となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
まあるいさん 30代・ママ

入学前後に
娘が年長の頃に借りてきて読みました。 …
【再入荷】遊びながら実験の楽しさを教えてくれるイモムシ型ロボ、再入荷しました!
にゃーこちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

にゃーこちゃん

  • 絵本
作・絵: 高橋 和枝
出版社: ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「にゃーこちゃん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ふらっとやってきた、キジトラのめす猫。
にゃーこちゃんとの生活が
あたりまえになったころ、ふらっと
にゃーこちゃんは出ていった…。
にゃーこちゃんと飼い主との
ちょっと切ないおはなし。

ベストレビュー

静かな笑いと穏やかな余韻。猫の可愛さ◎

明け方まだ間違いなく眠たいだろう飼い主にはおかまいなく、お腹がすいたと枕元で喉をゴロゴロ、顔をぺろぺろ。構いたいときにはつれないくせに、ふいに気づくとぴたっと寄り添っているくらいのマイペースさが猫というもの。

顔はなかなか器量よしでもお腹のたるみが難ありのにゃーこちゃん。猫たるや猫らしくその気侭な素振りが心惹かれます。食べて、寝て、ひとりで遊ぶ。気侭なにゃーこちゃんが年老い、確固たる足どりで去りゆくまで。

朱色と藍色の濃淡という限られた色数で塗られた絵は、描かれすぎることがなく、淡々と過ぎゆく猫時間の独特な雰囲気を助長している気もする。

静かな中ににやっとほくそ笑み、愛しさから放出されるドーパミン。それなのに読み終えた後は詩を味わったように穏やかな余韻のある絵本。
(木々文庫さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


高橋 和枝さんのその他の作品

あなたなんてだいきらい / そのままのキミがすき / 銀のくじゃく / くまのクリスマス / 美雨13歳のしあわせレシピ / 月夜とめがね



魔法のぐっすり絵本『おやすみ、ロジャー』第2弾!

にゃーこちゃん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット