まじょまつりにいこう まじょまつりにいこう
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
うさぎは、ねこしかさんかできないまじょまつりにいきたくてしかたありません。そうだ!へんそうすればいいんだ。ところが・・・・・・。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
うんてんしよう!しんかんせん500けいのぞみごう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

うんてんしよう!しんかんせん500けいのぞみごう

  • 絵本

出版社: 交通新聞社

本体価格: ¥1,300 +税

「うんてんしよう!しんかんせん500けいのぞみごう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

<<品切れ重版未定>>

作品情報

発行日: 2004年09月
ISBN: 9784330816043

190mm×180mm・オールカラー

出版社からの紹介

最高時速300kmで走る新幹線、“500けいのぞみごう”が主役。500系と同じ区間を走る、東海道・山陽新幹線の仲間たちも登場します。迫力の写真と音源で、ページをめくればキミも運転士!

ベストレビュー

サウンドがリアルです

息子が2歳の頃、大のお気に入りだった音の出る絵本です。
当時は一番早い新幹線として東海道新幹線を走っていた500系のぞみ。
東京から終点博多までの走行写真と、サウンドが出るボタンが付いています。
このサウンドがなかなか秀逸です。
走行音、ドアの開閉音、アナウンス前のチャイム音、運転手さんの声などが入っていて、ボタンを順に押すことで新幹線ごっこが楽しめます。

今は500系は東海道新幹線から引退していますが、やっぱりカッコいい新幹線には変わりありませんよね。
息子は5歳になりましたが、今でもときどき音を鳴らして楽しんでいます。
(電池はもう2回ほど交換しています!それだけ楽しんでいるということですね・・・)
(あんれいさん 30代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『スコットくんとポワロくん』<br>フィリケえつこさんインタビュー

うんてんしよう!しんかんせん500けいのぞみごう

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット