出版社おすすめ

  • ふしぎ駄菓子屋 銭天堂(4)

    お菓子を買った人の運命を変える駄菓子屋「銭天堂」。第4弾は、不気味な少女よどみが「たたりめ堂」をオープン。悪意のこもった菓子で紅子の客を奪う。菓子勝負の軍配があがるのは、「銭天堂」か「たたりめ堂」か? 全6話。1 ヤマ缶詰とずるずるあげもち2 ウルフまんじゅう3 眠り貯金箱と眠れませんべい4 ゴブリンチョコエッグ5 虫歯あられ6 虹色水あめ

  • 広島の木に会いにいく

    「被爆樹木」は、爆心地から約2キロメートルの距離にあり、広島市が認定しているおよそ170本の木です。被爆体験を語る方々が高齢化し、少なくなってきているなか、いまも広島の街で生きつづける被爆樹木の存在が注目されつつあります。 2011年公開のドキュメンタリー映画「はだしのゲンが見たヒロシマ」を制作した著者は、映画をきっかけに、広島の被爆樹木のことを知りました。それから、3年近くの時間をかけて東京から広島へ通い、木に関わる人びとの話をきき続けています。被爆樹木を守る樹木医や、被爆証言と木の思い出を語る被爆者たち、原爆後の広島の樹木をスケッチして研究した当時の大学生、爆風や放射線の影響をしらべる研究者などのさまざまな証言から、被爆樹木と原爆について考えるノンフィクションです。  木についてのコラム…続きはこちら >>>

  


注目の作品!

【偕成社】イチ押しの作品をご紹介

    人気絵本のボードブック版が3冊はいったギフトセットです♪ プレゼントにもおすすめ。

  • ギフトボックス 100かいだてのいえ ミニ

    ギフトボックス 100かいだてのいえ ミニ

    作:いわい としお
    出版社:偕成社

    大人気絵本のおでかけに便利なサイズのボードブック版、『100かいだてのいえミニ』『ちか100かいだてのいえミニ』『うみの100かいだてのいえミニ』が各1冊はいったギフトボックス! プレゼントにもおすすめです。

  • 人気絵本のボードブック版、3冊同時発売!

  • ボードブック 100かいだてのいえ ミニ

    ボードブック 100かいだてのいえ ミニ

    作:いわい としお
    出版社:偕成社

    大人気の『100かいだてのいえ』がボードブックになりました!ちいさななかに、トチくんの冒険がぎゅっと入っています。いっしょにおでかけもできます!

ユーザーレビュー

  • 初めて見る作業車

    5.0

    この絵本は、スイブル155という水陸両用の工事作業車のお話でした。津波と地震で壊れてしまった橋げたをなおすのに倉庫にしまわれていたこのスイブル155をみんなでぶっかつさせて復興していく様子がうちの子はとってもかっこいいって言っていました。...続きを読む

  • 自動車が変身していく

    4.0

    6歳の息子と読みました。 ポチはかせのぼうしが風に飛ばされてしまいます。博士は自動車で追いかけますが、海に、空、宇宙にと飛んで行ってしまいます。その度に、自動車はモーターボート、飛行機、宇宙船にと変身していって。 ポチはかせのことは、初めて知りましたが、すごいですね。息子もびっくりして喜んでいました。...続きを読む

  • 学校のおばけ

    5.0

    1年生の息子のお気に入りの児童書です。 「理科室のがいこつボキボキ」の他、「トイレのペラペラおばけ」、「校庭のおばけ金太郎」などなど、学校にいるおばけたちのお話。不気味だけれど、憎めないキャラのおばけたちなので、息子も怖がらず、楽しんで読めるようです。 一つ一つのお話は短いので、毎夜、息子と1話ずつ読み進めるのに丁度いいです。 「シ...続きを読む

  • せんちょうになりたいたこ。

    5.0

    船長に憧れ続けていたへんたこさん。 自ら積極的に行動し、船長になるべく必死に勉強し、試験では人として一番大切なことを忘れず(タコだけど)素晴らしいです。 それを支え応援する家族も。爽やかなラストでとても良かったです。...続きを読む

  • と〜っても素敵な宝物のおはなし

    5.0

    クラスで自分の宝物の話をする って、その昔、息子小学校の時にあったような 私が小学生の頃もあったのかしら? 覚えていないのが、残念です メアリーの気持ち 手に取るようにわかります 私は恥ずかしくないけど みんなと同じものーでは、おもしろくないなぁ〜 と、いう考え方が同じ! 上手にしたい! というより ...続きを読む

全ページためしよみ
サイン本販売中