出版社エディターブログ

ちょっぴりこわくてユーモラス かわいいサイズで登場!

2017年6月21日 13時23分  


せなけいこおばけえほんが、ちいさめの新装版サイズで登場しました!代表作『ばけものづかい』は落語をもとにした名作です。人づかいの荒いおじいさんがばけものが出るというやしきに引っ越してきました。やってきたのはひとつめこぞうにろくろくび…。おじいさんどうする?
怖すぎないのが人気のひみつ。せなけいこさんのユーモアも満載です。夏にどうぞ!

ちょっぴりこわくてユーモラス かわいいサイズで登場!

注目の作品!

【童心社】イチ押しの作品をご紹介

    よいしょ、よいしょ・・・「そち何をしておる!」さて誰がやってきた?

  • バスていよいしょ

    バスていよいしょ

    作:重松 彌佐
    絵:西村 繁男
    出版社:童心社

    学校から帰ってきたら、しんごくんの家と古いお屋敷の真ん中にバスていが立っていました。しんごくんがバスていを動かそうとしていると、駕籠かき、浪人者、お姫さまが通りかかります。そして大名行列がやってきて。

  • たのしいこといっぱい!特別な日

  • おとまりのひ

    おとまりのひ

    文:中川 ひろたか
    絵:村上 康成
    出版社:童心社

    「ピーマン村」シリーズ、11年ぶり待望の新刊です!今日は園のおとまり会。おとうさん、おかあさんとはじめてはなれて泊まります。みんなで大きなおふろに入ったあとは、浴衣にきがえて、花火とすいか!おやすみまえには、園長先生の“こわ〜い”話も。子どもたちが胸ふくらませる、夏の楽しいことがいっぱいです。

出版社おすすめ

  • でんしゃがきました

    でんしゃがきました

    作・絵:三浦 太郎
    価格:¥1,300+ 税

    でんしゃはガッタンふみきりカンカン。あれあれなんだかいいにおい。ねずみさんのまってるえきに、チーズのろめんでんしゃがきました。らいおんさん、ぞうさんのまってるえきには、どんなでんしゃがくるかな?

  • 紙芝居 たべられたやまんば

    山寺の小僧がおばあさんの家に遊びに行くと、おばあさんは栗をたくさん煮て小僧を待っていました。お腹がいっぱいになった小僧を泊めたおばあさんは、夜中になるとやまんばになって…。
    日本民話「さんまいのおふだ」がダイナミックな紙芝居になりました。

ユーザーレビュー

  • シュールな展開 前衛アート的

    5.0

    【あらすじ】 きゅうりさんが、川のそばをお散歩していたら、靴が片方流れてきた。 これをお舟だと思ったきゅうりさんは、勝手に乗り込み、川下りを楽しむことに。 途中、とまとさんとたまごさんがやってきて… 赤ちゃん向けの、楽しい絵本。繰り返される擬音語のリズムが軽快。 全国学校図書館協議会選定 第28回「よい絵本」 【感想】...続きを読む

  • 不思議な世界へ

    4.0

    3冊シリーズででている、2巻目です。 ルウ子とサラの姉妹が行く、市立図書館の奥に続く不思議な世界が 舞台になっています。 絹糸のような雨がいつも降っている、本に囲まれた部屋、 そこにはどうどう鳥のフルホンさんとまいまい子さんと しおりとせびょうし、作家のゆうれい、ひらめきなどが住んでいます。 ほかにも毎回面白い登場人物がいます...続きを読む

  • たなばたにょうぼうは優しい正直者

    5.0

    キツネはひとをばかして悪さする  ここに登場するキツネは炭焼きの若者に命を助けられて お礼をしますと約束した そのキツネが 教えてくれた 「たに川のおくの 一本松に 行ってみなされ」  若者は ここで見つけた羽衣を持ち帰り隠すのです そこからのお話しはたなばたにょうぼうが 若者と結婚してハッピーな生活を送るのです 男の子も生まれ...続きを読む

  • 夏の日の、雨の隙間

    5.0

    夏の暑い日に、ともこが体験した不思議なお話です。 あまんきみこさんが紡ぐファンタジーの世界。 日常の光景からいつの間にか素敵な世界を体験する様はやはり鮮やかです。 遠くのお友だちの家まで出かけたともこは、 帰途、にわか雨に見舞われますが、走っていると、雨の隙間を見つけます。 そこで見かけたのは、滑り台を運んでいるキツネたち。 ...続きを読む

  • アクティブなおばあちゃん!

    5.0

    息子が1歳の頃だんごを覚えたときに読み聞かせ始めたのですが、だんごが転がっていった先の展開が面白いです。おばあさんの行動力すごいです(笑)。おばあさんやお地蔵さまの口調が独特で、読んでいるうちにはまってしまいます。...続きを読む

全ページためしよみ
年齢別絵本セット