出版社エディターブログ

あまーいバナナ、じょうずにむいて、めしあがれ

2016年9月8日 14時26分  2歳10ヶ月の息子はバナナが大好き。バナナのあたまのところに少し切れ目を入れて「はい どうぞ」と渡すと、真剣な顔でよいしょよいしょとむいて嬉しそうにほおばります。栄養満点で、手軽で、食べやすい甘い味。バナナは離乳食のときからお世話になっている、そんなママも多いのではないでしょうか。

「おいしい ともだち」シリーズ第11作は、ついにばななくんが主人公。
3人いっしょにお散歩に出かけたばななくんたち。ぽき〜んと離れた拍子に転んでしまった2人の皮を、ばななくんがむいてあげました。するとばななくんが、「あの〜 ぼく ひとりに なっちゃったんで」…。読者の子どもたちがばななくんの皮をむいてあげる、という楽しい展開。

息子は初めて読んだときから、最後のページの3本とも手にとって食べるという食いしんぼうぶりを見せてくれました。大好きなバナナともっと仲よしになれたようです。

あまーいバナナ、じょうずにむいて、めしあがれ

注目の作品!

【童心社】イチ押しの作品をご紹介

    来年も福がいっぱいの一年になりますように。

  • 十二支のおもちつき

    十二支のおもちつき

    作:すとう あさえ
    絵:早川 純子
    出版社:童心社

    今年ももうすぐおしまいです。おじいさんとおばあさんは餅つきの準備をしています。そこにお腹を空かせたねずみが訪ねてきたので、おじいさんとおばあさんは、お米をわけてあげました。次の日の朝、ねずみが「お礼に、餅つきを手伝います」と一緒につれてきたのは……十二支たち。はじめて季節の行事に出あう子どもたちに、「お正月」「お餅つき」「干支」に親しみを...続きを読む

  • おいもとつなひき、おいもほり!

  • さつまのおいも

    さつまのおいも

    文:中川 ひろたか
    絵:村上 康成
    出版社:童心社

    • ためしよみ

    人間に食べられてばかりのおいもにだって、少しは考えもある。土の中で体をきたえ、さあ逆襲だ。

出版社おすすめ

  • ばななくんがね・・

    ばななくんたちは三人でくっついたまま、おさんぽへ出かけます。
    けれどよろよろ、もたもた歩きにくいので…。
    読者の子どもたちが、ばななくんの皮をむいてあげる場面もあります。
    最後はたくさんほおばって、めしあがれ。

  • 紙芝居 たべられたやまんば

    山寺の小僧がおばあさんの家に遊びに行くと、おばあさんは栗をたくさん煮て小僧を待っていました。お腹がいっぱいになった小僧を泊めたおばあさんは、夜中になるとやまんばになって…。
    日本民話「さんまいのおふだ」がダイナミックな紙芝居になりました。

ユーザーレビュー

  • 大きなお月さまに感動

    5.0

    毎日寝る前に絵本を読み聞かせていますが、「寝る前のスポットライトの明るさ」に14匹シリーズは本当によく合います。 子供が4歳と2歳の時にこの本に出会いましたが、絵本の世界に引き込まれる感覚を初めて強く感じました。その時の、ページをめくるごとに、どんな月かな?と想像しながら読んだのを覚えています。だんだん暮れていく空の色の感じもとても良い...続きを読む

  • みんなだしてあげると喜ぶかもしれない

    4.0

    なるほどオールスターでした。 しまわれていて、一年一度しかおでましになれない、季節の行事のお人形、おひなさまが、でてくると、次から次に、しまわれていたものが、 われもわれもとあふれ出てきます。 クリスマスには絶対でてこないものたちばかりです。 ああ、みんなクリスマスが味わいたかったのね、、、 我が家のみなさんも、だしてあげると喜...続きを読む

  • 反省してない!?

    4.0

    嫌いなものや、修理すればまだ使えそうなものをポイポイっとくずかごへ捨てていきます。 すると、くずかごの中から手が出てきて……、中へ引きずり込まれてしまうのです!! それは、それは、恐ろしい体験であることは、間違いないでしょう。 命からがら逃げだすことに成功しますが、そのあと…「ああ、こわかった。」と、平然と立ち去ってしまうのです...続きを読む

  • てつぼうがにがてなわたし    だけど ねこみたいに へいのうえ 歩ける 人には得意なことと 苦手なことがそれぞれありますよね わたしは、ちゃんとそれを知っていて  前を向いているところが素晴らしい! わたしは ときどき なかまはずれにされる ことが あるの 悲しい思いが伝わります でも・・・・ 自分の居場所をちゃんと知っている...続きを読む

  • 1話4場面の3部作紙芝居。

    4.0

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子16歳

    原作は村上籌子さんですが、紙芝居の脚本は村山亜土さんでした。 もともとの原作がとても短い童話なので、 この作品は「あひるさんとにわとりさん」シリーズ、1話4場面の3部作紙芝居になっています。 画は、原作者の村上籌子さんと組むことが多い村山知義さんで、とても個性的な「あひるさんとにわとりさん」でした。 4×3で全部で12場面...続きを読む

全ページためしよみ
年齢別絵本セット