ばけばけばけばけ ばけたくん  かくれんぼの巻 ばけばけばけばけ ばけたくん かくれんぼの巻 ばけばけばけばけ ばけたくん  かくれんぼの巻の試し読みができます!
作: 岩田 明子  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
夏はやっぱり「ばけたくん」! みんなで「ばけたくんさがし」はどう!?

あんじゅじゅさんの公開ページ

あんじゅじゅさんのプロフィール

その他の方・40代・高知県

あんじゅじゅさんの声

1115件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 楽しいおばけ  掲載日:2018/8/20
おばけばたけ
おばけばたけ 作: 林 なつこ
出版社: マイクロマガジン社
おばけと野菜がむすびつくなんて、なんだか新鮮でおもしろいです。こわがりな子どもでも、このおばけのお話なら楽しめそう! 色がはっきりした絵や、おもしろい音がならぶ文章などもユーモアいっぱいで、読み聞かせにも良さそうです。読み終わると、野菜いっぱいのカレーが食べたくなりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 素敵な絵  掲載日:2018/8/19
ガラスのなかのくじら
ガラスのなかのくじら 作: トロイ・ハウエル&リチャード・ジョーンズ
訳: 椎名かおる

出版社: あすなろ書房
町のまんなか、沢山の人が行き交うなか、ガラスの水槽で暮らしているくじら。想像するだけで圧迫感がありますが、海でくらしたことのないくじらはそれが当たり前だと思っています。でも、遠くに見える海を知らぬ間に欲しているとき、女の子にであって……。
あきらめず、おもいきって行動してみることを、後押ししてくれたような気持ちになりました。落ち着いた雰囲気の絵が、とても素敵でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい わくわく  掲載日:2018/8/9
マドレンカ
マドレンカ 作・絵: ピーター・シス
訳: 松田 素子

出版社: BL出版
乳歯がぬけそうになったマドレンカ。早速、友達たちに知らせにいきますが、そこはニューヨーク。知らせるのは世界中のいろんな国からきた人達。その国らしさを凝縮したような絵にわくわくしました。異文化に興味がわいてくる絵本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 探すのが楽しい  掲載日:2018/8/9
旅の絵本 5 スペイン編
旅の絵本 5 スペイン編 作・絵: 安野 光雅
出版社: 福音館書店
スペインは訪れたことがないのですが、行ってみたいと思い読んでみました。もちろん、スペインの景色も素敵なのですが、スペインらしさがちりばめられているのがおもしろいところです。美術関連のものもの多く、絵画好きとしては、うれしい限りです。最後に解説をよんで、またもどって見直して・・・と、時間を忘れて読んでしまいました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい やさしい雰囲気  掲載日:2018/8/9
しらゆきひめ
しらゆきひめ 作: ジョーン・エイキン
刺繍・絵: ベリンダ・ダウンズ
訳: せな あいこ

出版社: 評論社
慣れ親しんだお話ですが、刺繍で描かれる絵が新鮮で興味深く読みました。刺繍だと、やさしい雰囲気になるように思います。お話もよみやすく、幅広い年齢に受け入れられそうですし、刺繍好きの大人へのプレゼントにもいいなあ、と思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 不気味だけど  掲載日:2018/8/7
魔女ひとり
魔女ひとり 作: ローラ・ルーク
絵: S.D. シンドラー
訳: 金原 瑞人

出版社: 小峰書店
魔女がいろいろもらって、スープをつくるお話。友達も不気味なら、もらうものも気持ちがわるい。でも、おもしろいんです。言葉がリズミカルで数がいかされた展開も小気味よいです。「えっ」と?!思う最後まで一気に読んでしまいました。不気味ではありますが、ハロウィンにいいかな、と思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 続きが読みたい!  掲載日:2018/8/7
ちいさなエリオット おおきなまちで
ちいさなエリオット おおきなまちで 作: マイク・クラトウ
訳: 福本 友美子

出版社: マイクロマガジン社
写実的な背景のなかで、水玉のゾウという、なんともかわいらしい主人公に目が釘付けになりました。魅力あふれる絵がとっても素敵です!
エリオットがねずみと出会い、二人になったことで、エリオットの世界がちょっとずつひろがっていく様子に心があたたまります。シリーズ第一弾ということなので、続きが楽しみです。
エリオットがあまりにかわいくて、グッズを作って欲しいなあと思いました。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい わくわく  掲載日:2018/8/7
きりのもりのもりのおく
きりのもりのもりのおく 作・絵: ニック・シャラット
訳: 木坂 涼

出版社: フレーベル館
まず影絵をみて想像して、めくるとカラーでその絵があらわれます。それが、予想外のユニークなものもあって、ページをめくるたび、わくわくします。半透明の紙も上手くいかされていて、まさにもりにひろがる霧のよう。よみすすめるのが楽しい絵本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 他の都市も  掲載日:2018/8/6
シティーズ とうきょう
シティーズ とうきょう 作: IC4DESIGN
出版社: 昭文社
大人が読んでも楽しいですね! 遊べるおもしろい地図みたい。すっかり、旅気分になりました。細かい絵でぎっしりと描かれた情報で、すでに行ったことがある場所も、まだない場所も、興味がわいてきます。
他の日本の場所や、海外の都市も出版してほしいなあ、と思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おもしろい発想  掲載日:2018/8/6
もりのおきゃくさま
もりのおきゃくさま 作: ブリントン・タークル
出版社: こぐま社
三びきのくまのさかさまのおはなし、というサブタイトルにひかれて読んでみました。さかさまってそういう意味なんですね。発想がおもしろくて、新鮮な印象をうけたので最近の本かと思ったら、原書での出版が古くてびっくりしました!言葉がないぶん、絵がものがたっていて、もりの雰囲気も伝わってくるようでした。
参考になりました。 0人

1115件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

細田守監督&tupera tuperaさん対談インタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット