注目の作品!

【福音館書店】イチ押しの作品をご紹介

  • クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ

    クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ

    文・絵:樋勝 朋巳
    出版社:福音館書店

    ついに登場! クネクネさんシリーズ第三弾 第一作『きょうはマラカスのひークネクネさんのいちにちー』刊行当初から幅広い年代のファンを獲得した樋勝朋巳さんの「クネクネさんシリーズ」の第三弾がいよいよ登場。今回は、なんとクネクネさんの職業が明らかになります。もちろんフワフワさんやブティックシマさんなど、おなじみの仲間たちも登場(登場人数は...続きを読む

  • おうさま

    おうさま

    文・絵:ディック・ブルーナ
    訳:まつおか きょうこ
    出版社:福音館書店

    恋する娘のために冠をはずした王さまのお話。 昔、ガラスでできたお城に、ちいさな王さまが住んでいました。王さまは、庭師の娘に恋をします。「君が女王さまになってくれたらいいと思うんだけど」でも、おつきの者たちは大反対。そんな娘はいけません、その子は冠を持っていません! と。そこで王さまは考えました。「そうだ、僕が王さまをやめればいいんだ...続きを読む

出版社おすすめ

  • ぐりとぐらの絵本7冊セット

    なかよし野ねずみのぐりとぐらが、野原や山を元気いっぱいかけまわる楽しいお話。シリーズ初作『ぐりとぐら』以来、全作品が常にトップセラーを続け、日本中のみならず世界の子どもたちに親しまれてきました。7冊を愛蔵セットとしてお届けします。

  • 子どもへのまなざし

    子どもにとっての乳幼児期は、人間の基礎をつくるもっとも重要な時期です。児童精神科医の著者が、臨床経験をふまえて乳幼児期の育児の大切さを語る、育児に関わる人の必読書です。

ユーザーレビュー

  • 楽しい!

    5.0

    緑色のたねたちとメロンあめのユニークなやりとりが表情豊かでとても面白かったです。できあがったエンドウ豆、どれくらいあまいのかな?など、色々と想像が膨らみました。寝る前の読み聞かせで、「もっかい読んで〜」と何度も言われてしまいました^^...続きを読む

  • 正直、全く期待しないで手に取った本でしたが、

    5.0

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子5歳、男の子3歳、女の子0歳

    何てええ話や…。馬とロバではこうも扱いが違うのは何故だろう?いづれにしても元の飼い主のところに戻ってこれたナポレオンは幸せ者です。カラスにも優しかったナポレオン。善い行いは、ちゃんと誰かが見ていてくれているのですね。...続きを読む

  • 正直、全然期待しないで図書館から借りてきましたが、

    5.0

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子5歳、男の子3歳、女の子0歳

    個人的に最高に面白い絵本だと思うのですがどうでしょうか。一ページ目で「Mr.マリックかよ」と突っ込んだのも束の間、その更に更に想像の上を行くナイフの形状の変化に私は驚きを隠せませんでした。出来るだけ多くの方に手にとって欲しいなと思った絵本です。...続きを読む

  • うみぼうず!

    5.0

    うみぼうずといえば妖怪なので、ぐりとぐらにでてくるイメージがなかったのですが、見て納得。なんて、やさしそうな、おだやかなかうみぼうず! うみぼうずに泳ぎを教えてもらったりする場面、楽しそうでいいなあ、と。 しんじゅの灯台も素敵だし、夏にぴったりのお話でした。...続きを読む

  • 怖いナンセンス

    5.0

    海から(?)手が出てきて、いろんなものを引きずりこんでいきます。 車や動物やジェット機まで引きずりこんでいきます。 このあたりまでは、ナンセンスとして傍観していたのですが、生身の人間を引きずりこむにいたっては、ブラックユーモアの域を越えてしまいました。 何でこんなことをするのか分からない理不尽さ。 おまけに、誰にも言うなと決め台詞...続きを読む

全ページためしよみ
年齢別絵本セット