、食べて、完結する絵本です。子どもさんと読んだら、ぜひ体験させてあげてほしいなと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う なぜ怒られたのか?  投稿日:2021/01/18
こどもかいぎ
こどもかいぎ 作: 北村 裕花
出版社: フレーベル館
 楽しくて親しみやすい絵が好きです。この絵本を読んで二人の娘を育てていたときのことを思い出しました。
 
 私はどちらかというと優しいお母さんだったと自分では思っていますが(笑)、それでもよく怒りました。もちろん娘の成長を思ってのことですが・・・。

 いつまでも「ごめんなさい」を言わないので、怒り続けるしかなくて、「はやくあやまってよ〜。そしたら終われるのに〜」と思いながら怒り続けたことも記憶にあります。

 ただ今、冷静に考えると娘には娘の言い分があって、でもそれを言えなかったのかもしれません。(怖すぎて?ゴメン)子どもは弱い立場なのです。

 「怒られた」=「子どもが悪い、まちがっている、あやまらないといけない」とは必ずしも言えないのではないでしょうか。なので、この絵本での「怒られた」→「どうやってあやまるか」という一直線の構図にちょっと、疑問を感じました。悪いことをしたから、大事な決まりやお約束を守らなかったから怒られる、という理由が最初に示された方が、納得してストーリーに入れたと思います。

 でも「ぎゅっ」はなかなか良い作戦ですね♪
参考になりました。 0人

705件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【ひさかたチャイルド】

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…
  • しぜんのおくりもの
    しぜんのおくりもの
     出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
    『あおのじかん』の作者のスケッチ集。心ひかれる昆虫や動物や植物、自然からの崇高なおくりもの。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット