十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
大切な子へのプレゼントに。【お子様の名前入り】はらぺこあおむしのバスタオル。
多治見ものがたり 魔法の鉛筆
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

多治見ものがたり 魔法の鉛筆

作: 堀貞一郎
出版社: 余暇通信社

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「多治見ものがたり 魔法の鉛筆」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

『東京ディズニーランド』をはじめ、数多くのプロジェクトを成功させた著者が贈る『自分の人生をどう生きて行くのか』
大切な子どもたちに考えてもらうため、伝えていきたい本です。

●収録作品
「魔法の鉛筆」
クリスマスの日、太一君が目を覚ますと、枕元に『魔法の鉛筆』と書かれた箱がおいてありました。
それは、どんな夢も叶える魔法の鉛筆でした……

「うながっぱと子どもたち」
美濃の国、多治見を流れる土岐川には『うながっぱ』という、うなぎの様なしっぽを持ったカッパが住んでいるという
お話があります。うながっぱの子どもは、子どもたちといつも一緒に遊んでいました。

「川中時四郎」
戦いに敗れた時四郎は、命からがら故郷・多治見にたどり着きましたが、昔の面影は少しも残っていませんでした。
空しさが胸に込み上げ、命を絶とうとしたその時、白い装束に白髪の老人が現れました。

出版社おすすめ




『桃太郎が語る桃太郎』クゲユウジさん 岡村優太さんインタビュー

多治見ものがたり 魔法の鉛筆

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット