注目の作品!

【福音館書店】イチ押しの作品をご紹介

  • キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2

    キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2

    作:角野 栄子
    画:佐竹 美保
    出版社:福音館書店

    わたし、魔女になりたいってわかるのかな? 人間の男の人オキノさんと、魔女のコキリさんのあいだに生まれた女の子、キキ。将来、魔女として活躍するキキが、赤ちゃんから10歳の女の子に成長していくまでを、黒猫の相棒ジジとの関わりを中心に描きます。魔女の娘として育ったキキは、どのように、魔女になる決意をするのでしょう。はたしてジジは「魔女猫」...続きを読む

  • おうさま

    おうさま

    文・絵:ディック・ブルーナ
    訳:まつおか きょうこ
    出版社:福音館書店

    恋する娘のために冠をはずした王さまのお話。 昔、ガラスでできたお城に、ちいさな王さまが住んでいました。王さまは、庭師の娘に恋をします。「君が女王さまになってくれたらいいと思うんだけど」でも、おつきの者たちは大反対。そんな娘はいけません、その子は冠を持っていません! と。そこで王さまは考えました。「そうだ、僕が王さまをやめればいいんだ...続きを読む

出版社おすすめ

  • ぐりとぐらの絵本7冊セット

    なかよし野ねずみのぐりとぐらが、野原や山を元気いっぱいかけまわる楽しいお話。シリーズ初作『ぐりとぐら』以来、全作品が常にトップセラーを続け、日本中のみならず世界の子どもたちに親しまれてきました。7冊を愛蔵セットとしてお届けします。

  • 子どもへのまなざし

    子どもにとっての乳幼児期は、人間の基礎をつくるもっとも重要な時期です。児童精神科医の著者が、臨床経験をふまえて乳幼児期の育児の大切さを語る、育児に関わる人の必読書です。

新着情報

新刊

みどころ紹介

ユーザーレビュー

  • ハッと息をのむすごさ

    5.0

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳、女の子6歳

    11歳の息子と読みました。 近隣の図書館で小学校5年生に紹介した本との事で、 題名も表紙もこれはいけそうだと思い息子と読みましたが、 予想以上のすごいの一言! 特に前半部分はパッとしないシュバルさんの生い立ちに、 特にこれといった感動もなく、淡々と過ぎていく展開なのですが、 ここぞというときに実物を見せられた衝撃は...続きを読む

  • 動物たちの冬支度

    5.0

    森の動物たちがみんなで冬支度です。 冬支度に必要なものを買うのに、どんぐりがお金の代わりとなっているところに秋らしさを感じました。 くまくんとやまねくんがプレゼントするために、やっとの思いでどんぐりを集めて行ったら、「うりきれ、ありがとう」の貼り紙と、お店が閉店してしまっていたのにはどきりとしましたが、森の動物たちの思いやりとわかって...続きを読む

  • しつけ絵本ではないと思う

    4.0

    レビューに、子どもを寝かせるための躾の絵本と捉えてる方があって驚きました。 私は、そういう狭いものではなく、言葉のリズムが楽しかったり、独特の貼り絵のデザインが面白かったり、親子のコミュニケーションツールとして、もっと大らかなものとして感じていたので、怖がらせるという感覚はまったくなく、親子で一緒に楽しんだ感じです。 時には、...続きを読む

  • 忘れられない呪文

    4.0

    ちょっと怖いな…と思いながら、どんどん物語の世界に入っていきます。 我が子が4.5歳のころよく読みました。 妖怪の世界で遊んで帰ってくるところは、和風『かいしゅうたちのいるところ』という感じです。 子どもたちも、私も、”めっきらもっきら…”の楽しい呪文を覚えてしまい、何十年もたった今でも、自然に最後まで、唱えきることができま...続きを読む

  • 娘が9ヶ月のときに手にした、娘にとってはじめてのうさこちゃんの絵本です。あまり深く考えずに夏だったのでこちらを選びましたが、ちょうど一歳頃が対象でした。 おとうさんに海に連れて行ってもらって、たっぷり遊んで、帰り道は疲れて眠ってしまう。シンプルながら、ストーリーとしてまとまっています。また、文章(訳)の日本語が美しいと感じる一冊で、...続きを読む

全ページためしよみ
年齢別絵本セット