なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…
【2歳のあの子へ】絵本をよみながら、たくさんの会話や発見ができるのが楽しいですね。「2歳向け絵本セット」
もんぐら、もんぐらいい季節になつたもんだな
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

もんぐら、もんぐらいい季節になつたもんだな

詩: 山村 暮鳥
出版社: 童話屋

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,250 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年06月
ISBN: 9784887470965

B6

出版社からの紹介

山村暮鳥の詩には、荒んだ人の心を和らげる力があります。
みんなをやさしい気持ちにして、一つに和してしまうのです。

 「とほりあめ」という詩があります。
 
  ぼたんには
  かかるな 
  かかるな
  あおぞらのしづくよ
  かかるな

  ぼたんにも
  かかつた
  かかつた
  ぱらぱらと
  それが三つ粒
  かかった
 
そして「地震」という詩に続きます。
 
  地震だ
  地震だ
  ぼたんの花を
  どうしたもんだろ
 
みごとに咲いている牡丹の花を見ているうちに、
暮鳥は本気で雨にかかるな、かかるな、と呼びかけるのです。
暮鳥の詩のたねはやさしい心です。
もぐらや牡丹の花にも、人間の心とおなじ悲しみや喜びがあると暮鳥は信じていたのでしょう。
死ぬまで暮鳥は子どもの心のままでたくさんの詩をうたいつづけました。



この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


山村 暮鳥さんのその他の作品

詩 こころをゆさぶる言葉たちよ。 / おうい雲よゆうゆうと馬鹿にのんきさうぢやないか



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

もんぐら、もんぐらいい季節になつたもんだな

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット