注目の作品!

【福音館書店】イチ押しの作品をご紹介

出版社おすすめ

  • ぐりとぐらの絵本7冊セット

    なかよし野ねずみのぐりとぐらが、野原や山を元気いっぱいかけまわる楽しいお話。シリーズ初作『ぐりとぐら』以来、全作品が常にトップセラーを続け、日本中のみならず世界の子どもたちに親しまれてきました。7冊を愛蔵セットとしてお届けします。

  • 子どもへのまなざし

    子どもにとっての乳幼児期は、人間の基礎をつくるもっとも重要な時期です。児童精神科医の著者が、臨床経験をふまえて乳幼児期の育児の大切さを語る、育児に関わる人の必読書です。

  • わたしのかさはそらのいろ

    女の子が青い傘をさして「わたしの かさは そらの いろ あめの なかでも いい てんき」と歌ってると、動物たちが「いーれて」と言いながらとびこんできました。

  • ごはん

    ごはん

    作:平野 恵理子
    価格:¥1,400+ 税

    • ためしよみ

    とろりとケチャップのかかったオムライス、どーんとカツ丼! おすしにおむすび・・・おいしいご飯が並んでいます。さあ、どれを食べよう!? 幸せいっぱいな絵本です。

  • のっていこう

    のっていこう

    作:木内 達朗
    価格:¥800+ 税

    今日はお父さんとおでかけ。三つの乗りものに乗っていくんだって。最初に乗るのはバス。大きな駅に着くと、そこからは空港に行くモノレールも出ているけれど、ぼくたちが乗るのは電車。海辺を走る電車からは海を行く船も見える。小さな駅で降りると次に乗るのは……。主人公たちと一緒に様々な乗り物を体験しながら、おでかけしている気分になること請けあいの絵本です。

  • わたしのうさぎ ハッピー

    さくらのうさぎがある日骨折。なぜ、こうなったの?どう対応すればいいの?さくらとうさぎの日々を描き、うさぎの飼育方法や習性、骨折と治療法などにもふれる科学絵本。

出版社エディターブログ

『うさこちゃんのたんじょうび』が大型絵本になりました!

2015年4月9日 10時2分  

今年で誕生から60年をむかえる“うさこちゃん”。

誕生60周年を記念して、『うさこちゃんのたんじょうび』が大型絵本(25×25センチ)になって登場です
メッセージカードとシールが特別付録として付いているので、贈り物にもぴったりの絵本ですよ。

また、誕生60周年記念「ミッフィー展」が4/15(水)から松屋銀座にて開催されます。
その後も、名古屋、大阪、神戸、福岡など全国を巡回予定です。

詳しくは、下記のサイトをご覧ください。
http://www.miffy60-exhibition.jp/#top

『うさこちゃんのたんじょうび』が大型絵本になりました!

ユーザーレビュー

  • 迷って…

    4.0

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    道に迷った面々が次々と持ち主不明な家に「とんとんとめてくださいな」とやってきます。持ち主の正体は家の中のものを見ていると、なんとなく分かるかな。持ち主は謎のままではなく、最後にしっかりと登場します。 こどもはハラハラドキドキするのでは?...続きを読む

  • おめでとうの気持ち

    4.0

    「おめでとう」という優しい気持ちが、いっぱい込められた素敵なクッキーが出来上がりましたね。 こんなクッキーをプレゼントしてもらったら、もう嬉しくて嬉しくてたまらないことでしょう。 個性的なデコレーションも、楽しかったです。...続きを読む

  • みまもられて

    5.0

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     母親が一心につくってくれた真っ白のシャバットドレス。 重い荷袋を背負う老人を助けて、後ろから押してあげたところを読みながら その後のことを誰もが想像したでしょう。 でも当の本人は、気づかなかった。 子どものこころは、本当に無垢、真っ白そのものです。  お星さまでなく、お月さまがその汚れを洗ってくださる… とても予想外でしたが...続きを読む

  • あ・・・行っちゃった・・・。

    5.0

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子3歳

    3歳の娘が図書館から借りてきました。 きいろい小鳥が牧場にきて、 いろんな動物と触れ合います。 てっきり、みんなと仲良くなってここに居つくかと思いきや、 最後にあっさりと飛んでいってしまったことり。 これは意外でした。 娘も、 「あ・・・行っちゃった・・・。」 いろんな動物が出てきて楽しかったけど、 ...続きを読む

  • ふしぎなせかい

    3.0

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     絵本の左側から登場、そして右側へ退場してゆく。 象眼切り絵のふしぎな光の空間は、大きく情景が変化することで ページを繰る楽しみを引き出していくのだろう、素人ながら思う。 ドングリの森、池、崖、穴、雪、雪だるまと 背景設定は変化してゆくけれど、 ご主人とその取り巻きのシルエットに変化は乏しい。 あぁ、これはおもちゃの世界か…い...続きを読む

全ページためしよみ
サイン本販売中