新刊
ねえ、おぼえてる?

ねえ、おぼえてる?(偕成社)

国際アンデルセン賞画家賞受賞作家最新刊

  • 泣ける
  • ためしよみ
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

ノッポさんのえほん(12) ごみぶくろの パクンちゃん

ノッポさんのえほん(12) ごみぶくろの パクンちゃん

  • 絵本
作: 高見ノッポ
絵: 枝常弘
出版社: 世界文化社 世界文化社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,100

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2001年10月15日
ISBN: 9784418017232

26.5×22.8cm 24ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ごみぶくろのパクンちゃんは、横丁のごみあつめの囲いのなかでひとりぼっち。そこへ捨てられたきかんしゃくんがやってきて、二人は遊園地へ行くことに…。NHKテレビ番組「できるかな」でおなじみのノッポさんの絵本。

ノッポさんのえほん(12) ごみぶくろの パクンちゃん

ベストレビュー

作者の優しさを感じました

捨てられたゴミ袋パクンちゃんのお話です。

捨てられたゴミが主人公のお話で、捨てられてしまう物、見捨てられてしまう物に対する作者の優しさを感じました。

ゴミ袋が、ゴミたちを拾って遊園地作り。ゴミとして捨てる前に、もう一度、物が使えないか、物の寿命を延ばせないかと、考えさせられました。

ゴミを減らす、再利用する、人間の知恵の出し所ではないか?と思います。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子6歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

935円
1,320円
1,430円
1,485円
1,760円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

550円
3,630円
1,980円
2,640円

出版社おすすめ

  • こどもべやのよる
    こどもべやのよるの試し読みができます!
    こどもべやのよる
    出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
    岩波の子どもの本 最新刊。こどもべやに夜がきました。せかいじゅうで、おきているのは、いっちゃんだけ。



えほん新定番 from 好書好日 新井洋行さん

ノッポさんのえほん(12) ごみぶくろの パクンちゃん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら