てんじつき さわるえほん ぞうくんのさんぽ てんじつき さわるえほん ぞうくんのさんぽ
作・絵: なかの ひろたか レタリング: なかの まさたか  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
子どもたちに大人気のロングセラー『ぞうくんのさんぽ』の物語の楽しさに、触る楽しさが加わりました。目の見えない人も見える人も、ともに読む喜びを味わえる絵本です。
  • おいしそう!

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    2歳と4歳の子に読みました。
    給食で出た!とかこのパンが一番好き!とか言いながら盛り上がって読めました。
    どれもおいしそうなパン!そしてきれいな絵ですねー。
    「ケーキやけました」も持っていますがそちらもおすすめです。

    掲載日:2016/05/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ムッシュムニエル3作品のうちの1作です。
    これはお間抜け魔術のオンパレードで失敗を取り戻そうとするとまた別の失敗が起きるという、人生にも良く似た悲しくも面白いお話です。
    他人の失敗を楽しみにしてはいけないけれど、思わず次のページでは何が起きているのかと、期待してめくってしまう一冊でした。

    掲載日:2016/05/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • コックの夢

    • レイラさん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子22歳、男の子20歳

    フクロウのこども、ポーの夢は、木の上のレストランを営む両親のようなコックさんになることなのです。
    まだ飛ぶことも未熟なポーには、遠い夢に見えましたが、
    ひょんなことで、モグラさんのお芋屋さんの手伝いをすることで、認められるのですね。
    実力を認められる嬉しさがいっぱい伝わってきます。
    もちろん、ふくざわゆみこさんですもの、出てくるお料理はどれも本当においしそう!!!
    ラストへ向けての意外な展開にも拍手です。
    なるほど、行列たるゆえんです。
    そう、優しさもいっぱいあってほっこりです。
    ちょっとしたレシピも添えられていて、リアリティたっぷりなのも素敵ですね。
    幼稚園児くらいから、きっと夢中になると思います。

    掲載日:2016/05/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 文房具好きにはたまらない

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、男の子6歳

    本当に楽しい絵本です。
    まもるくんがしゅくだいを 終えて部屋から出ていくと
    机の上の文房具たちの楽しい時間が始まります。
    一見、トイストーリーみたいなのですが
    面白いのは文房具ついての詳しい説明。
    鉛筆を消しゴムで消すということは
    どういう作業なのかとか砂けしとか、今流行りの
    フリクションとかとか・・・・
    「けす」ことにとても詳しくなってしまいます。
    そして文房具への愛着と興味がわいてしまう一冊です。

    掲載日:2016/05/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自然と声に出しています

    最初に開いたページがAのアップルなので、娘が「いんご(りんご)」とやっと言えるようになっていたころだったので、何度も本を開いていました。
    次々ページを開くと、知っている絵がたくさん書いてあって、何度も読むうちにイラストと英語を口にするようになりました。
    今ではAのページは「アポー(アップル)」と言っています。

    掲載日:2016/05/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心に響きます

    春はたけのこの季節
    ここのところタケノコ料理をよくしていたので
    タイトルにひかれて手に取りました。

    大島渚監督が
    息子さんの宿題
    「親に頼んで、子供時代の思い出を作文に書いてもらってください」のために
    書かれた文だそうです。
    (なんか、すごい宿題。今そんな宿題だしたら、どれくらいの子がクリアできるか・・)
    実話のようにも感じるその文は
    たんたんと戦争の悲しさ(そう、ただ悲しさ)を伝えています。

    ものがたりでは
    日清戦争でクラスの男の子のお父さんが無くなるのですが
    その子が、お父さんのお葬式では泣きもしなかったのに
    クラス担任の男の先生が
    太平洋戦争で招集されていくときに
    「戦争なんか行くな」といって泣くシーンは
    胸に迫ります。
    その時にみんなで食べていたごはんが、たけのこごはん。
    きっと大島監督は
    たけのこご飯を食べるたびに
    このことを思い出されていたのではないでしょうか・・・。

    掲載日:2016/05/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと違う!?

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    2歳と4歳の子に読みました。
    「むすんでひらいて」の歌詞なのですが、絵がちょっと本来の歌のものとは違う!?
    (りぼんを)むすんで(窓を)ひらいて、といった感じでお遊戯でおなじみの歌だったのもあって、こどもはちょっと戸惑い?結局、絵の通りに手を動かしていましたが。
    最後のほうは絵だけでなく歌詞もちょっと違うのね。

    掲載日:2016/05/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • タリバン政権下で女の子が男の子に扮して家族を支えた『生きのびるために』の第3話です。

    第2作と同じで、一体、主人公パヴァーナに何が起きたの?という衝撃的なシーンから始まります。折角、第2作『さすらいの旅』の終わりで、お母さんと家族にやっと会えたというのに、どうしてこんなはじまり方をするのか?と怒りさえも覚えました。しかも、何が起きたのかをすぐには明かさず、現代と過去が交差して、だんだんと分かる後世になっています。

    結局、タリバンが失脚したと言っても、まだまだ女性に対しての扱いがひどいアフガニスタンでは、こんな悲惨なことが起きてしまうのですね。これが、パキスタン人で史上最年少でノーベル平和賞を受賞したマララさんにつながるんですよね。

    そして、作者デボラさんの鋭い眼光は、タリバン政権からアフガニスタンを守ったとされるアメリカにさえむけられ、犠牲となった市井のアフガニスタン人にとってはタリバンもアメリカも正直なところ変わらないということまで描かれています。物事を一つの面からとらえるのではなくて、冷静に描かれているところに、どれだけ作者のエボラさんが、アフガニスタンを思っているかが感じられました。

    希望を見つけてはすぐに摘み取られてしまう、パヴァーナ。それでも、生きのびていくところに、頭が下がる思いです。

    掲載日:2016/05/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • おきにいり

    • 月の華さん
    • 40代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子3歳

    ムッシュムニエル3冊の中で息子の一番のお気に入りはこれです。
    女の人が唄っていた悲しい歌を使い、つきを落として自分の腕に酔うムニエルでしたが・・・
    双子の博士に盗まれて、貸してあげて、偽者のつきを空に出したら沢山出て・・・
    ほんと相変わらず間が抜けてて素敵です。
    まあ最後は無事に月も戻ったしめでたしめでたしでしょ。

    掲載日:2016/05/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんだかジーンときた。

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、女の子4歳

    9歳の息子と読みました。

    息子は野球少年ではなくサッカー少年。
    野球のルールを知らないため、若干内容についていけない部分は
    あったものの、
    あきらめずにガンバリ続ける大切さは、しっかりと受け取ってもらえたと
    思います。

    なんだか自分はヤッパリだめなのかなって思っちゃうとき、
    スランプにおちいってるとき。
    そんなときにスポーツ少年に是非読んで欲しい一冊。
    最後の意外なオチに、思わずジーンときます。

    ホームランを打ったことがなくても
    打ちたいと思う気持ちが大事であることが
    ずっしりしっかりと、伝わってくる一冊です。

    掲載日:2016/05/04

    参考になりました
    感謝
    0

787件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。


幼児向け知育アプリ「ワオっち! シリーズ」開発担当者インタビュー

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

全ページためしよみ
サイン本販売中