ともだち どれだ? ともだち どれだ? ともだち どれだ?の試し読みができます!
作: 新井 洋行  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
いろんな物のわけっこ、あてっこ遊びができちゃう楽しさいっぱい!
  • 素敵ですねぇ、版画
    そして
    「縁側」
    これがいいんです

    マンションとかでは
    残念ながらない空間
    無駄なようですが
    「縁側」という空間は、とても大切なんです
    日本人の程よい「距離感」を
    感じる場所だと私は、思います

    そこでのお茶っこ飲み!!
    最高です

    おばあちゃんの存在って
    ここなんです
    この場所で、いろんなことして
    いろんな人との出会い、過ごす時間
    とても大切だと思います

    私もこのおばあちゃんのようになりた〜い!!

    さて、おばあちゃんの名前も
    あるのですが
    最後に「オチ」になっているので
    読んでからのお楽しみ♪

    掲載日:2016/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しいです

    以前「妖怪遊園地」を読んでとても面白かったので借りてきました。

    今回は妖怪たちのバス旅行です。バスのはずが空を飛んだり、海の中にもぐったり、とても楽しい旅行で、8歳6歳の娘たちは大興奮していました。最後はとっても笑えますよー。またこのシリーズを借りてこようと思います。

    掲載日:2016/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 落ち着く

    白い胴の長い犬ジェイク。
    大好きなベンチに白いことりがきた。
    ジェイクは座らないでーと思っている。
    逃げたことりは空へ飛んでいった。
    ことりは、遠い国からやってきたけど、仲間とはぐれて1人。
    でも車が多かったりと、自由に飛ぶことも出来ない。
    ジェイクはことりと一緒に仲間を探した。

    この物語全体ののんびりゆったりとした空間が流れる感じがとても落ち着きます。

    掲載日:2016/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひろかわさえこさんの絵本が大好きで
    いろいろ選んで読んでいます。
    絵本というより 詩集ですね。
    50音順に その文字が表わす気持ちが
    わかりやすい表現だと思います。
    カラーの絵と白黒の絵と
    淡い感じの絵で いつもの
    ひろかわさえこさんの絵本と
    少し雰囲気が違うような気がしますが
    この本にはピッタリ合っていると思います。
    文字の中にこめられた気持ちに共感しました。
    静かに読むのもいいですが、
    声に出して読んでみたり、
    子供でも読めるなら 音読にいいですね。
    あいうえおから 始まって
    またあおうねで 終わっていて
    読後感も納得のいくものでした。

    掲載日:2016/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ミケやピーちゃん、わんわんにかいじゅうさんの型抜きされた手や体が、ページをめくるとバイバイしているように見えるしかけ絵本でした。
    ちょっとしたしかけ絵本ですが、子どものくいつきがすごかったです。
    何度も何度もページをめくりなおしては楽しんでいました。
    バイバイの習慣づけにちょうど良かったです。
    贈り物にも喜ばれそうです^^

    掲載日:2016/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大切な「田んぼ」

    田んぼがレストラン?

    インパクトのある力強い絵です
    若い頃は、こういうタッチは
    なんか苦手でしたが
    この頃は、気になってすぐに手を取ってしまいます(笑

    冬?
    なるほど・・・
    短い言葉だけで

    「おぉ〜っ!!!」

    すごい!
    なるほど!!

    田植え後、「花のにおい」で表現するって
    素敵な感性ですね
    絵も素敵です
    今までのことは、なかったような・・・

    秋・・・

    田んぼの1年を
    こういう角度から切り取るというのは
    おもしろいです
    身近に感じてほしい田んぼでも
    見えないところで
    「いただきます」「ごちそうさま」の
    繰り返しが行われているんですよね

    「レストラン」・・・
    確かに・・・

    今日のお話し会のテーマ「水」「カエル」なので
    早速読んでみたいです!!

    小さい子から、「米」の勉強する学年
    食物連鎖もかな?
    小学生にもお薦めしたいです

    掲載日:2016/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 貼り紙を見て、そりをもらいに行ったら、すでにもらわれた後…。

    そりをもらったイタチくんは、独り占めしようとするから、この始末。

    くまさんの優しさがあったから、みんなで分け合おうとする気持ちがあったから、全ていい方向に進みました!

    どのことも、「世の中って、そういうものだよね〜」と思いました。

    掲載日:2016/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • こぶたくんは拾った種を育ててみます。できたのは変な形のペポかぼちゃ、、、。大きくて、美味しかったようです。

    あとは、「ひとりでいたいの」。お手伝いをしてくれる気持ちは嬉しいけど、、、終わらない!失敗するばかり。おかあさんも一人になりたいので、うまく言い訳しつつ一人になります。みんなで泥を落とすお風呂に入ります。

    他にも、雪の中でお父さんと散歩したり、いろんな、短編がつまっていました。

    まあ人間でもあるある、というようなところもあり、ほんわかしていました。

    ただ、オチはないですね、、、。

    掲載日:2016/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • お気に入りの1冊です!

    家のチャイムが鳴ると走って玄関へ向かうようになった娘を見て、この本に興味を持ってくれるかなと思い購入しました。

    案の定今では1番のお気に入り絵本。
    短いフレーズの繰り返しは1歳の子どもでも覚えやすく、自分でページをめくりながら「ピンポーン!はーいどちらさまですか〜?」と読んでいます。

    色もポップでかわいらしく、今、いろんなものがわかるようになってきたので、絵本を見ながらクイズを出して遊んだりもしています。(「ゾウさんどーこだ?」「おさかなどーこだ?」)

    今では、家のチャイムが鳴ると「ピンポーン!はーいどちらさまですか〜?」と言って走って玄関に走っていきます。

    掲載日:2016/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねずみがねこのしっぽにぱくっ!ねこはイヌのしっぽにぱくっ!というぐあいに、どんどんぱくぱくしていって、最終的にまたねずみにもどってきました。みんなでぱくぱくぐるぐるするのが楽しそうで、うちの子も洋服のすそをぱくぱくしたがりました^^;
    字が少なくてページも少ないのですぐに読み終わります。
    何度も読まされましたが、単純でわかりやすいからこそ、良かったみたいです。

    掲載日:2016/06/27

    参考になりました
    感謝
    0

681件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。


『かあちゃん えほんよんで』かさいまりさん、北村裕花さんインタビュー

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。

全ページためしよみ
サイン本販売中