おいし〜い おいし〜い おいし〜いの試し読みができます!
作: いしづ ちひろ 絵: くわざわ ゆうこ  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
食べる楽しさや喜びを、おやこで味わえる 赤ちゃん絵本  既刊『に〜っこり』も大人気!

どんぐりぼうやさんの公開ページ

どんぐりぼうやさんのプロフィール

ママ・40代・東京都、男の子12歳

自己紹介
マイブームは、おからクッキーを作る、絵本集め。
最近、急激に体力が衰えたような・・・。
健康のためになるべく歩くように日々意識しています。
好きなもの
フリーマーケット、リサイクルショップ大好き。
ネットオークションもたまに。
掘り出し物を見つけた時の感動といったら・・・!!

ひとこと
★「マーカス・フィスターさん新刊発売記念!講談社レビュー大賞」で、「ちいさなつきがらす賞」をいただきました!(2011.1月)
★「親子で遊ぼう ふれあい絵本」で、「まんまるちゃん賞」をいただきました!(2011.1月)
★『「やんちゃっ子の絵本」シリーズ レビュー大募集!』にて、「クレヨンハウス賞」をいただきました!(2011.4月)
★『講談社絵本新人賞「ぼくとおおはしくん」応援レビュー募集中!』にて、「講談社賞」をいただきました!(2011.5月)
★『新刊発売記念 レオ・レオニ作品 みんなの声大募集!』にて、「レオ=レオニの世界B賞」をいただきました♪(2011.12月)

どんぐりぼうやさんの声

745件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい シリーズ3作目  掲載日:2014/1/7
角川つばさ文庫 ブレイブ・ストーリー(3) 再会
角川つばさ文庫 ブレイブ・ストーリー(3) 再会 著: 宮部 みゆき
イラスト: 鶴田 謙二

出版社: 株式会社KADOKAWA
ゲーム好きな小学5年生、亘(わたる)の、運命を変えられるかも
しれない冒険を描いた、シリーズ3作目になります。

冒険の舞台は、幻界(ビジョン)と呼ばれる、異世界。
水人族のキ・キーマ、ネ族の少女・ミーナと出会い、旅を共に
してくれる仲間を得たワタルは、宝玉を探しつつ、運命の塔を
目指す旅にでます。

3作目では、いろんな試練や危険がたくさん出てきます。
そして、何より重要なキーポイントは、ヒト柱。
幻界(ビジョン)で様々な経験を積んでいくうちに少しずつ
成長してきたワタルの心の葛藤も見逃せないポイントだと思います。

「次はどうなるんだろう?」と、先が読みたくなる、勢いのある作品です。
ミツルとの再会も、決して嬉しいことではなく・・・
背景の設定もしっかりしており、読み応えのあるシリーズです。

是非、4作目も読みたいと思います。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 何度も読み返したくなるシリーズ  掲載日:2013/12/20
ざっくん!ショベルカー
ざっくん!ショベルカー 作: 竹下 文子
絵: 鈴木 まもる

出版社: 偕成社
ショベルカーの操縦の仕事をしているお兄さんを通して、
ショベルカーの活躍している場所、働きっぷり、それから
いろんなショベルカーのことを知ることが出来る内容になっています。

うちの子は、小さい頃からこのシリーズが大好きで、何冊か購入して
家に置いてあるのですが、高学年になった今でも、引っ張り出して
読んでいることがあるぐらいです。

今回、私が図書館で見つけて借りてみたのですが、すぐに気付いた息子が、
「お!あのシリーズか!!」と真っ先に読んでいました。

このシリーズは、わかりやすいシンプルなストーリーも良いのですが、
絵もすごく楽しいんですよね。ショベルカーの周りにさらっと描かれた背景の中に、
「がんばれ!パトカー」で迷子になっていた犬と飼い主のおばあさんがいたり、
遠くに、「ピン・ポン・バス」、「うみへいくピン・ポン・バス」のバスや、
「はしれ!たくはいびん」の宅配車が走っていたり。
そういう細かいところまで楽しませてくれるので、シリーズの絵本を引っ張り出してきては、
ついつい何度も読み返したくなる、素敵な作品です。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい いつ、気付く?  掲載日:2013/12/6
あかいろうそく
あかいろうそく 作: 新美 南吉
絵: 鈴木 寿雄

