ねんねん どっち? ねんねん どっち? ねんねん どっち?の試し読みができます!
作: 宮野 聡子  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
「どっち?」にこたえていくうちに、あらあらふしぎ。すやすやねんね。子どもの気持ちを安心させ、しぜんに眠りの世界へみちびく絵本。
大切な子へのプレゼントに。【お子様の名前入り】はらぺこあおむしのバスタオル。
パンダぼうやのおひっこし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

パンダぼうやのおひっこし

作: 李京
絵: 胡基明
訳: かたぎり その
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥951 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「パンダぼうやのおひっこし」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

食料の大切さ

この絵本は日中共同制作絵本で、絵の感じなんかがとても中国っぽい感じです。パンダぼうやのすむ山では、大好物の竹が枯れだしました。花が咲くと竹は枯れてしまうのです。パンダぼうや達は竹を探して歩き、大きな竹やぶを発見します。ぼうやは遠くまできたことが嬉しく、ここも花が咲いたら、また別の場所に行けるね。などと話します。これを聞いてパパパンダは怒ります。パンダたちにとって、竹に花がさくことは重大で、一度花がさくと
一帯の竹やぶはすべて枯れて、パンダたちの食べるものはなくなり、それはパンだの生命をおびやかすことになるからでした。
食料の大切さをこの物語では教えてくれます。パンダのかわいい絵もいいです。
(ななみやさん 20代・ママ 女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『ドームがたり』読み聞かせレポート

パンダぼうやのおひっこし

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット