わたしは だあれ? わたしは だあれ? わたしは だあれ?の試し読みができます!
文: まつもと さとみ 絵: わたなべさとこ 構成: うしろ よしあき  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
100人の保育士さん推薦! 子どもと読んだら100倍ハッピー!
しいら☆さん 50代・その他の方

楽しい遊びに展開できる絵本
やさしいタッチの絵本だなぁ〜 と、図…

hime59153さんの公開ページ

hime59153さんのプロフィール

ママ・40代・三重県、男の子7歳

hime59153さんの声

635件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 思ったように展開するお話ですが・・・  投稿日:2019/01/22
すてきなプレゼント
すてきなプレゼント 作・絵: またの あつこ
出版社: 文溪堂
ある日、どこからか届いたプレゼント。
わくわくして楽しみにしているブタさんやうさぎさん。
素直に喜ぶかえるさん。
つまらないものだと思っているくまさんやきつねさん。

そう思った通りに事が展開し、ラストも自分が思った通りの展開が待っています。
読んでいて、言霊ってあるのだなと感じさせられました。

何かが起こった時に、ポジティブにとらえるか、ネガティブになるのかで、その後の流れがずいぶん変わってきます。
何でも悪い方に考えるのではなく、ポジティブに楽しもうよ! 
そう訴えかけているように思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 人間の温かさを感じるお話  投稿日:2019/01/22
つちにゅうどう
つちにゅうどう 作・絵: 川端誠
出版社: 文化出版局
村が飢饉で困っている時に生まれた、異形の姿の赤ちゃん。
夫婦は誰にも言えずに悩んでいたけれど、村の人達は赤ちゃんの姿を見て、驚きはしたけれど、夫婦を非難したりはしなかった。
その様子が、いかに村全体が普段から仲が良く、お互いを大事にしているか、というのが窺えました。

わき水のお山は赤ちゃんに細工をしたのだろう、とありましたが、お山はきっと村人達の様子をいつも見ていて、この人達なら助けてあげる甲斐があると思ったのではないかなと思いました。

人を大切にする気持ちが大事だというのが分かるお話でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大人気シリーズ!  投稿日:2019/01/22
おしりたんてい みはらしそうの かいじけん
おしりたんてい みはらしそうの かいじけん 作: トロル
出版社: ポプラ社
いつもながらくすっと笑ってしまう、おしりたんていのシリーズです。

コアラちゃんが今回も正義感が強くて、ぐいぐい引っ張ってるところが凄いなぁなんて思いました。

テレビアニメにもなりましたが、もしかしたら、アニメを見てから読むと、分かりやすいのかなと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 見ていてすごく楽しいです  投稿日:2019/01/22
るるぶ 地図でよくわかる都道府県大百科
るるぶ 地図でよくわかる都道府県大百科 出版社: JTBパブリッシング
一見すると旅行ガイドブックを見ているかのようです。
とにかく写真満載で、見ているだけで楽しい!
ガイドブックとして読んでいるだけでもいいように思えるほど、図鑑や資料集のような印象はありません。

それでいて、県ごとの紹介はちゃんとありますし、交通網の紹介や産業、山脈などの地形の紹介もあり、随所に工夫を感じます。

大人が読んでも読み応えのある一冊です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う イソップらしいお話です  投稿日:2019/01/21
イソップえほん アリとハト
イソップえほん アリとハト 作: 蜂飼 耳
絵: 水沢 そら

出版社: 岩崎書店
イソップらしい、1対1の生き物の話。
内容は『ライオンとネズミ』に似ています。

アリが溺れてしまって困っているところに、1枚の葉っぱを落としてやるハト。
一見追い打ちをかけているようで、優しくないな・・・と思っていたのですが、それで助かったのですから、ラッキーでした。
そしてアリはハトへ恩返し。

人に優しくするのはギブアンドテイクを期待してのものではありませんが、そうなることもあるというところが教訓になるのかなと思います。

ハトの絵は、息子的にはハトに見えないそうです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 気高い生き様  投稿日:2019/01/21
ペーシング・マスタング
ペーシング・マスタング 作・絵: アーネスト・トムソン・シートン
訳: 今泉 吉晴

出版社: 福音館書店
カウボーイ達にとって、密かな憧れであり、しかしながら脅威でもある野生馬。
偶然見かけた黒い野生馬に魅せられて、多くの男達が捕えようと試みます。
人間を完全に魅了した野生馬のペイサー。
美しいだけでなく、頭も良く、誇り高く、最後まで人間の手に落ちることを拒みます。

人間を翻弄しつつ、気高く生きることを選んだ野生馬。
その魅力が強く感じられるお話でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 妖怪ものですが楽しいです  投稿日:2019/01/21
どっせい!ねこまたずもう
どっせい!ねこまたずもう 作: 石黒 亜矢子
出版社: ポプラ社
相撲の決まり手が「うにゃてなげ」、「つきにゃし」と、人間界の相撲の決まり手そっくりですが、全然強そうに聞こえないのは何故なのでしょう(笑)

対戦相手が繰り出す技が一生懸命過ぎるので、笑えてしまいました。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 日本の民話との違いを感じます  投稿日:2019/01/21
きんのつののしか
きんのつののしか 文: 宮川やすえ
絵: 井上 洋介

出版社: 復刊ドットコム
おじいさんに作ってもらった泥人形が、いきなり粗暴な勇士へと変貌してしまいます。
「ええっ、何で?」と驚くばかりですが、その後も粗暴さを発揮し続けます。
この辺りが日本の民話とは違う、兵力に虐げられてきた国らしい展開なのかなと感じさせます。

最後は何だかのんきな(でも実は勇猛な)鹿に助けられて、人々は助け出されます。

何だか凄い展開で、不思議なお話でした。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 新種のフグの紹介です  投稿日:2019/01/21
アマミホシゾラフグ 海のミステリーサークルのなぞ
アマミホシゾラフグ 海のミステリーサークルのなぞ 文: 江口 絵理
写真: 大方 洋二
絵: 友永 たろ

出版社: ほるぷ出版
2m位のサイズのミステリーサークルを作るフグ。
何に使うのかと思ったら、求婚の為だったとは!

体長は10cmほどなのに、1匹でこれを作れるのかと思うと凄いな〜と感心してしまいました。

まだどこの水族館でも展示されていないそうですが、もし展示されることがあれば、ぜひこのミステリーサークルがみられるような行動展示にして欲しい!
その位美しくて面白い生態ではないかと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 赤ちゃんの成長  投稿日:2019/01/21
ゴリラ どうぶつの赤ちゃんとおかあさん
ゴリラ どうぶつの赤ちゃんとおかあさん 著: スージー・エスターハス
訳: 黒鳥英俊

出版社: さ・え・ら書房
生まれたばかりのゴリラの赤ちゃんが、少しずつ成長してく様子を美しい写真と共に紹介しています。

つぶらな瞳が可愛らしくて、人間の顔に似ているなぁとすごく感じました。
毛がふわふわで、お母さんにとっても大事に育てられている赤ちゃん。
少しずつ成長するところは、やはり人間にどこか似ていると感じますが、6歳くらいで大人になるということなので、やはり大人になるのは早いのですね。
どのゴリラも美しくて、怖さなど感じられず、ちょっと触れてみたいなと思わせる、素敵な写真でした。
参考になりました。 0人

635件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

ママ・パパが感動で涙。全米100万部突破の絵本、ついに邦訳!

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット