まるまるまるのほん まるまるまるのほん まるまるまるのほんの試し読みができます!
作・絵: エルヴェ・テュレ 訳: 谷川 俊太郎  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
「きいろいまるを おして つぎへ いこう」言葉に導かれて、ページをめくっていくと・・・? フランス発・ポップな色づかいがオシャレな絵本です。
なーお00さん 30代・その他の方

大人でも楽しい!
こんな絵本、見たことない! 大人の私…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
アリー・ババと四十人のとうぞく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

アリー・ババと四十人のとうぞく

作: ぬたはらのぶあき
絵: かねこしずえ
出版社: らくだ出版

本体価格: ¥1,380 +税

「アリー・ババと四十人のとうぞく」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

千一夜物語の中でも秀逸なお話

 「千一夜物語」の中のアリー・ババのお話を絵本にしています。絵は、切絵で表現されていて、アラビアのエキゾチックな世界観がよく伝わってきます。
 お話は、すごく面白くて、とにかく惹き込まれずにはいられません。でも、とても長いので、小学校中学年以上向けでしょうか。
 お馴染みの「ひらけ、ごま」のフレーズが出てくるお話と言った方が、皆さんにはわかるかも知れません。
 アリー・ババの家で、はじめは召使として育てられていたマルジャーナという、おそろしく頭のいい娘に、アリー・ババが何度も助けられるくだりは、圧巻です。前半は、盗賊の秘密の宝の洞穴を見つけるお話。後半は、彼女のサクセスストーリーのような印象も受けました。
 「千一夜物語」だけに、大人にとっても、眠れなくなるほどの面白さです。
(はなしんさん 30代・ママ 女の子8歳、男の子6歳)

出版社おすすめ




『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

アリー・ババと四十人のとうぞく

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット