あきまつりピーヒャラおはやしの日! あきまつりピーヒャラおはやしの日! あきまつりピーヒャラおはやしの日!の試し読みができます!
作: ますだ ゆうこ 絵: たちもと みちこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
行事絵本シリーズ最新巻!
まゆみんみんさん 40代・ママ

秋祭り!
私が生まれ育った地域は,お祭りというと…
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
子リスをそだてた森
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

子リスをそだてた森

  • 絵本
文: 増田 戻樹 増田 戻樹
写真: 増田 戻樹 増田 戻樹
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「子リスをそだてた森」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2000年
ISBN: 9784251009272

小学校低学年以上

出版社からの紹介

山梨県の八ケ岳に引っ越した写真家の増田さんが、そこで出会ったニホンリスの愛らしい生態を記録した、感動あふれる写真絵本。

ベストレビュー

懸命に生きるリスたちを美しい写真でつづる

山梨県小淵沢の森に住み、動植物の写真を撮り続けている作者による写真絵本です。

警戒心の強いリス。子どものリスに出会えるチャンスはほとんどありません。その子リスとの感動的な出会いと、彼らが懸命に生きる姿を、美しい写真でつづります。事実の記録だけに、強く訴えてくるものがあります。

森にはリスの天敵も住んでいて、彼らに食べられてしまうリスも中にはいます。真っ赤な血の跡が残る「たべられたあと」の写真を、娘はじっと見つめていました。このように、自然には時として残酷な面がありますが、それ以上に残酷なのはおそらく人間…。

あとがきでは自然環境破壊への批判が静かに語られます。

「人間が行き過ぎた行為をしても、彼らは文句を言いません。無言でその場を立ち去るだけです。しかし、彼らが去っていくのをそのまま見ていてよいのでしょうか?」

娘と共に、この問いかけを心にとどめたいと思います。
(わらはべさん 40代・ママ 女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


増田 戻樹さんのその他の作品

海をわたるツル / 【新装版】科学のアルバム 水生昆虫のひみつ / 【新装版】科学のアルバム カメのくらし / 【新装版】科学のアルバム コウモリ / オコジョのすむ谷 / 【新装版】科学のアルバム ヘビとトカゲ



『鹿踊りのはじまり』(「宮沢賢治の絵本」シリーズ)ミロコマチコさんインタビュー

子リスをそだてた森

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット