しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
  • 歯磨きって確かに電車みたいに見えますね〜
    子供、とくに男の子は電車を見るのが好きですから、歯みがきが苦手なお子さんに読んであげたいです。

    はみが列車にみがいてもらうと思ったら歯磨きが楽しくなりそうですね。
    歯磨きくんにもパパやママがいて、最後にただいまーと帰っていくところも可愛いです。

    掲載日:2017/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 6つのお話

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    学校の先生、学習塾の先生、ダンススクールの先生…いろいろな先生が登場するこわい話。
    先生がこわかったり、生徒がこわかったり。
    一話目の先生の正体っていったいなんだったのかなーとちょっと気になりました。
    なんか運が悪かったというかかわいそうな人もいれば、多少自業自得なところもあるのかなーという人も。

    掲載日:2017/08/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自閉症という障害と、素晴らしい感性で驚くような作品を書き続ける東田直樹さんのルーツに当たるような著作です。
    障害者にスポットがあてられ、さまざまな報道がされるようになってきましたが、その扉を開けるきっかけになったのが、東田さんの活躍に負うところが大きいと思います。
    本人の活躍の裏に、母親の美紀さんの並々ならぬ苦労があったことも、書かれているこの本は、障害児童に読み聞かせを続ける上での福音だと感じています。

    掲載日:2017/08/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • お兄ちゃんなんだから、とか、

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子5歳、男の子3歳、女の子0歳

    お姉ちゃんなんだから、とか、最近はそのような叱り方をする親御さんは減ってきているかとは思いますが、人の話を聞きもしないで頭ごなしに子供の事を叱り付ける親にはなりたくないな、と思いました。生まれた順番でそんな叱り方をされたら子供だって納得いかないですよね。

    掲載日:2017/08/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冬に冬眠する習慣のあるくまにとって、クリスマスを楽しく過ごすのは一苦労ですね。眠気と必死に闘いながら、あれこれと準備をするくまのおやこの姿が微笑ましいです。サンタさんからのプレゼントも、保存が効いていて良かったです^^

    掲載日:2017/08/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「おねがい」の続編!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳、女の子5歳

    5歳の娘と読みました。

    「クレヨンからのおねがい」もとっても面白かったですのが、
    「かえってきた」は「おねがい」の続編!

    「おねがい」はケビン君、今回はダンカン君。
    ケビン君の弟かな?

    相変わらずなんだかあんまりちゃんと大事にされていないような
    クレヨンくんたちが、またまたお手紙を書いて心情を吐露しています。

    前作を読んだのはずいぶん前でしたが、
    そういえば黄色とオレンジが「どっちが太陽の色」をめぐって
    喧嘩していたことなかを思いだし、吹き出しそうになりました。
    どういう運命のめぐりあわせか、
    今回は二人がくっついているのがさらに笑えます。

    そして「う○こ」を描くのに使ってほしくない茶色君や、
    思いっきり旅を楽しんでるけどなんかズレてるネオンレッドちゃん、
    旅にでようとするまめみどり君などなど、
    今回は登場人物がなんだか前回より個性豊か?!

    長女のお勧めで一緒に読んでみてとっても懐かしい思いがした一冊でした!

    掲載日:2017/08/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • ラブラブカップルたちが…

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    恋愛編ということでたくさん登場するラブラブカップルたち。でもこれはこわい話。さてさて何組が幸せなままでいられるかな?
    いやー、どこに落とし穴があるのかわかりませんねー。
    恋が叶うおまじないや恋愛パターンがわかる心理テスト等のページも付いていて楽しいですよ。

    掲載日:2017/08/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一年生になった娘にちょうど良いかなと思って
    手に取った本です。
    まだ一人で最後まで読むことはできませんでしたが、
    読み聞かせにも最適です。
    登場人物も一年生なので身近な感じがするのか、
    とてもお気に入りの1冊になりました。
    こんなふうに、小学校生活を送ってほしいなと
    思いました♪

    掲載日:2017/08/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今回もよいお話でした。白梟と烏はどちらが強いんでしょう?食べ残しを与えてくれた白梟への感謝の気持ちからか、北狐の白梟への思いがひしひしと伝わってきて、何だか読んでて泣けてきました。北の大地にはこんなドラマがあるんですね…。

    掲載日:2017/08/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっとりあるなカエルの目にドキドキしながら読みました。気持ちよく歌ったり話したりできる素敵なお仕事だなと思います。あこがれの職業に就くために、一生懸命歌うかえるたちの絵から、本当にゲコゲコ聞こえてきそうでした。ラストのオチも良く、気持ちよく読み終えることができました。

    掲載日:2017/08/23

    参考になりました
    感謝
    0

675件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。


『おいしそうなしろくま』柴田ケイコさんインタビュー

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット