バンブルアーディ バンブルアーディ
作・絵: モーリス・センダック 訳: さくま ゆみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
『かいじゅうたちのいるところ』の作者最後の絵本!
しいら☆さん 50代・その他の方

遺作とは・・・
え??? センダック??? 図書館…
  • 毎晩どんどんいなくなるクレヨンたち。
    残されたくろくんは仲間たちを探しにいきます。

    いつもはくろくんとその他のくれよんたちで仲間割れしている印象ですが、今回はみんなで協力して願いを込めた大きな絵を作り上げます。
    うちの娘は、みんなで書き上げた画面いっぱいに広がるくろをたくさん使ったあの絵が大好きです。「くれよんのくろくん」の花火の絵も素敵ですが、今回の絵も素敵ですよね。

    くろくんシリーズを含めて1歳のころからなかやみわさんの大ファンの娘。
    今回はお話が少し難しいようで、おじいさんがさよならしてしまう場面の意味はまだわかっていないようです。
    ひとつずつ消えていくくれよんたちの様子も怖がる感じはなく、その後のくろくんの冒険に心惹かれている様子でした。
    幼稚園に入るころには、もう少しいろいろ考えて読めるようになるかな。

    掲載日:2016/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • はじめは「だめだめすいか」を読んで、たぬきのかわいさにはまってしまいました。
    こちらは、秋も深まった頃のお話で、金色の落ち葉がいっぱいできれいですね。
    落ち葉集めの競争と、海に見立てて仲良くジャンプ!
    「うみだ うみだ おちばのうみだ、、、」のページがすごくかわいいです。
    ラストのおじいさんのえがおとおいもきょうそうのふたりも良いですね。

    掲載日:2016/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「はじめてのかぞえる絵本」というコピーに惹かれて図書館で借りてきました。

    「かぞえてみよう123」とありますが・・・どちらかというと探し絵の要素が強く、そういえば1〜10まで数えることもできたなぁ・・・という感じ。
    はじめて与える数字の絵本、という意味ではないように思います。

    ポップな感じのかわいらしいイラスト。
    子どもっぽすぎず、ちょっとおしゃれな感じがして好きです。

    掲載日:2016/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 学校帰り、たまには兄弟でみちくさも良いですね。
    いろんな発見、いろんな知識、お兄ちゃんの出番です。
    それにしても私も知らないネタが満載。
    私もちゃっかり勉強になりました。
    こういうテーマでは、はたこうしろうさんの絵が生き生きとして見えます。

    掲載日:2016/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 水族館の人気者のペンギン

    ぺんぎんたいそう はじめるよ    いきを すって〜
    はいて〜   なんだか かわいすぎて  ニンマリです
    子ども達といっしょに くびをのばして ちぢめて〜
    うでふって ぱたぱた ぱたぱた  子ども達がやってくれると すごくかわいいんです
    あいさげて   ほんとに いっしょにたのしめる 傑作 赤ちゃん絵本ですよ!

    水族館でペンギンを見たくなりました

    掲載日:2016/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子の入園祝いに購入。
    毎日読む本ではないですが、
    幼稚園で行事があれば都度確認して、
    わからないながらもどんな行事なのかを興味深そうに
    きいてます。
    月がかわったタイミングで見たりしています。
    外で見た虫や花も、あらためて本でかくにんでき
    他にはこんなものも見れるんだってー、とか
    今度は◯◯をさがしにいこうねとか会話がひろがります。
    きせつのくだものや野菜は大人でもなるほどーと
    思えるものも多く、食卓にも季節を意識して取り入れたいなぁとおもわされます。

    掲載日:2016/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 字は多め

    中身をよく見ずに借りてしまったのですが、わりと字が多め。
    読み聞かせというよりは、低学年ぐらいで自分で読む本かなぁと思いました。

    古道具やさんで買ってきたバスで黒猫と共に夜のドライヴ、という設定はとてもわくわくしたのですが、サーカスの後があれ???という感じでした。

    掲載日:2016/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 泥でつくったどんどろめがねをかけると、、、山が動物に見えてきて、白い花がふくろうに見えてくる。麦畑が巨大猫に、海の波が巨大魚に見えてくる。穴の奥が亀に見えてくる。。。。。

    なんとなく自然を感じ取れる本でした。

    表紙のタイトルもよく見ると、さっき発見した動物たちの絵で描いた字です。そこは面白いかもしれません。

    しかし親が一番気になったのはこの著者のペンネームでした、、、。某有名事件犯人と同じ名前で、漢字がきっと違うのだろうけれど、気になる名前です。

    掲載日:2016/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ジャッキーの絵がかわいらしくて癒されます。子どもに読み聞かせようと思っていましたが、大人の方がお気に入りになってしまいました。何度ページをめくってもかわいらしいジャッキーの様子に癒されます。子どもも絵が気に入っているようで、一人でページをめくったり、短い文章を自分で読んでみたりと、自分なりに楽しんでいる様子です。

    掲載日:2016/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 6歳幼稚園年長さんの娘に図書館で読み聞かせました。
    娘は同じく幼稚園児の絵本とあって,幼稚園での様子などを興味深く見入っていました。
    そして,「どうして手がないの?」などと質問も。
    幼稚園児くらいの子供は無邪気といいますが,自分の気持ちに素直すぎるといいますか,それゆえに相手を傷つけてしまうことも。
    こういう絵本を読むことによって,色々な境遇の人々がいることや相手を思いやる気持ちを学んでほしいなと思いました。
    親の私は,さっちゃんのこと,さっちゃんの親御さんの気持ちを考えると,涙なしでは読めませんでした。
    さっちゃんのお父さんの言葉染みました。
    また元気に幼稚園に行き出したさっちゃん,わかってくれる支えてくれる友達もたくさんいるはず!救われました。

    掲載日:2016/08/24

    参考になりました
    感謝
    0

1,149件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。


第5回 『うれしいやくそく』の いしいつとむさん

出版社おすすめ


全ページためしよみ
サイン本販売中