新刊
ぐるぐるうごく しましまぐるぐる

ぐるぐるうごく しましまぐるぐる(学研)

赤ちゃんはうごくものが好き!累計250万突破の大人気シリーズから待望の新刊登場!

  • かわいい
  • ギフト
ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
ちびっこサッカー

ちびっこサッカー

作・絵: クリステネス・オリヴェイラ
訳: まふねかずお
出版社: 新世研

税込価格: ¥1,760

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

「ちびっこサッカー」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1998年
ISBN: 9784880120164

ベストレビュー

自分たちのサッカー

「おーい、今度の日曜にサッカーすることに決まったぞ。」
そんな一言から子供たちは準備を始めます。
裏庭をグランドにするためにならす、ゴールポストをつくる。
ユニホームがないから働いてお金をためる。
練習も仲間の中からコーチをつくる。
ぜーんぶ子供たちが自分たちで行い、日曜日をむかえます。
サッカーの試合をむかえるまでを描いているので、サッカーのシーンを
期待した息子にはちょっと物足りなかったようです。
副題に「ブラジルサッカーはここからはじまる」とあります。
これがブラジルの子供たちの日常なのでしょう。
他人からいわれてでなく、自分たちで楽しみながらするサッカーがよくわかります。
大きな印象的なコラージュでブラジルの明るさが感じられる作品でした。
(ポポロさん 30代・ママ 男の子7歳)

出版社おすすめ

  • どーこかな?
    どーこかな?の試し読みができます!
    どーこかな?
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    お顔の中のあてっこ遊び おめめは どーこ? ここよ ここよ ぱちくるりん 親子の触れ合いを楽しむあか


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > ちびっこサッカー

AmazonオーディオブックAudibleでJ.K.ローリング最新作『クリスマス・ピッグ』を楽しむべき7つの理由

ちびっこサッカー

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット