なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

あんじゅじゅさんの公開ページ

あんじゅじゅさんのプロフィール

その他の方・40代・高知県

あんじゅじゅさんの声

810件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい ほのぼの  掲載日:2017/4/25
おいしそうなしろくま
おいしそうなしろくま 作・絵: 柴田 ケイコ
出版社: PHP研究所
表紙からインパクトがあり、興味をそそられます。
いろんなたべものに入ったところを想像するしろくまくん。表情が、なんとも幸せそうでほのぼのします。
特にお気に入りは、チョココルネ。あまりのかわいさに笑ってしまいました。
大人がよむと、いやされるような絵本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 親しみ  掲載日:2017/4/25
桃太郎が語る桃太郎
桃太郎が語る桃太郎 絵: 岡村優太
文: クゲユウジ

出版社: 高陵社書店
新鮮な驚きでした。小さい頃から、何度聞いたか、何度読んだかわからない馴染み深いお話。
少しずつ、アレンジされていても、そんなに印象はちがいません。
それが、桃太郎が語るという一人称になると、ごろっと印象がかわりました。今までは、オニを倒すという、ただただ強い主人公の桃太郎。
そこが痛快だったのですが、共感はできませんでした。
が、こわさだったり、さみしさだったりと桃太郎の気持ちを知ることで、今まで感じなかった主人公への親しみがわきました。
おもしろい試みの絵本だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 幸せ  掲載日:2017/4/25
いえでをしたくなったので
いえでをしたくなったので 作: L・M・スコーペン
絵: D・バーン
訳: 松井るり子

出版社: ほるぷ出版
すてきな絵本でした。
文章がとってもリズミカルで、心地よいです。そして、細かく描かれた絵もじっくり楽しめます。
幸せな子ども時代に、つい、ほほえみながら読んでいました。
そして、沢山のおみやげをもってかえったラストにも、ほっこりしました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 春のよろこび  掲載日:2017/4/21
あ、はるだね
あ、はるだね 文: ジュリー・フォリアーノ
絵: エリン・E・ステッド
訳: 金原 瑞人

出版社: 講談社
「エイモスさんがかぜをひくと」の絵が好きだったので、エリン・E・ステッドの絵としって、読んでみました。
主人公の男の子が種をまき、芽がでるのをひたすら待つのですが、読みながら、一緒になって待っていました。
一面が緑色になった時、そのよろこびが伝わってきてうれしくなります。
おだやかで、春のよろこびを感じられる素敵な絵本でした。

参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いいなあ  掲載日:2017/4/21
ピッツァぼうや
ピッツァぼうや 作・絵: ウィリアム・スタイグ
訳: 木坂 涼

出版社: らんか社
とても人気があるときき、読んでみました。 
インパクトのある表紙とタイトルから何か奇抜なできごとがおこるのかと思いきや、読み出してびっくりしました! 
特別な場所だったり、特別なことではなく、素敵な発想で、ごくありふれた日常がとても幸福な時間にかわるところが、とってもいいなあ、と。
楽しくて、やさしい気持ちになるお話でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい さすが  掲載日:2017/4/21
いそがしいよる
いそがしいよる 作・絵: さとう わきこ
出版社: 福音館書店
星がきれいで、星空の下で眠りたくなったばばばあちゃん。
ベッドをだし、お茶のセットをだしてきて……と、ここまでは、「わかる、わかる」と思いつつよんでいたのですが、その後の展開には、びっくり。
思わず、笑ってしまいました。
パワフルなばばばあちゃんらしいお話です!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい よくわかります  掲載日:2017/4/21
ふきのとう
ふきのとう 作: 甲斐 信枝
監修: 森田竜義

出版社: 福音館書店
ふきのとうについて、よく知らないので読んでみました。
細かいところまでリアルに描かれた絵にひきこまれました。
めすふき、おすふきがあること、地下茎のことなど、ふきのとうについて、よくわかります。といっても、説明的でなく、読みやすい文章です。
ふきのとうの生きる力に圧倒されました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい なつかしい  掲載日:2017/4/21
トチノキ村の雑貨屋さん
トチノキ村の雑貨屋さん 作: 茂市 久美子
絵: 二俣 英五郎

出版社: あすなろ書房
トチノキ村で雑貨屋さんをしているサクラさん。
やってくるお客さんは、人間ばかりではありません。でも、どんなことがおころうと、つねにおだやかに、楽しんでいるサクラさんが素敵だなあ、と。
どこかなつかしく思えるお話にほっこりしました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい しみじみ  掲載日:2017/4/21
のえんどうと 100にんのこどもたち
のえんどうと 100にんのこどもたち 作・絵: 甲斐 信枝
出版社: 福音館書店
のえんどうのお母さんと子どもたちの物語として、のえんどうがどうやって種をのこし、生命をつなげていくかよくわかります。
自然はなんてすごいんだろう、としみじみ思う内容です。
他の甲斐さんの絵本と少しおもむきがちがって、ファンタジーのような要素もふくんでいる絵が新鮮で、これまた素敵でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい よくわかる  掲載日:2017/4/21
おひさまやのテーブルクロス
おひさまやのテーブルクロス 作者: 茂市 久美子
画家: よしざわけいこ

出版社: 講談社
片付けが苦手なはるか。友だちのあやちゃんも同じはず。なのに、ある日遊びに行くと、あやちゃんの部屋がきれいになっていて……。
はるかとあやちゃんとのやりとり。複雑な心のうちが、よく伝わってきます。
おひさまやのテーブルクロスのように、心を動かしてくれるモノに出会えるのはうれしいな、と思いました。
参考になりました。 0人

810件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

100年の歳月を超え現代によみがえった幻のおはなし

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット