注目の作品!

【福音館書店】イチ押しの作品をご紹介

  • キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2

    キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2

    作:角野 栄子
    画:佐竹 美保
    出版社:福音館書店

    わたし、魔女になりたいってわかるのかな? 人間の男の人オキノさんと、魔女のコキリさんのあいだに生まれた女の子、キキ。将来、魔女として活躍するキキが、赤ちゃんから10歳の女の子に成長していくまでを、黒猫の相棒ジジとの関わりを中心に描きます。魔女の娘として育ったキキは、どのように、魔女になる決意をするのでしょう。はたしてジジは「魔女猫」...続きを読む

  • おうさま

    おうさま

    文・絵:ディック・ブルーナ
    訳:まつおか きょうこ
    出版社:福音館書店

    恋する娘のために冠をはずした王さまのお話。 昔、ガラスでできたお城に、ちいさな王さまが住んでいました。王さまは、庭師の娘に恋をします。「君が女王さまになってくれたらいいと思うんだけど」でも、おつきの者たちは大反対。そんな娘はいけません、その子は冠を持っていません! と。そこで王さまは考えました。「そうだ、僕が王さまをやめればいいんだ...続きを読む

出版社おすすめ

  • ぐりとぐらの絵本7冊セット

    なかよし野ねずみのぐりとぐらが、野原や山を元気いっぱいかけまわる楽しいお話。シリーズ初作『ぐりとぐら』以来、全作品が常にトップセラーを続け、日本中のみならず世界の子どもたちに親しまれてきました。7冊を愛蔵セットとしてお届けします。

  • 子どもへのまなざし

    子どもにとっての乳幼児期は、人間の基礎をつくるもっとも重要な時期です。児童精神科医の著者が、臨床経験をふまえて乳幼児期の育児の大切さを語る、育児に関わる人の必読書です。

ユーザーレビュー

  • 日常

    4.0

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子7歳、女の子5歳、女の子1歳

    こぶたのピクルスの日常が綴られます。 いいことがあるとみんなに言いたがるとか一生懸命なところとか目の前のことしか見えなくなってしまうとかいろいろと小さな子にはありがちだよねーと読んでいて思いました。 1年生の子の1人読み用に借りてきました。うちの子の反応はまあ普通でした。 私としてはほのぼのよかったです。...続きを読む

  • 絵本の醍醐味として読んで!

    5.0

    チムシリーズ全10巻の完結本の後に出された別巻です。 なのでチムの絵本は結果的には全11巻ですね。 チムの両親にジンジャーにチムのまわりの人々が描かれていすので,それもまたよいな〜と思いました。 大人目線親目線では,チムの両親は我が子に関して,なんと言うのでしょう,放任というか好きにさせているというか各々の個人を尊重している家庭なの...続きを読む

  • へらこいぎつねとごんべえだぬき

    5.0

    へらこいぎつねとごんべいだぬきのばけくらべが、面白いと思いました。化ける時の勢いやスピード感が出ていて魅入ってしまいました。化けるのを楽しみにして勝ったり負けたりしているだろうなあと想像してしまいました。ごんべいだぬきは、仲間と一緒になってチームワークのよさや、仲間を頼っているのが賢いかなあと思いました。...続きを読む

  • 繊細な刺繍画

    5.0

    表紙の繊細な蝉の刺繍画に魅せられて図書館から借りてきました。アイヌの民話で、六代の人の世を生きてきたおばあさんの予言で、海津波と山津波が一つになり、大津波となってやってくると歌を歌って伝えたのですが、耳を傾けた上の台地のリペシカ・コタンの人々は助かったのですが、下の台地のランペリカ・コタンの人々とあばあさんは押し流されてしまいました。海の...続きを読む

  • 大岡越前の裁き

    5.0

    江戸の町人は、裏表がなくさっぱりした気性で、その上気が短い左官職人の金太郎と、畳職人の吉五郎の意地のはりあいを大岡越前守が裁いた一席に、「う〜〜ん」と、感心しっぱなしの私でした。お金よりも自分の意地に命をかける江戸っ子の心意気。私にはできそうもないけれど美談だと思いました。講談が芝居になったり、映画、テレビドラマになったして私もテレビでド...続きを読む

全ページためしよみ
年齢別絵本セット