庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  インタビュー  >  絵本とデジタルの新しい関係へ みらいのえほんプロジェクトチームinterview+デジタルえほんミュージアム見学

絵本とデジタルの新しい関係へ みらいのえほんプロジェクトチームinterview+デジタルえほんミュージアム見学

皆さんは「デジタル絵本」と聞いて、どんなイメージを持ちますか?
「興味はあるけれど、どれが良いか分からなくて…」「外出先で遊べると便利」「やっぱり絵本は紙の方が良い…」など、いろんな考えがあると思います。
「デジタルかアナログ、どちらが優れているかではなく、想像力やコミュニケーション力を育むツールとして可能性を生み出したいと思った」。みらいのえほんプロジェクトのみなさんは、今回の取材でそう語ってくれました。今回、絵本ナビ事務局長カナガキが、「デジタルえほんミュージアム」を見学し、デジタルとアナログの新たなつながりをレポートします。

デジタルえほんミュージアム、2013年1月23日オープン!

我々、絵本ナビスタッフは、2013年1月23日にオープンした、「デジタルえほんミュージアム」にお邪魔して、ライブラリーの中をひと足先に見せていただきました。

市ヶ谷駅近くの外堀通り沿い、DNP市谷田町ビル地下1階から2階にあるコミュニケーションプラザ「ドット DNP」。
「デジタルえほんミュージアム」はその地下1階部分を大きく使った施設としてオープンしました。


コミュニケーションプラザ
「ドット DNP」

階段を下りると、とっても不思議な空間が!


デジタルえほんミュージアムは、“「本」の未来の「読み手」と「作家」を育む”をコンセプトに、子ども達がデジタル絵本の世界を楽しく体験できる展示やワークショップを開催している空間。
そこは大きく3つのコーナーに分かれていました。

デジタルえほん「tap*rap」シリーズをはじめ、国内外のさまざまなデジタル絵本を楽しむコーナー。
その楽しみ方が今までと一味違い、とてもユニークなんです。

 



さまざまな作家やクリエイターが生み出す夢や想像力あふれる作品にふれるコーナー 



子ども達の想像力や表現力を育む「デイリー」「スペシャル」の2つのワークショップで、「つくる」を体験するコーナー。

出版社おすすめ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!
【3歳】絵本ギフトセット

作品紹介

(デジタル)tap*rapしりとり
出版社:デジタルえほん/大日本印刷
(デジタル)tap*rapへんしん
出版社:デジタルえほん/大日本印刷
(デジタル)tap*rapフォトしりとり
出版社:デジタルえほん/大日本印刷
(デジタル)tap*rapつくるへんしん
出版社:デジタルえほん/大日本印刷
全ページためしよみ
年齢別絵本セット