出版社エディターブログ

ちょっぴりこわくてユーモラス かわいいサイズで登場!

2017年6月21日 13時23分  


せなけいこおばけえほんが、ちいさめの新装版サイズで登場しました!代表作『ばけものづかい』は落語をもとにした名作です。人づかいの荒いおじいさんがばけものが出るというやしきに引っ越してきました。やってきたのはひとつめこぞうにろくろくび…。おじいさんどうする?
怖すぎないのが人気のひみつ。せなけいこさんのユーモアも満載です。夏にどうぞ!

ちょっぴりこわくてユーモラス かわいいサイズで登場!

注目の作品!

【童心社】イチ押しの作品をご紹介

    自分じゃ気がつけない、すてきなところ【絵本テキスト大賞受賞作】

  • マスク

    マスク

    作:福井 智
    絵:林 なつこ
    出版社:童心社

    「これで、はなをかくそうっと」ブタくんが、見つけたマスクをかけようとしていたら、ともだちが次々やってきて、さきにマスクをかけてしまいます……自分のすてきなところを発見するお話。

  • 敬老の日に・・・おばあちゃんってすごい!

  • おばあちゃんがおばあちゃんになった日

    おばあちゃんがおばあちゃんになった日

    作:長野 ヒデ子
    出版社:童心社

    かわいい赤ちゃんがうまれて、おかあさんは大忙し。お姉ちゃんになったあこちゃんのおむかえには、おばあちゃんがきてくれます。あこちゃんのおばあちゃんは、いつから「おばあちゃん」になったのかな?あこちゃんとおばあちゃんの心の交流、そして赤ちゃんをむかえた家庭のあたたかさを描いた物語です。

出版社おすすめ

  • でんしゃがきました

    でんしゃがきました

    作・絵:三浦 太郎
    価格:¥1,300+ 税

    でんしゃはガッタンふみきりカンカン。あれあれなんだかいいにおい。ねずみさんのまってるえきに、チーズのろめんでんしゃがきました。らいおんさん、ぞうさんのまってるえきには、どんなでんしゃがくるかな?

  • 紙芝居 たべられたやまんば

    山寺の小僧がおばあさんの家に遊びに行くと、おばあさんは栗をたくさん煮て小僧を待っていました。お腹がいっぱいになった小僧を泊めたおばあさんは、夜中になるとやまんばになって…。
    日本民話「さんまいのおふだ」がダイナミックな紙芝居になりました。

ユーザーレビュー

  • 狐が本当にあくどい

    5.0

    昔ばなしの紙芝居です。 狐がかわうそをダマすというお話で 自分が子供のころよく読んでいた、いかにもな日本の昔話ってかんじだなーと思いました。 狐の騙し方がこずるくて、そんなこずるい子には ひどい仕打ちが待っています。 こういう教訓があるの、今の絵本ではなかなかないよなー なんて思いました。 たまにはこういう厳しめ...続きを読む

  • どろんこだーれだ

    5.0

    どろんこになっているのはだーれ? という紙芝居。 1歳の子は簡単な内容が大好きなのでこちらもお気に入り。 ぞう を どう と答えてくれました。 どう!どう!どう! 4歳の子は ぞう ぞう ぞうだよ! 4歳には簡単すぎるのに張り合って答えてくれます。 ...続きを読む

  • 他シリーズも読んでみたい!

    5.0

    小学校1年生の娘が,学校に図書館でこちらの絵本を一人読みしてきました。 「むしたちのサーカス」に続き,こちらのシリーズ絵本を読むのは2冊目です。 カラフルなイラストに虫たちの世界が楽しく描かれています。 他シリーズも読んでみたくなる楽しさがありますね。...続きを読む

  • 楽しいシリーズですね。

    5.0

    小学校1年生の娘が,学校の図書館にあったこちらの絵本を一人読みしてきました。 我が家の娘は,虫が大丈夫な子なので,こちらの絵本も可愛いな〜と思いながら楽しく読むことができたようです。 もしかしたら,虫たちの世界でもサーカスをしたり何かやっているのかも知れませんね(笑)夢のある絵本ですね!...続きを読む

  • おはぎの作り方

    5.0

    おばあちゃんと一緒におはぎを作る様子を紙芝居にしてあります。 あずきを洗って煮詰めてあんこを作り、炊きあがったもち米をつぶし、丸めて。 あんこをつける手順は、子どもたちも大好きです。 そうそう、お供えすることもしっかり描かれていていいですね。 こういった伝統食はやはり、子どもたちに伝えたいものです。 幼稚園児くらいからでしょうか...続きを読む

全ページためしよみ
年齢別絵本セット