新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
デモナータ1幕 ロード・ロス

デモナータ1幕 ロード・ロス

  • 児童書
著: ダレン・シャン
画: 田口智子
訳: 橋本 恵
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,650

「デモナータ1幕 ロード・ロス」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

大きさ:A5判、376ページ

作品情報

発行日: 2005年06月
ISBN: 9784092903210

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

続きを読む

ベストレビュー

グロくて怖いファンタジー小説

「デモナータ」シリーズの1巻目になります。読み始めてすぐ、この本を読むのを諦めようかと思うほどグロい描写があってびっくりしましたが、「原作者の意図を活かすことを考え、あえてそのまま掲載いたしました」という一文で納得。

とにかく謎の展開が立て続けにあります。グロくて気持ち悪いのですが、「え?なんで?一体なんなの?どうなるの?」という気持ちが先に立ち、いつの間にかどんどんページをめくっていました。

ジャンルとしては児童書、ファンタジー小説ですね。「悪魔」という異次元の世界との繋がりや戦いなどがあり、ちょっと印象は違うけれど上橋菜穂子さんの「守り人」シリーズと似てるのかもしれません。著者のダレン・シャン氏によると「デモナータ」シリーズは、「友情と勇気」がテーマなんだとか。心に傷を負った少年がどう生きていくのか?家族を失った少年と「悪の存在」である悪魔がどう絡んでいくのか?先の読めない、手に汗握る展開が最後まで続きます。

ちょっとグロくて怖いもの好きな方は是非、読まれてみてはいかがでしょうか?
(どんぐりぼうやさん 40代・ママ 男の子14歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,980円
1,980円
1,980円
1,980円
1,980円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

576円
1,870円
1,320円
440円

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
    出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…



編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

デモナータ1幕 ロード・ロス

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら