いしゃがよい いしゃがよい
作・絵: さくらせかい  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
からだの弱いパンダとエンおじさんの温かいお話
みちんさんさん 30代・ママ

ずっとなかよし
エンさんは、パンダのファンファンととっ…

児童書をえらぶ

  • すべて
  • 低学年
  • 中学年
  • 高学年
  • 中学生〜
  • 文庫

はじめて読み物の世界へ入っていく子ども達と、いつも面白い本を探している小学生や中高生の皆さん、また子ども達の身近にいる全ての大人の方へ。ワクワクがいっぱい、どこまでも豊かに広がる児童読み物の世界を、さまざまな切り口から分かりやすく紹介していきます。

シリーズPick up!

  • 「グレッグのダメ日記」シリーズ
  • 「こそあどの森の物語」シリーズ
  • 「守り人」シリーズ

児童書の作家さんPick up!

  • プロイスラー

    1923年ボヘミア(現在のチェコの北西部)生まれ。第二次大戦後ドイツ南部に移り、小学校教師・校長を務める。’70より執筆に専念し、全業績に対し国際アンデルセン賞作家賞推薦を受ける。代表作に《大どろぼうホッツェンプロッツ》シリーズ、『クラバート』などがある。2013年逝去。

    おすすめ

  • エヴァ・イボットソン

    1925年、ウィーンに生まれる。幼年期に両親の離婚を経験。8歳の頃、ナチスの台頭によってイギリスに移住。生理学を学び、昆虫学者の夫と結婚したあと 作品を書きはじめた。『夢の彼方への旅』でスマーティーズ賞金賞を受賞。幽霊や魔法使いが登場するフ... 続きをみる

    おすすめ

    おいでフレック、ぼくのところに

  • 角野 栄子

    1935年東京都生まれ。早稲田大学教育学部英語英文科卒業。日本福祉大学客員教授。1984年に路傍の石文学賞を受賞。「おおどろぼうブラブラ氏」(講談社)でサンケイ児童出版文化賞大賞、「魔女の宅急便」(福音館書店)で野間児童文芸賞と小学館文学賞... 続きをみる

    おすすめ

    魔女の宅急便

  • 森山 京

    1929年東京都生まれ。広告会社でコピーライターとして活躍後、童話の創作をはじめる。『きいろいばけつ』『つりばしゆらゆら』などの「きつねのこ」シリーズ(あかね書房)で路傍の石幼少年文学賞、『あしたもよかった』(小峰書店)で小学館文学賞、『ま... 続きをみる

    おすすめ

    きつねの子(1) きいろいばけつ

  • さとうまきこ

    1947 年、東京に生まれる。上智大学仏文科中退。1973年、ベトナム戦争の脱走兵と少女の交流を描いた「絵にかくとへんな家」で日本児童文学者協会新人賞を受賞。1982年思春期の少女の繊細な心を描いた「ハッピーバースデー」で野間児童文芸推奨作... 続きをみる

    おすすめ

    9月0日大冒険

児童書レビュー Pick up!

  • おいもだいすき

    5.0

    書評などを参考にそろそろ絵本から童話へということで購入しましたが、食いしん坊の息子にとっておおきなおおきなおいもで天ぷらに焼き芋に大学いもを作って食べるというところに大変魅かれたよう。また、ページ数のわりに文字数が少ないので数回読んであげる...続きを読む

  • SF小説のハシリ。ドキドキします。

    5.0

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    前から気になっていましたが、やっと読みました。 すっごく良かったです。 読み終わってからしばらく気持ちがその世界に浸ってしまいました。 アリソン・アトリーの作品は先に『グレイ・ラビット』のシリーズを読んでいたので、物語の切り込みの...続きを読む

出版社おすすめ


全ページためしよみ
サイン本販売中