となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
まあるいさん 30代・ママ

入学前後に
娘が年長の頃に借りてきて読みました。 …
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
ちびっこサッカー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ちびっこサッカー

作・絵: クリステネス・オリヴェイラ
訳: まふねかずお
出版社: 新世研

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ちびっこサッカー」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

自分たちのサッカー

「おーい、今度の日曜にサッカーすることに決まったぞ。」
そんな一言から子供たちは準備を始めます。
裏庭をグランドにするためにならす、ゴールポストをつくる。
ユニホームがないから働いてお金をためる。
練習も仲間の中からコーチをつくる。
ぜーんぶ子供たちが自分たちで行い、日曜日をむかえます。
サッカーの試合をむかえるまでを描いているので、サッカーのシーンを
期待した息子にはちょっと物足りなかったようです。
副題に「ブラジルサッカーはここからはじまる」とあります。
これがブラジルの子供たちの日常なのでしょう。
他人からいわれてでなく、自分たちで楽しみながらするサッカーがよくわかります。
大きな印象的なコラージュでブラジルの明るさが感じられる作品でした。
(ポポロさん 30代・ママ 男の子7歳)

出版社おすすめ




本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

ちびっこサッカー

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット