庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

パンダぼうやのおひっこし」 みんなの声

パンダぼうやのおひっこし 作:李京
絵:胡基明
訳:かたぎり その
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\951+税
発行日:1990年
ISBN:9784265011193
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,548
みんなの声 総数 1
「パンダぼうやのおひっこし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 食料の大切さ

    この絵本は日中共同制作絵本で、絵の感じなんかがとても中国っぽい感じです。パンダぼうやのすむ山では、大好物の竹が枯れだしました。花が咲くと竹は枯れてしまうのです。パンダぼうや達は竹を探して歩き、大きな竹やぶを発見します。ぼうやは遠くまできたことが嬉しく、ここも花が咲いたら、また別の場所に行けるね。などと話します。これを聞いてパパパンダは怒ります。パンダたちにとって、竹に花がさくことは重大で、一度花がさくと
    一帯の竹やぶはすべて枯れて、パンダたちの食べるものはなくなり、それはパンだの生命をおびやかすことになるからでした。
    食料の大切さをこの物語では教えてくれます。パンダのかわいい絵もいいです。

    掲載日:2003/02/14

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット