出版社おすすめ

  • ふしぎ駄菓子屋 銭天堂(4)

    お菓子を買った人の運命を変える駄菓子屋「銭天堂」。第4弾は、不気味な少女よどみが「たたりめ堂」をオープン。悪意のこもった菓子で紅子の客を奪う。菓子勝負の軍配があがるのは、「銭天堂」か「たたりめ堂」か? 全6話。1 ヤマ缶詰とずるずるあげもち2 ウルフまんじゅう3 眠り貯金箱と眠れませんべい4 ゴブリンチョコエッグ5 虫歯あられ6 虹色水あめ

  • 広島の木に会いにいく

    「被爆樹木」は、爆心地から約2キロメートルの距離にあり、広島市が認定しているおよそ170本の木です。被爆体験を語る方々が高齢化し、少なくなってきているなか、いまも広島の街で生きつづける被爆樹木の存在が注目されつつあります。 2011年公開のドキュメンタリー映画「はだしのゲンが見たヒロシマ」を制作した著者は、映画をきっかけに、広島の被爆樹木のことを知りました。それから、3年近くの時間をかけて東京から広島へ通い、木に関わる人びとの話をきき続けています。被爆樹木を守る樹木医や、被爆証言と木の思い出を語る被爆者たち、原爆後の広島の樹木をスケッチして研究した当時の大学生、爆風や放射線の影響をしらべる研究者などのさまざまな証言から、被爆樹木と原爆について考えるノンフィクションです。  木についてのコラム…続きはこちら >>>

  


注目の作品!

【偕成社】イチ押しの作品をご紹介

    人気絵本のボードブック版が3冊はいったギフトセットです♪ プレゼントにもおすすめ。

  • ギフトボックス 100かいだてのいえ ミニ

    ギフトボックス 100かいだてのいえ ミニ

    作:いわい としお
    出版社:偕成社

    大人気絵本のおでかけに便利なサイズのボードブック版、『100かいだてのいえミニ』『ちか100かいだてのいえミニ』『うみの100かいだてのいえミニ』が各1冊はいったギフトボックス! プレゼントにもおすすめです。

  • 人気絵本のボードブック版、3冊同時発売!

  • ボードブック 100かいだてのいえ ミニ

    ボードブック 100かいだてのいえ ミニ

    作:いわい としお
    出版社:偕成社

    大人気の『100かいだてのいえ』がボードブックになりました!ちいさななかに、トチくんの冒険がぎゅっと入っています。いっしょにおでかけもできます!

ユーザーレビュー

  • すばらしい鐘の音

    5.0

    ロシアの民話です。 畑に埋まっていた大きな釣り鐘を「神様からの授かりもの」 と信じて大切にしていた村人の元に うわさを聞き付けた皇帝が 釣鐘を奪いにやってきます。 しかし、なぜか 釣鐘は皇帝の思い通りにならず ならば壊してしまえということに・・。 村人の心の支えになっている釣鐘と 何でも思い通りになると思っている...続きを読む

  • 温かい絵本

    5.0

    単なる鳥の巣だけでなくて、鳥の生態や、ぼくの山での生活、家族の様子などがじんわりと温かく伝わってくる絵本です。 個人的には、ヤマガラの巣立ちを家族4人が息をひそめてみつめているページがとても好き。 家族についての説明はほとんどないけれど、どんな家庭なのか、言葉がなくても分かるような気がします。 私が読みたくて図書館で借りて来...続きを読む

  • シリーズの中で一番好き

    5.0

    3作あるシリーズの中でこちらを一番最後に読みましたが、いちばんシンプルなストーリーだと思います。 ごくごく一般的な車のみで、説明も少なく、読みやすく感じました。 3作あるシリーズの中では、こちらが一番好きです。...続きを読む

  • こわい

    5.0

    戦争がもたらすことを描いている本です。 印象的なのは 「戦争はひどい味がする・・・戦争のしみ込んだ水」という表現。 また、気味の悪いどくろ風な毒々しいデザインのページで ちょっと夢に出てきそうです・・・。 深々と心に刺さる 戦争本です。 大人に読んでもらいたい本です。...続きを読む

  • ことば遊び絵本!

    5.0

    「ことば遊び絵本」としてとても面白かったです。 「はやくちあるきたいかい」というイベントを通してのお話なので,街の様子やたくさんのお店屋さんが描かれていたり,1等は誰になるのかなど,イラストも結末も見応えがありました。 1等になったのは?それも愉快なオチでした(笑)。...続きを読む

全ページためしよみ
サイン本販売中