アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

るるこるさんの公開ページ

るるこるさんのプロフィール

その他の方・60代・香川県

るるこるさんの声

1376件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 詩と絵がいい感じ  掲載日:2018/2/9
スーパーマンその他大勢
スーパーマンその他大勢 作: 谷川 俊太郎
絵: 桑原 伸之

出版社: 自由国民社
全ページためしよみで、読ませていただきました。
あとがきを見れば、先に絵があって、谷川俊太郎さんに、文章をお願いしたとありました。意外でした。
でも、どちらが先でも、絵と詩、両方の魅力が相互作用で倍増しているなと感じます。とても、よかったです!
参考になりました。 0人

ふつうだと思う デザインの本  掲載日:2018/2/9
赤ちゃんずかん(0・1・2さい)
赤ちゃんずかん(0・1・2さい) 作・絵: 桑原 伸之
出版社: あすなろ書房
全ページためしよみで、読ませていただきました。
赤ちゃんの、身近なものをイラストと名称を並べて示した、『赤ちゃんずかん』
抽象化しているけど、シンプルで、その物の特徴がとても出ていて、分かりやすいなと思いました。色もきれいです。ブルーナに少し似ています。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 文字を覚えるための絵本  掲載日:2018/2/8
ボードブックノンタンあいうえお
ボードブックノンタンあいうえお 作・絵: キヨノ サチコ
出版社: 偕成社
全ページためしよみで、読ませていただきました。
文字のお勉強のための、絵本です。
ノンタンが好きなこには、いいと思いましたが、絵が、とっちらかっている感じがして落ち着かないのと、言葉が美しくないのが多少残念でした。正直な感想です。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う たこやきが主人公です  掲載日:2018/2/8
たこぼがやってきた
たこぼがやってきた 作: きのひなた
絵: とぐさ

出版社: 星の環会
全ページためしよみで、読ませていただきました。
日本語と英語が、併記されています。
シンプルなイラストが、ブルーナっぽいなっと思ったら、宇宙からやってきた、たこやきのお話でした。驚きです。
たこやきって英語圏の方にも、ポピュラーなのかしら???
参考になりました。 0人

ふつうだと思う あ〜あ、ゾウさん…  掲載日:2018/2/8
かえるのはなび
かえるのはなび 作・絵: 長 新太
出版社: 佼成出版社
笑えます。子どもは好きだろうなと思いました。
鼻から花火を発射して、大やけどを負ったゾウさん。かわいそうだけど、笑ってしまいます。きっと、すぐに火傷は治るでしょう。このゆるーい世界観、やっぱり好きです。長新太さんのクレヨン画です。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 教科書にも載っているお話  掲載日:2018/2/5
世界でいちばんやかましい音
世界でいちばんやかましい音 作: ベンジャミン・エルキン
絵: 太田 大八
訳: 松岡 享子

出版社: こぐま社
国語の教科書にも、単元の一つとして載っているお話です。それは、4年生か5年生だったと思いますが、絵本やストーリーテリングで届けると、低学年でも、十分に、また、お話をまるごと楽しむことができつろ思います。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 寂しい世の中です  掲載日:2018/2/2
おにのいす
おにのいす 作: すぎやまたえこ
絵: しおやひろあき

出版社: 絵本塾出版
全ページためしよみで、読ませていただきました。
嫌な世の中ですね。
防犯のためとはいえ、こういったことを、教えなくてはならないなんて、辛い世の中です。直接的、具体的なことも大切かもしれませんが、まずは、怪しさを察知する力や、信頼できる人かどうかを見定める目や、教えてあげたいです。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 野菜の一生  掲載日:2018/2/2
たべられるしょくぶつ
たべられるしょくぶつ 作: 森谷憲
絵: 寺島龍一

出版社: 福音館書店
普段、野菜はスーパーなどで、食べられる部分のみを見ることが多い。
それが、その野菜象となっていると思う。
でも、それら野菜には、それぞれ種があり根があり花があることが、とても分かりやすく図解されている。おすすめ。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 奇想天外なストーリー  掲載日:2018/2/2
復刊絵本セレクション 5 コルプスせんせいと かばくん
復刊絵本セレクション 5 コルプスせんせいと かばくん 作: 筒井 敬介
絵: 長 新太

出版社: フレーベル館
長新太さんの絵の、少し長いお話です。
ストーリーの奇想天外な展開に、長さんのイラストの、軽やかさとユニークさが、とてもマッチしています。
不思議ですね、そのなかに、何か温かいものが流れているような気がして、読んだあと、ちょっと元気になります。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 大変なことに  掲載日:2018/2/2
ノンタンがんばるもん
ノンタンがんばるもん 作・絵: キヨノ サチコ
出版社: 偕成社
全ページためしよみで、読ませていただきました。
ノンタンの耳が大変なことになってしまいました。
この状況は、母親も焦る状況ですよね。痛々しいです。
病院を怖がる子に向けて書かれたのかもしれないけど…ちょっと、怖いです。
参考になりました。 0人

1376件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

発売前の絵本をためしよみ!NetGalley(ネットギャリー)体験レポート

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット