バスていよいしょ バスていよいしょ
作: 重松 彌佐 絵: 西村 繁男  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
よいしょ、よいしょ・・・「そち何をしておる!」さて誰がやってきた?
絵本ナビでしか買えない!自慢したくなる『ねないこだれだ』グッズ
アリー・ババと四十人のとうぞく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

アリー・ババと四十人のとうぞく

作: ぬたはらのぶあき
絵: かねこしずえ
出版社: らくだ出版

本体価格: ¥1,380 +税

「アリー・ババと四十人のとうぞく」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

千一夜物語の中でも秀逸なお話

 「千一夜物語」の中のアリー・ババのお話を絵本にしています。絵は、切絵で表現されていて、アラビアのエキゾチックな世界観がよく伝わってきます。
 お話は、すごく面白くて、とにかく惹き込まれずにはいられません。でも、とても長いので、小学校中学年以上向けでしょうか。
 お馴染みの「ひらけ、ごま」のフレーズが出てくるお話と言った方が、皆さんにはわかるかも知れません。
 アリー・ババの家で、はじめは召使として育てられていたマルジャーナという、おそろしく頭のいい娘に、アリー・ババが何度も助けられるくだりは、圧巻です。前半は、盗賊の秘密の宝の洞穴を見つけるお話。後半は、彼女のサクセスストーリーのような印象も受けました。
 「千一夜物語」だけに、大人にとっても、眠れなくなるほどの面白さです。
(はなしんさん 30代・ママ 女の子8歳、男の子6歳)

出版社おすすめ




『1日7分の絵本で子どもの頭はみるみる良くなる!』浜島代志子さん×金柿代表

アリー・ババと四十人のとうぞく

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット