こけこけコケコッコー こけこけコケコッコー こけこけコケコッコーの試し読みができます!
作・絵: にしはら みのり  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
『いもむしれっしゃ』のにしはらみのりが描く、じっくり楽しむ苔絵本! 
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ワンダ・ガアグ若き日の痛みと輝き −「100まんびきのねこ」の作者が残した日記−
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ワンダ・ガアグ若き日の痛みと輝き −「100まんびきのねこ」の作者が残した日記−

  • 絵本
作: ワンダ・ガアグ
訳: 阿部 公子 茨木 啓子
出版社: こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!

本体価格: ¥5,000 +税

「ワンダ・ガアグ若き日の痛みと輝き −「100まんびきのねこ」の作者が残した日記−」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1997年07月
ISBN: 9784772190299

大人から
536ページ 菊判

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

絵本『100まんびきのねこ』の作者として知られるガアグの15歳から24歳までの日記。貧困の中で画家を志し、描くことへの情熱を抱えて生きた青春の日々を語ります。
口絵に写真やスケッチを収録。

●目次
まえがき
第一部 ミネソタ州ニューアルム 
     1908年〜1910年
第二部 男友達、女友達
     1910年〜1913年
第三部 美術学校 −セント・ポール
     1913年〜1914年
第四部 「私自身」とたくさんの「私」
     1914年
第五部 美術学校 −ミネアポリス
     1914年〜1915年
第六部 光と影
     1916年〜1917年
再版によせて  カレン・ネルソン・ホイル
ワンダ・ガアグ  略年譜
訳者あとがき

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ワンダ・ガアグさんのその他の作品

へんなどうつぶ / スニッピーとスナッピー / なんにもないない / ヘンゼルとグレーテル / しらゆきひめと七人の小人たち / すんだことはすんだこと

阿部 公子さんのその他の作品

エドワード・アーディゾーニ 若き日の自伝 / マローンおばさん

茨木 啓子さんのその他の作品

子どもに語る日本の神話 / 子どもに語るアラビアンナイト / 子どもに語る ロシアの昔話 / おはなし会ガイドブック − 小学生向きのプログラムを中心に− / 子どもに語るアイルランドの昔話



安野光雅さんの長年の思いを絵筆に込めた、豪華な翻訳本!

ワンダ・ガアグ若き日の痛みと輝き −「100まんびきのねこ」の作者が残した日記−

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット