まじょまつりにいこう まじょまつりにいこう
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
うさぎは、ねこしかさんかできないまじょまつりにいきたくてしかたありません。そうだ!へんそうすればいいんだ。ところが・・・・・・。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
はじまりのとき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はじまりのとき

  • 児童書
著: タィン=ハ・ライ
絵: 代田亜香子
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年06月13日
ISBN: 9784790232889

小学校高学年〜
19.4×13.6mm/286ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

戦火のベトナムをのがれ、難民としてアメリカ合衆国でくらすことになった家族が、あらたに一歩をふみだすまでの1年。英語も話せないままいきなりアメリカにとびこんだ10歳の少女の目でみずみずしく描かれる、戦争、いじめ、隣人、家族……。じーんと心があたたまる物語。2011年全米図書賞児童書部門2012年ニューベリー賞オナーブック受賞

ベストレビュー

住み慣れた土地から引き剥がされるつらさ

この形のこの厚みの本にしては珍しい横書きでした。
そして、日記のような詩のような形式で、文章が
つづられているので、すぐ読めました。
ベトナム戦争のときに、ベトナムから難民として
アメリカに渡った家族の話ですので、
内容は重いのですが、少女の目線で
みずみずしく描かれているので、そこで救われます。
住み慣れた土地から引き剥がされるという事態は、
福島原発事故で避難されている方を思い出しました。
本当に切ないやるせない気持ち…。
戦争について、原発について、移住ということについて
考えさせられる一冊でした。
(はっしゅぱぴーさん 30代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


代田 亜香子さんのその他の作品

小学館ジュニア文庫 世界名作シリーズ あしながおじさん / ペンダーウィックの四姉妹3 海べの音楽 / ロレンス ショートセレクション二番がいちばん / ペンダーウィックの四姉妹(2) ささやかな奇跡 / コービーの海 / ペンダーウィックの四姉妹(1) 夏の魔法



『はみがきれっしゃ』『パジャマでぽん!』くぼまちこさんインタビュー

はじまりのとき

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット