注目の作品!

【福音館書店】イチ押しの作品をご紹介

    目の見える人と見えない人が、「楽しい」を共有できる絵本!

  • てんじつき さわるえほん ぞうくんのさんぽ

    てんじつき さわるえほん ぞうくんのさんぽ

    作・絵:なかの ひろたか
    レタリング:なかの まさたか
    出版社:福音館書店

    子どもたちに大人気のロングセラー『ぞうくんのさんぽ』の物語の楽しさに、触る楽しさが加わりました。目の見えない人も見える人も、ともに読む喜びを味わえる絵本です。

  • トラウマと向き合う精神科医が、自身の経験も交えてつづる子育てのヒント。

  • ははがうまれる

    ははがうまれる

    著者:宮地 尚子
    絵:呉 夏枝
    出版社:福音館書店

    多くの人のトラウマと向き合ってきた精神科医が、自身の経験や専門知識も交えてつづる、子育てのヒント。月刊誌「母の友」連載時に多くの共感を呼んだエッセイです。

出版社おすすめ

  • ぐりとぐらの絵本7冊セット

    なかよし野ねずみのぐりとぐらが、野原や山を元気いっぱいかけまわる楽しいお話。シリーズ初作『ぐりとぐら』以来、全作品が常にトップセラーを続け、日本中のみならず世界の子どもたちに親しまれてきました。7冊を愛蔵セットとしてお届けします。

  • 子どもへのまなざし

    子どもにとっての乳幼児期は、人間の基礎をつくるもっとも重要な時期です。児童精神科医の著者が、臨床経験をふまえて乳幼児期の育児の大切さを語る、育児に関わる人の必読書です。

ユーザーレビュー

  • この絵本を手に、山手線一周の旅へ

    5.0

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子20歳、女の子16歳

    今手元にあるのは、「特別復刻版」として2016年に出版された 「こどものとも」の復刻版です。 詳しいことは本書の編集部からの後書きを読んでください。 この後書きを読んでも、鉄道には詳しくない自分には、どこがどう違っているのかわかりませんが、 違っていることがわかっていてもいい作品だから、こういう形で復刻します。という注意書きをあえ...続きを読む

  • 一緒に

    5.0

     乗り物大好きな息子が大好きな絵本です。「がたん、ごとん」「のせてくださーい」このフレーズの繰り返しに思わず一緒になって読んでくれました。絵本が終わっても,「がたん、ごとん」「のせてくださーい」とおもちゃをみたてて遊ぶほどでした。小さい子どもにとって簡単なくりかえしって楽しいのでしょうね。...続きを読む

  • 本物みたい

    4.0

     絵が素晴らしいの一言につきます。ほんものそっくり。思わず食べたくなってしまいます。まだ,本物を食べることができなくても,「あっ、あっ」と指さして喜んでいました。特に大好きなスイカのページはぼろぼろです。...続きを読む

  • ロッカーなおじいちゃん

    4.0

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    コトノハは全身真っ赤なロックを歌うロッカーなおじいさん、シュガーに出会います。 シュガーのことが気になり、コトノハはシュガーについて夏休みの自由研究にしようと考えます。面白い自由研究ですね、なかなかなさそう。 作中でもつっこまれていましたが、みんなけっこうややこしいこと考えますねー。ひこ・田中さんの作品はそういったキャラが多い気がしま...続きを読む

  • 音に着目!

    5.0

    ある日の食卓の食べ物の音たちのお話です。 出て来る料理が家庭で作れるものばかりで,気取ったものがないのがとても共感を持って読むことができよかったです。 素材によって様々な音がして味わいがある,食育にもつながる絵本のようにも思いました。 食べ物の「おと」に着目するのも何だか新鮮でよかったです。...続きを読む

全ページためしよみ
サイン本販売中