注目の作品!

【福音館書店】イチ押しの作品をご紹介

  • キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2

    キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2

    作:角野 栄子
    画:佐竹 美保
    出版社:福音館書店

    わたし、魔女になりたいってわかるのかな? 人間の男の人オキノさんと、魔女のコキリさんのあいだに生まれた女の子、キキ。将来、魔女として活躍するキキが、赤ちゃんから10歳の女の子に成長していくまでを、黒猫の相棒ジジとの関わりを中心に描きます。魔女の娘として育ったキキは、どのように、魔女になる決意をするのでしょう。はたしてジジは「魔女猫」...続きを読む

  • おうさま

    おうさま

    文・絵:ディック・ブルーナ
    訳:まつおか きょうこ
    出版社:福音館書店

    恋する娘のために冠をはずした王さまのお話。 昔、ガラスでできたお城に、ちいさな王さまが住んでいました。王さまは、庭師の娘に恋をします。「君が女王さまになってくれたらいいと思うんだけど」でも、おつきの者たちは大反対。そんな娘はいけません、その子は冠を持っていません! と。そこで王さまは考えました。「そうだ、僕が王さまをやめればいいんだ...続きを読む

出版社おすすめ

  • ぐりとぐらの絵本7冊セット

    なかよし野ねずみのぐりとぐらが、野原や山を元気いっぱいかけまわる楽しいお話。シリーズ初作『ぐりとぐら』以来、全作品が常にトップセラーを続け、日本中のみならず世界の子どもたちに親しまれてきました。7冊を愛蔵セットとしてお届けします。

  • 子どもへのまなざし

    子どもにとっての乳幼児期は、人間の基礎をつくるもっとも重要な時期です。児童精神科医の著者が、臨床経験をふまえて乳幼児期の育児の大切さを語る、育児に関わる人の必読書です。

ユーザーレビュー

  • 絵が美しい

    5.0

    お馴染みのグリム童話「ねむりひめ」です。表紙の絵が美しいので手にとって見惚れてしまいました。ねむりひめも青白く美しく描かれています。 ページを捲るのもやっぱり絵を眺めるのが楽しみでいつまでも眺めていたくなりました。美術館で絵画の鑑賞をしているような気分でした!...続きを読む

  • バナナが黒くなるのは?

    5.0

    バナナってちょっと変わった果物ですね。 そういえば種はないし?皮も他の果物とはちょっと違う。 あらためてこの本を読んで、関心した部分がたくさん ありました。あとがきも読むとさらにバナナの謎がさらに わかります。 読み聞かせに良い絵本だと思います。時間も5分ほどで 読み終わる絵本です。...続きを読む

  • 作者の伊澤雅子さんは ねこが好きなんですね! うちの隣の人もネコ好きで 家にネコが4匹いるんです  みんな子どもが生まれないように 動物病院で手術しているそうです 我が家の前にもノラネコがいます   ひなたぼっこして寝ている姿をよく見かけます 車の下に入ったり ただ・・・・ 我が家の敷地に しっこやウンチされて 臭くて困りました ど...続きを読む

  • 幸せをプレゼントしてもらえたロバ

    4.0

    雪の降るクリスマスの前の夜 ロバは一人淋しく 雪の中にいました    友達がいないのです そんな夜 サンタクロースがやって来て 足を痛めた トナカイの代わりに「ロバにトナカイの代わりになってほい」と頼んだのです もちろん ロバは 引き受けました ロバのおかげで サンタクロースは 子ども達にクリスマスプレゼントを届けることができたの...続きを読む

  • 一本の鉛筆に関わった人たち

    5.0

    鉛筆の芯はスリランカから来た黒鉛、木の部分はアメリカから来た製材、そしてそれらの材料に関わった人たちがいる。 この絵本に書かれた連想の広がりはすごいと思います。 材料を運送するのに関わった人たち、材料を鉛筆に仕上げた人たち、そして自分の手元に届くためにはお店の人もいる。 一本の鉛筆を題材に、社会の仕組みを考えるきっかけにする、素晴ら...続きを読む

全ページためしよみ
年齢別絵本セット