おとうさんはウルトラマン おとうさんはウルトラマン おとうさんはウルトラマンの試し読みができます!
作・絵: 宮西 達也  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
父の日にもピッタリ!
  • ヒト ノ コト

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、男の子5歳

    「ヒト ニ ツイテ」という衝撃的なタイトルと
    いかにも五味太郎さんらしい
    ストレートな絵が気になって仕方なくって読みました。
    カタカナで書いてあるだけで
    読んであげるわたしが外国人風にかたことの日本語になってしまいます。
    それがまたいい味です。
    そして私たち人間の習性について
    淡々と同じ調子で描かれます。
    何を感じるか?何を思うかはお任せします!という五味太郎さんの相変わらずの姿勢を感じます。
    五味さんの絵本が大好きです。余白や間が実に巧みで美しいと感じます

    掲載日:2015/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一緒にぺこっ!

    だるまさんシリーズが大人気なので何度も読んでみました。
    0歳の頃は、きょとん!って感じであまり喜ばず・・・
    うちの子の好みじゃないのかしらと思っていました。

    しかし真似っこ大好き1歳児になった頃から
    だるまさんシリーズの良さがわかりました。

    特にいちごやバナナが出てくるからか、これが一番好きです。

    「い ち ご さ ん と」の所で 体をゆらして、
    「ペコっ」の所で おじぎの真似っこ。

    最後のいちごさん、ばななさん、メロンさん、だるまさん
    みんなでやったーのページでは、一緒に手を上げて喜びます。

    ピースも頑張って真似っこしています。

    そして、お辞儀してほしい時
    「ぺこっ」って言ったらできるようになりました。

    遊び絵本、学び絵本です!

    掲載日:2015/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 五味さんが読者にいたずらをしかけているような絵本です。
    ちょっと強引で、ふざけ半分で、納得できるページも、違和感があるページもあるのですが、後までつきあうと、あきれ返ることはあっても、あきることはなさそうです。
    五味さんのようにはまとめられなかった。

    掲載日:2015/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本の読み聞かせの会で紹介されていました。4歳のお兄ちゃんは、絵本に登場するカラフルな動物をおもしろがっていましたが、2歳の女の子は、遠巻きにして「こわーい」と言っていたので、どうかな、と思っていたら、帰り道の横断歩道で、急に「しましまー」と声をあげて、みんなで笑いました。
    繰り返し読んであげたい、たのしい絵本だと思います。

    掲載日:2015/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 留守番になってしまった男の子

    同じ作者の『おちゃのじかんにきたとら』という作品が大好きなので、ぜひ読んでみたいと思いました。
    熱があってお留守番になってしまった男の子の、楽しくて不思議な出来事が語られます。
    ちょうど5歳の息子が風をひいて寝込んでいるときに読んだので、息子は自分に起こった出来事のように思えたのか、とてもうれしそうにしていました。
    前述の『おちゃのじかんにきたとら』に比べると、絵の色合いやタッチが優しくなっている感じがします。ほんわかいい気分になる絵本です。

    掲載日:2015/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 前向きに

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、男の子5歳

    でんでんむしは
    わたしのせなかのからのなかには
    かなしみがいっぱいつまっている・・・と友達を訪ねては話そうとします。
    でもどのおともだちも
    「あなたばかりではありませんよ
    わたしのせなかにも
    かなしみはいっぱいです」と言われるのです。

    そして気づきます。
    だれでもかなしみをもっていること。
    そしてそのかなしみを自分でこらえていかなければいけないと・・・
    そして嘆くのをやめます。
    前を向いたのです。
    考えさせられることが多く、日々の生活で不満を持ち歩いてはいないだろうかと
    自分を振り返るいい機会になりました。
    みんな少々のかなしみや困難を抱えていても
    前向きに生きているのだと応援してもらったような絵本です。
    そして斬新なカラフルでパワフルな絵にも元気をもらいます

    掲載日:2015/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 正直が一番

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子2歳、女の子0歳

    2歳9カ月の息子に図書館で借りて読んであげました。

    ねずみくんシリーズが好きなので、この絵本を選びました。
    コップを割ってしまったことをお友達のせいにしようと考えるねずみくん。
    息子ももう少し大きくなったら、同じような事を考えたりするようになるんだろうなと思いながら読みました。
    でも、最後は正直なねずみくん。

    もう少し大きくなったら、また読んであげたい一冊です。

    掲載日:2015/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 母は強し!

    • はーとままさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子7歳、男の子1歳

    息子『おめでとう』と言う楽しそうな題名で選んだみたいですが、読んでいくと・・・。
    途中で怖くなってきた息子でした。
    聞いていた私もちょっと“えっ?これって怖い話なの?”と思いました。
    でも、最後には母親の愛が感じられました。
    最近、約束を破る息子に「ママなら喜んであげちゃうけどね!」と意地悪を言ってみたけど、
    やっぱり我が子は大事!!同じように自分の子供はあげませんよ(笑)
    どんなオバケなんかより母の方が強いです!!

    掲載日:2015/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ココちゃんは片づけが大の苦手。
    ある日お母さんがアリクイのお掃除屋さんにお部屋の片づけを依頼し、
    こんなに楽ならとココちゃんは自分で注文してしまいます。
    するとお部屋の中が空っぽに!さあ大変。どうするココちゃん!?
    本当にお母さんが頼んだのかな??

    どうせまた使うなら出しておいた方が便利、なんてことを言うココちゃんに笑ってしまいました。
    まるで我が子のようです(笑)
    自分で読むには、低学年〜といったところでしょうか。
    ぜひ読んでみてください。

    掲載日:2015/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ええところさがししようっと

    表紙のかわいらしい絵に惹かれて手に取りました。
    そのポップな挿絵から、元気な楽しいお話を想像したのですが、実際は、ジーンと気持ちが温かくなる、心に迫るお話でした。
    私も、自分や家族や周りの人の「ええところ」を探したいなと素直に思えました。
    大勢への読み聞かせでも読んでみたいのですが、関西弁なのでちょっと難しいかも。関西弁が味になっているのかもしれませんが、標準語だったらもっとよかったかなぁ。

    掲載日:2015/07/03

    参考になりました
    感謝
    0

984件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

出版社おすすめ


スペシャルコンテンツメニュー

全ページためしよみ
サイン本販売中