出版社エディターブログ

荒井良二さん新たな傑作「きょうはそらにまるいつき」

2016年10月4日 16時40分  

ふと見あげた空に、まんまるいお月さまを見つけると、なんだかとってもうれしい気持ちになりませんか? そんな、ささやかなよろこびを夜の情景のなかに描いた荒井良二さんの新刊絵本です。
公園の祭りの明かり、暗い海でしぶきをあげるクジラ、暮れた街に映えるあたたかな光…どの見開きもうっとりするほど美しく、奥深く、そしてどの夜空にもかがやくまんまるのお月さまが、幸せな気持ちにさせてくれます。

荒井良二さん新たな傑作「きょうはそらにまるいつき」

出版社おすすめ

  • ねんどのむにゅ

    ねんどのむにゅ

    作・絵:新井 洋行
    価格:¥700+ 税

    ねんどの「むにゅ」はいろんな形になるのがとくい。今日もころころころがって、ぴょーんととんで、あそびます。さいごにはちゃんとおともだちも見つけました。さまざまに形を変えていく面白さを目で味わえる一冊。

  • はらぺこあおむし 日本語版40周年記念限定版

    世界中で愛されている絵本『はらぺこあおむし』は今年、日本語版刊行40周年をむかえました。本書は、装幀をシルバーに変えた40周年記念限定版。中に、作者カール氏からのメッセージが印刷されています。作品をより深く楽しめる冊子つき。冊子には、作者のプロフィール、『はらぺこあおむし』が誕生したときのエピソード、コラージュ(貼り絵)の作り方や、実際につくって遊べる素材などを収録しています。







注目の作品!

【偕成社】イチ押しの作品をご紹介

    かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた

  • すうじかるた 100かいだてのいえ

    すうじかるた 100かいだてのいえ

    作:いわい としお
    出版社:偕成社

    大人気絵本『100かいだてのいえ』からうまれた、数字であそべるあたらしいかるた! ・数字で取る、絵でも取れる! 絵札と読み札がそれぞれ100階分。読み札にも絵がついているので、まだ数字がわからない子でも楽しくあそべます。 ・いつのまにか100まで数えられるように! 絵本「100かいだてのいえ」 シリーズには、「100まで数...続きを読む

  • レトロ&近未来 奇天烈ワールドへようこそ! 楽しさいっぱい、遊べる絵本

  • しょうてんがいくん

    しょうてんがいくん

    作:大串 ゆうじ
    出版社:偕成社

    「たかし、しょうてんがいくんまで おつかいにいってくれる?」「うん、いいよ!」 こうして、たかしくんははじめてのおつかいに行くことになりました。行き先は「しょうてんがいくん」。たくさんのお店があって、どんなものでも売っています。たかしくんはお母さんのメモにしたがって、さっそくおかいものをはじめたのですが……。まちがいさがし、あみだくじ、...続きを読む

ユーザーレビュー

  • いろんな麺が商品化されます。

    4.0

    • ほっぺこさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子4歳、男の子0歳

    人気のあるからすのパン屋さんの続編で、子供だったオモチちゃんが、りっぱなわかものオモチくんになってからのお話です。 オモチくんは真っ白い蕎麦の花に興味を持ち、ハッサクおじさんと出会い、蕎麦の作り方を教わります。 出来立て蕎麦の美味しさに触れて、そば屋さんを開くことになったおもちくん。 イソちゃん、ツユおばさん、ハッサクおじさんに手伝...続きを読む

  • 食べるって楽しい!が伝わってきます

    5.0

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    いっぱい食べて、筋肉もりもり元気いっぱい!なんでもたくさん食べて、どんどん大きくなっていくノンタンは空までのびて、くも、お星さままでおいしそうに食べつくしてしまいます。 シャーベットみたいなお星様をスプーンですくってシャリシャリ食べてみたい! たくさん食べて大きくなろう!っていうことも伝わるし、食べるって楽しいっていうことが伝わってく...続きを読む

  • こわ〜〜い!

    4.0

    近所の図書館に子どもといっしょに行ったとき、昔話コーナーから選んできたのがこの絵本でした。見るからに恐ろしそうな雰囲気の表紙。内容もやっぱり怖いです。雪女は綺麗だけど恐ろしい・・・でも最後は子どものために命を奪うことなく去ってしまいました。母性ですね。...続きを読む

  • ちょうちょになった!

    5.0

    知らない人はいないんじゃないかというくらい有名な絵本ですよね。私も、保育園か小学校での読み聞かせの時間に読んでもらった記憶があります。その時は最後のページのちょうちょになった時の絵がショッキング過ぎて、もう二度と読みたくないと思ったほどでした。(もともと蝶々が嫌いというのが大きい理由かもしれませんが) 母になってこの絵本を息子に読んでみ...続きを読む

  • ぐっすり眠る方法

    5.0

    このお話は、なかなか寝付くことができないフクロウのオルガが熟睡できる方法を見つけるまでのお話でした。ほかの森の鳥たちや動物たちの方法を試すのですが、どれもダメで、最後にたどり着いたのが歌を歌う方法です。子守歌もあるくらいなので、歌って意外にいい方法だね!っと子供は言っていました。...続きを読む

全ページためしよみ
年齢別絵本セット