ムーミン谷へ ようこそ ムーミン谷へ ようこそ
イラスト: トーベ・ヤンソン  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
ムーミン谷にくらす人々を紹介するパノラマ絵本
  • きっと成長期にはいろいろとモヤモヤを抱え込んでいる子どもが多いのでしょうね。
    心の中の不安感、訳の分からないモヤモヤが膨らんでいく過程がよく表現されていると思います。
    でも、モヤモヤも整理してあげると、心が軽くなるのですね。
    子どもたちとって救いの1冊でしょうか。
    読み聞かせ用にピックアップしてみましたが、ちょっと教育的になりそうなので、本を紹介するに止めておきます。
    (7分40秒)

    掲載日:2014/10/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本屋さんで見つけて即購入しました。

    ページをめくるたびに息子と二人でクスクス笑い、できること、できないことのページでは二人で大爆笑!!
    6歳の息子ができるようになったことや普段よくしていることと、主人公の「ぼく」ができることがまたよく似ていて、「これぼくもできるで!!」とか「こんなんできるんやぁ」とか興味を示したり感心したりなかなか次のページに進めませんでした。

    仕事から帰ってきたパパに自慢するように本を見せびらかし二人で読んで爆笑していました。

    子供に読み聞かせた後一人でじっくり読んで「なるほどね」って思う部分もたくさんありました。

    絵本の本文だけでなく作者の直筆で書かれたちょっとした一言がクスっと笑わせてくれる大人も十分楽しめる絵本です。

    掲載日:2014/10/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • カンカンカン

    • satさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子0歳、

    色々なレビューを参考に、半年になる息子のために購入。でも反応は今ひとつ。うちの子には合わなかったかな‥と徐々に読まなくなっていましたが、指差しをするようになった11ヶ月頃から興味を示すように。特に踏切がお気に入りで、今では何度も繰り返し指差しては私にカンカン言わせて喜んでいます。

    掲載日:2014/10/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 男の子に読みたい

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳、

    どちらかというと男の子向けの絵本かなと思いました。
    我が家には娘しかいませんが反応はまあまあでした。
    ひとりで船に乗っていくところが娘は気に入ったようです。自分も冒険したいとか思ったのかな?
    怖がりな娘なので、かいじゅうを怖がるかな?と思っていたのですが平気でした。
    むしろ「かいじゅう好き」と言っていました。このお話のかいじゅうならたしかに大丈夫かなとも思います。しっかり人を食べるかいじゅうっぽくはあるのですが。

    掲載日:2014/10/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • この紙芝居では、おさんぽしている犬のわんくんが、
    いろんなものを見つけていくとうい内容なのですが、
    子どもが集中してみるのに、とてもよいと思いました。
    探すのがとっても楽しいですからね♪
    羊のかたちをした雲、きょうりゅうのかたちをした水たまり、
    木の幹かと思ったらラッパ・・・。
    まだまだいろいろ登場します。
    たくさんのお子さんの前で読んだら、もっと盛り上がるかも
    しれません♪
    紙芝居の良さを、しっかりと伝えてくれる作品だと思いました。

    掲載日:2014/10/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • この本を自分自身で買ったのはつい最近ですが、
    私が小さい頃にはいつもそばにありました。

    子供と散歩に出掛けた時、お風呂に入った時、
    雨降りで出掛けられない時、病院の待合室にいる時…
    手遊びや身近な道具で遊びを教えてたのは
    本を開くとみんなこの本に載っていました!

    自分が遊んで身につけた『伝承の遊び』は、
    本を見なくてもうろ覚えでも教えていたのですね。

    届いた日に旦那様もパラパラと見て、
    「糸巻きブルドーザー作ったわ!」とか
    「飾りリボンでブラジャーとかやった!」とか…。

    40〜50歳くらいのパパさん・ママさんには、
    きっと覚えのある遊びがある事と思います。

    届いて早速自分がやったのは『いか飛行機』!
    今の飛行機の本には出てないんですよね(^^ゞ

    掲載日:2014/10/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • まどみちおの詩の世界はまあるい世界です。
    親しみのある詩が集まっていて、詩集絵本としては良い本だと思います。
    東さんの絵は、あまりまるくないような気がします。
    詩と絵を一体化するのは難しいかもしれません。
    一つ一つの詩からどのような絵をイメージするか、納得できるページと、首をかしげるページがありました。

    掲載日:2014/10/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本屋で絵のかわいさに惹かれて読んでみると「何この絵本!?」ってかんじの新しい面白さでした。

    家に帰って息子に読んであげたらその面白さに二人でゲラゲラ笑いました。特にりんごの50音変換が二人のお気に入りでしばらく口癖のように言っていました。
    りんごって自分がりんごって思ってるだけで実は違うのかもしれないっていう発想がとってもユニークで、こんなに笑える絵本は初めてでした。
    ちょっと見方を変えるだけでりんごがこんなにも面白いものに変わるんだなって驚きました。

    この絵本を読んで以来、りんごを見るといろんな角度から眺めてしまうようになりました。

    掲載日:2014/10/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • 癒される

    • satさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子0歳、

    子どもが半年を過ぎ、ずりばいを始めた頃に購入した本です。ころんちゃんの絵がとっても可愛らしく、子どものためというより、私が楽しんで読んでいます。1歳を過ぎた今では、ころんちゃんの姿が既に懐かしく感じます。次は、これから寝返りを始める赤ちゃんのママにプレゼントしようと思います。

    掲載日:2014/10/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後まで夢を

     ジェドおじさんの夢は、自分のお店、床屋を開くこと。夢をあきらめずに、お店を開いたのは、79歳のときでした、、、。

     お店のためにお金をコツコツためる、ジェドおじさん。お金がなくなっても、またがんばる気持ちがすごいです。あきらめい強さに、感動しました。

     最後のページ、自分のお店を掃いているいるジェドおじさんに、しみじみしました。4つのいすと、大きな鏡、、、。
     こってりしたあたたかい色で描かれた絵も、よかったです。人物も馬も、自然もいきいきしているなと思いました。

    掲載日:2014/10/22

    参考になりました
    感謝
    1

877件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

出版社おすすめ

  • ちびっこ魔女の大パーティ
    ちびっこ魔女の大パーティ
    作:ジョージー・アダムス 絵:エミリー・ボラム 訳:おかだ よしえ 出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
    パーティ、し・ま・しょ!とっても にぎやかな ハロウィ

スペシャルコンテンツメニュー

全ページためしよみ
サイン本販売中