出版社: フレーベル館
赤いろうそくを花火だと思い込む、という滑稽さ。
いざ、花火を打ち上げよう!となった時、着火に手間取る動物たちの
様子には思わず笑ってしまいました。

いつこれを「ろうそく」だと気付くのだろう?という余韻を残したまま、
お話は終わってしまいますが、動物たちの純粋なリアクションが、
どうしてここまでユーモラスに感じるのだろう?と思うぐらい、全体を通して
ほんわか、ほのぼの、思わずにんまり笑ってしまう展開がとっても良かったです。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 意外な発見がありました  掲載日:2013/12/6
ドラえもんの算数おもしろ攻略 計算がはやくできる
ドラえもんの算数おもしろ攻略 計算がはやくできる 出版社: 小学館
学習マンガなので、算数が苦手な子でもとっつき易いのが良いですね。
しかも、ストーリー仕立てで、自然な形で学習要素を取り入れているので、
楽しく学べるのがすごいです。

大人が読んでも意味は無いかなと思っていたのですが、読んでみたら、
意外にも「こういう考え方もあるんだ!」という発見がいくつかあって、
目からウロコな状態でした。

ピンポイントで間違えやすい点、基本となる箇所を指摘して教えてくれるので、
とてもわかりやすかったです。
楽しみながら学習できる、素敵なシリーズだと思います。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい これは、ある意味すごい。  掲載日:2013/11/24
うんこしりとり
うんこしりとり 文・絵: ツペラ ツペラ(tupera tupera)
出版社: 白泉社
いかにも子どもが好きそうな、うんこの絵本だね、と思いながら
なんとなく読んでみたのですが、あまりにも意外な展開過ぎて、
不覚にも、笑わずには入られませんでした。

まず、しりとりなのですが、ず〜っと「こ」で始まり「こ」で終わる言葉で
続いているところに、突っ込まずにはいられません。
でもそれは、仕方が無いこと。だって、「うんこしりとり」だから(笑)

それで、そんなに「こ」のつく言葉があるんだろうかと思っていたら、
「こっそりうんこ」辺りから、だんだん想像や空想に近い世界観になってきて、
「こうらがうんこ」で、もう大笑い。

これは、ある意味すごい。
これだったら、まだまだ言葉をつなげていけそうです。
想像力豊かな子どもだったら、もっと意外な言葉を見つけ出しそう。
うちの子が小さかった時に、こういう絵本に出会いたかったですね。

想像力をかきたてる、素敵な一冊だと思います。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 恐いもの見たさ?  掲載日:2013/11/23
まっくらトンネル
まっくらトンネル 作・絵: おかい みほ
出版社: フレーベル館
ガタゴト ガタゴト の言葉が、リズミカルに続いていて、
とてもテンポが良いですね。

真っ暗なトンネルを抜けるたびに、車内にはいろんな乗客が
乗っているのが楽しいですね。
いや、楽しいって言うより、ちょっと恐い感じ?
ちょっと恐いけれど、次が見たくなる。そんな好奇心を
刺激される一冊だと思います。

ラスト、ほっこり笑える感じがまた良かったです。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい シリーズ2作目  掲載日:2013/11/15
角川つばさ文庫 ブレイブ・ストーリー(2) 幻界
角川つばさ文庫 ブレイブ・ストーリー(2) 幻界 著: 宮部 みゆき
イラスト: 鶴田 謙二

出版社: 株式会社KADOKAWA
ゲーム好きな小学5年生、亘(わたる)が、人生を変えられるかも
しれない冒険への旅の始まりを描いた、シリーズ2作目になります。

冒険の舞台は、幻界(ビジョン)と呼ばれる、異世界。
魔導師に出会い、「おためしのどうくつ」へ行き、見習い勇者となったワタル。
ここからが本当の冒険の始まりですね。

主人公がゲーム好きだということで、ゲームの世界を連想させる展開が
随所にあります。ただ、ゲームと違うのは、これはワタルにとっては命がけの
旅だということ。信頼できる相手との出会いもありますが、命の危険に
さらされるような出来事も多々あり、ドキドキさせられます。

