出版社エディターブログ

あまーいバナナ、じょうずにむいて、めしあがれ

2016年9月8日 14時26分  2歳10ヶ月の息子はバナナが大好き。バナナのあたまのところに少し切れ目を入れて「はい どうぞ」と渡すと、真剣な顔でよいしょよいしょとむいて嬉しそうにほおばります。栄養満点で、手軽で、食べやすい甘い味。バナナは離乳食のときからお世話になっている、そんなママも多いのではないでしょうか。

「おいしい ともだち」シリーズ第11作は、ついにばななくんが主人公。
3人いっしょにお散歩に出かけたばななくんたち。ぽき〜んと離れた拍子に転んでしまった2人の皮を、ばななくんがむいてあげました。するとばななくんが、「あの〜 ぼく ひとりに なっちゃったんで」…。読者の子どもたちがばななくんの皮をむいてあげる、という楽しい展開。

息子は初めて読んだときから、最後のページの3本とも手にとって食べるという食いしんぼうぶりを見せてくれました。大好きなバナナともっと仲よしになれたようです。

あまーいバナナ、じょうずにむいて、めしあがれ

注目の作品!

【童心社】イチ押しの作品をご紹介

    来年も福がいっぱいの一年になりますように。

  • 十二支のおもちつき

    十二支のおもちつき

    作:すとう あさえ
    絵:早川 純子
    出版社:童心社

    今年ももうすぐおしまいです。おじいさんとおばあさんは餅つきの準備をしています。そこにお腹を空かせたねずみが訪ねてきたので、おじいさんとおばあさんは、お米をわけてあげました。次の日の朝、ねずみが「お礼に、餅つきを手伝います」と一緒につれてきたのは……十二支たち。はじめて季節の行事に出あう子どもたちに、「お正月」「お餅つき」「干支」に親しみを...続きを読む

  • おいもとつなひき、おいもほり!

  • さつまのおいも

    さつまのおいも

    文:中川 ひろたか
    絵:村上 康成
    出版社:童心社

    • ためしよみ

    人間に食べられてばかりのおいもにだって、少しは考えもある。土の中で体をきたえ、さあ逆襲だ。

出版社おすすめ

  • ばななくんがね・・

    ばななくんたちは三人でくっついたまま、おさんぽへ出かけます。
    けれどよろよろ、もたもた歩きにくいので…。
    読者の子どもたちが、ばななくんの皮をむいてあげる場面もあります。
    最後はたくさんほおばって、めしあがれ。

  • 紙芝居 たべられたやまんば

    山寺の小僧がおばあさんの家に遊びに行くと、おばあさんは栗をたくさん煮て小僧を待っていました。お腹がいっぱいになった小僧を泊めたおばあさんは、夜中になるとやまんばになって…。
    日本民話「さんまいのおふだ」がダイナミックな紙芝居になりました。

ユーザーレビュー

  • 素敵な学校ですね

    5.0

    • ときいるさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子6歳

    昔遊びがたくさん出てきて小1の娘は夢中になっていました。 学校の裏にある自然いっぱいの山に、子供と本気になって遊んでくれる校長先生。 今ではなかなかできない貴重なものですよね 娘も私の小学校がこんな学校、校長先生だったら良かったのに〜といっていました。 ゲームにスマフォ、今の子供は刺激的な遊びが満載ですが、時代が変わっても子供が心...続きを読む

  • 心がきゅんとします

    5.0

    ぞうさんのおうち、うさぎさんのおうち、ライオンさんのおうち…。 みんなで手をつないで、おうちに帰ります。 最後は「パパとママのまってるおうち」…子どもより母の私の方が胸にじーんときました。 読み終わった後は子どもをぎゅっと抱きしめたくなる、そんな絵本です。 最初、何の反応もなかった子どもは、大きくなるにつれて読んでと持ってくるよう...続きを読む

  • ねことねずみ

    4.0

    こねこのみーくんが、おかあさんに、ねずみの特徴を きくのですが、早とちりをして、違うものを持ってきたりします。 にんじんやトウモロコシを運んでくるみーくんはかわいいです。 最後に、ちゃんとネズミの特徴をきいた、みーくんは ねずみと追っかけっこをして、とうとう捕まえてしまいました。 わかりやすくて、楽しめるようです。...続きを読む

  • あかりをつけましょぼんぼりに・・・・

    5.0

    ゆっくり、ゆっくりの孫にいつも「あかりをつけましょぼんぼりに おはなをあげましょ もものはな・・・・・・・・」と。季節に関係なく歌っている歌です。おかげで、孫はその歌をうたえるようになってます。おひなさまを飾る由来までは説明が出来なかったですが、この紙芝居を読んであげることで、私も孫も由来を知ることが出来ました。...続きを読む

  • かわいいいい素敵な言葉。

    4.0

     「ねんね」…。素敵な言葉だと思います。言葉が持っている音の響きも大好きで、とても可愛らしい言葉ですね。  「ねんね」という言葉は「寝る」という言葉の「幼児語」というものだそうです。この絵本を通して子ども達に安心感、心地よさを与えられるのではないかと思います。  ...続きを読む

全ページためしよみ
年齢別絵本セット