なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…
  • 子供達がいる時には絶対に開けない本です。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子5歳、男の子2歳、女の子0歳

    だって作りが繊細だから。シリーズ3作目ですが、インテリアとしてもお勧めです。私は天体について全く詳しくありませんが、地球と月、人口衛星の位置関係が理解出来て良かったです。綺麗なのでずっと見ていたくなる、宝物になる一冊です。

    掲載日:2017/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっとかわっていて手のかかる妹ローラとローラを優しく上手く世話する兄チャーリーのお話です。
    「ぜったいねないからね」と言い張るローラをローラワールドに付き合ってベットに寝かせるまでのチャーリーは実に見事!
    ローラもそんなチャーリーをよくわかっているのかも知れませんね(笑)。
    絶妙なユーモアとセンスが光る素敵な絵本です。
    イラストも写真もあったりとお洒落です!

    掲載日:2017/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • おにいちゃん、やさしいなぁ。

    • まおずままさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子9歳、女の子6歳

    今度は「絶対にねない!」という妹を寝かしつけるまでのお話です。
    このシリーズ、両親がお兄ちゃんに任せて「よろしく!」と外出してしまうのですね。さすが、外国。

    さて、今回はどんな手で寝かすのかな?と思っていると、どうやら妹のわがままに付き合ってあげるようです。
    突拍子もない空想話に付き合ってあげると妹の気が済むみたいですね。
    ほんとにこのお兄ちゃんはやさしい。
    そして、このきょうだいは仲良しですね。

    掲載日:2017/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 新美南吉さんは 幼くして母親を失ったのですね
    子鹿はまだ 春も花のことも知りません   「おとうちゃん、はるって どんなもの。」
    「おかあちゃん はなって どんなもの。」
    山の中で ひとり 遊んでいた 子鹿は  「ぼオん。」という音に誘われて行ってみるとおじいさんにであいました
    このおじいさんは 優しい人で 子鹿に さくらの小枝を 結びつけてやりました   さくらの花のかんざしです

    よろこんでかえると おとうさんとお母さんが    子鹿のさくらのかんざしを見て   「それが花だよ」 はながいっぱいさいているのを 春と言うんだよと 優しく教えてくれるのです

    この絵本は絵がとてもきれいで 見ているだけで 優しい幸せに包まれます
    新美南吉のやさしいお話しに鈴木靖将さんのきれいな絵が 春を呼んでくれました
    静かに 優しく 読んであげたい絵本です

    掲載日:2017/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごい!

    小学校3年生の長女に借りてきました。とっても気に入ったようで、内容を詳しく教えてくれるうちに、私自身も読んでみようと思い読んでみることに。

    うまいことこの年ならではの感情を書いているなーとびっくりしました。保健室にくる生徒たちの気持ちをちゃんとわかって、そしてアドバイスしてくれるんです。優しい養護教諭という感じじゃないんですが、その不思議だけど、するどいとこついてるというか。

    長女は「ねたみ」の話が良かったようです。私もこのお話が良かったです。

    掲載日:2017/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふわふわさんとふわ奥さんの住んでいる、かわいいおうち。
    ある日天使がやってきて、
    うさこちゃんがこの家の赤ちゃんとして生まれるお話です。
    この絵本が、うさこちゃんのはじまりなのでしょうね。
    おおきくなったうさこちゃんのお話しか知らなくて
    最近この絵本があることを知りました。

    掲載日:2017/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 全学年おすすめ

    小学校のよみきかせ、どの学年でも喜ぶ本です。だれもが体験している
    「すべりだい」だから、楽しみます。読み手と聞き手の距離が縮まる本です。長めのほんの後に読むと、子供たちの緊張がほぐれて次の本にはいりやすくなる丁度いい本です。後半のながーい滑り台に高学年は大よろこび。

    掲載日:2017/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • とっても素敵な絵本です。
    可愛らしいキャラクター達に、
    なんとも言えないふんわりとした穏やかなイラスト。
    子供に読み聞かせしてるうちに
    自分が癒されました。
    コーヒーの種類もたくさん出てきて
    内容も大人向けな感じです。

    掲載日:2017/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子で読んで!

    「ともだち」をテーマにした一文の詩にわかりやすい絵(写真)がついたような構成。

    『ともだちって みんなが いっちゃったあとも まっててくれるひと。』
    そうそう。そうだったなぁ〜と昔の自分を思い出す。

    『ひとりでは つまらないことも ふたりで やれば おもしろい。』
    ほんと!いま息子を見ていてそう思う。

    『けんかは したっていい、でも ひとりを たくさんで いじめるのは ひきょうだ』
    そのとおり!これは息子にこれから学んでほしいこと。

    『ことばが つうじなくても ともだちは ともだち。』
    グローバルな子に育ってほしいなぁ!

    そんなことを感じながらゆる〜りと読んでいたんですが、「あったことがなくても」という章に突入するとドキッとしました。
    白黒写真で、世界の子供たちの姿が紹介されています。

    『おかねもちのこ まずしいこ、どうしたら ふたりは ともだちに なれるだろうか』
    ひらがなで簡単そうになげかけられた質問に、簡単にこたえられる大人はそういないのではないでしょうか。
    子供にも大人にも読んでほしい一冊です。

    掲載日:2017/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • とよたかずひこさんの「おふろやさんシリーズ」,今回は「おめでとうのおふろやさん」。
    かめの夫婦に子供たち,にわとりさんからはタマゴが割れて「おめでとう!」。
    家族っていいな〜と思える絵本で,読み手の心もぽかぽかしますね☆

    掲載日:2017/02/13

    参考になりました
    感謝
    0

243件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。


まめつぶみたいな男の子のお話『まめまめくん』 翻訳者ふしみみさをさんインタビュー

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット