宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  インタビュー  >  寝ちゃうなんてもったいない!? 新感覚のおやすみ絵本『ねたあとゆうえんち』大串ゆうじさんインタビュー

寝ちゃうなんてもったいない!? 新感覚のおやすみ絵本『ねたあとゆうえんち』大串ゆうじさんインタビュー

ブリキのおもちゃやお店の看板、アドバルーンなど、昭和の雰囲気まんさいのシュールな世界を、細部までぎっしり丁寧に描きこむ画風の大串ゆうじさん。2016年に発売された初めての絵本『しょうてんがいくん』(偕成社)で、「こんな絵見たことない!」「不思議で楽しい」と読者の心をつかみ、着実にファンを増やしています。そんな大串さんの2冊目となる絵本、『ねたあとゆうえんち』(白泉社)が発売されました。絵本の制作にまつわる話を、大串さんにお聞きしました!

ねたあとゆうえんち
著者:大串 ゆうじ
出版社:白泉社

夜、「今日こそ絶対に寝ないぞ」と決めた僕のベッドに「ガチャーン!」と車輪が生えて、町をベルトコンベアーみたいに運ばれた先は!?

子どものころから、細かくきっちり描いた絵を見るのが大好き!

───大串さんは、もともとイラストレーターとしてご活躍されていたそうですが、絵本を描いたきっかけはなんでしたか?

玄光社さんが主催している誌上コンペ「ザ・チョイス」というものがあるんですが、2012年に行われた「第29回ザ・チョイス大賞」で賞をいただいて、その展示会が行われたんです。その展示会で「阿佐ヶ谷君」のイラストを見てくれた編集者さんが、すごく絵を気に入ってくださって、「こういう感じで、絵本が作れますか?」と声をかけていただいて。絵本は描いたことがなかったんですが、ぜひやってみたいという気持ちになって、「やります!」と答えました。


「阿佐ヶ谷君」のイラストは、第29回ザ・チョイス大賞の入賞作品。

───「阿佐ヶ谷君」の絵は、とってもインパクトがありますね! 小さなお店が集まっている感じや看板の文字など、全体的に昭和レトロな感じがあって。それがロボットみたいなキャラクターになっている不思議さと合わさって、「なにこれ!?」とびっくりします。

昭和っぽい商店街とか飲み屋さんの看板とか、そういうちょっとレトロなものがすごく好きで。小さな店がごちゃごちゃあって、おじさんがいっぱいいる路地裏も、ドキドキしちゃうんです。 でも、生まれ育ったのは、イラストにあるような雰囲気の街じゃなくて。それで下町のような雰囲気の場所に憧れがあるんです。小さいころ、父といっしょに東京に遊びに行ったときに、お店がたくさんある商店街の一角で食べた立ち食いそばが、今までで一番おいしかったなって思うくらい(笑)。デパートの屋上にある遊園地も好きでした。そういうちょっとレトロなものを、絵や作品として、なにかやりたいなとずっと思っていたんです。


「大好きなものを描いているときが、一番楽しい」という大串さん。大好きなものについて話しているときは、少年のような笑顔に!

───イラストには、大串さんの憧れや好きなものが詰まっているんですね。

はい、そうですね。小さいころから好きなものが、たくさん入っています。

───小さいころは、どんな遊びが好きでしたか?

レゴブロックで、基地を作るが大好きでした。砂場でも、山を作ってトンネルを掘ったり、基地みたいなものを作ったり。UFOとか、ムー大陸滅亡といった不思議なものも好きでしたね。だからイラストにも、自然と入ってしまいます。

───好きだからこそ、ついつい描いちゃうんですね! 小さいころに好きだった絵本はなんでしたか?

加古里子さんの『海』(福音館書店)の、断面図がすごく好きでした。それと、安野光雅さんの『あいうえおの本』(福音館書店)。不思議なだまし絵みたいなものや、細かくてきっちり描いてある絵に惹かれるんです。その絵を細かく見るのも好きで。

───そうなんですね! 大串さんのイラストを見ると、お二人の影響を受けているのがよくわかります。『ねたあとゆうえんち』も、遊園地のシーンはぎっしりと描きこまれていて、「いったいなにがあるんだろう」と絵を見ているだけでわくわくします。『ねたあとゆうえんち』は、どんなアイデアから生まれたのですか?

小さい子って、眠いのになかなか寝ないので、「なんでだろう?」と思ったんです。もしかしたら、自分が眠った後にもっと楽しいことが待っている気がして、寝るのが悔しいのかなって(笑)。「そんなことが自分もあったなぁ」、「寝るって不思議だなぁ」と考えながら、夜に散歩をしていたときに、子ども部屋の窓にウィーンとベルトコンベアが来て、子どもたちが運ばれていくというシーンが思い浮かんだんです。

───子どもたちが運ばれていく先が、遊園地なんですね。

はい。ずっと描きたいなと思っていた遊園地と、子どもが寝ないのはなぜかという疑問が合体して、寝ちゃうと損する『ねたあとゆうえんち』になりました。

そこに、友だちとお泊まりして夜更かしできるといううれしさや、初めて夜の街を歩いたときの、冒険しているようなわくわくした感じが出るといいなって。それと、ピーターパンが夜の街に向かって窓から飛んで行くシーンが大好きなので、夜遊ぶドキドキ感を入れてみました。

───そんな楽しい発想から、『ねたあとゆうえんち』が生まれたんですね。次のページでは、絵本の制作の様子について聞いてみました!

出版社おすすめ



寝ちゃうなんてもったいない!? 『ねたあとゆうえんち』大串ゆうじさんインタビュー
年齢別絵本セット&学年別児童書セット

大串 ゆうじ(オオクシ ユウジ)

  • 1976年生まれ。茨城県出身。多摩美術大学絵画科油画専攻卒業。卒業後は個展などで作品を発表をしながら雑誌、テレビ、広告、などのイラストレーションで活動。本書がはじめての絵本。おもな受賞に、グラフィックアートひとつぼ展入選(1999年、2002年、2005年)、ターナーアクリルアワード入選(2001年〜2005年)、第29回ザ・チョイス年度賞入賞(2012年)などがある。

作品紹介

ねたあとゆうえんち
著者:大串 ゆうじ
出版社:白泉社
全ページためしよみ
年齢別絵本セット