注目の作品!

【福音館書店】イチ押しの作品をご紹介

出版社おすすめ

  • ぐりとぐらの絵本7冊セット

    なかよし野ねずみのぐりとぐらが、野原や山を元気いっぱいかけまわる楽しいお話。シリーズ初作『ぐりとぐら』以来、全作品が常にトップセラーを続け、日本中のみならず世界の子どもたちに親しまれてきました。7冊を愛蔵セットとしてお届けします。

  • 子どもへのまなざし

    子どもにとっての乳幼児期は、人間の基礎をつくるもっとも重要な時期です。児童精神科医の著者が、臨床経験をふまえて乳幼児期の育児の大切さを語る、育児に関わる人の必読書です。

ユーザーレビュー

  • ねずみさんのおうちの大掃除。外に出しておいた家具を見て、動物たちが次々と家具をほめ、気のいいねずみさんは家具を次々とあげてしまいました。先にもらった人が他の動物さんに自慢したのかしら?必要なものまであげてしまって、大丈夫かな?と心配になってしまいましたが、最後は心がほっとする終わり方でした。人に親切にすると自分に返ってくるというのが伝わる...続きを読む

  • 哲学的・・・かな?

    4.0

    主人が子供のころに読んだそうで、「あらすじ」だけ先に知っていました。 ようやく図書館で見つけたので借りてきました。 文字は少なく、イラストを見ながら空想をふくらませて読む絵本。 とても哲学的だなぁと思いました。 子どものころ読んだ主人は、「すごく暗い本」という印象を持っていたようです。 同じくささきさんの「ムッシュムニエ...続きを読む

  • 楽しくて可愛くて、何気に学べる♪

    5.0

    有名な絵本?タイトルや表紙だけは知ってるのですが、 今更小学生になって借りる本じゃないかな?と何となく避けてました。 ところがふと目にした図書館の 中学年お読み聞かせお勧めリストにも入ってる。 小4で水道とか水について学ぶからのようです。 しずくが色々な場所に冒険行くのですが、 寒いところではつららや氷の結晶になった...続きを読む

  • よく分かる!新幹線の裏側

    5.0

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、男の子4歳

    つばさくんとなすのちゃんというきょうだいが、家族で東京駅から秋田まで新幹線で旅するお話です。子どもたちの名前がまさに新幹線ですね。 読んでいくと、新幹線どのように運行されているのかがよく分かります。駅のホームの下には、クリーンスタッフの控室や道具置き場があるんですね。びっくりでした。新幹線の運転席の説明も詳しくて面白かったです。 いろ...続きを読む

  • 子供達も感じ方がそれぞれ

    4.0

    5歳の息子と3歳の娘に読んであげた後、感想を話し合うと、息子は「遊んでる途中になんで考えこんで悲しそうな顔をするのかがわかんない 」と言い、娘は「けっこんして、ずっといっしょにいれるから嬉しかった!」と言いました。 単純で可愛い男の子らしい感想と、3歳なのにこの世界観をしっかり理解しているおませな娘の感想に思わず笑みがこぼれました。 ...続きを読む

全ページためしよみ
サイン本販売中