くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
タラとベラ〜なかよしになったゾウとイヌ〜
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

タラとベラ〜なかよしになったゾウとイヌ〜

  • 絵本
作: キャロル・バックレー
訳: 小錦 八十吉
出版社: 産業編集センター

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「タラとベラ〜なかよしになったゾウとイヌ〜」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年09月
ISBN: 9784863110465

B5変型判 32ページ

出版社からの紹介

年老いた象たちがのんびりすごせる場所、それがエレファント・サンクチュアリ。
サーカスなどで20年働いたタラは、この場所の第一号の住民になりました。
タラは、後から入ってきた象たちとなかなかうちとけようとしませんでしたが、
森に迷いこんできたのら犬のベラとは、ひょんなことから大の仲良しに。
それからは、何をするのも一緒。
ご飯を食べるのも一緒。
散歩をするのも一緒。
ある日のこと、ふと気づくとあたりにベラが見当たりません。
いったいどこへ行ってしまったのでしょう。。。。。

この物語は、種類の違う動物たちの、友情の物語です。

書評より
―「異種間の友情物語がたくさんの人の心を動かした!」― 「ピープル」誌

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『ねこすけくん なんじにねたん?』木田哲生さん、 伊東桃代さん、さいとうしのぶさん インタビュー

タラとベラ〜なかよしになったゾウとイヌ〜

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット