注目の作品!

【福音館書店】イチ押しの作品をご紹介

    目の見える人と見えない人が、「楽しい」を共有できる絵本!

  • てんじつき さわるえほん ぞうくんのさんぽ

    てんじつき さわるえほん ぞうくんのさんぽ

    作・絵:なかの ひろたか
    レタリング:なかの まさたか
    出版社:福音館書店

    子どもたちに大人気のロングセラー『ぞうくんのさんぽ』の物語の楽しさに、触る楽しさが加わりました。目の見えない人も見える人も、ともに読む喜びを味わえる絵本です。

  • 「わたし」の家に子猫がきた。名前は「くろ」。早く仲良くなりたいな

  • わたしのこねこ

    わたしのこねこ

    文:澤口たまみ
    絵:あずみ虫
    出版社:福音館書店

    子猫が家にやってきた! 名前は「くろ」。はやく仲良くなりたいな。先住猫とのやりとりを見て、毎日一緒にすごすことで、「くろ」のきもちが少しずつわかってきて……。

出版社おすすめ

  • ぐりとぐらの絵本7冊セット

    なかよし野ねずみのぐりとぐらが、野原や山を元気いっぱいかけまわる楽しいお話。シリーズ初作『ぐりとぐら』以来、全作品が常にトップセラーを続け、日本中のみならず世界の子どもたちに親しまれてきました。7冊を愛蔵セットとしてお届けします。

  • 子どもへのまなざし

    子どもにとっての乳幼児期は、人間の基礎をつくるもっとも重要な時期です。児童精神科医の著者が、臨床経験をふまえて乳幼児期の育児の大切さを語る、育児に関わる人の必読書です。

ユーザーレビュー

  • とにかく面白い

    5.0

    おばけやさんにハマった息子に、同じ作家さんの違う作品を、と思って選んだのがこちら。 タイトルとは想像つかないような面白さです。いやいや、ありえへんて。ってことが山盛りで純粋に面白いです。 〜してはいけないこと。などの前半も面白いけど、後半の絵だけの漫画が特に笑えました。息子も声を出して笑っていました。...続きを読む

  • 1年生にオススメです

    5.0

    恐竜好きの1年生の息子と読みました。 息子もちょうど学校のさんすうの授業で足し算が始まったばかり。さんすうサウルスと一緒に計算するのが楽しいようでした。 途中から、掛け算が出てきたりと、難しくなるのですが、まだ解けなくても、さんすうを使っていろんなことができるんだ!ということが子供にも理解できたようでよかったです。 息子も繰り返し読...続きを読む

  • ものの中身

    5.0

    このお話はいろいろなものの中身をエックス線で写した感じで中身を見る絵本でした。身近なものの中身なので子供も私も中身が意外な感じになっている様子が知れてびっくりさせられました。この絵本は学校でも紹介されたみたいで、子供は読んだ後だったのでうれしかったみたいです。...続きを読む

  • みんなで完成

    5.0

    • ほっこり日和さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子7歳、男の子5歳、女の子2歳

    5歳の息子が図書館で見つけてきました。 何もないところから、1着のお気に入りのズボンが出来上がっていく、とっても素敵なお話。 ぱっと見、文字が多いように感じた見開きページも、同じリズムでテンポよく読み進んでいける感じです。 長く読まれてる絵本。 小学校で読む絵本候補に追加!...続きを読む

  • いたずら好きな神様

    4.0

    小さい頃読んだ昔話では、夫婦が貧乏神に情が湧いてしまい、福の神が来ても貧乏神を取る、というお話だった気がするのですが、この本の貧乏神さまはイタズラ好きで、厄介者の招かれざる客。 でも夫婦は自分たちに非があった事に気付き、そこからは福の神に頼る事なく自分たちで道を切り開いてゆきます。 ため息をついていたら幸せが逃げていくというのは、もし...続きを読む

全ページためしよみ
サイン本販売中