だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
小さな学問の書 4 立派な父親になる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

小さな学問の書 4 立派な父親になる

作: 林 道義
出版社: 童話屋

本体価格: ¥286 +税

「小さな学問の書 4 立派な父親になる」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年08月
ISBN: 9784887470224

A6

出版社からの紹介

林道義さんの中公新書「父性の復権」という本は30万冊のロングセラーです。
人間とは親戚の、ゴリラの父親は、とても立派な父親の振るまいをします。
乳飲み子のときには見向きもしなかった我が子が、乳離れして仲間と遊ぶようにな ると俄然父親の意識に目ざめます。
子どもどうしのけんかが始まると、あのでかい体で割って入るのです。仲裁行動です。
子どもが健全に育つには、母性のみでは不足です。自分の子どもを第一に見る母性に加えて、父性が必要です。
父性は、社会の規範を子どもに教えるのですね。
男の子が立派な父親になることが、ダメになった日本を建て直す一番の近道だと、編者は考えます。
目次のいくつかをご紹介しましょう。

 ・子どもには模範が必要
 ・子どもに何かを教える父はすばらしい
 ・礼節を教えよ
 ・うそを言ってはいけないというしつけ
 ・父性は生まれつき君の体の中にある



この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




ドイツで大人気!バニーが日本上陸

小さな学問の書 4 立派な父親になる

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット