しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
おんなのことば
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おんなのことば

作: 茨木のり子
出版社: 童話屋

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,250 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1994年08月
ISBN: 9784924684782

A6

出版社からの紹介

おんなのことば」をご紹介するなら、まず茨木のり子さんの「詩のこころを読む」(岩波ジュニア新書)の話から
始めなければなりません。同書は1979年に 出て約四半世紀。ロングセラーをつづけ、50万冊を超えています。
この本を読んで、詩が好きになる読者は多く、編者もその一人です。はじめに、の冒頭はこ う始まります。
「いい詩には、ひとの心を解き放ってくれる力があります。
いい詩はまた、生きとし生けるものへの、いとおしみの感情をやさしく誘いだしてもくれます。」
ひとの心を解き放ってくれる、というのは、ひとにはもともとみずみずしい心があるということですし、いとおしみの感情を
誘いだしてくれる、というのは、ほんとうはだれにも豊かな感受性がある、という真実を語っているのです。
編者はこの「詩のこころを読む」に導かれて詩の読者になり、詩集の編集者になりました。ぜひご一読をおすすめします。
さて、この種の入門書には、著者は自分の詩を入れます。茨木さんは、そうしませんでした。その潔さに編者は
感銘を受け、自分の手で茨木さんのアンソロジーを作る決心をし、10年後に実現しました。編者は、とりわけ
精神の高い詩ばかりを集めました。「自分の感受性くらい」を冒頭に置き、「汲む」でしめくくる
という贅沢な編集になりました。
この二つの詩をご紹介することはあえて控えます。どうぞ書店で、ご自分で手にとってご覧になってください。
茨木のり子さんの詩は、物ばかりが豊かで、精神が弛緩してしまった今の日本人を、
将来救うことになる、と編者はかたく信じています。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


茨木のり子さんのその他の作品

茨木のり子詩集 わたしが一番きれいだったとき / 女がひとり頬杖をついて / 智恵子と生きた 高村光太郎の生涯 / 君死にたもうことなかれ / 倚りかからず / 貝の子プチキュー



『夏の日』『ゴムの木とクジラ』 <br>白鳥博康さんインタビュー

おんなのことば

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット