出版社おすすめ

  • 出発進行! 里山トロッコ列車

    千葉県五井駅から養老渓谷まで続く小湊鐵道の一部区間を、トロッコ列車が走ります。ドイツの蒸気機関車の設計図をもとに、クリーンディーゼルエンジンの機関車が、風を感じる、ガラス窓のない吹き抜けのトロッコ列車を引っぱります。沿線には見所がいっぱい。里山の自然を肌で感じることができ、さらに歴史、地理にまつわる話も多く、さまざまな分野で興味深いローカル線の旅を、かこさとしさんが案内する知識絵本。日本各地にある里山にも、大切な話がたくさん眠っているはずです。自然と一体となって、ゆっくりゆっくり旅をすることを思い起こさせてくれる、大人と子どもが一緒に楽しめる絵本です。

  • つちはんみょう

    つちはんみょう

    作・絵:舘野 鴻
    価格:¥2,000+ 税

    ツチハンミョウは、「道教え」として知られる美麗な「ハンミョウ」と異なり、地味で目立たない控えめな虫です。その繁殖方法は独特で、4000個の卵から生まれる体長1ミリにも満たない小さな幼虫は、寄生先となるハチの巣にたどりつくため、いろいろな虫にとりついていきます。わずか4日という寿命の中、種の存続のために決死の旅をする幼虫たちの道程を、緻密かつ力強いタッチで描きます。
    物語の最後では、ようやくたどり着いた巣の中で対峙する、2匹の幼虫たちが描かれます。そのすがたは、わたしたちにいのちのあり方について考えさせます。
    ツチハンミョウについては『ファーブル昆虫記』にも記述がありますが、この本の主人公で日本固有種のヒメツチハンミョウについては、あまり知られていませんでした。著者の舘野さ…続きはこちら >>>

  


注目の作品!

【偕成社】イチ押しの作品をご紹介

    『かいじゅうたちのいるところ』の作者最後の絵本!

  • バンブルアーディ

    バンブルアーディ

    作・絵:モーリス・センダック
    訳:さくま ゆみこ
    出版社:偕成社

    生まれてから一度も誕生日を祝ってもらったことのないブタの男の子、バンブルアーディは、両親をなくして、おばさんのアデリーンにひきとられました。9歳の誕生日を初めて祝ってもらったバンブルは、おばさんにないしょで、近所の友だちを家にまねいて、どんちゃんさわぎのパーティを開きます──。 『かいじゅうたちのいるところ』『まよなかのだいどころ』と共...続きを読む

  • 人気絵本のボードブック版、3冊同時発売!

  • ボードブック 100かいだてのいえ ミニ

    ボードブック 100かいだてのいえ ミニ

    作:いわい としお
    出版社:偕成社

    大人気の『100かいだてのいえ』がボードブックになりました!ちいさななかに、トチくんの冒険がぎゅっと入っています。いっしょにおでかけもできます!

ユーザーレビュー

  • 荒川を辿ってみると

    5.0

    川の源流を辿ってみると、山に辿り着くのは当然ですが、川の源流が何処だかは初めて実感しました。 ハイキングやピクニックで遠出した場所から、住んでいる場所に繋がっていることを、俯瞰的に知ることができて、素晴らしい本です。 知っている場所が点在していて、隅田川が荒川から分岐していることを再確認できて、自分の方が感動してしまいました。...続きを読む

  • 元気がでる

    5.0

    うたをしらずに読んだのですが、エリック・カールの色あざやかな絵にくぎづけになりました。ほんとに、元気がでる絵です。 動物と食べ物って、子どもたちのすきな最強の組み合わせのように思います。興味がでて、うたも聞いてみました。おぼえやすいうたでした。 うたと絵、両方たのしめる絵本です。...続きを読む

  • 犬の訓練士が事件を解決!?

    4.0

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    犬の訓練士、スピッツかわいが事件を解決!? 3つのお話が楽しめます。 それぞれ「事件編」と「解決編」にわかれていますが、あなたは真相がわかるかな?読者もいっしょに考えるのが楽しい本だと思います。 初めての推理ものにいいのでは? 犬辞典も付いています。ブラックハウンド、セントバーナード、シェパード。...続きを読む

  • 生物の進化を知る

    4.0

    イラストから軽めの物語りかと思いきや、1ページ目から何やら難しそうな生物のお話。 4歳児には難しいかと思いながらも読み進めると、これはなかなか面白い! オウムガイの生き残るための努力をハラハラしながら追っていくうちに、生物の進化が何となくわかるように。 子どもも真剣な顔で最後まで聞いていました。 子どもには全ては理解できなくても、...続きを読む

  • 運がいいとか悪いとか

    5.0

    • 楽葉さん
    • 60代
    • じいじ・ばあば
    • 埼玉県

     ニューヨークに住んでいるネッドくんにパーティの招待状が届いた… でも会場はずっと離れたフロリダだ… それでも友達の飛行機を借りることができて飛び立っていったのだが…  子どもが飛行機を操縦できるわけがないなどとつっこみたいところはグッとおさえてず勢いで読んでいくと… 見開きごとに幸運、不運が順番に繰り返していきながら最後は見...続きを読む

全ページためしよみ
サイン本販売中