注目の作品!

【福音館書店】イチ押しの作品をご紹介

  • キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2

    キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2

    作:角野 栄子
    画:佐竹 美保
    出版社:福音館書店

    わたし、魔女になりたいってわかるのかな? 人間の男の人オキノさんと、魔女のコキリさんのあいだに生まれた女の子、キキ。将来、魔女として活躍するキキが、赤ちゃんから10歳の女の子に成長していくまでを、黒猫の相棒ジジとの関わりを中心に描きます。魔女の娘として育ったキキは、どのように、魔女になる決意をするのでしょう。はたしてジジは「魔女猫」...続きを読む

  • おうさま

    おうさま

    文・絵:ディック・ブルーナ
    訳:まつおか きょうこ
    出版社:福音館書店

    恋する娘のために冠をはずした王さまのお話。 昔、ガラスでできたお城に、ちいさな王さまが住んでいました。王さまは、庭師の娘に恋をします。「君が女王さまになってくれたらいいと思うんだけど」でも、おつきの者たちは大反対。そんな娘はいけません、その子は冠を持っていません! と。そこで王さまは考えました。「そうだ、僕が王さまをやめればいいんだ...続きを読む

出版社おすすめ

  • ぐりとぐらの絵本7冊セット

    なかよし野ねずみのぐりとぐらが、野原や山を元気いっぱいかけまわる楽しいお話。シリーズ初作『ぐりとぐら』以来、全作品が常にトップセラーを続け、日本中のみならず世界の子どもたちに親しまれてきました。7冊を愛蔵セットとしてお届けします。

  • 子どもへのまなざし

    子どもにとっての乳幼児期は、人間の基礎をつくるもっとも重要な時期です。児童精神科医の著者が、臨床経験をふまえて乳幼児期の育児の大切さを語る、育児に関わる人の必読書です。

ユーザーレビュー

  • 子供の気持ちを代弁

    5.0

    息子も電車を見るのがすきです。 この絵本で改めて、子供って色々な角度から電車を見たいんだな、と気づかされました。 下からとか、建物の隙間からとか・・・。 大人はついつい見晴らしのいいところから見るものだと思ってしまいがちですよね。 最後のページのカーテンを開けて見る夜の電車も、息子は気に入ったようです。 子供の気持ちを代弁し...続きを読む

  • 絵本選びに悩む中、図書館の返却棚においてある絵本なら、誰か借りている絵本なので、おすすめなのかもしれないと思い、読んでみた絵本です。 道具を使って食べることがなかなかうまくいかない描写はよいのですが、最後のシーンはいかがなものかと・・・ お料理がおいしく見えない上に、マナーがよくないです。 料理を残さず完食する姿勢はよいと思...続きを読む

  • クリスマスシーズンの時、クリスマスの絵本でおすすめは何だろう? 子供が大きくなった時、読み聞かせるのはどの絵本がよいのだろう?と思い、この絵本を手に取りました。 「ぐりとぐら」シリーズは自分が小さい頃に読んだ記憶があり、この絵本も読んでみると記憶が蘇りました。 小さい頃は、純粋にお話を楽しめました。 しかし、大人になるとそうで...続きを読む

  • 思い出は、でかかった

    4.0

    小さい頃、読んだ絵本で、一番記憶に残っている絵本。 それは「ぐりとぐら」でした。 さすがに、細かい内容を覚えていないので、読んでみることにしました。 手に取ると、その絵本の大きさに驚きました。 記憶にある絵本より小さい・・・ そして、読み進めると・・・カステラも小さい! カステラはかなり印象的に記憶に残っているのですが、そこま...続きを読む

  • ほのぼのした世界

    4.0

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、男の子2歳

    こぐまのたろがお友達と遊んだり、きいちごを取りに行ったり、お母さんにきいちごでお菓子を作ってもらったりする様子を描いたお話です。ほのぼのしています。たろとお友達がかくれんぼをするページでは、ちょっとした絵探しが出来ます。 2歳の息子にはあまり響かなかったようですが、とてもやさしい絵本でした。...続きを読む

全ページためしよみ
年齢別絵本セット