新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
世界の名作(10) 宝島

世界の名作(10) 宝島

  • 絵本
原作: スティーブンスン
文: 山元 護久
絵: 池田竜雄
出版社: 世界文化社 世界文化社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,320

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2001年07月20日
ISBN: 9784418018123

26.0×21.0cm 80ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

子どもたちの冒険心を刺激する名作「宝島」絵本版
宝島をめぐってくり広げられる人々の非日常の戦いの世界。血湧き、肉躍る冒険物語は、魅力的な登場人物とともに読む人の心をつかみます。自由な心をのびのびと広げる珠玉の名作。

世界の名作(10) 宝島

ベストレビュー

海洋冒険物語

世界文化社より発売されている世界の名作シリーズの1冊です。
このシリーズ、小学校1年生の息子が1人で読むにはまだ長いのですが、
色々な名作を知ることもできるし、
読んでみると結構面白い!と思うらしく、
息子は喜んで聞いています。

宝島は、海洋冒険物語として有名ですね。
場面によっては、主人公のジムの成長が感じられたり、
宝が手に入るのか!!とドキドキしたりしました。

ただこれまで読んだ他の世界の名作シリーズに比べると、
文章のはしょり度が大きいと感じてしまいました。
なので、もう少し丁寧な描写があってもいいのでは…と感じました。

とはいえ、息子は冒険物語だったのもあって、とっても喜んで聞いていました♪
(Sayaka♪さん 30代・ママ 男の子6歳)

関連記事

出版社おすすめ




編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

世界の名作(10) 宝島

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら