ポカポカフレンズのおでかけ布えほん・のりもの おでかけプップー ポカポカフレンズのおでかけ布えほん・のりもの おでかけプップー
イラスト: さつき ねむ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
かわいい「おでかけ布えほん」が出来ました!シャカシャカ、リンリン、楽しい音がいっぱい♪

児童書をえらぶ

  • すべて
  • 低学年
  • 中学年
  • 高学年
  • 中学生〜
  • 文庫

はじめて読み物の世界へ入っていく子ども達と、いつも面白い本を探している小学生や中高生の皆さん、また子ども達の身近にいる全ての大人の方へ。ワクワクがいっぱい、どこまでも豊かに広がる児童読み物の世界を、さまざまな切り口から分かりやすく紹介していきます。

シリーズPick up!

  • 「寺村輝夫・ぼくは王さまの本」シリーズ
  • 「おはなしいちばん星」シリーズ
  • 「守り人」シリーズ

児童書の作家さんPick up!

  • 斉藤 洋

    1952年東京都生まれ。中央大学大学院文学研究科修了。現在、亜細亜大学教授。『ルドルフとイッパイアッテナ』で講談社児童文学新人賞、『ルドルフとも だちひとりだち』で野間児童文芸新人賞を受賞。1991年、路傍の石幼少年文学賞を受賞。おもな作品に「白狐魔記」シリーズ、「イーゲル号航海記」シリー ズ、『ジーク』『ひとりでいらっしゃい 七つの怪談』『アルフレートの時計台』『遠く不思議な夏』など多数。

    おすすめ

  • 安房 直子

    1943年、東京都生まれ。日本女子大学国文科卒業。在学中より山室静氏に師事、「目白児童文学」「海賊」を中心に、かずかずの美しい物語を発表。『さんしょっこ』第3回日本児童文学者協会新人賞、『北風のわすれたハンカチ』第19回サンケイ児童出版文化... 続きをみる

    おすすめ

    ハンカチの上の花畑

  • 角野 栄子

    1935年東京都生まれ。早稲田大学教育学部英語英文科卒業。日本福祉大学客員教授。1984年に路傍の石文学賞を受賞。「おおどろぼうブラブラ氏」(講談社)でサンケイ児童出版文化賞大賞、「魔女の宅急便」(福音館書店)で野間児童文芸賞と小学館文学賞... 続きをみる

    おすすめ

    魔女の宅急便

  • 富安 陽子

    1959年、東京に生まれる。日本の風土にねざした神話や伝承をいかした和製のファンタジー作品を数多く発表している。『クヌギ林のザワザワ荘』により日 本児童文学者協会新人賞、小学館文学賞、「小さなスズナ姫」シリーズにより新美南吉児童文学賞、『空... 続きをみる

    おすすめ

    シノダ! (1) チビ竜と魔法の実

  • アストリッド・リンドグレーン

    1907〜2002年。スウェーデンのヴィンメルビューに生まれる。田園地帯の小さな農場で4人兄弟の長女として、幼い頃から大自然とともに幸福な子ども時代を過ごしたという。1944年『ブリット・マリはただいま幸せ』(徳間書店)で出版社主宰の少女コ... 続きをみる

    おすすめ

    長くつ下のピッピ

児童書レビュー Pick up!

  • 表紙変わったんですねー。

    5.0

    • ほーほーさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子4歳、女の子0歳

    このシリーズ大好きでした。表紙が人形だったんですけど変わったんですね。昔のままのものも出てほしいな。  赤ちゃんのモモちゃんにガムやにんじんさんが、食べて!とやってくるお話が一番好きでした。まだ娘たちには読んでいないけれど、きっと大好きに...続きを読む

  • 5.0

    • ヤキングさん
    • 20代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子3歳、

    仲間の一人の祖母が死んだ。 そこから死んだ人が見てみたい!という衝動に駆られた小学生がおじいさんを見張ることに。 最初はいつ死ぬ、早く死ねと考えていたであろう少年たちが・・・ 以前は庭は荒れ放題、ごみも捨てずに悪臭を漂わせていたの...続きを読む

出版社おすすめ


全ページためしよみ
サイン本販売中