幻界(ビジョン)の世界には、さまざまな国、人種、派閥、差別などがあり、
信仰などの問題など、いろんな新しい情報がどんどん溢れてくるので、
頭の中で混乱しながら読みました。
背景の設定などもしっかりしており、読み応えのある作品だと思います。

是非、3作目も読みたいと思います。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う シリーズ1作目  掲載日:2013/11/15
角川つばさ文庫 ブレイブ・ストーリー (1) 幽霊ビル
角川つばさ文庫 ブレイブ・ストーリー (1) 幽霊ビル 著: 宮部 みゆき
イラスト: 鶴田 謙二

出版社: 株式会社KADOKAWA
ゲーム好きな、小学5年生、亘(わたる)が主人公。
ある日、平凡だった生活に少しずついろんなことが起こってきます。

それは、亘にとって決してよい出来事ではなく、人生を変えたいと強く
願う亘に、思いがけずそのチャンスが訪れます。
転校生、芦川との出会いがそのチャンスを亘に与えたといっていいでしょう。

これは、シリーズ1作目ということで、亘が人生を変えられるかもしれない
冒険へ旅立つまでの序章となっています。なので、今、亘の身の回りに
起こっている不可思議な現象はなんなのかわからないままに話が進んで
いきますので、途中、?マークを連発しながら読み進めることになりますが、
後半、シリーズ2作目に続く、急激な展開があり、話が盛り上がってきます。

主人公がゲーム好きだということで、ゲームの世界を連想させる展開が
多々あるように思います。
是非2作目も読みたいと思います。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 意外な展開に笑うしかない  掲載日:2013/11/15
こんなことがあっタワー
こんなことがあっタワー 作: 丸山 誠司
出版社: えほんの杜
いやあ、思いっきり笑わせてもらいました。

いろんなタワーが出てきます。
なので、文章の語尾には全部、「タワー」が付きます(笑)

ありえない展開に、何度も笑わせてもらいました。
本当にタワーがこんな風になったら、ただただびっくりすることでしょう(笑)
作者の想像力豊かな発想に、子どもたちもびっくりだと思います。

よくよく絵を見ると、タワーが50歳になった時、集まっていた人たちも
一緒に成長して歳をとった姿で描かれていたりと、細かいところも
見逃せません。

個人的には、「じつは みんな とべタワー」のくだりが大好きです。
絵本ナビさんでゲットしたサイン本を持っていますので、
大事にしています。

絵本で笑いたい方には、おススメです。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい ビリになるということ  掲載日:2013/8/12
偕成社文庫 びりっかすの神さま
偕成社文庫 びりっかすの神さま 作・絵: 岡田 淳
出版社: 偕成社
ある学校へ転校してきた、主人公の始(はじめ)。
ところが、不思議なものが見え始めます。それは、「びりっかす」さん。

母親に「がんばらなくていい」と言われた始は、新しい学校では、
テストでもリレーでも、がんばらないことにします。そしてそれは、
クラスで「ビリ」になって、「びりっかす」さんに会うためでもありました。

誰だって、ビリになんかなりたいはずがありません。
けれども、進んでビリになりたがる始の姿は、とても奇妙なんですよね。
始のその理由は、いつしかクラスの子に知られることとなり、
ビリになるたがる子が増えてきて・・・

がんばってビリになることと、わざとビリになることって、全然意味が違う!
って改めて気付かされます。作者はこう書いています。

「びりになるのは、その気さえあれば、一番になるほど難しいことではありません。だれでも、なれます。」

その通り!と叫ばずにはいられません。
わざとビリになることは容易いけれど、わざと一番になることは容易ではないのです。
やがて、「がんばらないことは、がんばっている子に失礼なのでは?」という
感情が生まれ、子どもたちの心に葛藤が始まります。

どこにでもいるような小学生、等身大の子ども達の考え方や感情が
自然に表現されていて、いつのまにか自然にストーリーの中へ
引き込まれてしまいました。

成績で席順を替えさせていた教師。それは、一番を決める行為であり、
ビリを決める行為でもあるんですよね。
競争することが悪いこととは言わないけれど・・・
いろいろ考えさせられる一冊となりました。

是非、現役の小学生に読ませたい一冊です。
参考になりました。 1人

745件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

出版社おすすめ


全ページためしよみ
サイン本販売中