アザラシのくる海 アザラシのくる海
作・絵: マイケル・フォアマン 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
岩のあいだに何か動くものを見つけた……アザラシだった。少年とアザラシの不思議な友情。
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

友情
少年の足が不自由なのは、問題にしていな…

児童書をえらぶ

  • すべて
  • 低学年
  • 中学年
  • 高学年
  • 中学生〜
  • 文庫

はじめて読み物の世界へ入っていく子ども達と、いつも面白い本を探している小学生や中高生の皆さん、また子ども達の身近にいる全ての大人の方へ。ワクワクがいっぱい、どこまでも豊かに広がる児童読み物の世界を、さまざまな切り口から分かりやすく紹介していきます。

シリーズPick up!

  • 「寺村輝夫・ぼくは王さまの本」シリーズ
  • 「おはなしいちばん星」シリーズ
  • 「守り人」シリーズ

児童書の作家さんPick up!

  • 角野 栄子

    1935年東京都生まれ。早稲田大学教育学部英語英文科卒業。日本福祉大学客員教授。1984年に路傍の石文学賞を受賞。「おおどろぼうブラブラ氏」(講談社)でサンケイ児童出版文化賞大賞、「魔女の宅急便」(福音館書店)で野間児童文芸賞と小学館文学賞を受賞。絵本に「ケンケンとびのけんちゃん」(あかね書房)、「ぼくびょうきじゃないよ」(福音館書店)、童話に「ちびねこチョビ」(あかね書房)など作品多数。

    おすすめ

  • 岡田 淳

    『放課後の時間割』で日本児童文学者協会新人賞、『学校ウサギをつかまえろ』で同協会賞、『雨やどりはすべり台の下で』でサンケイ児童出版文化賞、『扉の むこうの物語』で赤い鳥文学賞、「こそあどの森」シリーズで野間児童文芸賞受賞。『二分間の冒険』は... 続きをみる

    おすすめ

    二分間の冒険

  • ロアルド・ダール

    1916〜1990年。イギリスの作家。サウス・ウェールズに生まれ、パブリック・スクール卒業後、シェル石油会社の東アフリカ支社に勤務。第二次大戦が始まると、イギリス空軍の戦闘機パイロットとして従軍したが、不時着し、長く生死の境をさまよった。戦... 続きをみる

    おすすめ

    チョコレート工場の秘密

  • 富安 陽子

    1959年、東京に生まれる。日本の風土にねざした神話や伝承をいかした和製のファンタジー作品を数多く発表している。『クヌギ林のザワザワ荘』により日 本児童文学者協会新人賞、小学館文学賞、「小さなスズナ姫」シリーズにより新美南吉児童文学賞、『空... 続きをみる

    おすすめ

    シノダ! (1) チビ竜と魔法の実

  • 安房 直子

    1943年、東京都生まれ。日本女子大学国文科卒業。在学中より山室静氏に師事、「目白児童文学」「海賊」を中心に、かずかずの美しい物語を発表。『さんしょっこ』第3回日本児童文学者協会新人賞、『北風のわすれたハンカチ』第19回サンケイ児童出版文化... 続きをみる

    おすすめ

    ハンカチの上の花畑

児童書レビュー Pick up!

  • 思いやりって・・・無償の愛

    5.0

    大好きながまくんとかえるくんのシリーズ。 なかでも「おちば」はとても好きなエピソードです。 「庭に積もった落ち葉を内緒で掃除してあげたら喜ぶぞ」 と、お互いが留守のうちにお互いの家の庭を掃除します。 同時に相手が自分の庭を掃除し...続きを読む

  • 関西弁の詩

    4.0

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    主人公の男の子が作る詩がどんどん上達していきます。 自分の言葉で、おもしろい視点で書いていきます。 でも、先生には誉められません。 う〜ん、先生に問題ありですね。 いつも誉められる女の子のことを、お母さんが「大人にうけるつぼを知...続きを読む

出版社おすすめ


全ページためしよみ
サイン本販売中